FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


初めて出会えた虫たち

今まで気がつかなかっただけだと思いますが、先週の散歩で初めて出会った虫たちを紹介します。

1枚目:ベッコウハゴロモ

shinさんのブログで見たばかりだったので、本物が目の前に現れた時には直ぐにベッコウハゴロモだということが分かりました。
インディアンのお面のような模様です。
ちょっとピント外してます。orz

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:ベッコウハゴロモ

しつこくしていたら横を向かれてしまいました。
そのお陰か?ピントが合ってます。凹○

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目:エサキモンキツノカメムシ

こちらもshinさんのブログに出てました。
ネットで調べましたが長い名前ですね。見た目通り「ハートカメムシ」とした方が覚え易いのに・・・

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/45s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:オジロアシナガゾウムシ

白い土がついているのかと思ったら模様なんですね。
さながらパンダゾウムシでしょうか・・・

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/75s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目:ハスジカツオゾウムシ

交尾しながら葉っぱを食べているゾウムシがいました。
ゾウムシって葉っぱを食べるのですね。知りませんでした。^^;

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/13s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:???バッタ?

ベッコウ色がとても奇麗でした。
その色ばかりに目が行ってしまい、触角が画角からきれてしまいました。凹○
何と言う虫なんでしょうか?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]


スポンサーサイト



ニイニイゼミの抜け殻

ニイニイゼミの鳴き声が聞こえないくらいアブラゼミもミンミンゼミもみんな一斉に鳴き始め、夏の暑さを倍増させているこの頃。
あちこちでセミの抜け殻も目につくようになりました。
去年も抜け殻がたくさん付いた木を撮りましたが、アブラゼミの抜け殻ばかり。
今年はいろんなセミの抜け殻を探したいと思います。
まずはニイニイゼミから

1枚目

ちょっと薄暗い舞岡公園の森を歩いていて見つけた抜け殻です。
小さくて周りに土が付いているので見分け易いですね。

[E-510 | 263.0mm(526mm) | f/5.6 | 1/25s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目

森を抜けたところにあるイタイタの木(ニシキギ)にたくさん付いていました。
みんなニイニイゼミの抜け殻です。
ニイニイゼミの抜け殻がこんなにたくさん付いているところは初めて見ました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/13s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


まだいました

先週の土曜にカワセミ目当てに行った舞岡公園、だめもとでシジミチョウを探してみたところ、ミドリシジミが1頭いるのを見つけました。
ボロボロになった♀だったのであのミドリの輝きは見ることができませんでしたが、こんな時期にまだいるなんて驚きです。
また、初めて見るミズイロオナガシジミにも出会えました。
こちらもシーズンを過ぎているのでかなり色落ちしてしまった1頭です。

1枚目:ミドリシジミ♀

翅がボロボロで元気がありませんでした。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/50s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目:ミドリシジミ♀

ちょっと暗かったので、R6でのストロボ撮影です。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/220s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目:ミズイロオナガシジミ

初めての出会い。
こちらも元気がありませんでした。
本当は白に黒いラインの入った奇麗な翅なのですが、シーズを1ヶ月も過ぎているので仕方ありません。来年の6月にリベンジしたいと思います。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]




4枚目:スジグロシロチョウ

一番元気なのがこの蝶です。
あちこちで舞っており、産卵していました。

[E-510 | 78.0mm(156mm) | f/4.0 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]




5枚目:スジグロシロチョウの卵

葉っぱの裏にいくつも産みつけてあります。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/40s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:ウラギンシジミ♂?

遠くで赤い小さな蝶が飛んでいるのが目に入り、アカシジミかと思って撮ってみました。
拡大してみたところ、ウラギンシジミのようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目:アカボシゴマダラ

久しぶりに出会いました。
外来種が野生かしたものですが、これからの季節目にする機会が多くなります。

[E-510 | 81.0mm(162mm) | f/5.0 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]




8枚目:アカボシゴマダラ

こちらも産卵しているような素振りを見せていましたが、これ以上近づくことが出来ず確認していません。

[E-510 | 252.0mm(504mm) | f/5.6 | 1/60s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目:キタキチョウ

ここからは瀬上市民の森での撮影です。
キタキチョウが2頭対照的に止まっていました。
SSがかなり厳しい状況で、5枚中これだけがなんとかピントのあった1枚です。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/25s | bias -0.70 | ISO400]




10枚目:ヒメジャノメ

地味な蝶ですが、翅に落ちる影がなんとも素敵な感じがしたので撮ってみました。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/35s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




11枚目:ヒメウラナミジャノメ

逃げずにじっとしていたのでR6ワイドマクロで周りの雰囲気を含めて撮った1枚です。
このあたりでは一番良く目にする蝶です。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




12枚目:ヒメウラナミジャノメ

違う場所でも交尾してました。
今度はE-510 300mmで後をぼかすテレマクロ。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]


テレコンで念願のカワセミ

この日のために買ったテレコン、暑さも忘れて押したシャッター数は100を超えてしまいました。
ちなみにカワセミは1羽しかいません。^^;
私を含めてカメラマンは4人。
他の3人は大きなレンズで、連写の音もとても早いです。^^; 羨まし~い。
それでもとりあえずは、現状でとても満足です。^^)/

1枚目

これはテレコンを外して最後に撮ったショットです。
AFですが、ピントが後に行ってしまっています。
杭を狙うようにするよいいんですかね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




2枚目

x1.7テレコンを付けて。
AF後にMFでピントを調整してます。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/6.3 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




3枚目

魚をゲットして戻って来たところ。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/6.3 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




4枚目

捕った魚は直ぐには飲み込まず、元の場所に戻った後、一息ついてから飲み込むようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/6.3 | 1/320s | bias -0.70 | ISO800]




5枚目

池の真ん中にカワセミ用の止まり木があり、そこに移って来ました。
若干近くなります。
鳥を撮る時はISO800にするようにしていますが、少し画質を良くしたいと思いISOオートに切り替えました。ISO400ではそれほど変わりませんね。凹○

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目

大きな枝に飛び移ります。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目

後との距離もあるので、2枚と比べて満足な1枚です。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




8枚目

引くとこんな感じです。

[E-510 | 700.0mm(140mm)x1.7 | f/4.5 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




9枚目

このあと近くの木に中に飛んで来ました。
4人のカメラマンの中では私が一番遠い位置。orz
それでも止まり木よりもかなり近いです。^^)
暗がりというのと背中の青ではないのが残念です。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/50s | bias -0.70 | ISO400]


x1.7テレコンレンズ

staygoldさんの要望にお応えして ^^)

鳥をもっと大きく撮りたい!
でも超望遠レンズは手が出ない。orz
オリンパス純正のテレコンリングは私にとってはコストとパフォーマンスを考えるとちょっと高すぎる・・・
カカクのZUIKO 70-300mm板でキャノンのテレコンレンズが問題なく使えると言うスレを見てビビッときました。
そこでいくつかのテレコンレンズを調べて購入したのがソニーの1.7倍テレコンバージョンレンズです。

今日はこのレンズと3脚を持って舞岡公園に行って来ました。
勿論、コバルトブルーをゲットしましたよ。
その写真はこの次に・・・


1枚目

70-300mmレンズに付けるとこんな感じです。
ちょっと変わったレンズフードと言った感じです。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/310s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

300mmに延ばした状態。
これで実質1020mmの超望遠です。^^)

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/310s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

ライブビューで15~20m奥のきつねの像を狙っているところです。
R6のワイド端で撮っているので奥にあるきつねの像がとても小さい。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

R6のテレ端でとるときつねの像が近く見えます。
ライブビューのモニタに写っている大きさに近いですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/45s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

これが実際に撮ったきつねの像です。

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/100s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目

同じ条件でテレコンレンズを外して撮ったきつねの像です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/250s | bias -0.70 | ISO200]


田舎からの送り物

先日、田舎から取れ立ての野菜が送られて来ました。
物価高のご時世、育ち盛りの息子が2人いるのでとても助かります。実家の母に感謝です。

早速、段ボールを開けて見るとキュウリ、タマネギ、カボチャとアシタバの葉などなど、ビニール袋にはしシソの葉がたくさん入っています。

1枚目

そのビニール袋を開けてみると何やら明るい緑色のものが・・・

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/400s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

おやおや、可愛いバッタの子供ですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/60s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

可哀想なのでベランダのミニトマトの葉に移してあげました。
何というバッタか分かりませんが、チリチリチリとでも鳴き出しそうな構図になりました。^^)

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/60s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


竜舌蘭の花その2

前回は14-42mmレンズしか付けずに行ってしまったので、70-300mmで撮り直して来ました。
下の方はもう咲き終わった感じですが、上の方はまだつぼみでした。
私と同じように写真を撮りに来ている人が「雑誌にもうじき花が咲く頃だと紹介されていたので撮りにきた」と言ってました。こんな小さなお寺のリュウゼツランが雑誌にのるなんて驚きです。何の雑誌なんだろう・・・

1枚目

下から見上げてみました。
画角下端を除き、みんなつぼみ状態です。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/5.0 | 1/640s | bias -0.70 | ISO100]




2枚目

下方の花はこのように咲き終わった感じです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




3枚目

一番近いところからテレ端で。
花びらがあるのか無いのかよくわかりません。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/800s | bias -0.70 | ISO100]




4枚目

テレコンレンズx1.7を付けてのワイド端で瓦屋根を少々。

[E-510 | 70.0mm(140mm)x1.7 | f/5.0 | 1/640s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目

4枚目の上のつぼみにズームイン。
これだけ天気がよいのと被写体が近いのとで、1020mm手持ちでもどうにか撮れました。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm)x1.7 | f/5.6 | 1/250s | bias -0.70 | ISO200]




6枚目

テレコンレンズを外し、本堂の鬼瓦をバックに。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/1000s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目

参門のシャチホコ瓦をバックに。

[E-510 | 125.0mm(250mm) | f/4.3 | 1/800s | bias -0.70 | ISO100]




8枚目

花ばかりに目が行きがちなので葉っぱも撮ってみました。

[Caplio R6 | 7.7mm(47mm) | f/4.1 | 1/620s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目

前回とは逆方向から周りの様子が分かるようにR6で撮影。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/620s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目

最後は、横位置で縦に6枚とったものをパノラマ合成した写真です。

[E-510 | 96.0mm(192mm)x6枚パノラマ合成]


昨日は蝶が3種類

昨日は瀬上の森から氷取沢まで散歩して来ましたが、ヒメウラナミジャノメがいたるところで飛んでいました。以前撮っているのとどこにでもいるので今回は撮影なし。
ひと月前に幅を利かせていたテングチョウは見ることができませんでした。
暑い夏の合間でも昆虫界の季節の移ろいを感じます。

1枚目:キタテハ

ヒメジオン(←カントウヨメナの間違いのようです^^;)にキタテハが止まっているのを見つけました。
後翅が破けていると思ったのですが・・・

[E-510 | 190.0mm(380mm) | f/4.9 | 1/2500s | bias -0.70 | ISO100]




2枚目:キタテハ

両方の後翅が同じようにくぼんでいます。
普通のキタテハはこんなにくぼんでいないと思うのですが・・・??
新種?まさか・・・^^;

[E-510 | 190.0mm(380mm) | f/4.9 | 1/1250s | bias -0.70 | ISO100]




3枚目:キタテハ

正面に回ってみました。
裏翅が枯葉のようです。

[E-510 | 190.0mm(380mm) | f/4.9 | 1/640s | bias -0.70 | ISO100]




4枚目:キタテハ

別のキタテハを見つけました。この後翅が普通なんですよね。
R6なので黄色味がちょっと強いですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/290s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目:ヒカゲチョウ♀

このところ良く目にするヒカゲチョウですが、キマダラヒカゲと同じ笹の葉に産卵していました。
川面の反射でデイライトシンクロっぽく見えますが、そうであればもうちょっとシャキッとした写りになったと思います。orz

[E-510 | 190.0mm(380mm) | f/5.0 | 1/30s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目:ヒカゲチョウの卵

SSが厳しく手ブレしてますが・・・^^;
キマダラヒカゲと違い1つしか生み付けていませんでした。
小さな笹の葉なので1つの方が幼虫のためには良いのでしょうね。
一つの笹の葉に11個も産みつけるキマダラヒカゲは子ども達に試練を与えているような気がして来ました。^^;

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/5s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目:ウラギンシジミ♂

白く輝くウラギンシジミがいました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/500s | bias -0.70 | ISO100]




8枚目:ウラギンシジミ♂

オレンジの奇麗な表翅を開いてくれました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




9枚目:ウラギンシジミ♂

逃げられない程度に寄ってみました。
触角の先が黄色なんですね。今気がつきました。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/250s | bias -0.70 | ISO200]


今年初のニイニイ

7月1日からニイニイゼミの鳴き声が聞こえ始めていましたが、その姿を目にすることはなく、今日瀬上の森へ散歩に行き、ニイニイゼミをゲットして来ました。
出張先の香川でクマゼミがうるさい程シャンシャンが鳴いていたのを思い出します。
クマゼミは南方系のセミですが、温暖化の影響でたまにこの辺りでも鳴き声を耳にするようになって来ています。今まで見られなかった虫が見られるようになるのは嬉しいですが、生態系を守るという意味でも温暖化はなんとかしてもして欲しいものです。

横浜ではまだニイニイゼミだけでアブラゼミやミンミンゼミは鳴き出していません。
以外にも帰りがけにカナカナカナとヒグラシの鳴き声が聞こえていました。
ヒグラシはもっと後だと思っていましたが・・・

1枚目:ニイニイゼミ

ニイニイゼミは、鳴き場所を分からなくするようなノイズを載せた感じでニ~ニ~と鳴くので見つけるのに苦労します。桜の幹に止まっていると模様が同じなので尚更分かりません。
どうにか1匹だけ見つけることが出来ました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目:ヒグラシ

これは去年(2007/8/5)撮ったものです。
8月になると森の中はヒグラシの涼しげな鳴き声でいっぱいになります。
森の中に入らないと見られないセミですね。

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/270s | ISO100 | WB sunny]




3枚目:コガネムシ

本当は上下逆さまです。
葉っぱの裏で休んでいるコガネムシを見つけました。
カナブンのようですがサイズが小さめ。ネットで調べたところコガネムシのようです。
ちょっとピントが甘いですが、グリーンに光る背中が印象的でした。
脚や頭に土が付いているので羽化したばかりなのかも知れません。

[Caplio R6 | 11.0mm(67mm) | f/4.5 | 1/60s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:オオシオカラトンボ♂

トンボ池の周りの鎖の上に青と赤のトンボが仲良く止まっていました。
見つけた時はもっと近くに止まっていたのですが、カメラを向ける前に青い方が少し前に移動してしまったので、赤が遠くにボケてしまいました。orz

[E-510 | 104.0mm(208mm) | f/5.0 | 1/320s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目:ショウジョウトンボ

赤にピンと会わせると青がほとんど分かりません。凹○

[E-510 | 104.0mm(208mm) | f/5.0 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目:ハグロトンボ

今年初のハグロトンボです。
大きな木の生い茂る林の中なので撮影条件がちょっと厳しい。
そのため手ブレ連発。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/80s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目:ハグロトンボ

つい先日見たshinさんのデーライトシンクロを思い出し、ストロボを焚いてみました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/180s | ISO400]




8枚目:ヤブミョウガ

虫ではありませんが、森の中にはヤブミョウガがたくさん咲いていました。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/5.0 | 1/80s | bias -0.70 | ISO400]


翼その2

出張の続きです。
この日は天気がよかったので、ついついシャッターを押す回数が増えてしまいました。


1枚目

スポイラーが上がり減速下降中です。
翼の下に見えるのは淡路島です。

[Caplio R6 | 17.8mm(109mm) | f/4.8 | 1/800s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

そう明石市上空を通過しています。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

そして一面瀬戸内海です。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/500s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

姫路市上空で左にバンクします。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/850s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

瀬戸内海に浮ぶ男鹿島のようです。
島全体が花崗岩の採掘場らしく、その内海抜0mになってしまいそうですね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/5.4 | 1/500s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目

天気がよいので撮ってみました。
窓ガラスの傷とカメラの写り込みと傾いているのがちょっと・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1050s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目

四国が見えて来ました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/620s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目

着陸態勢に入りフラップが延び始めました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/540s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目

フラップが延び切りました。
太陽が反射して見えます。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/710s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目

着陸でスポイラー全開。
ようやくUDONの美味しい県に到着です。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/620s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]



 | ホーム |  次のページ»»