FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


MF在庫

年末から年明けにかけて撮りためたマイフィールドの虫たち。

これは虫といよりも残骸だが、高さ15mはありそうな樹上に残されたスズメバチの巣。
かなり巨大な巣だが、望遠写真ではsその大きさが伝わらない。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/28

XB284942.jpg


このスマホ写真(巣は右上)で、その大きさが想像できるのではないでしょうか。

iPhone6S

IMG_5334.jpg


ゴマダラチョウの御神木の根元にある落ち葉で幼虫を2頭発見。

2020/12/06

IMG_5350.jpg

IMG_5352.jpg


通路脇の杭では、ナミアゲハの蛹が2頭並んでいた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

XC065355.jpg

XC065359.jpg


セセリが止まっているのが見えた。でも、こんな裏翅のセセリって何?

2020/12/13

XC136071.jpg


よく見ると顔が潰れているような・・・
XC136065.jpg


じっとしたまま飛びそうもないので葉っぱを裏返してみると、どうやら羽化直の蛾のよう。
MC138595.jpg


こんな寒い時期に羽化するなんて、フユシャクの一種だろうか?
MC138591.jpg


トイレの鏡にヒルガオトガリバが止まっていた。

2020/12/26

XC266737.jpg


一緒に撮影していた案山子さんをバックに・・・
XC266740.jpg


最後はクロスジフユエダシャク → イチモンジフユナミシャク(舞岡の自然2のひろしさんからご指摘いただきましいた。ありがとうございます)

2020/01/10

X1108833.jpg

X1108843.jpg

スポンサーサイト



ウラギンシジミ集合

ウラギンシジミが4頭集まっているとの情報をもらい、見にいってきました。
2年前にマイフィールドで、3枚の葉に渡って一列に並ぶ4頭のウラギンシジミを観察しているが、1枚の葉に4頭集まっている集団は初めてです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2021/01/03

X1036947.jpg


4頭が2列縦隊しているように見えますが、反対側から見ると1頭が違う方向を向いていました。
X1036985.jpg

ムラサキツバメ♂ムラサキシジミ♂

年が明けて、ムラサキツバメの塒の様子を見いに行ったら、8つあった塒も1つだけ、それもたった2頭だけになっていた。
どうしたものかと上を見上げたら高い樹上を飛ぶムラツが2つ。
その内の1頭がフラフラと降りてきて、目の前の落ち葉に止まった。
しばらくウロウロして吸水場所を探している様子。
ちらっと飛んだ時、表翅が青く見えたのでメスだろうと思っていたが、開翅した姿にビックリ。
ブルーが輝く♂だった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/02

X1026879.jpg


もっとじっくり撮りたかったが、直ぐに翅を閉じてしまった。残念。
X1026893.jpg


ムラサシジミ♂は年末。
案山子さんチャリこばさんと一緒にマイフィールドを散策中に見つけたもの。
羽化まもないのではないかと思える綺麗な個体だった。
2020/12/26
XC266524.jpg

XC266539.jpg

XC266544.jpg

残っているムラツ塒

前記事で書いた空にいなった4つの塒だが、翌日には数は減ったものの復活していた。
空になった時は、日射しもなく霰も降る気候だったため、バラバラになった個体は元に戻ることができずそれぞれの場所で一夜を明かしたものと思われます。
戻った塒を含め見つけた全塒の個体数を写っている範囲で調べてみました。

4つ前の記事で3枚のアカガシの葉に広がった40頭はいるだろうと思われた塒は、ゼロからの復活。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/12/20

XC206444のコピー


30頭はいるだろうと思われたアカガシのもう一つの塒もゼロからの復活。

XC206325のコピー



前日元の塒に戻れなかったと思われる1頭が止まっていたアカガシの新たな塒。
XC206264のコピー


アカガシの端っこにあったムラシ、ムラツ2頭の塒はなくなっており、近くの葉にムラシ1頭が眠っていた。
XC206282のコピー


10数頭いたとみられるシロダモの塒もゼロからの復活。
XC206438のコピー


シロダモの17頭の塒もゼロからの復活。
XC206436のコピー


アオキの5頭塒は6頭になり、1頭の周りを顔を突き合わすように時計回りに並んでいた。
XC206501のコピー


残り(前記事でアカガシと書いたが、アカガシでは無いようで樹木不明)の小さかった塒は15頭に。
XC206494のコピー


もう一つのぐちゃっとした塒は、見える限りで41頭の大所帯。
XC206499のコピー


以上は同じ公園内で、ここから数100m離れたところで見つけた6頭の塒。
前出の同じアオキの6頭集団と似たような止まり方をしてるのが面白い。

iPhone6S 2020/12/19

IMG_5387のコピー

ムラツ、ムラシ

経過観察しているムラサキツバメ塒ポイント
この日は暖かく、多くの個体が塒を飛び出して開翅ショーを見せてくれた。
しかも綺麗な個体が多い。

ムラサキツバメ♀

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/12/13

XC136044.jpg

ムラサキツバメ♀

XC136038.jpg

ムラサキツバメ♂

XC136025.jpg


ヤツデ食堂にやってきた個体も。
XC135994.jpg


ムラシも綺麗な個体が多い。
ムラサキシジミ♀
XC135959.jpg

ムラサキシジミ♂
XC136107.jpg


アオキの赤い実の近くにムラツ♂が止まる。
XC136084.jpg


♀の方が少し近くに。
XC136083.jpg


ムラツ♀が2つ。
XC136198.jpg


今度はムラシの♂。
XC136170.jpg

XC136131.jpg


これがこの日のベストショット
XC136012.jpg


1週間後、朝9:30頃に様子を見に行ってみると、50頭近くいたアカガシの2大集団がも抜けのから。時間的にも気温的にも飛び出す条件には達していない。

どうしたことかと下に顔を向けると、あちこちに青い輝きが・・・
おそらくシジュウカラなどに塒が襲われて、全ての個体が下に落ち、開翅して気温が上がるのを待っていたのではないかと思われます。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/12/19

XC196209.jpg


たくさんの輝きの中、前翅先端に青い鱗粉のある個体を見つけた。
2年前の個体よりは控えめな鱗粉だが、嬉しい2度目の出会いだ。
XC196233.jpg

XC196242.jpg

XC196245.jpg


 | ホーム |  次のページ»»