FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ギフチョウに逢いに

連休、天気も気温も申し分のないギフ日和。
20日は案山子さんと、21日はPapilioさんと出かけてきた。

20日、峠を通ると千葉のNさんとあきる野のKさんの車が止まっているので、ポイントを覗いてみた。
ポイントにはNさんKさんの他、風任せ自由人maximiechanさんもいて飛び回るギフチョウと格闘中だった。
早速仲間に入れてもらうも、風が強くモミジイチゴでの吸蜜はチャンスをもらえず、なんとかスミレと地べたシーンを抑えるのが精一杯だった。

撮影できたのは、左前翅にホクロのある個体のみ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/03/20

X3203107.jpg

X3203159.jpg

X3203199.jpg

X3203217.jpg


Nさんによると昨日篠原に行った人の話では、テングチョウしか飛んでいなかったという。
それでもスギルリくらいは撮れるだろうと、案山子さんと二人で篠原の里に降りることにした。
2つある駐車場がどちらも満杯状態。
1台だけ止めるスペースを見つけてなんとか駐車できたが、これほど車が混んでいるとは。
これではカメラマンがいっぱいだろうと思ったが、意外にもカメラマンは一人もいない。

案山子さんと二人で奥の方まで歩いていくと、スミレで吸蜜しているギフチョウを発見。
X3203348.jpg

X3203357.jpg


里では結局ワンチャンスだけ。
この個体を見送ったあと、お昼を食べていたら目の前をシジミチョウが通り過ぎた。
飛び先を目で追うと近くに止まってくれた。
風が強いせいか、地面でじっとしているスギタニルリシジミをゲット。新鮮な個体だ。
X3203438.jpg


その後が続かず、帰るため戻っていくと石砂山登山口からヒメオオさんが降りてきた。
山頂ではギフチョウは数頭とのことだった。

帰り際、薪置き場横のピンクの桜にギフチョウが1頭来ていたが、撮影チャンスをもらえぬまま、消えていってしまった。orz
その桜では、アカタテハとビロードツリアプが吸蜜していた。
X3203463.jpg

X3203470.jpg

X3203481-2.jpg



翌21日
峠に、またKさんの車が止まっていた。
ポイントには、昨日に続きmaxmiechanさんとMGさん、他数人のカメラマンがスタンバイ中。モミジイチゴで撮り放題とのこと。
チャンスはすぐにやってきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/03/21

X3213641.jpg

X3213830.jpg

X3213840.jpg

X3213876.jpg

X3213893.jpg


途中、平塚のKさん、戸塚のKさんもやってきて楽しい撮影会となった。

X3213900.jpg

X3213932.jpg

X3213956.jpg

X3213975.jpg

X3214005.jpg


みなさんモミジイチゴでの吸蜜姿が撮りたいため、地べた止まりには誰もレンズを向けなくなった。
そこで、TG-4を取り出して広角で接近。

TG-4

P3211540.jpg


同じ小枝にタッチ&ゴーを繰り返すルリタテハがいたので、レンズを向けてみた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X3213989.jpg


そこそこ満足な写真が撮れたので麓に降りることにした。
昨日と違ってカメラマンが数人来ていたが、ギフは現れていないとのこと。

そこでお昼休憩をしていたら、jickのぐうたら蝶日記judas_lizzy55さんがやってきた。
一年ぶりにお会いする蝶・花・山〜自然の色使いemu_nijuuhachiさんも。
蝶シーズンのスターとなるこの地は、こうやって蝶仲間と再開できるのも一つの楽しみです。

昨日より穏やかなのでギフもそこそこみられるだろうと思っていたが、姿を見せず。
結局、ミヤマセセリとスギタニルリシジミだけに終わってしまった。
X3214031.jpg

X3214073.jpg

X3214084.jpg

X3214087.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3216786.jpg

スポンサーサイト



週末気温が下がるなんて・・・

暖かい平日が続いたためギフチョウも飛び始めたようだが、この土曜は一転して雪の降る寒い日となった。晴れ間の出る予報の日曜も気温が低いため、ギフは諦めてマイフィールドへ出かけた。

雲が多めで日差しはちらちら。
これでは蝶は飛びそうもなく、鳥のでもいまいちのようなので、オオミドリの卵を見に行くと、1卵すでに孵化していた。

TG-4 2020/03/15

P3151531.jpg


これが、1/12に撮影した時の同じ卵。
新芽の大きさはほとんど変わっていないが、その中に入り込んでいるのだろうか。
P1121446_20200315173037c51.jpg


1/21に4卵見つけたが、残りの3卵は見当たらず、別にまだ孵化していない1卵が見つかった。
P3151530.jpg


まだ孵化していないミドリシジミの卵もひとつ発見。
P3151537.jpg


ここにはアセビはあるけどコツバメがいないのが残念。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 

P3151534.jpg


雲が切れ日差しが出てきたら暖かい。
これならと思っていたら、案の定、ベニシジミが飛び出した。
X3151243.jpg

X3151256.jpg


ツマキチョウが出ていることを期待してタンポポロードに行ってみると、吸蜜していたのはモンシロチョウだった。X3152833.jpg

X3152879.jpg


もう1頭、モンシロチョウと思ったら、スジグロシロチョウだった。
X3153066.jpg

X3152923.jpg

いつの間にか撮り溜まったモス達

積極的には撮っていないが、ちょっと変わったものやカッコいいものにはレンズが向いてしまう。
ここまでアップすることなく眠っていた蛾たちです。
種名をネットで調べてみましたが、残念したものが多々あります。^^;

ベニモンカラスシジミが出てくるのを待っている時に見つけた蛾です。
ヒメトラガでしょうか?

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro]

I18A6985.jpg


G5264126.jpg


上の蛾の仲間? それともドクガの仲間? かなり毛深い。
マンションの壁についていました。
G5274167.jpg

G5274164.jpg


車に取り付いていました。ドクガの仲間?
MA272704.jpg


クモマツマキチョウを撮影に行った時に見つけた蛾。
ホソオビヒゲナガでしょうか?

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II]

I18A3783.jpg


上と同じ場所で見つけた蛾。これはという種名を見つけられませんでした。orz
I18A3716.jpg


ミヤマシロチョウのポイントで見つけたベニモンアカマダラ。
富士山麓でもよく見る蛾です。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X8034479.jpg


メスアカミドリのポイントで見つけた蛾。
上の2種に似ていますが、これも種名を見つけられませんでした。
→ ヨツメトビケラとのご指摘をいただきました。蛾ではなかったようです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x 2.0テレコン]

X7076177.jpg



1月の在庫から

本来であれば昨日から写真展でしたが、残念ながら延期。この状況なので、いつ開催できるかは目処が立っていません。早くコロナが終焉することを願っています。

この週末、出勤と悪天候のためフィールドにでられなかったので、1月の写真をアップします。

この日フィールドで一緒になった案山子さん、戸塚のTKさんにオオミドリの卵が産み付けられたコナラの小枝を教えてもらった。

そこには2つ卵がついていた。
マクロレンズは持ってきていなかったので、TG-4で撮影。

TG-4 2020/01/12

P1121444.jpg


他の枝も探してみると、二箇所に1卵ずつ計4卵。6月が楽しみだ。
P1121446.jpg

P1121448.jpg



アオキの葉に止まったムラサキシジミ♀は、青い模様と同じ形の前翅だった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X1127318.jpg



1月だというのに妙に暖かかったこの日、驚くことにマイフィールドの蛇団地にシマヘビが姿を見せていた。こんな時期にヘビを見たのは初めてです。
X1127344.jpg

X1127329.jpg



昆虫館

少し前のことになるが、野鳥のプチ遠征のついでに多摩動物園の昆虫館に寄ってみた。
もしかすると見られるかもしれない蝶を当てにしたのだが願いは叶わず。
それでも、南国の蝶を満喫することができたので、面白かった。

TG-4 2020/01/13

P1131454.jpg


防寒での野鳥撮影の後だけに、昆虫館の中の暑いこと暑いこと。
Tシャツ一枚でも暑いくらい。そんな中を南国の蝶が飛び乱れている。

吸蜜するイシガキチョウの後ろでキチョウが舞う。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X1138529.jpg


リュウキュウアサギマダラ♂?
X1138540.jpg


ツマムラサキマダラ♀
X1138576.jpg



リュウキュウムラサキ♂。もう少し上から撮りたかった。
X1138590.jpg


タテハモドキも綺麗。
X1138604.jpg


ツマベニチョウも綺麗な個体が多かった。
X1138515.jpg

X1138619.jpg


床に止まった♀に求愛する♂を発見。
X1138664.jpg

連れない♀。
X1138625.jpg


オオゴマダラ
X1139185.jpg


少年を取り囲むかのように周りを飛び回っていた。
X1138866-1.gif


キチョウの集団吸水。
X1138746.jpg


交尾している♀に、あぶれた♂がたかっている。
X1138693.jpg


ツマムラサキマダラのカップルには、イシガキチョウとタテハモドキが祝福。
X1138749.jpg


シロオビアゲハのカップルはボロボロだった。
X1139189.jpg


タテハモドキとリュウキュウムラサキが交尾している!と思ったが・・・
X1139169.jpg


芝生の上にアオタテハモドキが4つ。
X1138943.jpg


地べたかぁ・・・と思っていたら、吸蜜にきてくれた。
X1139067.jpg


スジグロカバマダラは、中学生の頃 自宅前で飛んでいて(迷蝶)捕獲したことがありました。
X1139213.jpg


葉蔭に隠れていた蝶を発見。
前翅がかなり欠損しているが、後翅の感じからウスイロコノマだろうか?
でも周りにはウスイロコノマは1頭も見ていない。
ここで飼育しているのだろうか?
X1139049.jpg


 | ホーム |  次のページ»»