FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


翼その1(富士山)

今週も出張があり間近に富士山を撮影してきました。
毎日暑い日が続きますが、富士山にはまだ少し雪が残っていました。
もうしばらくするとこの雪も無くなってしまうのでしょうね。

出張なので、全てR6の撮影。
PhotoshopElementにてコントラスト、カラー補正しています。

1枚目

まずは曇っている羽田から。
この状態だったので富士山が奇麗に見えるかちょっと心配でした。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

離陸後しばらくして翼の下に雲から顔を出した富士山がチラッと見えました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1000s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

少しバンクして富士山の方向に機首を向けます。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1050s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

近づいて来ました。
眼下に山中湖が見えます。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | f/4.4 | 1/640s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

そして翼の下から富士山の登場。
翼のラインに引きずられて地球が傾いてしまいました。^^;

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目

画角下に指の先が写ってしまいました。失敗!^^;

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/750s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目

山頂に薄らと雲を被っています。

[Caplio R6 | 15.8mm(96mm) | f/4.7 | 1/400s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目

今度は指が入らいないように・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/750s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目

テレ端で・・・

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/250s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目

西への空の旅は続くのでした。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/640s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


数十年に一度の花

近所にあるお寺の前に、数十年に一度しか開花しないと言われているリュウゼツランが花を咲かせていました。
花茎の高さは10mを超えているでしょうか。
大きな葉が竜の舌のようなので竜舌蘭というようです。
葉の端が黄色っぽいのが分かりますか?
葉っぱが全て緑のアオノリュウゼツランという種類もあるようです。

数十年に一度と言うものの、確か数年前にもここで同じ花を見たような・・・
アルバムを探してみるとありました。
丁度3年前、隣の株が開花していました。

今年の花の方が大きいです。
なんだか大きなアスパラガスに見えてきました。^^;


1枚目

2008年7月12日撮影

[E-510 | 25.0mm(50mm) | f/4.7 | 1/80s | ISO100]




2枚目

2008年7月12日撮影

[E-510 | 14.0mm(28mm) | f/4.5 | 1/640s | bais:+1.0 | ISO100]




3枚目

2005年7月18日撮影

[C2100UltraZoom | 11.0mm | f/2.8 | 1/10s | ISO100]


8種類の蝶

土曜日はカワセミだけでなくミドリシジミ目当てで舞岡公園に行ったのですが、ミドリシジミは1頭も見つけることが出来ませんでした。
もうシーズン終了。来年までお預けですね。ちょっと寂しい・・・
しかたないので、舞岡公園から横浜自然観察の森へ自転車移動。
目当てもなくぶらっと散歩して、別の蝶たちを撮って来ました。


1枚目:コチャバネセセリ

足下でチラチラと舞っていました。
土の上だと保護色ですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.30 | ISO100]




2枚目:ヤマトシジミ

ミドリシジミに出会ってから、小さな蝶を見るとついつい撮影してしまうようになりました。
シジミチョウの仲間は以外と種類が多く以外と奇麗です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.30 | ISO100]




3枚目:ヒメウラナミジャノメ

ジャノメの仲間の中では小さな蝶。
遠目にはシジミチョウの仲間のように見えます。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/60s | bias -0.30 | ISO400]




4枚目:ヒメウラナミジャノメ

裏翅はなみなみの縞模様が奇麗で好きなのですが、表翅はかなり地味です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目:ジャノメチョウ

恐らくジャノメチョウです。だとすると初めての出会いになります。
ヒカゲチョウが飛んでいると思い、花に止まった瞬間を撮って、そのまま通り過ぎでしまいました。
初めての蝶だと分かればじっくり観察したところでした。残念。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/7.1 | 1/400s ISO100]




6枚目:ヒメアカタテハ

今シーズン初です。
以前はタテハチョウといえばこの蝶くらいしか知りませんでした。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/500s | bias -0.30 | ISO100]




7枚目:コミスジ

チョウの向こうのツルが邪魔でした。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




8枚目:クロコノマチョウ

このチョウも今シーズ初です。
薮の中でひっそり休んでいたので危うく通り過ぎるところでした。
何枚も撮りましたが、暗かったのでお見せできるのはこの1枚だけ。orz

[E-510 | 141.0mm(282mm) | f/4.4 | 1/15s | ISO400]




9枚目:オナガアゲハ

羽ばたいている訳ではありません。思いっきりの手ブレです。
これだけブレると不思議な感じですよね。
見直してみるとかなり絞ってました。^^;
ジャコウアゲハかと思っていたらオナガアゲハだと shinさんに教えて頂きました。
shinさんありがとうございました。

[E-510 | 252.0mm(304mm) | f/9.0 | 1/4s | ISO400]


安易にテレコンレンズに手を出してしいました。

カワセミを大きく撮りたい。でも純正のテレコンはそれなりの値段。私にとってはとても安いとは言えません。
そこでちょっと姑息な手段を・・・
ソニーのネオデジイチ用のテレコンレンズは取り付け径が58mm。
なんとED 70-300mmレンズと同じではないですか。
それにフィルタ感覚で付け外しできるので、レンズの間に入れるテレコンバータよりとても便利。
x1.7のテレコンが1万ちょっとで手に入る。ということで購入し、早速今日初撮りに舞岡公園に行って来ました。が・・・^^;

1枚目:カワセミ

やはりこの公園はカワセミとの出会い率高いです。^^)
まずは70-300mmレンズだけで1枚。
天気は文句なしでしたが、木陰の枝に止まるためちょっとピントが甘くなってしまいました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/320s | bias -0.30 | ISO400]




2枚目:カワセミ

そしてテレコンレンズを装着! あれ?ブレてる!?
SS40で1020mmを手持ちなんて無謀でした。凹○
3脚持たずに来たので今日はこれまで。残念!orz
この後すぐ逃げられてしまいました。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/6.3 | 1/40s | bias -0.30 | ISO800]




3枚目:アジサイ

紫陽花が朝の木漏れ日を浴びていい雰囲気だったので撮ってみました。
適当撮りですが・・・

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/6.3 | 1/125s | bias -0.30 | ISO400]




4枚目:アジサイ

こんな紫陽花もありました。
花が2つしかついていません。どうしたのでしょうか?

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/6.3 | 1/60s | bias -0.30 | ISO400]




5枚目:シダ

暗闇のかなに光るシダ。その上に浮いているような黄色い木の葉。
何か妙だと思いませんか?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




6枚目:シダ

水面に映ったシダを逆さにしたものです。
水に映る写像と水底の影が面白いと思い撮りました。
水面の汚さが気になります・・・

[E-510 | 78.0mm(156mm) | f/6.3 | 1/160s | ISO400]


今週の出張

先月に続き、今週も出張がありました。
いつもとは違う場所、とは言っても羽田から西に向かうので富士山が撮れるだろうと思い左窓側を予約。
雲はあるもののこれなら富士山はバッチリ!と思ったら意表をつく海上コースのため富士山は右側彼方・・・あれ!?凹○
ということで空の写真です。^^;


1枚目

見慣れない飛行機が駐機していました。
拡大してみると胴体にNAGERIAN AIR FORCEの文字が・・・サミットでナイジェリアの大臣が空軍の飛行機で来日したのでしょうね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/250s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

空が近いですね。
雲の層が2重になっています。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/2000s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

2層目の雲を超えるとスッキリした青空。
遠くの雲の固まりが奇麗でした。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1700s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

消えかかっていますが、2筋の飛行機雲が同じ後方に延びてました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1400s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

空港が近づき、スポイラーを上げて高度を下げています。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1400s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目

空港が見えて来ました。どこか分かりますか?
いつもは海から直接着陸しますが、この日は町の上空を旋回して逆側からの着陸のようです。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/440s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目

かなり低い高度での旋回なので迫力がありました。
パイロットで凄いですよね。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/470s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目

某芸能人が知事になって有名なった庁舎です。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/800s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目

庁舎の入り口の人だかりが見えますでしょうか?
執務の終わった知事が出て来るのをまっているようです。

[Caplio R6 | 9.8mm(60mm) | f/4.4 | 1/470s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




この後、R6君、レンズが出たまま寝てしまいました。バッテリーを出し入れしても、スイッチを何度押しても目を覚ましません。汗汗)
仕方なくその状態で返って来て、バッテリーを入れ替えたら無事目覚めてくれました。ホっ!
出張には予備バッテリーも持って行かないと怖いですね。^^)

チョウに続きその他も虫たち!

カワセミ、ミドリシジミ、その他の蝶たちと来て次はトンボその他の虫たちです。
とりあえず目についたものを撮ってます。


1枚目:シオカラトンボ♀

麦わら色なので一般にムギワラトンボと呼ばれるトンボです。
1年前に昆虫写真を撮り始めましたが、それまでシオカラトンボといえば水色という頭しかなく、見つけた時は「新しいトンボ見っけ」とぬか喜びしたものです。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/640s | bias -0.70 | ISO800]




2枚目:オオシオカラトンボ♂

シオカラトンボだと思っていたらshinさんにオオシオカラトンボだと教えて頂きました。^^;
♂は区別が難しいです。トンボたちは間違えないのだろうか・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目:オオシオカラトンボ♀

シオカラトンボの♀が麦わらならオオシオカラトンボの♀はバナナですね。^^)

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:コシアキトンボ♂

このトンボとは初めての出会いです。
素浪人さんのブログを拝見して、生で見てみたいと思っていたところなので嬉しい出会いでしたが、池上に出た枝の上なので、これ以上近寄れないのがここ残りでした。orz

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/7.1 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




5枚目:ヤマトアザミテントウ

黒い点々が大きく多いですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目:ヤマトアザミテントウ

違う場所でも見つけました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/11.0 | 1/100s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目:クモ(詳細不明)

緑の葉っぱの上に目立つオレンジの蜘蛛。
蝶に花と間違えさせるためにこんな色なんでしょうか?
逆に鳥に見つかり易いような感じもしますが・・・
嫌いな方もいるかと思いマクロはやめました。

[E-510 | 125.0mm(250mm) | f/5.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




8枚目:バラルリツツハムシ

葉っぱの先にメタリックグリーンの小さな甲虫が止まっていました。
ネットで調べた結果、バラルリツツハムシに一番似ています。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/13.0 | 1/40s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目:アカミミガメ

虫ではありませんが・・・
先日ウシガエルが鎮座していた場所にアカミミガメが仁王立ちしていました。
堂々たる姿とは裏腹に以外と臆病で、ちょっと近寄ったらあっという間に池の中に消えてしまいました。
このカメ、縁日で良く見かけるミドリカメの親が目ですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]


ミドリシジミ以外の蝶たち

カワセミ、ミドリシジミを撮影した日、これといって目新しい蝶はありませんが・・・
あっ蝶ではありませんが、初めて見る毛虫も撮って来ました。
とりあえずご覧を


1枚目:判別不明

高い木の上で舞っているシジミチョウほどの大きさの蝶を発見。
とりあえず撮ってみましたが、これだけでは何チョウか判別できませんでした。
黒い点々が見えませんが、ルリシジミの♀でしょうか?

[E-510 | リサイズ | f/6.3 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




2枚目:ヒカゲチョウ

おなじみのヒカゲチョウ集会場所ですが、お仲間はカナブンだけのよう。

[E-510 | 81.0mm(162mm) | f/4.5 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




3枚目:ヒカゲチョウ

こちらにはたくさん集ってます。

[E-510 | 86.0mm(172mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




4枚目:タイワンリス

カリカリ音がすると思ったら、タイワンリスも木の実を食べていました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO800]




5枚目:タイワンリス

他にも近くに数頭、木の実をかじっていました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目:毛虫

一瞬、季節外れのネコジャラシかと思ったらオレンジ色の毛虫でした。
遠目には奇麗ですが、どんな蛾になるんでしょうか。

[E-510 | 133.0mm(266mm) | f/8.0 | 1/100s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目:ベニシジミ

ヒメジオンの蜜を吸うベニシジミ。
こんな花にも蜜があるんですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




8枚目:ルリシジミ

同じくヒメジオンの蜜を吸うルリシジミ。
ルリとベニの違いです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/320s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目:キタキチョウ

たまたまシャッターを押す瞬間に飛び立ったってくれました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




10枚目:モンシロチョウ

どのチョウもヒメジオン、美味しいんでしょうねきっと。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/500s | bias -0.70 | ISO100]




11枚目:コチャバネセセリ(ベニシジミ)

こちらもヒメジオンでお食事。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/11.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




12枚目:ベニシジミ(コチャバネセセリ)

フォーカスを逆にしてみました。
ベニシジミが手前にいるように見えますね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/11.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]


ミドリシジミはなかなか開いてくれません。

予想外のカワセミとの遭遇でアップが1日遅れとなったミドリシジミです。
広い舞岡公園ですが、ミドリシジミがいるのは本当に狭い範囲ですね。
高さ3~4m程の木(名前は分かりません)に10頭以上と止まっており、時折、周りの葉に飛び移る程度で、先週からこのたたみ8畳分ほどの範囲から移動していないように思えます。
私が気がつかないだけなのかも知れませんが、それでもこの場所にはこの蝶狙いのカメラマンたちが集って来ます。勿論カワセミ狙いのカメラマンたちもたくさん来ますが・・・


1枚目

このように目線より高い位置に止まっているのがほとんどです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目

丁度目の高さの直ぐ近くに止まっているミドリシジミがいました。
近寄っても逃げません。R6での1cmワイドマクロの撮影です。
葉っぱの上にストローとつけて何を吸っているのでしょうか?

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

ちょっとより過ぎたらそっぽを向かれてしまいました。^^;
それでも飛んで行きません。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

中には葉っぱの裏側にストローを延ばしているミドリもいます。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




5枚目

そしてスイレンの葉の上で池の水を飲んでいる?ミドリもいます。
こうやって池に下りて行った蝶たちがウシガエルの餌食になってしまうのですね。
早く逃げてほしいものです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目

隣の桑の木を見上げると少し上で翅を広げているミドリがいます。瞳が可愛いですね。
でも下からでは奇麗な翅が見えません。orz
何か足場になるものはないかと周りを見渡すと、池を囲む柵が・・・
太い杭の部分に足を掛けて・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




7枚目

何とかバランスを取りながら撮った1枚。
あれ?色がな~い (*o*)/ ♀だ~ぁ。~凹○
柵の上から落ちそうになるのをこらえて撮ったのに・・・
でも600mm相当を片足立ちで撮っているような感じなのにほとんどんブレていません。
改めてE-510の手ブレ補正の凄さを思い知りませた。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




8枚目

隣のかやの上にも翅を広げているミドリを発見。
あの輝きは♂に違いありません。テンションが一気に急上昇!
期待を膨らまし柵に足を掛けた瞬間、飛んで行かれてしまいました。orz
カワセミで大満足、ミドリシジミで不満な1日でした。複雑・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.1 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]


そろそろ飽きられそうですが~カワセミです。

今日も飽きずに舞岡公園に行って来ました。
1番の目的はミドリシジミだったので、カワセミはちょっとだけしか期待していまなかったので嬉しい誤算です。

先週撮影したカッパ池の畔にある木の葉上にたくさんのミドリシジミが止まっているのですがみんな翅を閉じたまま、奇麗な表翅を見せてくれません。
開いてくれるのを待ちながらうろうろしていたら、例の鳴き声「チィ~~イ」が聞こえ、見ると青とオレンジの鳥がこっちに向かって来ます。
なんとその鳥はミドリシジミがいっぱいいる木、まさに私の目の前にある木の枝に止まったのです。
目の前なんと2m!
心臓ばくばくでカメラを構えようとした瞬間気づかれ、いつもの遠い枝に飛び去ってしまいました。ToT)


1枚目:カワセミ

飛び去った後、こちらを伺っています。
「いつもの写真?」と言われそうですが、一応、今日撮り立てのホヤホヤです。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO800]




2枚目:カワセミ

池を迂回して近づいてみました。
木の影でくらい場所でしたが、現像で頑張ってます。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO800]




3枚目:カワセミ

1枚目撮影位置から反対側に回り込んだら、手前にある池の柵に飛び移って来ました。
以外と近いのですが、大きな木に覆われた場所なので暗くて写りが悪くなってます。
もっと天気が良ければ・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO800]




4枚目:コジュケイ

池の横にはちょっとした広場があります。3つ目の記事で紹介したアカシジミを撮影した場所です。
そこに、キギバトがいるのかと思いきやコジュケイでした。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目:コジュケイ

少し前にヤブの中を歩く親子ずれのブレブレ写真を紹介しましたが、今回は明るい場所なのでクッキリです。
いつもヤブの中をゴソゴソ歩いているのを見かけますが、こんな場所で見たのは初めてです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




6枚目:コジュケイ

つがいのようですね。ヒナの姿はありませんでした。
警戒心が強いのであまり近づけません。リサイズしてます。

[E-510 | リサイズ | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目:ウグイス

毎度のおまけウグイスです。^^;
この公園ではウグイスを見ない日はないくらいたくさんいます。

[E-510 | リサイズ | f/8.0 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




8枚目:コゲラ

こっちを向いた写真を撮りたかったのですが、直ぐに飛んで行ってしまいました。

[E-510 | リサイズ | f/5.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO700]


大きなアザミ

先週、舞岡公園に行く途中で大きなアザミを見つけました。
北海道に行った時に傘になりそうなほど大きなふきの葉を見た時も驚きましたが、このアザミの大きさにもビックリです。
写真では大きさがいまいち表現できなかったのが残念です。


1枚目

ネットで調べたところチョウセンアザミのようです。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

この花、ガク?の開いた部分まで含めると幅20cm程ありました。
普通のアザミの何束分に相当するんでしょうか?

[Caplio R6 | 29.2mm(178mm) | f/4.9 | 1/45s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

さてこのつぼみは何と言う花か分かりますか?

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

大きなつぼみの中から小さなつぼみがたくさん出て来ます。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/150s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

これで分かりますね。
良く見かける紫の花ですが名前を知りませんでした。
ネットで調べてみるとアガパンサス別名ムラサキクンシランだそうです。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目

てっきりハマユウの仲間かななんて思っていましたが、ハマユウはヒガンバナ科で、この花はユリ科だそうです。色んなところで咲いてますよね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/60s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目

これらは成長して行く様を撮ったのではありません。たまたまこのような状態のものが同じ場所にあっただけです。開いた花はありませんでした。
だからみんなつぼみです。凹○

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/150s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目

なぜかR6ばかりになってしまったのでE-510を1枚。
前々回記事の4枚目を撮ったあのネムノキです。カメラの設定は滅茶苦茶ですが・・・^^;

[E-510 | 70.0mm(170mm) | f/6.3 | 1/2000s | bias -0.70 | ISO800]



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»