FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


長雨の合間のマイフィールド

長雨の合間を縫って、マイフィードで撮影した写真をアップします。

先週末の朝、薄日がさしていたので被写体を求めてマイフィールドへ行ってみた。
いつものコースで、かっぱ池からのスタート。
被写体より先に見つけたのは、フィールド仲間のちゃりこばさんだった。ゆっくりと草むらを物色している。「この辺にタシロランがあると思うんだけど」と次の瞬間「あった!」。
何人かのフィールド仲間がブログアップしていることもあり、私もみてみたいと思っていたところ。
「アップで撮ると透けた感じが綺麗だよ」というアドバイスに従い、マクロレンズで撮ってみた。
もう盛りが過ぎて垂れ下がっている花もある。もっと綺麗な時に撮ってみたいものです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 60mm Macro] 2020/07/05

X7056854.jpg


久しぶりに見るキボシカミキリ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X7056855.jpg


「かっぱ池の手すりは小さな虫の宝庫」と言うちゃりこばさんの言葉通り、奇怪な芋虫を見つけた。
イモムシハンドブックで調べたらウコンカギバの幼虫であることがわかった。
気持ち悪いけど、顔だけ見るとヒカゲチョウやセセリの幼虫を彷彿とさせる。
X7056857.jpg

X7056861.jpg

X7056862.jpg

X7056867.jpg

X7056868.jpg


この後、ちゃりこばさんが葉っぱの上にいる奇妙は虫を見つけた。
種名を教えてもらったのだが忘れてしまった。^^;
それで 調べようと思ったが、何を頼りに調べれば良いのか皆目検討がつかないので、諦めです。凹○
脱皮した殻をお尻につけたままにするそうです。
X7056892.jpg


別の葉っぱには、小さなアマガエル?。
この時点でポツポツと雨が降り出していたので、この日はこれで終了。
X7056898.jpg



日付が変わって、この日もかっぱ池からスタート。
例の手すりをチェックしていると、大きなナナフシモドキが鎮座していた。
2020/07/11
X7116911.jpg


ストロボを使って1枚。
モドキは、触覚が短いのが特徴。
X7116915.jpg


カタツムリが蜘蛛の糸で綱渡りをしようとしていた。
果たして無事に渡れるのか? 結果を見ずに、次の被写体を探しに行ってしまいました。凹○
X7116925.jpg


この日の目的は、ミドリセイボウ。
古民家に行くと、さっそくフィールド仲間がレンズを向けていました。
X7116947.jpg


クロバネセイボウも
X7117061.jpg


以下、ミドリセイボウです。
X7117150.jpg

X7117213.jpg

X7117228.jpg


同じ古民家の柱にタケトラカミキリも止まっていた。
M7117888.jpg

M7117893.jpg


ミドリセイボウを撮影しているとタケクンさんがやってきて、頭上にいる虹色のヒメナガニジコミムシダマシがいるのを見つけてくれた。肉眼では、小さい黒い点にしか見えないが、撮影した写真をモニタで拡大表示すると、その名の通り背中が虹色に輝いていた。
X7117244.jpg


葉陰にいたナナフシ。
最初のモドキと比べると、触覚の長さの違いがわかると思います。
M7117896.jpg


帰り際、例の手すりでまた、奇妙な芋虫を見つけた。
イモムシハンドブックによると、ホソバシャチホコらしい。
M7117900.jpg


すぐそばに、ちいさな尺取虫がいた。
こちらは、ウスアオエダシャクのようです。
M7117905.jpg

M7117908.jpg

虫の宝石

6月に撮影した宝石のように輝く虫をアップします。

まずは、アオハムシモドキ。
クモツキを撮影しに行ったとき、町田のSさんが見つけて持ってきてくれました。
TG-4 2020/06/07
P6071583.jpg

P6071588.jpg


ダメだったアイノミドリの出待ちをしているとき、あきる野のKaさんとおしゃべりしていたら、視界に入ってきたのもアオハムシモドキでした。
TG-4 2020/06/20
P6201642.jpg


ゼフのような金緑色が美しい。

P6201645.jpg


TG-4に深度合成機能があることを思い出し、トライしてみた。
上の写真と比べると、ちょっとしっとり感に欠けるが、被写界深度がかなり深くなっているのがわかる。
P6201651.jpg

P6201649.jpg

P6201653.jpg


長時間吸蜜しているキマルリを撮影している時に、近くのヒメジョオンに吸蜜にやってきた。
久しぶりに見るオオセイボウを撮りたいと思うのだが、吸蜜は1秒ほどで、花から花へと落ち着きなく飛び回っている。
キマルリに飽きてきたこともあり、頑張って追いかけてみた。
必死に追いかけた甲斐があり、なんとかワンチャンスもらうことができた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm2020/06/27

X6276428.jpg

X6276449.jpg

X6276459.jpg

X6276467.jpg

#虫の宝石

マイフィールド4種目のセイボウ

タケクンさんがマイフィールドで撮影したというナミハセイボウをブログアップしていた。
GW初日の撮影のようだ。早速、早起きをしてポイントに行ってみた。

晴天の早朝、人もほとんどおらず、気持ちいい。
知り合いのカメラマンが一人、キビタキの出待ちをしている。
セイボウの出る場所では、青緑に輝くセイボウがすでにうぐ着回っていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 20120/05/02

M5027366.jpg


ミドリセイボウやハグロセイボウに似ているが、大きさが一回り小さく、お尻の模様も少し異なる。
M5027127.jpg


お尻の先の鋸の歯のような尖りの数で正確に判別できるが、小さい上に動き回るため肉眼ではそこまで見えない。老眼の私には尚更。
M5027427.jpg


今までこのフィールドで見てきた3種のセイボウ(ミドリセイボウ、クロバネセイボウムツバセイボウ)は、いずれも6月以降のクソ暑い時期だが、この時期に発生してくれるとは、嬉しいセイボウだ。
M5027448.jpg


ここでは、2匹のナミハセイボウが動き回っていた。
M5027403.jpg


セイボウは寄生蜂、宿主はドロバチ科のこの蜂(ハムシドロバチ?)。
自分の巣穴を覗いています。その様子を後ろでじっと見ているのが、ナミハセイボウ。
M5027287.jpg


宿主がいなくなったので、産卵しようと穴に近くナミハセイボウ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X5027963.jpg


タケクンさんもやってきて一緒に撮影。コンデジでのマクロ撮影です。

X5027975.jpg


OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5027454.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 
X5027936.jpg


穴を覗いているナミハセイボウを観察していると、宿主が産卵したことを確認するのか、一度頭から穴に入って出てきて、改めてお尻から入りなおしていた。

その様子を後半だけ撮影した動画はこちら。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]




M5027471.jpg


ナミハセイボウが産卵しているときに宿主が戻ってきて、引きずり出されるシーンも見ることができたが、ピンボケでアップできるような写真になりませんでした。orz
それもあってか、今まではこっそり宿主の様子を伺っていたナミハセイボウが、大胆にも宿主の目の前でいなくなるのを待っているシーンも見られた。
X5027926.jpg


マイフィールド

天気は良い土曜日のマイフィールドはカメラマンは少なめだが、意外にも散歩する人がいつも以上にいるように感じた。マイフィールドに限らず、都内の公園がいつもより人出が多かったというTVニュースが流れていた。
ずっと家の中にいても運動面や精神面に影響がでるので、人との接触を避けながら公園を散歩するのがいいのでしょうね。とはいうものの、いつもより人が多いと人を避けるのに気疲れしそうです。

さっそく見つけた蝶は、かなりお疲れのルリシジミ♀。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/04/11

X4116382.jpg


ツマキチョウを撮りたかったので、たんぽぽ道に行くと知り合いが手持ち無沙汰に被写体が現れるのを待っていた。まだ出てこないようで、タケクンEXさんにスズメバチに擬態したナシアシブトハバチがいることを教えてもらった。
名前の通り太い脚に違和感はあるが、ぱっと見スズメバチにしか見えない。
X4116394.jpg

X4116400.jpg


どうやらまだ躰が暖まっていない様子。とても動きが鈍いので、魚眼で接近してみた。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

G4110155.jpg


手前のタンポポでは、小さなハチが花粉集めに余念がない。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X4116374.jpg


しばらく待ってもツマキチョウは現れないので、他を探すことに。
ハンノキを見るとミドリシジミ幼虫の巣がちらほら。
X4116404.jpg


少し中を覗かせてもらった。
X4116409.jpg


オオミドリの幼虫も探してみようと空になった卵がついていた小枝を見に行ったら、新葉の多くが食べ尽くされていて、幼虫の姿は見つからい。

iPhone6S

IMG_4577.jpg


新葉がたっぷりの右側の小枝での孵化したはずなのだが、こっちには食跡すらなかった。
どこかで元気に成長していればよいのだが・・・
IMG_4579.jpg


冒頭よりも綺麗なルリシジミを見つけた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X4116412.jpg


吸蜜姿を魚眼で撮りたかったが、こんなところにしか止まってくれなかった。orz

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

G4110171.jpg



帰り際、最後の被写体はベニシジミ。
X4116424.jpg

X4116429.jpg


綺麗な個体だと思ったが、よく見たら後翅が欠けていた。
X4116436.jpg


ヨツモンカメノコハムシ

マイフィールドの朝。
ジョロウグモが編む巣が、太陽の光を反射してレコード盤を思わせるような模様が綺麗だったので、レンズを向けてみた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2019/10/26

XA260779.jpg

XA260790.jpg



他に被写体はないかと探していると、クロコノマの幼虫が食べ残したと思われる葦の葉芯に止まっているヨツモンカメノコハムシを見つけた。
XA261626.jpg



こちらが気になったのか、顔を横にスライドさせてこちらをチラ見。
XA261636.jpg




すると次の瞬間、芯を上って始めて上まで行き、飛び立つ。
XA261665.jpg



行ってしまったと思ったが、どうしたことか翅を畳んでまた上り始めた。
XA261668.jpg



ジタバタしながら二度目の飛び立ち。
XA261675.jpg



これもフェイントか、再度立て直し。
XA261683.jpg



三度目の正直とばかり、ようやく飛び去っていった。
XA261690.jpg


««前のページ  | ホーム |  次のページ»»