FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に、春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8、
PANA:LUMIX G FISHEYE 8mm
魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン
ケンコートキナー:デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


もう一度ルーミス

木曜日にnaoggioさんから「土曜日にもう一度ルーミスに行かない?」とのお誘いを頂いた。
天気予報を確認すると寒くなるようだが晴れマークが付いている。
Banyanさんが来るみたいだということもあり、喜んでお供することにした。

早朝、家を出て空を見上げると曇り空。気温は予報通り低め。
現地に近づくにつれ雲の切れ間は見えるが、とても晴れる気配はない。
とりあえず2週間前に撮影できているので余裕はあるが、それでも晴れて欲しい気持ちは強い。

現地の駐車場に着くと、すでにBanyanさんみき♂が来ていた。
まずは前回5頭だったルーミス集団をチェック。
遠目に健在であることが分かり、3種の塒をチェック。
すると、???肉眼だとなんだかごちゃごちゃしていて、前回とは様子が変わっている。

ファインダー越しに確認すると、ルーミスが2頭に増えていて、その後ろにムラサキツバメが5つ?
真ん中のはムラシか?

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/12/08

I18A5136.jpg 



EM-1は、スマホでリモート撮影が可能になっている。
塒は見上げる位置になるので、一脚にEM-1をつけて上から撮影してみる。
初めての試みにしては、それなりに撮ることができたが、ムラシがいるのかどうかはハッキリしない。

OM-D EM-1 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

MC083206.jpg 



この角度からだと真ん中の個体の模様だけ周りのムラサキツバメとは違い、ムラサキシジミと判断。
ということで、3種塒は健在だった。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 
I18A5164.jpg 




5頭集団はどんな状況かとそちら撮影に行くと、Banyanさんが「6頭いる」という。
嬉しいかな、確かに1頭増えていた。
I18A5157.jpg 



と、ここで千葉のNさん平塚のKさんがやってきて、賑やかな撮影会となった。
陽があたり出した6頭の塒では、前回のように1頭がもぞもぞしだしたが、飛び出すことはなかった。
I18A5169.jpg 



3種塒にも陽があたり、ルーミスがもぞもぞするも、こちらも飛び出すことはなかった。
よくみると、ルーミス2、ムラシ1、ムラツ5の8頭集団だ。
I18A5317.jpg 




Nさんが、これらとは別の単独ルーミス2頭を見つけてくれた。
I18A5198.jpg 



I18A5203.jpg 



そしてみき♂がもう1頭を見つけた。
I18A5267.jpg 



しばらくすると、1頭が開き始めた。
I18A5219.jpg 



思ったよりもスレていて残念。
I18A5254.jpg 




別の個体が向きを変えたので、少し粘ると・・・
I18A5260.jpg 




超美個体だった!
後翅に点々とした斑紋のあるルーミスは初めて。こんな綺麗なルーミスもいるのですね。
この開翅はほんの数秒だけで終わり、その後陽が陰ったため2度目はみることができなかったが、大々満足な成果となった。
お誘いいただいたnaoggioさんとご一緒できたみなさんに感謝です。
I18A5293.jpg 




スポンサーサイト

神宮外苑のイチョウ並木と青の洞窟のケヤキ並木

だいぶ前から妻に「青山の銀杏並木が綺麗なんだって」と催促されていたが、いろいろとあり行けないままだった。
ネットで調べてみると、見頃は過ぎたがまだ大丈夫そう。
11/30に始まった渋谷の青の洞窟もみたいというので、土曜日の午後用事が済んでから出かけてみた。

家を出たのが2時過ぎ、もう陽はだいぶ傾いている。
空には隕石の落下を連想させるようなおもしろい飛行機雲が伸びてきた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2018/12/01

MC013135.jpg 




外苑の銀杏並木に着いた時はもう夕暮れ時。
大きな銀杏並木は先端の方が寂しい状態だ。終盤だから仕方ない。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

GC014782.jpg 



風が吹くと樹上からイチョウの葉が黄色い雨となって降り注ぐのには驚いた。
そのシーンを撮りたかったが、夕暮れ時でうまく撮れなかった。orz
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
MC013165.jpg 




それにしても凄い人。
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
GC014791.jpg 




OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
MC013168.jpg 




OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
GC014803.jpg 




OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
MC013177.jpg 




OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
GC014806.jpg 





とっぷりと日が暮れてきたので、渋谷に移動することに。

青の洞窟は、NHK前の通りで行われている。
何十年ぶりだろう、渋谷から公園通りを歩き青の洞窟に到着。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
MC013191.jpg 




当然ここも凄い人だが、暗いためそれほど気にならない。
MC013196.jpg 




MC013200.jpg 




MC013201.jpg 



川面をイメージしているのだろうか、通りの真ん中にビニールシートが貼ってあり、並木のLEDが照らし出される。
GC014812.jpg 




並木のケヤキにブルーLEDが飾り付けられているだけで、長くいると目がチカチカしてくる。
年のせいだろうか・・・
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
GC014815.jpg 



帰りがけ、渋谷MODIの店頭でエイズ防止キャンペーンとして中野サンプラザとパパッラ河合がミニコンサートをしていた。爆風スランプのコンサートに行ったことを思い出し懐かしかったが、撮影禁止なのが残念だった。

駅向かうと、信号待ちのカート軍団が通りを占拠していた。
iPhone6S
IMG_3290.jpg 

ウラギン集団は変わらず

二週間前から観察しているムラサキツバメの塒(11/1811/24)がどうなっているか確認するためマイフィールド2へ行ってきました。
ポイントでは、初めてお会いするパピリオの”鳥”ロマン+αのpapilioさんが先着し撮影されていた。
長いこと野鳥撮影をされてきて、1年ほど前から蝶を撮影し始めたとのことで、鳥も蝶も大好きな私としては、楽しい時間を共有させていただきました。

で、塒を確認すると、9頭だった集団が11頭に。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/12/01

I18A5001_20181202122401ec1.jpg 



3頭だった集団は消滅し、6頭だった集団は、4頭?と思ったら6頭で変わらず。
I18A5005.jpg 




7頭だったアオキの塒は、陽が当たっていたため殆どが飛び出しているようで1頭しか残っておらず、
2頭が近くをちらちらと飛んでいた。
I18A5108.jpg 



しばらくするとその2頭が戻り、塒は3頭に。
I18A5121.jpg 



4頭のウラギン集団は、先週の写真とまったく変わらず。
陽が当たりにくい場所なので、春までこのままの状態が期待できそうです。
I18A5013.jpg 



綺麗なムラサキシジミ♂がこの時期の吸蜜源であるヤスデにやってきた。
I18A5018.jpg 



♂のムラシは久しぶり。
I18A5113.jpg 



I18A5062.jpg 



I18A5090.jpg 



papilioさんにクロコノマを見つけてもらった。
羽化不全なのか少し翅の先端が開いている。papilioさんは、開翅した写真を撮影していたので、もしかすると羽化直かもしれない。
I18A5093.jpg 



マイフィールドでは、アザミで羽化直と思われる綺麗なキタテハが吸蜜していた。
I18A4905.jpg 


iPhone6s
IMG_3276.jpg 



例年に比べてかなり遅いが、冬鳥もぼちぼち入り始めている。

樹上で鳴いていたシメ。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 
I18A4914.jpg 



定着した様子のルリビタキ♂には、たくさんのバーダーが集まっていた。
I18A4982.jpg 



I18A4996.jpg 



ルリビと同じ色彩のカワセミは、いつでも見ることができます。
I18A4955.jpg 

ルーミス遠征

千葉のNさんからルーミス、ムラサキツバメ、ムラサキシジミの3兄弟が1枚の葉に集まる奇跡のシーンが見られたとの情報を頂き、naoggioさん案山子さんの3人で出かけてきた。
数日経っているので、まだそのままでいる保証はないが、2年ぶりのルーミスも楽しみだった。

Nさんよりも早く到着したので、自力で探してみようと3人で暗い森の中を散策するも見つけられない。おとなしくNさんを待つしかない。

そこへ Nさん到着。
早速、ポイントをと、その前に「あそこにルーミスの集団がいるよ」と。
確かに3m程の高さに塊が見えた。全部で5頭いるようだ。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/11/25

1I18A4393.jpg 



そして奇跡の場所へ。
嬉しいことに、まだ3頭がそのままでいてくれた。
かなり暗い場所だったので、ストロボを使って撮影。
3種の裏翅の色の違いがはっきりと分かる1枚になった。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]

1MB253062.jpg 



ここで、オヤヂのご近所仲間日記Nature_Oyajiさんが来られたので、一緒に撮影を楽しんだ。

しばらくすると、5頭の集団に陽があたりだす。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
1I18A4450.jpg 




2I18A4422.jpg 



温まってきたのか、ざわざわと動き始めた。

2I18A4438.jpg 



1頭は全開翅で飛び出し間近。
残りの個体は、どうしようかと相談しているようだ。

2I18A4483.jpg 




3頭の塒にも陽が当たりだした。

I18A4605.jpg 



そして動き出す。

I18A4666.jpg 



ルーミスがもっと左を向いてくれればという贅沢な願いは叶わなず、ルーミスだけが飛び出してしまった。

I18A4696.jpg 



この後、数頭のルーミスがチラチラと飛んだが、なかなかいい位置に降りてくれず苦戦。
案山子さんがオオキンカメムシを見つけてくれたので、そちらに移動。
数年前にここで初めて見たことを思い出した。

I18A4716.jpg 



意外と落ち着かず葉の裏に逃げようとするので追いかけると飛ばれてしまった。
数年前は1匹だけだったが、今回は複数いたので、別個体でもう1枚。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]
MB253075.jpg 



そうこうしていたら、Nさんが呼びにきてくれた。
ルーミスがいい位置に降りてきたという。

この時期にしては綺麗、3頭塒から飛び出した個体らしい。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
I18A4772.jpg 




I18A4831.jpg 



ムラツとムラシは、戻ってこない末っ子を心配してるようだった。

I18A4844.jpg 




I18A4859.jpg 




I18A4891.jpg 



陽が翳り動かなくなったので、マクロで接近。
あごの部分が黄色く見える。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]
MB253120_20181129215237756.jpg 



帰りがけ、山茶花でウラナミシジミが吸蜜していた。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
I18A4893_20181128213936ac2.jpg 



Nさんのお陰で、奇跡の3種ワンショットにルーミスも満喫でき感謝感激。
naoggioさん、案山子さん、Nature_Oyajiさんもお疲れ様でした。


ムラツとウラギンの集団越冬

先週見つけたムラツの集団越冬、その様子をまた見に行ってみた。
そこでは案山子さんと写真家の神谷さんが既に撮影しており、先週私が見つけた塒以外の塒も案山子さんが見つけていた。

まずは、先週見つけた最大集団、フォーメーションは変わったが、9頭は変わらず。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/11/24

I18A4370.jpg 



その隣にあった3頭の集団も変わらず。

I18A4373_201811252214012ba.jpg 



そして、近くに新たに見つかった集団は、6頭だった。

I18A4377.jpg 



先週1頭だけだった個体は見当たらず、その近くに7頭の集団ができていた。
計25頭、もっと増えてくれれば嬉しいのだが。

I18A4381.jpg 



月曜にTAさんが見つけてくれたウラギンシジミの集団も散らばることなく見ることができた。
4頭の集団は、初めてみました。

I18A4383.jpg 



 | ホーム |  次のページ»»