FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


誰の仕業?

舞岡公園の沿道、ドンクリの付いた小枝がたくさん落ちていました。
時々このような光景を見ますが、前日の天候が悪かったこともあり、風にふかれて落ちたのかと思ていました。

1枚目

落ちている小枝はだいたい々くらいの大きさです。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/100s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目

それにドングリが付いた枝ばかり・・・

[Caplio R6 | 17.8mm(109mm) | f/4.8 | 1/30s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目

見上げても変わったところはありません。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目

切り口を見てみましょう。
風で折れたにしては奇麗です。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目

犯人を見つけることはできませんでしたが、実はゾウムシの仲間の[チョッキリムシが犯人のようです。いくつか種類があるようなので、リンク先の虫かどうかまではわかりません。
ドングリの付いた小枝がたくさん落ちていたら、ちょっきり虫が木の上にいると思って下さい。^^)/

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:おまけ

昨日黒雲を撮影した同じ場所を再び撮って来ました。
今日は夏の青空でした。^^)

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1700s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


スポンサーサイト



今度の大量は・・・

2008/8/30
今日は朝から雨の予報。午前中の降水確率は昨夜の段階で70%でした。
せっかくの休日に雨が降ると大好きなお散歩写真がお預けになってしまいます。
幸い、ブログに載せる写真ストックはまだあるのですが、やはり休日は出かけたくてうずうずします。^^)

ぱらついていた雨も昼過ぎにはやんで晴れ間も見えるようになって来ました。
これはチャンスとばかり自転車にまたがり舞岡公園へ・・・

1枚目:ひさしぶりの青空

すっきりとは行きませんが、青空は久しぶりです。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/8.0 | 1/500s | bias -0.30 | ISO100]




2枚目:元通り

天気が悪くなる前に撮ったカッパ池(3枚目)も、しばらく降り続いた雨で水位を戻していました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/100s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




3枚目:案山子

田んぼの稲をカラス?から守るため案山子が睨めを聞かせていますが・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/620s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:ここからが本題です

田んぼの周りに張り巡らされたネットの上に松の木の皮のチップのような茶色い固まりがいっぱい乗ってます。何?

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/4.0 | 1/125s | bias -0.30 | ISO200]




5枚目:えっ!

なんとスズメの群れですね。@@)
みんなで乗ると重さでネットが下がり、顔を出した稲穂をついばむ作戦ですね。
スズメも恐るベシです。

[E-510 | 149.0mm(298mm) | f/4.5 | 1/200s | bias -0.30 | ISO400]




6枚目:何羽?

いったい何羽いるのでしょうか?
100羽ぐらいでしょうか?
とても数える気にはなりません。^^;

[E-510 | 277.0mm(554mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.30 | ISO400]




7枚目:他の場所でも

以前、ムクドリの大群は見ましたが、スズメの大群は初めてです。
みんな口にくわえて満足したような顔をしているように見えます。^^)

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/7.1 | 1/320s | bias -0.30 | ISO100]




8枚目:怪しい天気

他にもたくさん写真を撮ってふと上を見ると怪しげな天気、「これはまずい」と急いで帰路へ。
公園を出たところで、後から陽が射し前には黒雲という妙な状況に思わすレンズを向けてしまいました。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/640s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


舞岡の花

あの薄色ツユクサ(勝手に命名してます)と普通のツユクサを撮り比べたくて再度舞岡公園で撮って来ました。
他にも何種類か撮りましたが、幾つか名前の分からない花があります。

1枚目:薄色ツユクサ

正面から。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/75s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:普通のツユクサ

似たような角度から撮ってみました。
ツユクサと言えばやっぱりこの色ですよね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目:ツリガネニンジン

根っこが人参のようは形をしているところからこの名がついたそうです。
根の色は赤ではなく白いようですが・・・

[E-510 | 179.0mm(358mm) | f/5.0 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




4枚目:???

この花、分かりませんでした。
優しいピンク色ですが、何と言う名前でしょう。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目:???

背丈はかなり高く150cm以上あり、たくさん咲いていました。
自然のものではなく、畑に植えてあるもののようです。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目:???

花もひとつが小指ぐらいの大きさです。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目:???

田んぼのあぜ道に咲いていました。
面白い形の花です。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/100s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目:???

雑草のようです。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/75s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:プルーン

畑ではプルーンも栽培しているようです。

[E-510 | 92.0mm(182mm) | f/4.1 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




10枚目:ヘクソカズラ

ヘクソカズラの3兄弟。
隣にあるトゲのついた葉は、ヘクソカズラではないですね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/60s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




11枚目:???

何と言う名前か忘れてしまいました。

[E-510 | 141.0mm(282mm) | f/4.5 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]


キタキチョウとアゲハの蛹

舞岡公園で撮って来たキタキチョウとナミアゲハ?の蛹です。

以前はキチョウと呼ばれていたチョウですが、数年前?に沖縄地方以南のチョウをキチョウ、それ以北のチョウをキタキチョウという新しい分類になりました。
「昆虫と自然 2006年 4月増大号」という本に「キチョウの生物学―種分化をめぐって―」という特集が載っているそうです。

キタキチョウにとても良く似たツマグロキチョウいますが、ツマグロキチョウの幼虫はカワラケツメイという植物の葉しか食べないので局所的にしか発生せず、その数もかなり少ないとか。

1枚目:キタキチョウ

前翅の表面先端部分(褄)が黒いのでツマグロキチョウのようですが、恐らくこの辺りで目にするキチョウは皆キタキチョウだと思います。
アキノタムラソウの花の蜜を吸ってます。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




2枚目

褄の黒い部分が透けて良く分かります。
キタキチョウが翅を広げて止まっているところは見たことがありません。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目

地面にも止まっていました。
鮮やかの黄色です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




4枚目

2頭仲良くアザミの花で吸蜜中。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




5枚目

この個体も褄が黒ですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目

以前は黄色一色だったような気がしたキチョウですが、最近目にするものはみな褄が黒いです。
と言っても本格的にチョウを追いかけ出してまだ1年しか経ってませんが・・・^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目

なかなか見せてくれない表面を撮りたくなりますが、飛んでいるところを撮る以外に手はないんでしょうね。orz

[E-510 | 202.0mm(404mm) | f/5.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




8枚目:さなぎ

カラタチの垣根で見つけた蛹。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1915/butterfly/ageha.html
このサイトを見ると色的にシロオビアゲハの蛹のようですが、そんなアゲハはこの辺りでは見たことがありません。きっとナミアゲハの蛹だと思います。
変色してしまったとしたら羽化しないのかも・・・それとも羽化寸前?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目

直ぐ近くに別の蛹がありました。
これは背中の突起といい色合いといいナミアゲハですね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目

別の角度から。
この背中からナミアゲハが出て来るのはいつ頃だろうか・・・

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


大量のみの虫が・・・

短い一息の後、また虫です。^^;
昨日私用のため会社をお休みしたのでですが、その出先で大量のみの虫を発見しました。
その他、先週撮影した虫たちと共にお送りします。

1枚目:みの虫

たまに1つだけぶら下がっているのを見かけますが・・・

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/70s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




2枚目:みの虫

さて、この1本の木に何匹のみの虫がぶら下がっているでしょう?

[Caplio R6 | 8.4mm(51mm) | f/4.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




解像度を落としているのでちょっと分かり難いところもありますが、

なんと、

31匹写ってます。^^;

実際には50匹を超えていたと思います。





4枚目:カマキリの忘れ物

以前、飼育カゴの中で見たことはありましたが、外で目にするのは初めてです。アスファルトの上に転がってました。
素浪人さんのブログでも出てましたね。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/90s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




ここからは舞岡公園にて。


5枚目:マメコガネ

マメコガネが一心不乱に葉っぱを食べてました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




6枚目:マメコガネ

こちらでは腕立て伏せで特訓中。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目:ヒシバッタ

ショウジョウバッタと一緒にあちらこちらでぴょんぴょん飛び跳ねています。
小さなバッタですが、こうして見ると可愛い目をしてますね。

[E-510 | 239.0mm(478mm) | f/5.4 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




8枚目:カブトムシ

公園内にある畑を囲うネットにカブトムシがたくさん掴まっていました。
鳥避けなのでしょうが、大型昆虫には厳しいですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/9.0 | 1/500s | bias -0.70 | ISO100]




9枚目:カブトムシ

網に掛かっているのは♂ばかり。
長い角があるためでしょうね。何とかならないものでしょうか?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO200]




10枚目:ベッコウバチ

少し変わったハチが葉っぱの上を行ったり来たり。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.70 | ISO400]




11枚目:ベッコウバチ

ベッコウバチはクモ狩りの名人で、仕留めたクモに卵を産みつけるそうです。
クモにも天敵がいるんですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]


ちょっと一息

まだまだ花や蝶、虫のストックがあるのですが、このところ同じような記事が続いているので、
ちょっと息抜きです。

1枚目:虫取り親子

舞岡公園に虫取りに来ていた親子。
高いところにセミでも見つけたのでしょうか?
3人仲良く上を見上げていました。
手前は花をつけ始めたイネです。

[E-510 | 70.0mm(600mm) | f/5.0 | 1/250s | bias -0.70 | ISO100]




2枚目:イネの中に

一面イネの田んぼの中に一つだけ違う植物が顔を出していました。

[E-510 | 70.0mm(600mm) | f/6.3 | 1/320s | bias -0.70 | ISO100]




3枚目:渇水

いつもは池底を見せることのないカッパ池。
日照り続きで水位がかなり低くなっています。
局所的な大雨で洪水になる地域もあれば、干上がる地域もあり。これも地球温暖化の影響なんでしょうね。

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/3.3 | 1/150s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:仮面?

ここからは、少し前に撮った雲の写真です。
すっきり晴れ渡った青い空に様々な模様の雲。
E-510ならもっと空の色が奇麗だったかも知れませんが、常時ついている70-300mmレンズでは・・・
ということで全てR6です。^^;
この雲は、口がはっきりしませんが仮面のように見えました。

[Caplio R6 | 7.7mm(47mm) | f/4.1 | 1/1000s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




5枚目:爆発?

遠くの方で何かが爆発したような・・・
電線が邪魔!

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/750s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




6枚目:なんとなく

なんとなく奇麗なので撮ってしまいました。
ここでも電線が・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1700s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




7枚目:四角いドーナツ

ふと見上げると雲の真ん中に雲が・・・

[Caplio R6 | 4.6mm(28mm) | f/5.0 | 1/1500s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


サトキマダラヒカゲとカラスアゲハ

カワセミを撮影した一昨日(8/23)、舞岡公園で懲りもせずたくさんのチョウを撮って来ました。
いつもと代わり映えしないかも知れませんが・・・
第一弾としてサトキマダラヒカゲとカラスアゲハをお届けします。

1枚目:サトキマダラヒカゲ

いつもA優先で撮ってますが、曇りの日はP優先の方が奇麗に撮れる気がします。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/60s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目:サトキマダラヒカゲ

落ちた柿の実に群がっていました。

[E-510 | 125.0mm(250mm) | f/4.5 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目:サトキマダラヒカゲ

近づいても逃げません。
いつもだとR6の1cmマクロでとことん近寄るのですが、E-510のファインダーで見たこのマクロで満足してしまい、R6で撮るのを忘れてしまいました。
今考えるともったいないことをしたなぁ~と・・・
まぁ機会は何度もあるでしょう。^^)

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]




4枚目:カラスアゲハ

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目:カラスアゲハ

羽ばたきを止めてくれないので、SS優先にしたら当たり前ですが、少し暗くなってしまいました。

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目:カラスアゲハ

そこで、現像時に光量を増やしてます。

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




7枚目:カラスアゲハ

以外と奇麗に撮れていて満足です。
晴れていればもっと奇麗だったのかなぁなんて欲を言うときりがありません。^^;

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




8枚目:カラスアゲハ

SS優先で撮っていたときの液晶モニタはほとんど真っ黒だったので、これだけ奇麗に写っていると思いもしませんでした。
これ以降は、P優先に戻して撮ったものです。

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目:カラスアゲハ

P優先でもこの2枚は奇麗に撮れました。

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/4.2 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




10枚目:カラスアゲハ

が、欲をかくものではありません。
ズームしたらSSが落ちて手ブレ、被写体ブレ量産です。orz
これはこれでアートな感じがしないでもないですが・・・^^;

[E-510 | 226.0mm(452mm) | f/5.2 | 1/25s | bias -0.70 | ISO400]




11枚目:カラスアゲハ

はっきり言って没写真ですが、何となくカワセミが飛んで行ったように見えるので載せてみました。^^;

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/60s | bias -0.70 | ISO400]


翡翠

貯まっていた写真も底をつきそうだったので、時折小雨のパラつく中、自転車で舞岡公園まで行って来ました。
トンボはシオカラとオオシオカラの水色ばかり、ちょっと見飽きて来たので一枚も撮りませんでした。
チョウやその他の虫たちと10数種類の草花がメイン。
期待していなかったカワセミもいて、曇り空が少し恨めしい感じでした。

まずは、ブルーの輝きが美しいカワセミから。

1枚目

舞岡公園で一番大きな池、さくらなみ池に近づくと2人のカメラマンが同じ方向にレンズを向けているので、カワセミがいることが直ぐに分かりました。
レンズの向く先を見てみると・・・いました。^^)
桜並み池は、池の半分(南と西)には道が無いため東と北側からしか見ることができません。
いつもは、人が近づけない池の西南の止まり木にとまりますが、この日は北側の杭の上に止まっていました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]




2枚目

そこへ、北側の道をジョギングして来る人が・・・飛んで行ってしまう!と思ったらカワセミは素知らぬ顔をしています。
そこでこっそり北側の道へゆっくり歩いて行きました。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/125s | bias -0.70 | ISO400]




3枚目

北側には葉の生い茂った桑の木があったため、カワセミもその奥を通る人をあまり警戒していないのかも知れません。
テレコンなしでこんなに大きく撮れるなんて感激です。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO400]




4枚目

ちょっとゴソゴソやりすぎたのか、気づかれて西側に移られてしまいました。
それでもまだ10mくらいの距離、画面右上のは影からその姿が見えています。

[E-510 | 70.0mm(140mm) | f/4.5 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




5枚目

この位置でもテレ端にすればこんなに大きく写ります。^^)
風で葉っぱが揺れて、隙間が狭まったり広がったり・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/250s | bias -0.70 | ISO200]




6枚目

倍程の大きさにトリミングしてみました。
池の魚を見つめているようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm)トリミング | f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




7枚目

しばらく池を見つめたまま、魚を捕るでもなく飛んで行くでもなくジッとしていたので、茂みから立ち上がって葉っぱのない空間から撮ることに・・・

[E-510 | 300.0mm(600mm)| f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




8枚目

少しでも近づきたくて、もう少し右に移動。

[E-510 | 300.0mm(600mm)| f/6.3 | 1/250s | bias -0.70 | ISO400]




9枚目

流石に我慢できなくなったのか、奇麗な背中を見せて羽ばたきました。

[E-510 | 300.0mm(600mm)| f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




10枚目

そして1m程先で着地。

[E-510 | 300.0mm(600mm)| f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




11枚目

おまけのこの写真は別の日別の場所で撮影したムクドリの幼鳥。
成鳥とは色も模様も違うので別の鳥のようです。

[E-510 | 300.0mm(600mm)| f/5.6 | 1/250s | bias -0.30 | ISO200]


撮りたまった花々3

これで撮り貯まりシリーズ最後になりました。^^)
7種類の花を見て下さい。
撮り貯まりとは言うものの、今日舞岡公園で仕入れて来た一枚も入っています。^^;

1枚目:ヤブミョウガ

ミョウガという名前がついていますが、ミョウガはショウガ科でこの花はツユクサ科だそうです。
寒い地方には分布していないようですね。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.70 | ISO800]




2枚目:イネ

お米の花なんてじっくり見たことがありませんでした。
花びらなのかシベなのか白いものが出てますね。
受粉しなくてもお米が出来るのでしょうか?

[E-510 | 252.0mm(504mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.30 | ISO400]




3枚目:ムラサキシキブ → コムラサキ(M.S.さんに教えて頂きました)

秋に紫の粒をつける木です。
撮ったときは気がつきませんでしたが、3匹の虫が写ってます。
花の後に小さなクモが1匹。
下と左に芋虫が1匹ずつ。

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.30 | ISO100]




4枚目:??? →ハトムギ(shinさんに教えて頂きました)

分かりません。何と言う名前でしょう?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.30 | ISO100]




5枚目:トロロアオイ

面白い名前ですよね。
とろろ芋のような根をしているのでしょうか?

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/8.0 | 1/400s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目:トロロアオイ

面白い名前ですよね。
とろろ芋のような根をしているのでしょうか?

[E-510 | 239.0mm(478mm) | f/5.6 | 1/1000s | bias -0.30 | ISO100]




7枚目:ボタンクサギ

遠目にアジサイかと思いました。
形は似てますよね。

[E-510 | 149.0mm(298mm) | f/5.6 | 1/200s | bias -0.30 | ISO200]




8枚目:アジサイ←何と言う間違いでしょう。アサガオですよね。^^;

夏の陽射しを浴びて、燃えるような青色でした。

[Caplio R6 | 17.8mm(109mm) | f/7.2 | 1/800s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:アジサイ←同じくアサガオ^^;

何故かみな北を向いていました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/5.4 | 1/1000s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]


撮りたまった花々2

追いかけるのは虫がメインですが、花もかなり貯まります。
花ではないものもあるので、植物とした方が正確かも知れません・・・

1枚目:影

咲き終わったあじさいの残像が葉に影を落とします。

[E-510 | 226.0mm(452mm) | f/5.2 | 1/2000s | bias -0.70 | ISO800]




2枚目:ヤブラン

舞岡にもたくさん咲いていました。

[E-510 | 158.0mm(316mm) | f/5.6 | 1/160s | bias -0.30 | ISO400]




3枚目:ヤブラン

R6でちょっと寄ってみました。

[Caplio R6 | 5.4mm(33mm) | f/3.6 | 1/74s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




4枚目:プルーン

舞岡公園の中には私有の畑があり、梨やプルーンが実っています。

[E-510 | 239.0mm(478mm) | f/5.6 | 1/320s | bias -0.70 | ISO200]




5枚目:桐

ムラサキの花を咲かせていた桐も実を付けています。
リスが食べるんでしょうね。

[E-510 | 108.0mm(216mm) | f/8.0 | 1/200s | bias -0.70 | ISO100]




6枚目:???

1cm程の小さ花。何と言う名前でしょう?
→ 自力で見つけました。タカサブロウ(ボクトソウ)のようです。^^)

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/1250s | bias -0.30 | ISO100]




7枚目:藤

瀬上池に届きそうなほど垂れ下がった藤。
池の上、空中に浮いているようです。

[Caplio R6 | 14.5mm(88mm) | f/4.7 | 1/80s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




8枚目:エノコログサ

どこでも見かける通称、ネコジャラシですね。
沢山あって虫のように見えたので撮ってしまいました。^^;

[Caplio R6 | 17.8mm(109mm) | f/4.8 | 1/125s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




9枚目:エノコログサ?

二股になったネコジャラシがありました。
ほとんどは頭が垂れていると思うのですが、これは垂直に立っています。
エノコログサではないのでしょうか?

[Caplio R6 | 33.0mm(200mm) | f/5.2 | 1/320s | bias -0.70 | ISO64 | WB sunny]




10枚目:スイレン

スイレンもまだまだ元気に咲いてますね。
意味も無くISO800になってました。^^;
ISOは戻し忘れですが、たまにフォーカスモードがいつの間にかC-AFになっていることがあります。
フォーカスモードは滅多に変えないのでどうしてか不思議です。故障?凹○

[E-510 | 300.0mm(600mm) | f/5.6 | 1/4000s | bias -0.70 | ISO800]



 | ホーム |  次のページ»»