FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールド続き

マイフィールド観察会で撮影した蝶以外の写真です。

まずは、過去何度か紹介していますが、2つの色違いのツユクサから。
色の薄い方は、そのままウスイロツユクサというみたいです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/09/06

X9060561-1.jpg


ゲンノショウコ、このあとの種は御神輿のような姿になるのですが、まだ撮影したことがありません。
X9060577.jpg


秋のイメージが強いコスモスですが、だいぶ前から長いこと咲いています。
X9060704.jpg


枝付きのクヌギの実が蜘蛛の巣にぶら下がっていた。
オトシブミが卵を産みつけて切り落としたのだろうか。
X9060630.jpg


もう少しすると赤く茹で上がったようになるタコノアシ。
X9060745.jpg


観察会メンバーのHIDEKOさんが見つけてくれたイトトンボ。
アジアかアオモンかこの時は分からなかったが、後で写真をじっくり見て、お尻の8節目が青いのでアジアだとわかった。
X9060613.jpg

X9060604.jpg


久しぶりに見るベッコウハゴロモ。
X9060636.jpg


交尾しているキバラヘリカメムシ
X9060622.jpg


近くにその幼虫も。
X9060658.jpg


さらに近くに、もっと若い幼虫も
X9060664.jpg


ふと見上げると、うわぁぁ・・・ マユミの木がキバラヘリカメムシに乗っ取られていた。

TG-4

P9061747.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X9060673.jpg

X9060680.jpg


成虫に脱皮しているものも
X9060666.jpg


まだ卵もこんなに・・・
X9060678.jpg

P9061746.jpg

スポンサーサイト



一月前の遠征

一月前、町田のSさんと二人でキリシマミドリを狙って遠征した。
今シーズンは、7月いっぱいまで梅雨が長引き、ようやく行くことのできる天気になった日だった。
ポイントに着くと、既に千葉のNさんが一人 スタンバイしていたので驚いた。

このポイントは、初めて連れてきてもらって、♂の開翅を見下ろしで撮影できた場所
その時は、オスもメスも近くで撮ることができたが、この日は、全くいる気配がない。
ビーティングしても飛び出す蝶の姿もない。
ちらっと♂が樹幹を飛ぶのが見えたが、それっきりでてこない。

仕方なく別のポイントへ移動。
途中、スジグロシロチョウが集団給水していた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/01 連写合成

スジグロシロチョウ1


その後、良さそうな場所で待っていると白とブルーをキラキラさせながら♂が1頭飛んできて、目の前のアカガシを舐めるように飛び回る。
止まるかと期待したが、願いは叶わず、飛び去っていった。
すごくいい感じのポイントだが、結局ここもだめで、再度別のポイントへ。

移動する途中、目の前をシカが通り過ぎて行った。
X8014763.jpg


3つめのポイントも同じような状況。
木陰に止まって涼んでいる個体はいないかと、林の中を覗くとクワガタらしきものを発見。
どうやらミヤマクワガタの♂♀のようだ。
X8014785.jpg


近づくことができない場所で、なんとか回り込んで撮ったのが次の写真。
どうやら♂は、牙が一つしかない模様。
どうしたら1本だけになってしまうのだろう?
X8014778.jpg


肝心のキリシマは、樹上をチラッと飛ぶもののなかなか姿を見せてくれず、結局一枚も写真を撮ることができなかった。
他に撮れたのは、キマワリくらい。orz
久しぶりの空振り遠征となった。
X8014821キマワリ


プロキャプチャではなく、たまたま撮れた翅を広げた瞬間。
X8014823.jpg


マイフィールドの蜂達

青い蜂を求めて近場のマイフィールドに行った時の3週間ほど前の写真です。

メインは古民家のセイボウですが、その手前の萩の花でルリモンハナバチが2頭吸蜜してました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/04

X8046614.jpg

X8046632.jpg

X8046698.jpg

X8047524.jpg

X8047560.jpg


お腹がいっぱいになったのか、ルリモンハナバチが飛んでいってしまったので、古民家へ。
既にフィールド仲間のFjsさんが、クロバネセイボウにレンズを向けていた。
X8047300.jpg

X8047312.jpg


複数のクロバネセイボウの中に、時々、ミドリセイボウも出てきてくる。
X8046889.jpg

X8046904.jpg


この場所で一番綺麗なムツバセイボウの出てきたようだが、撮ることができなかった。orz
Fjsさんが「小っちゃいけど綺麗な甲虫がいるよ」と教えてくれた。
それは、5mm程の大きさだろうか、よく見ると虹色に輝いている。
X8046981.jpg


これは同じフィールド仲間のタケクンさんのブログで見覚えがあるぞ。と調べてみたら、ヒメナガニジゴミムシダマシということがわかりました。

TG-4

P8041695ヒメナガニジゴミムシダマシ


日陰だったので、LEDライトを当ててみたら白い埃が・・・凹○
拭いて撮り直したい。
P8041701.jpg


ドロバチ科のフタスジスズバチが獲物を抱えて巣穴にやってきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X8047363.jpg


この芋虫で育つ幼虫もセイボウに寄生されてしまうのだろうか。
X8047349フタスジスズバチ


汗だくだくになったので、休憩用の椅子で涼んでいたら、古民家の壁に大きなものがよろよろと飛んできてぶつかり下に落ちた。
何だろうと見に行くと、飛び立って目線の高さの柱に止まった。
よく見るとさっきとは別のハチが大きなバッタを抱えていた。
X8047070クロアナバチ


ネットで調べてみたらクロアナバチによく似ている。
X8047166.jpg


獲物が重いのか、高くは飛べない様子で、なんとか柿の葉の上までやってきて一休み。
X8047126.jpg


触角を咥えて前脚で首を抱えている。
こんな大きな獲物が入るほどの穴を掘っているのだろうか。
X8047157.jpg


ムツバセイボウがよく出る薪置き場を見に行いったが、数頭のシリアゲコバチがいるだけだった。
X8047447.jpg

X8047469シリアゲコバチ


#蜂

長雨の合間のマイフィールド

長雨の合間を縫って、マイフィードで撮影した写真をアップします。

先週末の朝、薄日がさしていたので被写体を求めてマイフィールドへ行ってみた。
いつものコースで、かっぱ池からのスタート。
被写体より先に見つけたのは、フィールド仲間のちゃりこばさんだった。ゆっくりと草むらを物色している。「この辺にタシロランがあると思うんだけど」と次の瞬間「あった!」。
何人かのフィールド仲間がブログアップしていることもあり、私もみてみたいと思っていたところ。
「アップで撮ると透けた感じが綺麗だよ」というアドバイスに従い、マクロレンズで撮ってみた。
もう盛りが過ぎて垂れ下がっている花もある。もっと綺麗な時に撮ってみたいものです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 60mm Macro] 2020/07/05

X7056854.jpg


久しぶりに見るキボシカミキリ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X7056855.jpg


「かっぱ池の手すりは小さな虫の宝庫」と言うちゃりこばさんの言葉通り、奇怪な芋虫を見つけた。
イモムシハンドブックで調べたらウコンカギバの幼虫であることがわかった。
気持ち悪いけど、顔だけ見るとヒカゲチョウやセセリの幼虫を彷彿とさせる。
X7056857.jpg

X7056861.jpg

X7056862.jpg

X7056867.jpg

X7056868.jpg


この後、ちゃりこばさんが葉っぱの上にいる奇妙は虫を見つけた。
種名を教えてもらったのだが忘れてしまった。^^;
それで 調べようと思ったが、何を頼りに調べれば良いのか皆目検討がつかないので、諦めです。凹○
脱皮した殻をお尻につけたままにするそうです。
X7056892.jpg


別の葉っぱには、小さなアマガエル?。
この時点でポツポツと雨が降り出していたので、この日はこれで終了。
X7056898.jpg



日付が変わって、この日もかっぱ池からスタート。
例の手すりをチェックしていると、大きなナナフシモドキが鎮座していた。
2020/07/11
X7116911.jpg


ストロボを使って1枚。
モドキは、触覚が短いのが特徴。
X7116915.jpg


カタツムリが蜘蛛の糸で綱渡りをしようとしていた。
果たして無事に渡れるのか? 結果を見ずに、次の被写体を探しに行ってしまいました。凹○
X7116925.jpg


この日の目的は、ミドリセイボウ。
古民家に行くと、さっそくフィールド仲間がレンズを向けていました。
X7116947.jpg


クロバネセイボウも
X7117061.jpg


以下、ミドリセイボウです。
X7117150.jpg

X7117213.jpg

X7117228.jpg


同じ古民家の柱にタケトラカミキリも止まっていた。
M7117888.jpg

M7117893.jpg


ミドリセイボウを撮影しているとタケクンさんがやってきて、頭上にいる虹色のヒメナガニジコミムシダマシがいるのを見つけてくれた。肉眼では、小さい黒い点にしか見えないが、撮影した写真をモニタで拡大表示すると、その名の通り背中が虹色に輝いていた。
X7117244.jpg


葉陰にいたナナフシ。
最初のモドキと比べると、触覚の長さの違いがわかると思います。
M7117896.jpg


帰り際、例の手すりでまた、奇妙な芋虫を見つけた。
イモムシハンドブックによると、ホソバシャチホコらしい。
M7117900.jpg


すぐそばに、ちいさな尺取虫がいた。
こちらは、ウスアオエダシャクのようです。
M7117905.jpg

M7117908.jpg

虫の宝石

6月に撮影した宝石のように輝く虫をアップします。

まずは、アオハムシモドキ。
クモツキを撮影しに行ったとき、町田のSさんが見つけて持ってきてくれました。
TG-4 2020/06/07
P6071583.jpg

P6071588.jpg


ダメだったアイノミドリの出待ちをしているとき、あきる野のKaさんとおしゃべりしていたら、視界に入ってきたのもアオハムシモドキでした。
TG-4 2020/06/20
P6201642.jpg


ゼフのような金緑色が美しい。

P6201645.jpg


TG-4に深度合成機能があることを思い出し、トライしてみた。
上の写真と比べると、ちょっとしっとり感に欠けるが、被写界深度がかなり深くなっているのがわかる。
P6201651.jpg

P6201649.jpg

P6201653.jpg


長時間吸蜜しているキマルリを撮影している時に、近くのヒメジョオンに吸蜜にやってきた。
久しぶりに見るオオセイボウを撮りたいと思うのだが、吸蜜は1秒ほどで、花から花へと落ち着きなく飛び回っている。
キマルリに飽きてきたこともあり、頑張って追いかけてみた。
必死に追いかけた甲斐があり、なんとかワンチャンスもらうことができた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm2020/06/27

X6276428.jpg

X6276449.jpg

X6276459.jpg

X6276467.jpg

#虫の宝石

 | ホーム |  次のページ»»