FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


今年最後の投稿

明日、田舎に帰省するためしばらくネットのない生活となるため、ブログ更新および皆さんのブログへの訪問をしばらく休ませて頂きます。

今年は、デジイチにステップアップでき、念願のとカワセミもたくさん撮影することができました。
また、多くの方にたくさんのコメントを頂き、とても充実した1年だったと思います。
ひとえにこのブログに来て頂いた皆様のお陰だと感謝しております。m(_ _)m

最後の記事は、富士山と夕焼けです。
現像で鮮やか目に仕上げています。


1枚目:都庁南天望室から望む

昨日も叔父を見舞いに新宿に行き、天気がよかったので都庁にも寄ってみました。
真っ白な富士山が奇麗に見えてました。^^)

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 42mm(82mm)




2枚目:今日12/28の夕日

大掃除も一段落したところでE-510を持って高台へ。
奇麗な夕日が見えました。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 25mm(50mm)




3枚目:今日12/28の夕焼け富士山

夕日が少し残っている時なので、上空に青色が残っています。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 42mm(82mm)




4枚目:12/7の富士山シルエット

陽が落ちてかなり経った後だったので3枚目と違い、上空が紫色です。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 42mm(82mm)




5枚目:12/7の夕焼け

現像時に光量を少し落としたら奇麗な蒼とオレンジのグラデーションになりました。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 14mm(28mm)




6枚目:12/7の夕焼け

場所を移動して、眼下の街灯も入れてみました。
左上に金星も入れてみました。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 14mm(28mm)




7枚目:12/7の夕焼け

R6なのでオリンパスのようなブルーにはなりませんね。
空になる固まりは雲です。ススキから出たほこりではありません。^^;

Caplio R6 4.6mm(28mm)




8枚目:12/20の夕焼けと金星

夕暮れに輝く金星に目が止まり、ダメもとで撮ってみました。
SS1秒の手持ちでしたが、思ったよりブレてませんでした。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




これからも写真を撮る楽しさを忘れずにブログを続けて行きたいと思っていますので、宜しくお願いします。
では、皆様よいお年を! ^^)/
スポンサーサイト



舞岡の鳥(ヤマシギ、アリスイ)

昨日も舞岡に行って来ました。
そしてまた、たくさんの鳥を撮って来ました。^^)
ほとんどは既出の鳥でしたが、2種類新しい鳥を紹介します。

撮影:2008年12月26日
場所:舞岡公園


1枚目:カメラマン達

平日にもかかわらず、これだけのカメラマンが既に3脚を据えていました。
みんなが同じ方向を向いている時は、その先に鳥がいるということで覗いてみると・・・

Caplio R6




2枚目:ヤマシギ

遠くにヤマシギがいました。初めての撮影です。^^)
シギの仲間は皆同じようで見分けが難しいですが、ヤマシギは三角頭が特徴です。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




3枚目:ヤマシギ

落ち葉の中に顔を入れてえさを探してます。
こうして見ると亀の甲羅のようです。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




4枚目:アリスイ

反対側には、アリスイが来ていました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




5枚目:アリスイ

アリスイはキツツキ目キツツキ科の鳥で、アリが主食という珍しい鳥です。
アリスイが現れるとヤマシギはそっちのけでカメラマンの移動が始まります。^^;
ヤマシギも十分珍しいと思うのですが、常連のカメラマン達は鳥慣れているんでしょうね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




6枚目:アリスイ

近くに来てくれなかったので、こんな写真しか撮れませんでした。
周りのカメラマン達は「証拠写真にしかならないねぁ」なんてつぶやいておりました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




7枚目:モズ

一瞬ですが、モズを撮らえることが出来ました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




8枚目:ツグミ

前記事でお尻しか撮れなかったツグミ。
お返しなのか、今回は目の前に現れてくれました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




9枚目:ツグミ

3mほど目の前の枝の上にとまって、しばらくじっとしていてくれました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]


舞岡の鳥(最後の7種)

舞岡公園の写真はこの後も続きますが、12月21日シリーズの最後です。
3つ前の記事から初めて、今回で17種類全てになります。
・コゲラ、アオゲラ
・アオシギ、タシギ、ハクセキレイ
・ホオジロ、カシラダカ、ジョウビタキ、アオジ、カワラヒワ

今回は、良く見かける鳥が多いです。^^;
あと、Exif情報を書き込むのが面倒になって来たのでやめにします。
見たい人は画像ファイルをダウンロードして確認して下さい。

撮影:2008年12月21日
場所:舞岡公園


1枚目:カルガモ

カワセミのポイントであるさくらなみ池にある小さな島でカルガモのつがいが昼寝中。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




2枚目:ヒヨドリ

枝に止まって木の実を食べようと無理な体勢になってました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




3枚目:ドバト

何気なく撮った1枚ですが、ハトが目を閉じて地球にキスをしているような感じになりました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




4枚目:シジュウカラ

影になってしまったので、背中の奇麗な薄緑が見えません。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




5枚目:ツグミ

茂みの中から出てこなかったので、とりあえずの証拠写真です。
わかりますでしょうか、お尻しか見えてませんが・・・^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




6枚目:エナガ

右の翼で合図しているみたいです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




7枚目:シロハラ

シャンと胸を張ってますね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




8枚目:キノコ

おまけです。
ナメコみたいだったので撮ってみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




9枚目:キノコ

R6でマクロ撮影。

Caplio R6


舞岡の鳥(5種類)

アオゲラを撮影した狐久保に行く途中に南に向いた斜面があり、そこで次々と3種類の野鳥に会いました。
類は友を呼ぶと言いますが、種類は違っても似たような仲間がいると安心するんでしょうね。
残り2種は別の場所での撮影。
舞岡公園にはたくさんの野鳥観察ポイントがあり、嬉しい限りです。

撮影:2008年12月21日
場所:舞岡公園


1枚目:ホオジロ

頭の白いラインが見えないとスズメと見間違えそうです。
小さな野鳥が地面の上ではあまり絵になりませんね。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/320s bias:-0.3 ISO100




2枚目:ホオジロ

近くにある木の枝にも止まってくれました。
ちょっと遠いですが・・・

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/7.1 1/400s bias:-0.3 ISO100




3枚目:カシラダカ

初めての目撃。感激でした。^^)
保護色になってかなり分かり難いですが、写真の真ん中、斜面に右を向いて止まっています。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/7.1 1/200s bias:-0.3 ISO100




4枚目:カシラダカ

初めて図鑑でこの鳥を見た時は、小さいのになぜ鷹なんだろう?なんて思いました。
よくよく漢字名をみると「頭高」となっています。
見た通りですね。実物のモヒカンを見ておおいに納得しました。^^)

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/320s bias:-0.3 ISO100




5枚目:カシラダカ

左向きも

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/320s bias:-0.3 ISO100




6枚目:ジョウビタキ

同じ木にジョウビタキもやって来ました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO100




7枚目:ジョウビタキ

この場所で10分くらいの間でしたが、3種類の野鳥しかも1種類は初めて会う鳥、に出会えて大満足でした。
欲を言えば、もう少し大きく撮りたかったかと・・・でもそれはこれからの楽しみに撮っておきます。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/320s bias:-0.3 ISO100




8枚目:アオジ

似たような枝っぷりですが、違う場所(瓜久保)での撮影です。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/80s bias:-0.3 ISO400




9枚目:カワラヒワ

群れることが多いカワラヒワですが、この時は1羽だけがジッと止まっていました。
仲間が来るのをまっているのでしょうか?
精悍な顔つきですね。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/200s bias:-0.3 ISO100


舞岡の鳥(シギ)

今回は、前記事で前ふりしたシギの仲間。あのたくさんの人達が見つめていた野鳥です。
保護色なのでジッとしていると「あそこにいるよ」と教えてあげても見つけられない人がいるようです。まわりからは、しきりに「あの木のあるところの手前の・・・」などと見つけられない人に教えている声が響いていました。

撮影:2008年12月21日
場所:舞岡公園


1枚目:アオシギ

さて、どこにいるか分かりますでしょうか?

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50.0mm(100mm) f/7.1 1/250s bias:-0.3 ISO100




2枚目:アオシギ

アップです。
アオゲラに続きアオシギも初めての撮影です。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 449.0mm(898mm) f/7.1 1/200s bias:-0.3 ISO100




3枚目:アオシギ

このアオシギは身体を上下にリズムを取りながら歩いていたので、ほとんどの人が直ぐに見つけられたと思います。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(100mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO100




4枚目:アオシギ

もう1枚。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(100mm) f/11.0 1/250s bias:-0.3 ISO400




5枚目:タシギ

道を挟んで反対側にいたタシギ。
この時は嘴を出していましたが、その前まではずっと嘴を羽の中に隠して休んでいたので、見つけ難い状態でした。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(100mm) f/7.1 1/250s bias:-0.3 ISO200




6枚目:ハクセキレイ♂

アオシギのいる湿地側にハクセキレイのつがいも来ていました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(100mm) f/8.0 1/250s bias:-0.3 ISO200




7枚目:ハクセキレイ♀


E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(100mm) f/8.0 1/200s bias:-0.3 ISO200




これでこの日の野鳥5種類を紹介しました。
あと12種類、明日に続きます。

舞岡の鳥(キツツキ)

一昨日、舞岡公園に行って来ました。
この日は野鳥の観察会があったようで、水車小屋前はいつも以上に賑わっていました。
野鳥もたくさん来ており、2時間ほど公園内を歩き周り、どこでも見かけるドバト、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラも含めて17種類の野鳥を撮影しました。
初めて撮影する野鳥も2種類いました。^^)
撮影しなかったカラス、スズメ、トビ、キジバトも含めると、確認でた野鳥は21種類になります。
ちなみに、この日はカワセミ君には出会えませんでした。

私が到着する前にはアリスイも出現していたとのこと。
是非とも500mmのファインダーに捉えたいところです。

まずは、キツツキの仲間2種類を!
撮影:2008年12月21日
場所:舞岡公園


1枚目:大混雑

水車小屋前の野鳥観察ポイントは大にぎわいでした。
みなさんが見ていたのは左側にタシギ、右側にアオシギ。
この2種類ついては、後ほどアップします。^^)

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50.0mm(100mm) f/7.1 1/100s bias:-0.3 ISO100




2枚目:コゲラ

珍しくもありませんが、一応キツツキの仲間ということで・・・^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/400s bias:-0.3 ISO100




3枚目:キツツキの巣穴

いくつも穴があいてますね。
おそらくコゲラの仕業だと思いますが、繁殖期に見つけたかったところです。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 68.0mm(136mm) f/6.3 1/320s bias:-0.3 ISO100




4枚目:キツツキの巣穴

アップで撮ってみました。
器用にくり抜くものですね。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO100




5枚目:アオゲラ

狐久保まで来て鳥を探していたら頭上に飛んできました。
アオゲラを見るのは2度目です。もちろん撮影は初めて。^^)
前回見た時は、レンズを向ける前に逃げられました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/7.1 1/640s bias:-0.3 ISO100




6枚目:アオゲラ

少し撮影位置を移動。赤いほっぺを見せてくれました。
キツツキの仲間は木の枝ではなく幹に止まるので、こんな細い枝に止まるのは珍しいかもしれません。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/7.1 1/400s bias:-0.3 ISO100




7枚目:アオゲラ

さらに細い枝に映りました。^^;
幹に止まるだけあって、鋭い爪をしてますよね。
この後、木の実を横取りされると思ったヒヨドリに追い払われてしまいました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/7.1 1/500s bias:-0.3 ISO100




8枚目:田んぼ

公園内の田んぼにインディアンの集落のようなものが出現していました。

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/5.0 1/750s bias:-0.7 ISO64 WB sunny




9枚目:田んぼ

刈り入れの済んだ稲でしょうか?

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO100


明治神宮のヤマガラ

明治神宮シリーズ最後はヤマガラです。
南池の東端にある休憩所の周りの杭の上にキビの実のようなものが載せてあり、ヤマガラが食べにやって来ていました。
人慣れしているような感じもあり、かなり近くまで来てくれました。
夢中でシャッターを押していると、後方で羽音がするので振り向くと目の前5cmほどのところでヤマガラがUターンして行きました。私の頭に乗ろうとしていたのでしょうか。^^;

前記事のオシドリ以外の鳥たちはこの場所で撮影したものです。

撮影:2008年12月20日
場所:明治神宮


1枚目:ヤマガラ

お腹の重そうなヤマガラがいました。
産卵直前?

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/80s bias:-0.3 ISO800




2枚目:ヤマガラ

トリミングはしていません。
テレ端ではピント焦合できない距離にやってきました。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 162.0mm(324mm) f/6.3 1/125s bias:-0.3 ISO400




3枚目:ヤマガラ

こちらの様子を伺っています。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 162.0mm(324mm) f/6.3 1/125s bias:-0.3 ISO400




4枚目:ヤマガラ

後頭部にベージュのメッシュが入っているんですね。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 290.0mm(580mm) f/6.3 1/100s bias:-0.3 ISO400




5枚目:ヤマガラ

おっとっと。
お尻丸出し。^^)

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 313.0mm(626mm) f/6.3 1/80s bias:-0.3 ISO400




6枚目:ヤマガラ

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 107.0mm(214mm) f/6.3 1/160s bias:-0.3 ISO400




7枚目:ヤマガラ

足下に撒かれている実を食べにきていました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 390.0mm(780mm) f/6.3 1/60s bias:-0.3 ISO400




8枚目:ヤマガラ

何のポーズでしょう。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 337.0mm(674mm) f/6.3 1/60s bias:-0.3 ISO400




9枚目:ヤマガラ

何かを訴えられているようなので、この辺で退散することにしました。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 337.0mm(674mm) f/6.3 1/60s bias:-0.3 ISO400


明治神宮の鳥たち

カワセミに続き、明治神宮で撮影した鳥たちです。
薄曇りでさらに暗がりと50-500mmレンズにとっては撮影条件がとても厳しい状態でしたが「たくさん撮って1枚でも良いものがあれば」なんて気持ちで頑張ってみました。
一脚を持参しなかったので全て手持ちということもあり、いつも以上に打率が悪かったです。^^;

撮影:2008年12月20日
場所:明治神宮(南池)


1枚目:アトリ

警戒心がとても強く、少し動いただけでもヤブの中に逃げ込んでしまう状態。
それに加えて木陰に薄曇りと、手ブレ続出で撮るのに苦労しました。
それでも初めての遭遇なので嬉しかったです。^^)

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/40s bias:-0.3 ISO800




2枚目:アトリ

何羽かの群れで水を飲みにきていたようです。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/60s bias:-0.3 ISO800




3枚目:アトリ

この子も水面を覗き込んで、水を飲もうかどうしようか考え込んでます。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/40s bias:-0.3 ISO800




4枚目:シメ

水浴びをしていましたが、ご覧の通りピンぼけ+傾いてます。凹○
このSSの遅さでは仕方ないですよね。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/30s bias:-0.3 ISO800




5枚目:シメ

SSの遅さで面白い写真になりました。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/30s bias:-0.3 ISO800




6枚目:シメ

水浴びの後は、木の上で毛繕いをしていました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/100s bias:-0.3 ISO800




7枚目:ツグミ&ヒヨドリ

遠くで鳥が動いているのが見えたので撮ってみました。
液晶モニタで拡大表示して初めてツグミだということが分かりました。
木に隠れてますが、少し下にヒヨドリもとまってました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/50s bias:-0.3 ISO400




8枚目:オシドリ

前回は東池にたくさんいましたが、この日はゼロ。
北池の橋の上で、下にレンズを向けているカメラマンがいたので覗いてみると♂2羽だけがいました。
♂同士でもなかがいいですね。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 420.0mm(840mm) f/6.3 1/30s bias:-0.3 ISO800


明治神宮のカワセミ

今日、新宿へ行く用事があったのでついでに明治神宮にお邪魔して来ました。
オオタカに会えることを期待して行ったのですが、まったく姿が見られず・・orz
そのかわり、ここでも翡翠に会うことが出来ました。^^)

撮影:2008年12月20日
場所:明治神宮


1枚目:カワセミ♀

東池にオシドリを狙いにいったらもぬけのカラ、したかなく北池まで歩いて行くと、遠目に池の上を移動する蒼いものが視界に入りました。
止まったのを確認して、駆け足で近寄ると・・・

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/100s bias:-0.3 ISO800




2枚目:カワセミ♂

あいにくのロケーションで、これ以上近寄れません。
それに木が邪魔になって、この2つの角度からしか撮ることが出来ない。
この後、ダイブして魚をくわえたまま遠くに飛び去ってしまいました。orz

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/60s bias:-0.3 ISO400




3枚目:カワセミ♀

500円払って御苑に入り、南池に行くと何人かいるカメラマンの中で一人だけ池の真ん中にある白いものに向けてシャッターを切っていました。
肉眼で見てコサギだろうと思い、池全体をきょろきょろしましたが鳥はまったくおらず「しかたない、コサギでもとるか」と思ってレンズを向けてビックリ。
コサギなんかではありませんでした。^^;

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO800




4枚目:カワセミ♀

赤い嘴をこの大きさで捉えたのは初めてです。^^)

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500.0mm(1000mm) f/6.3 1/250s bias:-0.3 ISO800


舞岡公園

12/13の舞岡公園シリーズ最後は、舞岡公園の風景というより雑多な写真です。
余り物なので大したものはありませんが・・・^^;

撮影:2008年12月13日
場所:舞岡公園


1枚目:少年は何をしている?

鳥を求めて公園内を散策していたら、少年たちが遊んでいるのが目に入りました。
大きな木の根元(左端)に少年が一人、双眼鏡を覗いています。
何の遊びをしているか分かりますか?

Caplio R6 5.4mm(33mm) f/3.6 1/640s bias:-0.7 ISO64 WB sunny



この少年が見ているものは、他の少年達です。
少年は双眼鏡を覗く前に唱えます。「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ!」
40~50m先にいる少年達の動きを見ていたんですね。
横を歩きながら、スケールの大きな遊びに思わず笑ってしまいました。


2枚目:落ち葉

木々の葉がすっかり落ちて地面の絨毯も厚みを増していました。

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/3.3 1/110s bias:-0.7 ISO64 WB sunny




3枚目:綿毛

何の綿毛でしょうか?
玉ボケとコラボしてみました。

E-510[SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 192.0mm(384mm) f/6.1 1/250s bias:-0.3 ISO400




4枚目:干し大根

公園内にある古民家の入口にたくさんの大根が干してありました。
沢庵でも作るのでしょうか・・・

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/5.0 1/1150s bias:-0.7 ISO64 WB sunny




5枚目:古民家

藁葺き屋根の小屋がふたつ。

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/3.3 1/750s bias:-0.7 ISO64 WB sunny




6枚目:古民家の裏

前記事のオオアオイトトンボを見つけた古民家の裏手にはまだ紅葉も残っていました。
紅葉の下は池になってます。

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/4.1 1/290s bias:-0.7 ISO64 WB sunny




7枚目:瓜久保の田

舞岡駅側の公園入り口横にある瓜久保。
田んぼ横の斜面の木々も茶色に色付き散り始めていました。

Caplio R6 4.6mm(28mm) f/3.3 1/440s bias:-0.7 ISO64 WB sunny



 | ホーム |  次のページ»»