プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に、春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8、
PANA:LUMIX G FISHEYE 8mm
魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン
ケンコートキナー:デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


アサマのおまけ

今にも雨が降りそうな曇り空。こんな日は、フィールドに出てもいい写真が撮れそうもない。
時間がたっぷりあるので、ブログの見た目をリニューアルしてみました。^^)


今日の写真は、先日のアサマ遠征の時に撮影したものです。
まずは、夏型のギンイチモンジセセリ

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2018/06/09

M6099429.jpg 




控えめな開翅姿も見せてもらいました。

M6099587.jpg 



ギンイチのエビラフジでの吸蜜は、初めて見ました。

M6099542.jpg 




ストローは、蜜まで届いているのだろうか?

M6099538.jpg 





ボロボロの越冬シータテハ

M6099311.jpg 





naoggioさんが「ウスバシロを捕まえた」と言ってやって来た。
確かにウスバシロチョウが親指と人差し指に挟まれていた。
う〜ん、どうやって捕まえたのだろう・・・
せっかくなので、エビラフジの花に乗せてもらいました。

M6099356.jpg 





また、真でいるウスバシロがいるという。
1頭ではなく、2頭のようだ。

M6099348.jpg 





横から見たら、後尾中に♀がクモに襲われたということがわかった。
♂はそんなことも知らず、ずっと寄り添っていた。

M6099349.jpg 




見慣れないサナエトンボが目の前に止まったので、撮って見た。
midoriさんからヒメクロサナエであることを教えてもらった。

M6099462.jpg 





どう見てもトホシテントウ。
先日、NHKの動画投稿サイトで一生に一度見られるかどうという珍しいクモ(ツシマトリノフンダマシ)に意外と似てるんですよね。

P6090684.jpg 
スポンサーサイト

ブルーなアサマ

先週の土曜日、天気予報はあまり良くなく車も使えないので、雨が降っていなかったら自転車でマイフィールドにでも行ってみるかと思っていたら、金曜の午後、naoggioさんから「朝3:30に迎えに行ってもいいですか?」との嬉しい連絡があった。
早く寝なければと寝支度をしていたら、外から土砂降りの音。大丈夫だろうか・・・
小雨くらいになってくれればなんて思いながら、バッグに雨着を入れて就寝。
naoggioさんが迎えに来てくれた時は、雨はすかっり止んでいたが、当然星は見えない。
町田のSさんと3人、ちょっと不安を覚えながら北進した。

結果的には、朝のうちこそ曇っていたものの、その後はずっと晴れ。
でもそれほど暑くなく、爽やかな風が涼しい蝶日和、現地で合流した千葉のNさんと4人でブルーなアサマシジミを楽しむことができました。

最初に見つけた個体からして、なかなかのブルーでした。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2018/06/09

M6098862.jpg 




もっとブルーなアサマも登場。

M6098927.jpg 




しばし、見とれながらの撮影でした。

M6098948.jpg 




綺麗なメスも。
前翅のオレンジは薄いが、後翅の黒い丸紋に白い縁がある。
翅と胴のサイズ差から、ヒメシジミだとの指摘を受けました。(^ ^;

M6099052.jpg 




こちらは前翅のオレンジは濃いが、白い縁がない。

M6099104.jpg 




♀が2頭。

M6099092.jpg 





ブルーも2頭仲良く。

M6098895.jpg 




日差し角度によっては、面白い色合いになる。

M6099113.jpg 




横から見るととても青い。

M6099133.jpg 




青いアサマは、水色のチョークを黒板に押し当てて描いたようなイメージだったのですが、この個体を見た瞬間、そのイメージが吹き飛びました。
こんなに輝く個体もいるのですね。

M6099156.jpg 




Nさんが見つけてくれた、白い縁毛がくっきりの新鮮個体。

M6099229.jpg 




M6099239.jpg 





M6099257.jpg 




Sさんが蟻に守られているアサマシジミの幼虫を見つけてくれた。
アサマの幼虫は初見初撮り、感激でした。^^)

M6099320.jpg 




食草エビラフジで吸蜜。

M6098980.jpg 




M6098989.jpg 





M6099444.jpg 




ハルジオンでも吸蜜。

M6099402.jpg 




前翅オレンジが一番の個体が出て来たが、羽化不全だろうか右前翅の大きな筋がある。

M6099315.jpg 




前翅オレンジがない個体も茶色のグラデーションが綺麗なことに気づきました。

M6099501.jpg 





4箇所のポイントを回ったが、最初の2箇所は青い個体がほとんど。
3箇所目は、普通っぽい個体の方が多かった。
この個体、なんとなくミドリ♀のB型のような色付きに見えた。

M6099565.jpg 




最後のポイントは、みんなで探し回ったが見つからず、諦めかけた時にSさんが綺麗な個体を1頭見つけてくれた。
ここでは、結局この1頭だけ。
個体数が減少している傾向にあるので、これからが心配です。

M6099590.jpg 




M6099595.jpg 




この個体は、とてもおとなしく、近寄っても逃げようとしない。
羽化したてだろうか?
iPhoneに魚眼アダプタをつけて撮影して見た。

IMG_2787.jpg 




M6099628.jpg 




「シダに乗るアサマも撮りたいね」ということで、優しく指乗せで移動させようとしたら、自分から飛んで移ってくれました。^^)

M6099674.jpg 




葦やヨモギより、シダの方が断然いいですね。

M6099692.jpg 




その後、蔓の上に。

M6099699.jpg 




もう十分過ぎるほど楽しませてもらったので、帰ろうとすると、トウダイグサ?ノウルシ?に止まった。これもすごく絵になる。

M6099716.jpg 




M6099731.jpg 




これで本当に最後。
と思ったら、次も変わった葉っぱに止まった。これもいい!

M6099742.jpg 




後ろ髪を引かれる思いだが、これではキリがなくなりそうなので、これで本当の最後として、切り上げることにしました。
naoggioさん、Sさん、Nさん、ありがとうございました。

M6099744.jpg 


オオミドリシジミ

マイフィールドでオオミドリシジミを満喫した。
オオミドリは、暗がりで強い輝きを放つため露出が難しく、少々暗めに撮影してみました。

低いアオキの葉でテリ張していた個体は、残念ながら擦れていた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2018/06/01

M6018303.jpg 




M6018331.jpg 




M6018338.jpg 




M6018359.jpg 





M6018345.jpg 




嬉しいことに、綺麗な個体に入れ替わってくれた。

M6018370.jpg 




しかし、まともに撮れたのはこの角度のみ。orz

M6018396.jpg 




それとは別に、嬉しいことに1枚の葉に2頭が仲良く止まってくれた。

M6018411.jpg 




M6018425.jpg 





オオミドリがここまで撮れるとは思っていなかったため、この日はオリンパスの40-150mmのみで来てしまったため、画質的にちょっと欲求不満となってしまった。

そこで、次の日、328を持って同じ場所に行ったのだが、あいにくの曇り空。
一瞬だけ陽が差した時に降りて来てくれたのだが、この1枚を撮影したら樹上に飛び上がり、2度とチャンスがもらえなかった。orz
これで来年の課題ができました。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/06/02

I18A7449.jpg 

ミドリシジミ♀4型

今年は久しぶりに4型全てのミドリシジミ♀に会うことができました。
先日の土曜日、そのポイントに着いたのは朝6:30頃。
東側に雲がかかっていて、葦原はまだ陽が当たっていない。
フィールドを一回りしていたら、ちょっと遠くの葦の上で綺麗なA型が開翅しているのを見つけた。
写真はトリミングしてます。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/06/02

I18A7434.jpg 




ちょうどの時、戸塚のKiさんがやって来たのでA型の開翅を教えると「ちょっと遠いね」と、レンズを向けようとしない。
私はAPS-Cに300mmなので換算450mmの望遠だが、Kiさんはフルサイズに150mmマクロ。
確かに遠いというのはうなずける。
と思っていたら、Kiさんがもっと近くで開翅しているAB型を見つけてくれた。
これはラッキー。久しぶりに見る綺麗なAB型だった。
残念なのは、角度を変えても葉被りも免れないところ。orz

I18A7429.jpg 




もっといいところに移ってくれることを期待して待っていたが、ちょっと目を離した隙に、消えてしまった。orz

少し歩いたところで、下草に止まるミドリシジミを見つけた。
しばらくすると、目の前にある陽のあたる桑の葉に飛び移り、ゆっくり開翅を始めた。
これもそこそこ綺麗なA型。
先ほどの個体と同じだろうか。

I18A7439.jpg 





この後、案山子さん町田のSさんが登場。
それに合わせてか、B型も出て来てくれた。
かすかにオレンジ班が見えるので、aB型か?

I18A7445.jpg 



I18A7540.jpg 






次はその前日に撮影したO型。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2018/06/01

M6018191.jpg 




綺麗な個体だ、と思ったら、表翅に✖️印の傷が・・・ ^^;

M6018190.jpg 




味気ないO型でも、角度によって色が変わるから面白い。

M6018266.jpg 





Sさんと休んでいた時、飛んで来てコンクリートの地面に降り立った個体は、綺麗なA型だった。
1枚目、3枚目と同じ個体だろうか?

M6018636.jpg 




コンクリートの上では・・・と思う気持ちを汲んでくれたのか、近くの桑の葉に移ってくれた。
A型も十分に魅力的です。

M6018644.jpg 




この日のB型。

M6018768.jpg 





日曜日に見かけたA型は、ややオレンジが薄い個体だった。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II]
I18A7607.jpg 





同じ個体かもしれないが、出会い率は、A型=B型>O型>AB型 な感じ。
AB型は冒頭の1個体のみ。

せっかくなので、♂の写真もアップしておきます。

まるで「かまいたち」のようなポーズの♂。
まだ低い朝の日差しに、少しでも多く当たろうとする仕草なんでしょうね。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II]
I18A7436.jpg 





OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]M6018268.jpg 





M6018226.jpg 





栗で吸蜜。


M6018290.jpg 






ベニシジミとツーショット

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]

M6028769.jpg 

ミドリシジミの卍

この週末は、地元マイフィールドでミドリ、オオミドリをたっぷり楽しみました。
中でも、日曜の夕方に撮影したミドリシジミの卍が、自分でもびっくりするくらい綺麗に撮れたので、まずはその写真からアップです。
金曜日にも卍に挑戦したのですが、OM-D M1ではMFでのフォーカスが合わせられず惨敗だったので、7D1MarkIIと328でのリベンジでした。

卍を撮るために、夕方 ポイントで一人出待ちしていたら、戸塚のKiさんが、その後 案山子さんがやってきて3人で撮影を楽しみました。

空抜けの場合は、AFで比較的簡単に撮れちゃいます。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II2018/06/03

I18A7784.jpg 




が、バックに木々が入るとAFは使えずMFを余儀なくされます。
MFの場合は、電子ビューファインダより やはり光学ファイダの方が見やすい。
とは言っても、年とともに低下した視力では、それでもしんどいもの。
とりあえず、宝くじを当てる勢いで、ピントリングをぐるぐるやってひたすら連写でした。^^;

I18A8035.jpg 






卍はかなり低いところまで降りてきて、Kiさんのカメラをかすめて上へ。

I18A7737.jpg 





I18A7758.jpg 





案山子さんが♀の開翅を撮影している横にも卍が・・・

I18A8009.jpg 





以下、ピントリングぐるぐるの成果をご覧ください。^^)/

I18A8058.jpg 



I18A8098.jpg 



I18A8065.jpg 



I18A8113.jpg 




右側のもやっとした影はKiさんの肩です。^^;

I18A8150.jpg 



I18A8182.jpg 



I18A8183.jpg 




表翅が綺麗な写真に限ってピントがずれているとは・・・orz

I18A8227.jpg 




ちょっと発色が足りないけど、結構いい表翅も写ってました。^^)

I18A8231.jpg 



I18A8251.jpg 



I18A8257.jpg 



I18A8262.jpg 



I18A8287.jpg 


 | ホーム |  次のページ»»