FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


冬鳥4種

久しぶりにカヤクグリが見たいと思い、県内のH林道へ行ってみた。
朝ゆっくりの10時過ぎ到着だったため、駐車スペースには車がびっしり。
なんとか端っこに止めて歩きだす。

最初に迎えてくれたのは、ウソ♀の群れだった。
D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/16
I18A9446.jpg

I18A9486_20210120204910a4e.jpg

I18A9495.jpg

I18A9518.jpg


綺麗な♂を撮りたいところだが、何故か♀ばかり。
結局、♂に出会うことはできなかった。

I18A9530.jpg


先に進むと、数人のカメラマンがカメラを構えているのが見えたので、静かに近づく。
レンズの向こうには、ルリビタキ♂が止まっていた。フェンスの間から1枚。I18A9533.jpg

I18A9586.jpg

I18A9606.jpg

I18A9563_20210120205340728.jpg

カメラマンを気にすることなく、餌探しで1m程の高さの枝と地面を行ったり来たりしていたので、しゃがんで撮影していたら、最短撮影距離ギリギリまで寄ってきた。
写真はトリミングしてますが、ノートリでも画角に入りきれませんでした。
I18A9575-3.jpg


すぐ近くにもう1羽いました。
I18A9610.jpg


目当てのカヤクグリがよく出てくるポイントに行くと、600mmF4.0を構えるカメラマンが一人。
ファインダーを除いて何かを撮影していた。
ゆっくり近づいてレンズの先を確認すると、案の定 カヤクグリだった。
I18A9635.jpg


いたのはこの1羽だけ。
I18A9643.jpg


数人のカメラマンが集まって来ると飛び去ってしまったが、何とか目的を達成できた。^^)/
I18A9646.jpg


最後は、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラの混群がいたので、他の鳥が混ざっていないかと双眼鏡で探すと、ヒガラとコガラも。 久しく会えていなかったコガラを追いかけてみた。
I18A9677.jpg

I18A9691.jpg

I18A9703.jpg
スポンサーサイト



マイフィールドの鳥たち

先週の3連休の中日、減ってしまったムラサキツバメの塒が復活していないかと淡い期待を持って見に行ってみたが、2塒に1頭ずつ以外は壊滅。やはり消滅した塒は、復活することはないようです。

ということで、鳥モードに切り替えて、マイフィールドのメイン会場に行ってみたら常連意外にも多くのバーダーがやって来ていた。屋外とはいえ、この時期、コロナが気になるところでもあります。

この日の鳥たちはサービスよく、顔を出してくれた。

まずは、久しぶりのアリスイ。葦が刈られた地面に出て来た。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/10

X1107795.jpg


ちょろっと下を出した瞬間が撮れた。
X1107898.jpg


何かに警戒? ではなく、飛び立ちの瞬間。
残念ながら羽を広げたシーンは、ブレブレでお見せできない。凹○
X1107947.jpg


枝に止まって脚の手入れ。
X1108360.jpg


水場に降りたのだが、抜ける場所がなく、水を飲むシーンは撮れず。
X1108488.jpg


背中だけを見ると、まるで幹に巻き付いた蛇。
X1108590.jpg


不思議なキツツキだ。
X1108669.jpg


アリスイを撮影している時、目の前のツルウメモドキの実を食べにメジロがやってきた。
X1108007.jpg

X1108017.jpg


アリスイに代わって出てきたのはクイナ。
X1108356.jpg

X1108178.jpg

X1108190.jpg


クイナは長い時間でっぱなしで、そんな中、反対側でヤマシギも比較的近いところまで出てきていた。
X1108114.jpg

X1108221.jpg


捕まえたミミズを引き抜けないのか、嘴に付いた泥を撮りたいのか不明ですが、嘴を脚で掴んでいました。
X1108332.jpg

X1108337.jpg


クイナが姿を消すとヒクイナの登場。
X1108268.jpg


ヒクイナはサービスが悪く、あっという間に落ち葉の中に潜ってしまった。
X1108278.jpg


アカハラもしばらく出てきて、イボタの実を食べていた。
X1108893.jpg


ジョウビタキ♀もかなり前から居着いている。
X1108819.jpg


帰り道、自宅近くで出会ったのは、イソヒヨドリ♂でした。
いよいよこの近辺にも進出してきたようです。
X1108927.jpg

菜の花セッカ

案山子さんから菜の花セッカを撮りに行こうというお誘いに乗って、ソレイユの丘へ出かけた。
到着早々、長いレンズを抱えて撮影しているカメラマンが2人。
レンズの先には、菜の花にセッカが止まっていた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/05

I18A8807.jpg


カメラマンが言うには、かなり長い時間出ているといい、こんなことは珍しいと。
確かにしばらくして1羽が菜の花に潜ると、別の1羽が現れる感じ。少し遠いけど取り放題!
I18A9008.jpg

I18A9064.jpg

I18A9206.jpg

I18A8778.jpg


一つの画角に2羽。離れたところ更に2羽で計4羽いる模様。
I18A8909_202101102254365b4.jpg

I18A8977.jpg


セッカの他に、かなりの数のタヒバリがキャベツ畑と往復していた。
I18A9140.jpg

I18A8820.jpg


極たまに、カワラヒワもやってきた。
I18A8996.jpg


この日は薄曇り、ぼんやりと富士山も見えたが、レンズが長すぎて富士山バックでの撮影は諦めざるを得なく、とりあえず江ノ島バックで。
I18A8944.jpg


案山子さんバックも。
I18A9234.jpg


何故かこの時期に、ひまわりも咲いていた。
I18A8802.jpg



富士山バックを撮りたくて、オリンパスを持って再度挑戦。
この日は、雲ひとつない晴れ。
これならばっちり撮れると胸弾ませて菜の花畑に出かけたが、待てど暮らせど何も出てこない。
カメラマンも一人もいない。汗)

先日のカメラマンの言葉「こんなことは珍しい」が頭の中に響く。
そんな時、1羽の小鳥が飛んできて菜の花に止まった。
期待したセッカではなくタヒバリだが、それでも富士山バックで撮れるのは嬉しい。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/09

X1097140.jpg

X1097152.jpg


結局、富士山バックは上の2ショットのみ。
セッカも背景を選べない場所に1度出てきただけで終わってしまった。orz
X1097290.jpg

トラツグミ

正月休み、ちょっと遠くへ野鳥遠征でもしようかと思ったのですが、あまりいい情報がなかったので近場のトラツグミで我慢しました。

ポイントにつくと2人のカメラマンがいたが、まだ出ていないようで出待ちしている。
ステージでは、ツグミが黒い実を啄んでいた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/04

I18A8463.jpg

I18A8470.jpg

I18A8488.jpg


樹上ではヤマガラも黒い実を・・・
I18A8499.jpg


待っていても寒いので、公園内をひとまわりして戻ってくると、さっきとは違う一人のカメラマンが、斜面にいるツグミを撮影していた。
その他にカメラマンはいない。
もうトラツグミはいないか? との思いが頭をよぎった時、小さな薮の影に鳥影が見えた。
双眼鏡で確認すると、嬉しいことにトラツグミでだった。
I18A8526.jpg


しばらくすると藪陰から出てきてくれた。
以下、似たような写真ばかりですが、ご容赦を。
I18A8621.jpg

I18A8593.jpg

I18A8572.jpg

I18A8633.jpg

I18A8643_20210107222059890.jpg

I18A8679.jpg


最後まで陽の当たるところには出てきてくれなかった。
I18A8720.jpg

トモエガモ ほか

2週間前、Papilioさんから情報から県内の公園にトモエガモが入っているとの情報を頂いた。
トモエガモは、過去1度 オス1羽を撮影したのみだが、今回は30羽近い群れが入っているとのこと。
働いている身としては、すぐには撮影に行かれず、1週間後に行くことができた。

ポイントには10名ほどのカメラマンがいるだけで、50mほど奥にいるカモの達にレンズを向けている。
双眼鏡を覗くも、目に入るのはマガモ、マガモ、マガモ・・・とカルガモも・・・あれ? 群れは出て行ってしまった? 汗)
もう一度、1羽ずつ丹念にチェック。
すると、遠くの杭の上に♂のトモエガモが1羽いるのを発見。
とりあえず坊主は免れた。はぁ〜。

トリミングなしではこの大きさ。orz よく見たら♀も2羽並んでいた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/12/6

I18A8251_2020121221113700b.jpg



以下、全てトリミングです。
これだけかと思っていたら、奥の土手の上から次々と池に降りてきた。
I18A8314.jpg


いつの間にか、杭の上にもずらりと。
I18A8288.jpg


久しぶりに328を持ち出しての撮影。
以前は、鳥も蝶もこのレンズで撮影していたのだが、流石に重さを感じる。
つい先日、オリンパスのE-M1X用に鳥認識AF用ファームウェアが公開されたので、前日にバージョンアップしておいた。
レンズは残念ながら40-150mmx2.0テレコンだが、鳥認識AFがどんなのもか試してみた。

レンズをトモエガモの群れに向けてシャッターを半押しした瞬間、ファインダーに入っているほぼ全てのカモが白い四角枠で囲まれたので驚いた。
枝の上を動き回る小鳥だとどうなのだろう・・・そのうち試してみようと思います。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

XC065322.jpg


丁度、マガモ♀とトモエ♂が羽ばたいてくれた。
XC065326.jpg


トモエガモは確かに大群だったが、遠くて暗がりだったので少々消化不良気味。
近寄ってくる可能性は皆無だったので、余儀なく撤退することにした。

これだけでは・・・と思い、撮りたまった野鳥写真を少しいアップします。

ベイブリッジをバックにしたクロマダラソテツシジミを撮ろうと出掛けた日。
山下埠頭側から港の見える丘公園に続く階段を登っていた時、近くでヒッーヒッーとジョウビタキの囀りが聞こえてきた。
鳴き声がする方向を見ると、ベイブリッジを背にしたアンテナの上に止まっていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/2

XB020789.jpg


妻と二人で昭和記念公園に紅葉を見に行った日。
シジュウカラの群れがいたので、紅葉に止まるのを待っていたが時間切れ、山茶花で我慢することに。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/15

XB154044.jpg


マイフィールドでムラサキツバメを満喫していた時、すぐ近くにアオサギがやってきた。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/28
XB284944.jpg


ベンチでアオサギを眺めていたら、草むらにいるバッタを捕食し出したので、面白いと思いレンズを向けていたら、飛んできたトンボを・・・すぐさま連写しました。
XB285061.jpg



こちらがアニメGIFにした結果です。
XB285056−1

 | ホーム |  次のページ»»