FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


飛行機雲

冬は真っ青な空に白くたなびく飛行機雲がとても奇麗に見えますよね。
単に白く長いだけでなく、短かったり蛇行?していたりといろんな姿を見せてくれます。
そこで最近撮った飛行機雲の写真を紹介します。

先々週に瀬上市民の森を歩いていて見つけた飛行機雲です。
途中で2つに分裂したように見えるのが不思議です。
丁度通りかかったセスナも入れていました。

[Caplio R6 | 6.8mm(41mm) | 1/540s | f/4.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



おお!アクロバット飛行でもしたのでしょうか?
飛行機は見えませんでした。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/760s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



飛行機雲は時間が経つと広い帯状の雲になるんですね。
以前もっと幅広な雲を撮りましたが、その時はどうしてこんな雲ができるのか分かりませんでした。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/1000s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



反対側も撮ってみました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/540s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



森を抜けると古い飛行機雲の右に新しい飛行機雲が。
左端はもっと古い飛行機雲かも・・・
右の緑色の線はゴーストです。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/1320s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



飛行機雲って横や斜めにたなびくのはよく見ますが、真っすぐ上に延びるのってあまりみた記憶がありません。
飛行機が隠れてしまうと、細いのろしのように見えなくもなく・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/760s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ちょっと短いですが、これが一般的な飛行機雲ですよね。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | 1/570s | f/6.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



これもかなり小さいですが・・・
山の稜線が魚眼レンズっぽい・・・無理がありますね。凹○

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/570s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



おまけに一昨年にR3で撮った飛行機から見た飛行機雲を!

[Caplio R3 | 4.6mm(28mm) | 1/104s | f/5.0 | ISO64]


スポンサーサイト



昨日1/26、今日1/27出会った花、植物たち

舞岡駅のところでサクラが咲いていました。
このサクラは去年の11月3日にも咲いていたので十月桜なのでしょう。
この時は曇っていたのでフラッシュを焚きました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/440s | f/5.4 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



フラッシュを焚かないで、物悲しい感じにしてみました。

[Caplio R6 | 12.4mm(76mm) | 1/570s | f/6.9 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



舞岡公園にて。
真っ赤な葉っぱがまだあるんですね。
薄日が射したり隠れたりしている状況なのでホワイトバランスをオートにしてみました。
真っ赤だったのに少し青みがかってしまいました。

[Caplio R6 | 15.8mm(96mm) | 1/97s | f/4.7 | ISO64]



ホワイトバランスを晴天に変更。
見た目のような赤になりましたが、ピンぼけでした。orz
つくるさんが言ってたように、R6はホワイトバランス晴天の方が安定するみたいです。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | 1/60s | f/4.4 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



気を取り直して、ソシンロウバイを。
以前アップしたものとは違う木ですが、同じような構図ですね。凹○

[Caplio R6 | 12.4mm(76mm) | 1/104s | f/4.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



スイセンも見つけました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/125s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ズームでバックを大きくしてみました。

[Caplio R6 | 22.5mm(137mm) | 1/68s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ここからは、氷取沢市民の森から金沢動物園へと続くお散歩コースです。
よくよく見比べたら以前アップしたものとまったく同じ被写体でした。^^;

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/217s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



こちらは別のマメです。正式な名前は知りません。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/153s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



セイタカアワダチソウの輝き。
バックの弓のようなボケが気に入ってます。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/217s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



少し離れるとボケの正体が分かりますね。
ススキの葉っぱです。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/233s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


今日はキクイタダキ(菊頂)に遭遇

今日は瀬上市民の森から氷取沢市民の森までお散歩してきました。
瀬上池沿いの道をあるいている小さなチッチッという鳴き声が近くで聞こえたので立ち止まり、薮の中に目を凝らしていると小さな緑っぽい鳥が5~6羽ちょろちょろと小枝の中を動き回っていました。元来鳥好きなAkakokkoとしては、何と言う鳥か非常に興味があり、見極めることに。
初めはメジロかと思いましたが、メジロほど目に特徴がなく、ムシクイの仲間かと思った瞬間、頭の黄色いラインが見えました。キクイタダキです。スズメより一回り小さな鳥です。

キクイタダキは目の前3~4m先の小枝の中を動き回っていて、近いのに見え難く写らないの承知でカメラを構えることに。
すると1羽が近寄ってきました。キクイタダキはあまりに小さくR6の液晶モニタではどこにいるか分かりません。目の前1m先にいると言うのに・・・;;) あれ、昨日のコサギも1mまで近づいてきたなぁ。
とにかく当てずっぽうでシャッタを押しまくったら、1枚だけ捉えていました。
悲しいかな思いっきりピンぼけです。orz
R7だったらもう少しましになったかも・・・
それでも数十年ぶりに見ることができた鳥なので感激でした。
この写真ではキクイタダキがどんな鳥か分からないと思いますのでYahoo図鑑をご参考まで。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/15s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



恥ずかしついでに、昨日舞岡公園で撮ったジョウビタキ♀もどうど。
こちらはスズメと同じくらいの大きさです。
う~ん。デジイチと眺望遠レンズが欲しい・・・

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/90s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



いつも通り森の中ではリスの気配がそこら中でしています。
ガサゴゾと落ち葉アサリをしているリスや木の上でパキパキ枝を折って何やら葉っぱのようなものをばらまいているリス。
葉っぱかと思っていたらマメの殻でした。この辺りにいっぱい落ちています。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/34s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



今日はリスの姿はまったく捉えることが出来なかったので、看板を紹介。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/176s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



この辺りにはイタチもいるようですね。
見たことはありませんが・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/52s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


まだあったセミの抜け殻

途中コサギ君に遭遇し、今日の目的を忘れるところでした。
今日は、2週間前に見つけた越冬中のウラギンシジミがまだいるかどうかを見に舞岡公園に行くことが目的でした。

いつも舞岡公園にはたくさんのバードウォッチャーが超望遠付きのカメラを担いで集ってきます。
今日も20人くらいの人で賑わっていました。バードウォッチングなのでみんなあまり音は出さないようです。ほとんどの人はイチデジですが、中にはデジスコで頑張っている人もいますね。
羨ましい機材の山です。^^
知らない人にレンズを向けるのはあまりしませんが、とりあえず雰囲気を伝えたいと思い、パシャッ!
顔をぼかす必要もない手ぶれでした。orz

[Caplio R6 | 22.5mm(137mm) | 1/36s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



で、ウラギンシジミですが、いませんでした。::)
下も探してみましたが・・・別場所に移ったようです。冬の間中同じ場所にいる訳ではないようですね。残念。

と、ウラギンシジミのいたアオキの上方を見るとセミの抜け殻が付いていました。
夏にはそこら中にある抜け殻ですが、不思議と冬には消えてしまいますよね。
どこへ消えるのか分かりませんが・・・
ちょっと違和感を感じちゃいますよね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/55s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



アップで確認してもやっぱりセミの抜け殻です。
アブラゼミでしょうか?

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/26s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ついでに、去年の10月28日に森を散歩している時に小さなセミの幼虫が道の上を散歩しているのを見つけた時の写真です。

[Caplio R6 | 11.0mm(67mm) | 1/68s | f/4.5 | ISO64]



舞岡公園にはこんな面白い木もあります。
木の上の家を造るのに最適な形ですね。
逆さまにすると、六本木にある大きなクモのオブジェのようにも見えますね。^^)

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/90s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


コサギ接近(舞岡にて)

舞岡駅から舞岡公園へ続く「舞岡町小川アメニティー」は、以前紹介した菜の花が咲いていたり、横を流れる小川にな奇麗な鯉が泳いでいて、とても気持ちのいい散歩道です。
[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/270s | f/3.3 | ISO100 | bias 0.30 | WB cloudy]



1羽のコサギが低空飛行で車道から近づいてきて4~5m先の小川に降りました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/64s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



先の黄色い足を水の中でゆらゆらさせて小魚を驚かせて捕まえています。
よほどお腹が減っているのか歩道を人が通っても逃げることなくえさ取りをしています。

[Caplio R6 | 7.7mm(47mm) | 1/125s | f/4.1 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



メダカを食べているのかと思ったらなんとザリガニです。
のどに引っかからないのでしょうか?

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/39s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



どこかのペリカンのように、こちらに近づいてきました。^^;

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/32s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ザリガニを探すのに頭がいっぱいなのでしょうか?
どんどん近寄ってきます。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/73s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



かなり接近してきた(1mくらいでしょうか)のでピントが合わず、マクロに切り替えました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/73s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



やっと私に気がつき(そんな訳はないでしょうが)退散していきます。
つつかれはしませんでしたが ^^; 野生のサギにこれだけ近寄れたのは初めての経験です。
サービス旺盛なコサギ君に感謝。いい一日になりました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/104s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


森を歩いていて出会った影たちを紹介します。

狭い山道に右折矢印のような影が・・・
偶然ですが、この時間帯でないと見られなかった影です。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/380s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 ]



アオキの葉にスポットライトのような木漏れ日が当たり、スギの木に奇麗な影を落としていました。
木漏れ日は明るかったのですが、SSは稼げませんでした。

[Caplio R6 | 29.2mm(178mm) | 1/7s | f/4.9 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



これも木漏れ日によるシダの影。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/34s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



ナスカの地上絵のような影を見つけました。

[Caplio R6 | 14.5mm(88mm) | 1/250s | f/4.7 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



これが影の主です。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/870s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



最後は車の轍のような影でお別れです。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/55s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


昨年のカナブン

息抜きが続いたので、ここで蔵出しの昆虫写真を!
一見地味なカナブンですが、よく見ると緑銅色の光沢があり奇麗です。
Wikipediaによると「コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属する昆虫」となっています。

シャッタ速度が足りないため若干手ぶれしたようです。orz
馬ズラで愛嬌のある顔をしています。

[Caplio R6 | 14.5mm(88mm) | 1/4s | f/4.7 | ISO100]


[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/23s | f/5.2 | ISO200]



一見クワガタの♀と間違えそうなのがクロカナブンです。
クワガタは若干茶色も混ざった感じですが、クロカナブンは黒ペンキをかぶったような色をしています。この写真をとるまでクロカナブンなる存在を知りませんでした。
クロカナブンはカナブンより個体数が少ないようです。

[Caplio R6 | 20.1mm(122mm) | 1/125s | f/5.0 | ISO64 | bias: -0.30]



このクロカナブンは、木の根の樹液を吸っていました。
見つけたときは2匹いたのですが、近づくと1匹は飛んでいってしまいました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/34s | f/3.6 | ISO64 | bias: -0.30]



夏に森を散歩すると大木の樹液に群がるカナブンを見つけることが出来ます。
ここにもクロカナブンが1匹いました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/34s | f/3.6 | ISO64 | bias: -0.30]



この写真には写っていませんが、ヒカゲチョウやジャノメチョウ、スズメバチなどもこのようなところで樹液を奪い合っているのを見かけます。

[Caplio R6 | 25.8mm(157mm) | 1/153s | f/4.5 | ISO100 | bias: -0.30]


トゲトゲの木 発見

今日は瀬上市民の森へ行ってきました。
夏は虫たちでにぎわっている森ですが、冬は鳥たちでにぎわっています。
メジロ、シジュウカラ、アオジ、ジョウビタキ等々、撮りたいと思ってもR6では・・・orz
イチデジが羨まし今日この頃です。

瀬上市民の森にある昔ながらの谷戸には、前回紹介したイタチ川の源流となる小川が流れており、田んぼもあります。1日中日陰になる場所もあるようで、昼の1時を回っても氷が溶けずに残っています。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/68s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



イボイボの木、そしてイタイタの木に続きトゲトゲの木です。
ミズゴマツボさんのトゲトゲに比べるとかわいいものですが・・・^^;

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/810s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



被写体深度が浅く、レタッチでぼかしたように見えますが、撮ったまま縮小だけしてます。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/570s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



何という木なんでしょか?
調べたところカラスザンショウと言う木のように見えます。
もしかするとイボイボの木は、これがもっと太くなったもののように思えてきました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | 1/760s | f/3.6 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



他にもちょっと面白い木がありました。

片方が片方に巻きつこうとしてあきらめたのか、下の方がくっ付いています。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/68s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.30 | WB sunny]



真っすぐなスギの木が多い中、どうしたことか1本だけクネクネした木がありました。
今までは葉っぱがあったから気づかなかったのだろうか。
虫のいない冬の森でもそれなりに楽しめます。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/84s | f/3.3 | ISO64 | bias -1.00 | WB sunny]



帰り道ではタイワンリスが見送りしてくれました。
警戒心が強くあまり近寄れないので、PCでリサイズしてます。
ちょっと手ぶれしてしまったかな。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/17s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]


R6で鳥の写真

R6で鳥をとっても豆粒にしかなりませんが・・・
少し大きめの鳥なら何とか・・・

横浜市栄区を流れるいたち川は両岸に2kmほどの遊歩道が整備されており、川には大きな鯉も泳いでいて気持ちよく散歩のできるところです。

[DSC-W50 | 9.4mm | 1/60s | f/3.5 | ISO160 | bias -0.70]



水辺にはカモやセキレイも来ますが、コサギもよく見かけます。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/290s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70]



画角いっぱいに撮りたいのですが、最短距離からテレ端でとってもこんなもんです。
リサイズすればよいのでしょうが・・・

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/133s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



もう少し歩いた先に別のコサギがいました。
どんなに頑張っても大きく写せません。
鳥を撮るにはやはりイチデジが必須ですね。orz

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/203s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70]



気持ちを察してくれたのか、1羽の鳩が近寄ってきてくれました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/153s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



あまりに近寄って来るので、テレ端ではピントが合いません。
マクロにするの忘れてた!

[Caplio R6 | 29.2mm(178mm) | 1/90s | f/4.9 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



歩みを先に進めると、いたち川と言うだけ合って、イタチがいました。
一匹はお尻を出しています。
胴体が長いようにも見えますが・・・^^;

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/36s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70]


[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/28s | f/5.2 | ISO64 | bias -0.70]



橋の欄干には、タヌキのようなイタチがおりました。^^)

[Caplio R6 | 15.8mm(69mm) | 1/440s | f/4.7 | ISO64 | bias -0.70]


建築物

自然がメインなのであまり建物は撮っていませんが、遊び半分で撮った息抜きです。
いつも遊び半分で撮っているかも知れませんが・・・^^;

まずはこれから。
以前ニコンオンラインアルバムに入れていたので見た人もあると思いますが、何だか分かりますか?
長~いすべり台ではありません。
上の方にある黒いとろまで登れるんです。
[DSC-W50 | 18.9mm | 1/500s | f/5.2 | ISO80]



上から見ると横浜ベイブリッジがよく見えます。
天気がよかったらもっと奇麗に見えたのでしょうね。
[DSC-W50 | 6.3mm | 1/250s | f/7.1 | ISO80]



正解はこれです。
写真を撮っている訳ではありませんよ。
隣に建っている同じ形の煙突です。
ここは、東京電力横浜火力発電所の煙突の2階部分です。
日本で一番高い2階だそうです。何メートルだったか忘れました。^^;
隣の煙突には2階がありません。
[DSC-W50 | 6.3mm | 1/200s | f/7.1 | ISO80]



続いてこれは、傾いてしまったビルに悪戦苦闘している作業員のようです。
[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | 1/310s | f/5.2 | ISO100]



パンするとこんな感じです。
ちょっと上が切れてしまいました。
[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/440s | f/5.0 | ISO100]



これは何となく撮ってしまったとあるマンションです。
こんなマンションなら眺めがいいでしょうね。羨ましい。
[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/540s | f/3.3 | ISO64 | bias -0.70]



最後は、公団住宅内の広場にあるオブジェに映っている建物が面白かったので撮ってみました。
[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | 1/540s | f/5.0 | ISO64 | bias -0.70 | WB sunny]



 | ホーム |  次のページ»»