FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ゴマダラチョウ

ウラゴマダラシジミを撮影したポイント近くで、ゴマダラチョウとアカボシゴマダラだたくさん飛んでいた。
アカボシはよく見かけるが、複数のゴマダラチョウを一度に見る機会は少なく、ここでは、10頭近いゴマダラチョウが飛んでいたので驚いた。

当然ながら、両種とも春型。
ネズミモチの葉にたかって吸水するゴマダラ2つとアカボシ1つ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/05/09

X5093171.jpg


アカボシ♀を追いかけるゴマダラ♂とアカボシ♂
X5093141.jpg


X5093191.jpg

X5093232.jpg

X5093339.jpg

X5093265.jpg

スポンサーサイト



今季初ゼフ

県内でウラゴマダラシジミが発生したとの情報をいただき、案山子さん、町田のSさんと一緒に撮影に出かけた。

ポイントでは、かなり強い風が吹いており、これでは飛び回りそうもないので、周りのブッシュに目を凝らす。
するとほどなく、少し高いところに止まっているウラゴを発見。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/05/09

X5092427.jpg


もう少し近くに来てくれることを期待して飛び立たせるが、期待に反して茂みの中に消えていってしまった。orz
プロキャプチャ/合成
X5092447.jpg


他の個体を探して歩き回っていると、飛んでいる個体を見つけた。
止まるの回って撮影。少し擦れている。
近寄ったら飛ばれてロスト。
X5092562.jpg


次の個体を探し回っていると、蝶の観察記録-十勝改め相模蝶の観察記録のmaedaさんがやって来たので、一緒に探し回るも、一瞬飛んでいる個体を見つけたが、直ぐにロスト。
もう一度、最初にウラゴを見つけた場所に戻ると、先ほどと同じ個体だろうか、綺麗なウラゴが待っていてくれた。
X5092586.jpg


近寄ると飛び立って別の場所へ移動。
X5092646.jpg


そしてロスト。
仕方なくまた周りを探索して戻ってくると、あきる野のKさんがカメラを構えているのが見えた。
先程の個体だろうか、レンズの先に綺麗なウラゴが止まっていた。
X5092673.jpg

X5092739.jpg


風が強く気温も高いため、日陰でじっとしているだけで、開翅するそぶりも見せない。
そんな時は、プロキャプチャだのみ。日陰なのでISO感度が高くなってしまうのは仕方なし。
X5092964.jpg


カメラを持つ手は、案山子さん。

X5093384.jpg



その後も、日陰でじっとするばかりなので、そっとすることにして、ここを離れ、別の場所へ。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5099681.jpg


次の場所では、Sさんの案内でウラゴマダラシジミの蛹を確認。
10個くらいの蛹と終齢幼虫がいたとのことだが、蛹が3つだけ。その内1つは寄生されていた。
鳥に食べられたのか、誰かに持っていかれたのか・・・

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X5093394.jpg

X5093398.jpg


コナラの林を歩いていると、今季初となるアカシジミが。
残念なことに羽化不全だったが、初物なので嬉しい。
X5093420.jpg

X5093430.jpg

X5093439.jpg

X5093441.jpg

幼虫、前蛹、蛹など

毎月6日10時からマイフィールドで観察会が開かれている。
今のリーダは、案山子さん
曜日に関係なく日にち固定なので、平日は仕事のため参加できない。
今月は連休にプラスして休暇を取得していたが、観察会のことをすっかり忘れていて、11時過ぎに出かけて、観察会メンバーと遭遇した時に思い出した。^^;
丁度、羽化したてのアカボシゴマダラ春型を撮影しているところだった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2021/05/06

X5061944.jpg


まだ飛べなそうだったので近づいて撮影。
X5061936.jpg


CameraRawのスーパー解像度を適用して、ピクセル等倍に切り出して見ました。
白い鱗粉の縞模様がくっきり見えます。
X5061936-強化


直ぐにお昼になって観察会はお開き。
その後、戸塚のTaさん来てヒオドシ幼虫の発生場所に案内してもらいました。
X5062204.jpg


このフィールドでは、ヒオドシの記録はかなり少なく、蛹と成虫は撮影したことがあるものの、幼虫は未見。
この時、たくさんの終齢幼虫を見ることができた。
2日後に再度様子を見に行くと、ほとんどが蛹になっていたのでビックリ。
以下、比較掲載します。

11匹の幼虫。

2021/05/06

X5062212.jpg


2日後には、9蛹と1前蛹。

2021/05/08

X5082371.jpg


椿の葉裏でじっとしている幼虫。

2021/05/06

X5062215.jpg


2日後には、前蛹になっていた。

2021/05/08

X5082251.jpg


他の前蛹も発見。この時11:08。
X5082264.jpg



↑この前蛹が、12:45に蛹へと脱皮中でうねうね動いていた。
X5082378.jpg


低い位置にあった蛹も発見。
寄生率が高いらしいので、1頭でもいいから美しい姿に羽化して欲しいものです。
X5082385.jpg


同じエノキで、蛹殻の横にぶら下がっていた羽化直のアカボシゴマダラ春型。
X5082255.jpg


別の場所でサルトリイバラの葉を裏返すと、終齢に近いルリタテハの幼虫がついていた。
X5082314.jpg


ハンノキをチェックすると、1匹のミドリシジミ幼虫が蛹化場所を探して降木しているのを見つけた。
X5082330.jpg

X5082340.jpg


スマホで下から撮影。
iPhoneSE2
IMG_5714.jpg


根元まで降りると落ち葉の中に消えていった。2〜3週間後が楽しみだ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X5082360.jpg

アオバセセリ

ミヤマカラスのポイントには、ウツギやヒメウツギも咲いており、Sさんがアオバセセリを見つけてくれた。

それは、暗がりのヒメウツギで吸蜜していた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/05/01

X5015505.jpg

X5015475.jpg


しばらくすると陽の当たる場所に出て来たが、逆光でしか撮影できないところ。
X5015554.jpg


なかなかいい位置に出て来てくれない。orz
X5015597.jpg


後ろ姿を撮っていると、手前をサカハチチョウが横切った。
X5015600.jpg


手前に出て来てくれたがなかなか敏感で、いい位置に移動しようものなら直ぐに飛んでしまう。
X5015629.jpg


この時も、横から撮りたいのだが、飛んでしまいそうで動くことができなかった。
X5015647.jpg


かなり近くで撮れたが、全身を撮ることはできなかった。orz
X5015611.jpg


3日後、この日は中々現れず、遠くのウツギにいるアオバセセリを案山子さんが見つけてくれた。
かなり距離があり、短時間でどこかへ飛び去ってしまったので、まともな写真はこの1枚だけ。
それでも、ミヤカラのついでなので、これだけ撮れれば満足です。

2021/05/04

X5041107.jpg

ミヤマカラスアゲハ満喫

2度目のミヤマカラスアゲハ プチ遠征は、大満足な成果でした。
複数いるミヤマの中の♂1頭が長時間吸蜜してくれたので、気づけばその個体だけで1500枚近く撮影してました。この日、トータル3600枚ほどの撮影でした。^^;
同じような写真が並びますが、ご容赦を。

羽化不全なのか尾状突起と左前翅がよれていたけど、間近で見る美しさに魅了されました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/05/04

X5040360.jpg

X5040482.jpg

X5040228.jpg

X5049724.jpg

X5049720.jpg

X5049838.jpg

X5040858.jpg

X5049927.jpg

X5040943.jpg


オナガアゲハに追い立てられるシーンが何度か見られた。
X5041050.jpg


そんなシーンをアニメGIFにしてみました。
X5040004.gif


何度もつっかかられて慣れたのか、次第にオナガを無視するようになりました。
X5040844.jpg


後裏翅の黄線が控えめで尾状突起の先がちぎれている個体。
X5041390.jpg

X5041841.jpg


ここからは、連写コマを合成したものです。
X5049667.jpg

X5049849.jpg

X5049914.jpg


尾状突起は綺麗だが、左前翅が切れていた。orz
X5041556.jpg





 | ホーム |  次のページ»»