FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


水滴とボケ

昨日、家内の実家に行って来ました。
なのでお散歩はお休み。代わりに水滴を撮影で遊んでみました。

玄関前の草花に水をやると、パンジーの花に奇麗な水滴が付きました。
いろんなブログで素敵な水滴がアップされているの観ていたので「撮ってみよう!」と思い、ポケットからR6を。出かける時はいつも入ってます。^^)

ということで、今日は全てR6です。


1枚目

2つ同じ大きさ水滴が奇麗に並んでいました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

ちょっと角度を変えて・・・デジタルマクロモードです。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | f/4.4 | 1/190s | ISO100 | デジタルマクロモード]




3枚目

正面から。上の方にも水滴が付いています。
水滴で光が集められて熱くないのか心配です。^^;

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | f/4.4 | 1/250s | ISO100 | デジタルマクロモード]




4枚目

前玉ボケにしてみました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/220s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

違う花びらにもいっぱい水滴がついてます。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/640s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目

玉ボケで遊んでみましょう。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/250s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目

玉ボケをちょっと大きくします。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/270s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目

もうちょっと。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目

もっと大きく。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


ニホンミツバチとキショウブ

自然観察の森の入口手前にある歩道にキショブが沢山咲いており、ミツバチやマルハナバチが花に潜り込んでせっせと密集めをしていました。
スズメバチやアシナガバチと違い、見た目がかわいいですね。

今回は偶然にも、奇麗な飛翔中のミツバチが映っていたので自分でもビックリです。^^;
こんな写真が撮れると嬉しいですね。狙って撮れるようになりたい。


1枚目:ニホンミツバチ

上空から密のありそうな花を探しています。

[E-510 | 141.0mm(282mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




2枚目:ニホンミツバチ

この花に決めたようです。

[E-510 | 169.0mm(338mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




3枚目:ニホンミツバチ

キショウブの花の密はかなり奥の方にあるようで、体がすっぽり隠れるまで潜り込みます。

[E-510 | 169.0mm(338mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




4枚目:ニホンミツバチ

密を吸う時は正面から潜り込みますが、吸い終わると横から出て来ます。

[E-510 | 169.0mm(338mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




5枚目:ニホンミツバチ

次のターゲットへと飛んで行きました。

[E-510 | 169.0mm(338mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




6枚目:マルハナバチ

別のキショウブにはマルハナバチが潜り込もうとしています。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/5.6 | 1/320s | ISO100]




7枚目:マルハナバチ

マルハナバチも吸い終わると横から出て来ます。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/5.0 | 1/250s | ISO100]




8枚目:マルハナバチ

R6でも撮ってみましたが、SSが低めなので被写体ブレします。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:マルハナバチ

マルハナバチの仲間は毛皮をまとったような姿です。
色的にはレッサーバンダですかね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/75s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目:ツマグロオオヨコバイ

花びらの裏にツマグロオオヨコバイが隠れていました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


横浜自然観察の森で野鳥観察

先週土日は雨で散歩ができず、今日も曇りがちな1日でしたが、午後は時々陽が射す天気。
ようやくお散歩写真を撮りに出かけることができました。
今日の行き先は横浜自然観察の森です。

野鳥、蝶、トンボと今まで撮影しているものがほとんど。
白いブラウスにブルー上着を羽織った美しい野鳥オオルリと初めて出会いましたが、直ぐに逃げられてしまい写真に撮ることができず悔しい思いで帰って来たしだい。
ということで目新しい野鳥の写真はあません。~凹○


1枚目:野鳥観察スポット

横浜自然観察の森にある野鳥観察スポットです。
ここで見られる野鳥のパネルが展示されており、覗き窓の向こうには大きめの池があります。
子供から大人までを考えて覗き窓の高さがさまざまです。

[Caplio R6 | 4.6mm(26mm) | f/3.3 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:野鳥観察スポット

この覗き窓の上にはカワセミのパネルが飾られています。
池の中の止まり木は10年前に作られたものなのですね。

[Caplio R6 | 4.6mm(26mm) | f/3.3 | 1/45s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目:野鳥観察スポット

覗き窓の向こうを3枚の写真からパノラマ合成しました。クッリクして拡大表示でご覧下さい
ちなみに私はここで野鳥を見つけたことがありません。それほど忍耐力がありあせん。~凹○
朝早く来たりするとカワセミに会えるのかも知れませんね。

[Caplio R6 | 4.6mm(26mm) | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny | PE パノラマ合成]




4枚目:ウグイス

ウグイスはそこら中で鳴いており、撮影チャンスが多いですね。
大きなレンズを担いだカメラマンたちは飽きているのかウグイスは撮らないようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | ISO400]




5枚目:ウグイス

枝の中を動き回っているので光が届かず撮影条件は厳しいですね。
たくさんの手ブレ被写体ブレの中からこの2枚だけマトモでした。^^)

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/80s | ISO400]




6枚目:ヤマガラ

ちょっと遠目ですが、ヤマガラをゲット。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | ISO400]


登場の遅れた植物と館山城

投稿タイミングを逸した2ヶ月前の写真です。^^;
館山南房パラダイスの温室で撮った植物たちと館山城。
今見返すと懐かしく思えます。


1枚目:シダの仲間

フェルトで作ったタコの足、刺繍糸の縫い目のような跡もあります。
いえいえ、作り物ではないですよ!ちゃんとした植物です。念のため。^^;

[E-510 | 190.0mm(380mm) | f/7.1 | 1/80s | bias -0.30 | ISO400]




2枚目:オオベニゴウカン(大紅合歓)

以前、ミズゴマツボさんのブログ紹介されていたと思いますが、それ以前にも何となく見たことあるよなぁって思っていたら、ネムノキの仲間のようですね。
ネムノキもこのようなタワシ状の花が咲きますよね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/7.1 | 1/320s | bias -0.30 | ISO400]




3枚目:オオベニゴウカン?

同じ名前なのか分かりませんが、白いのもありました。
白髪頭のようです。^^)

[E-510 | 158.0mm(316mm) | f/7.1 | 1/200s | bias -0.30 | ISO400]




4枚目:バナナ

バナナもたわわに実っていました。
熟したら職員たちが食べるんでしょうか?

[E-510 | 104.0mm(208mm) | f/7.1 | 1/60s | bias -0.30 | ISO400]




5枚目:スターアップル ← スターフルーツの間違いでした。^^;

輪切りにすると☆の形なのでこの名前のついている果物ですよね。
食べたことはありますが、実っているところは初めて見ました。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/7.1 | 1/200s | bias -0.30 | ISO100]




6枚目:カカオ

カカオも実っているところは初めてです。
こうやって写すと特大カカオのようです。^^;

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目:館山城

城中は資料館で、南総里見八犬伝の特集展示をしており、子供の頃、NHKでやっていた人形劇に使われた伏姫の人形等も展示されてました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/500s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目:館山城から見る館山市街

このときはまだパノラマ合成にハマっていなかったので、城からの写真はこれだけ。
360度撮っておけば・・・と今にして後悔。~凹○

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/540s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:瓦

館山城の瓦は岐阜坂井製瓦のようです。
調べてみたらいろんなお城に使われているようですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/400s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


あの木に花が!これ花?その他

1枚目:ニシキギ

トゲトゲでもイボイボでもなくイタイタの木イタイタの木その後で紹介したニシキギに花が咲いていました。
あまり目立たない小さ花でした。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:ナツトウダイ

虫かと思ったら花のようです。横浜自然観察の森にありました。
何と言う植物なのかまったく分からなかったのですが、M.S.さんに教えて頂きました。ありがとうございます。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/11.0 | 1/100s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目:モミジ

新緑のモミジも奇麗なので、あちこちのブログにも登場していますね。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/4.0 | 1/800s | bias -0.30 | ISO100]




4枚目:アカモミジ

ネットで調べたら春に紅葉するアカモミジのようです。

[E-510 | 158.0mm(316mm) | f/5.6 | 1/250s | bias -0.30 | ISO100]




5枚目:葉影

少し前にも木の幹に映った変わった影を紹介しましたが、今回はヒョウ柄です。^^) ちょっと無理があるかな?

[Caplio R6 | 8.4mm(51mm) | f/4.2 | 1/15s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:わらじ草?

そんな名前の葉っぱはないと思いますが、鼻緒が付いているようですよね。
これもM.S.さんに教えて頂きました。「ミズヒキ」だそうです。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | f/4.4 | 1/35s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目:わらじ草?

アップで撮ってみました。
白い花はハコベですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/35s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目:竹の子

ヒメジョオンやダイコンノハナが咲く中、竹の子がひとつだけ顔を出していました。
どうしてこんなところに?

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/25s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


蝶いろいろ

しばらく前にアップしたアオスジアゲハと同じ時に撮影した蝶たちです。
蝶6種類と幼虫1種類。
ご覧下さい。


1枚目:ダイミョウセセリ

イチモンジセセリは良く目にしますが、イチモンジセセリより黒いセセリチョウです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO400]




2枚目:ダイミョウセセリ

名前の通り大名のような装いですね。
後翅の下端の模様が新撰組の羽織模様のようです。
前翅の模様も貝細工のようで奇麗です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO400]




3枚目:コチャバネセセリ

イチモンジセセリより明るい茶色でスジのあるセセリチョウです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/160s | bias -0.30 | ISO400]




4枚目:コチャバネセセリ

ヒメジョオンの花の密をせっせと吸っていました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




5枚目:コチャバネセセリ

柵があってこれ以上近寄れませんでした。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO200]




6枚目:ヒメウラナミジャノメ

翅を広げての日光浴が好きなようです。
イギリスの名戦闘機スピットファイヤーを思わせるような翅の◎模様です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




7枚目:ヒメウラナミジャノメ

顔や身体は毛むくじゃらですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/100s | bias -0.30 | ISO400]




8枚目:コミスジ

近寄ると飛び立って少し向こうの地面に着地。その繰り返しで頑張って撮ってみました。
当然、ピンぼけブレ写真量産です。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO100]




9枚目:コミスジ

光の透けた白いラインが奇麗です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




10枚目:コミスジ

翅に3本のラインのある蝶は他にミスジチョウがいますが、1本目のラインの端の模様が尖っているのがコミスジです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO400]




11枚目:キタテハ

キタテハは何度か撮っている蝶です。
来月でR6購入1年になりますが、その前までは虫を追いかけることもなかったので、キタテハなども認識したことがありませんでした。追いかけ始めると以外と出会いが多いですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO100]




12枚目:キタキチョウ

キタキチョウも良く見かける蝶です。
土の水分を吸っているのでしょうか?
ストローがウラシマソウを連想させます。^^)

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/160s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




13枚目:幼虫

モンキアゲハの幼虫でしょうか?(幼虫は識別が難しいですね)
舞岡公園で撮影したものですが、その内公園内を飛び回るのでしょうね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/270s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


桐・藤・菖蒲

なんだか花札の絵柄を集めたようなタイトルですが、狙った訳ではなく、今気がつきました。
花札は、1月~12月に対応した12種類の植物(松、梅、桜、藤、菖蒲、牡丹、萩、芒(ススキ)、菊、紅葉、柳、桐)が描かれていますが、よくよく見ると柳以外は一通り写真に収めていました。
それを並べてみるのも面白いかも知れませんね。
桐は12月の札になっていますが、絵柄は葉と鳳凰だけで、描かれていない花は今の時期に咲くのですね。


1枚目:桐

大きな木に沢山の紫の花が咲いていました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/500s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:桐

よく見るとこんな形なんですね。
ちょっと厚紙で作ったようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO200]




3枚目:桐

紫の小さな花が上へ房上に延びて咲いています。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/4.0 | 1/400s | bias -0.30 | ISO100]




4枚目:藤

これは藤ですが、藤棚ではなく野生の藤はパッと見 桐にように見えます。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/11.0 | 1/160s | bias -0.70 | ISO200]




5枚目:藤

藤棚に咲く藤の花房を真下から撮ってみました。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/7.1 | 1/100s | bias -0.30 | ISO2400]




6枚目:菖蒲

最後はアヤメです。
コウモリのようはフクロウのような面白い形をしていました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


カタツムリ

この土日はあいにくの天気、残念ながらカメラを持っての遠出のお散歩もお休みです。

我が家の車を止めている月極駐車場の土手には雑草を防ぐため?のネットが張られています。
以前は草ぼうぼうでバッタ等がたくさんいましたが、ネットが張られてからと言うもの虫の姿はまったくありませんでした。
ところが、ひと月程前、天気のよかった日、ネットの上に何やら小さな丸いものがたくさん付いているのに気づきました。


1枚目

この写真では3つしか映っていませんが、1m間隔くらいに1匹ずつくっ付いているような感じでした。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/10.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




2枚目

天気の良い日は乾燥しないように中に閉じこもっています。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/540s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

ひからびているような感じだったのに、雨が降ると顔を出します。
ちゃんと生きているんですね。不思議です。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/55s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

このネットの上にいるカタツムリはひと月程前からざっと見て10匹以上いるようです。
何を食べているんでしょうね。

[Caplio R6 | 12.4mm(76mm) | f/4.6 | 1/100s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


道ばたの花シリーズ

近所を散歩しているだけで様々な花を目にします。
近所さんが育てているのか、はたまた種が飛んで来たのか、いずれにしても自生しているはずのない道端の花々を撮ってみました。

R6の写真が多いですが、他意はありません。^^)


1枚目:ミヤコワスレ(fmympapaさんに教えてもらいました)

紫の奇麗な花です。

[E-510 | 76.0mm(152mm) | f/10.0 | 1/160s | bias -0.30 | ISO100]




2枚目:ミヤマオダマキ

形もちょっと変わってますが、名前も変わってますよね。
ネットで調べました。^^)

[E-510 | 76.0mm(152mm) | f/10.0 | 1/160s | bias -0.30 | ISO100]




3枚目:アグロステンマ(fmympapaさんに教えてもらいました)

なんだか絵に描いたような花ですよね。
白からピンクのグラデーションに黒い縦線が入っている花びらです。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/220s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:セイヨウオダマキ

2枚目のミヤマオダマキに形が似てますよね。
そう思って「オダマキ」で調べてみたらセイヨウオダマキにたどり着きました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/140s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目:セイヨウオダマキ

花を正面から見るとピーマンの輪切りのようですね。^^;

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/350s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:ワスレナグサ

同じ場所にわすれな草も咲いていました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/150s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目:トキワハゼ

魚のような名前ですね。これだけは初めから自生している植物です。
遠目にはスミレが咲いているように見えました。大きさも同じくらいです。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/50s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目:ヒルサキツキミソウ

かなりの数が咲きそろったので、懲りずにまた撮って来ました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/5.4 | 1/440s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:ヒルサキツキミソウ

光の当たり具合で花自体が光を放っているような感じに見えます。

[Caplio R6 | 6.0mm(37mm) | f/5.7 | 1/750s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目:ヒルサキツキミソウ


[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/5.4 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




11枚目:ヒルサキツキミソウ


[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


ジャンプするエナガ

GWに撮り置きしていた鳥の写真です。
タイトルのエナガの写真以外は、これいった写真はありませんが・・・


1枚目:エナガ

偶然に枝から枝へジャンプする姿のエナガを捉えることができました。

[E-510 | 300.0mm(600mm)→リサイズ | f/5.6 | 1/1250s | bias -0.30 | ISO100]




2枚目:エナガ

曇り空がバックなのとかなり小さいので識別がちょっと難しいですが、この時期、この姿はエナガだと思います。

[E-510 | 300.0mm(600mm)→リサイズ | f/5.6 | 1/1250s | bias -0.30 | ISO100]




3枚目:メジロ

木の上で気持ちよくさえずっているのはメジロです。
なかなか奇麗な歌声を聴かせてくれます。

[E-510 | 300.0mm(600mm)→リサイズ | f/8.0 | 1/1000s | bias -0.30 | ISO100]




4枚目:カルガモ

頭を背中に乗せて寝ていましたが、ひと気配を感じて起きてしまいました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/60s | bias -0.30 | ISO400]




5枚目:コサギ

あの大量オタマジャクシ池の周りにある木の上でコサギが休んでいました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/10.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




6枚目:コサギ

木の下に回って撮ってみました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/250s | bias -0.30 | ISO400]




7枚目:ハッカチョウ

先日紹介したハッカチョウの巣営ですが、別の場所でも見つけました。
バス優先の標識裏のパイプに巣営していました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/9.4 | 1/710s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»