FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


皇居のおまけ

写真在庫が少なくなって来ましたので、
皇居に行った時のあまり写真で失礼します。^^;

撮影:2009年1月17日
場所:皇居


1枚目:紫陽花の葉

中にはドライフラワーと化した薄水色の花をつけているあじさいもありましたが、あまり奇麗ではなかったので撮りませんでした。
アジサイの花って散らないんですね。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 81mm(162mm)




2枚目:櫛のような

何の葉でしょうか?まるで櫛のようです。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 141mm(282mm)




3枚目:燃えるような

マンサクの蕾みがほころび始めていました。
花びらがなければ何の蕾みか分からないところです。

Caplio R6 5.4mm(33mm)




4枚目:和田倉門交差点

前にも日比谷公園前の標識を撮りましたが、東京の道路名の標識はオシャレな感じですね。
後にそびえるビルは東京海上日動ビルディングです。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




5枚目:和田倉噴水公園の夜景

1月15日のとあるワークショップに参加し、その帰りに撮影したものです。
SS1秒、公園のベンチに固定して撮ってます。

Caplio R6 6.8mm(41mm)




6枚目:和田倉噴水公園

上の写真を撮っていたので、昼間の写真もと思い撮りましたが、ズームした事を忘れてたので、画角が合ってません。凹○
昼間は噴水は1つだけのようですね。

Caplio R6 4.6mm(28mm)


皇居の鳥たち

皇居には鳥もいないかと期待半分で出かけましたが、期待通りコブハクチョウくらいしか絵になる鳥はいませんでした。^^;
武道館の周りにはたくさんカラスが。勿論撮りませんでした。
ということで数少ない皇居で出会った鳥たちをアップします。

撮影:2009年1月17日
場所:皇居前


1枚目:カモ目カモ科:ハシビロガモ(嘴広鴨)

天守閣跡のある東御苑を囲む濠の一つ、乾濠にハシビロガモの群れがいました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 226mm(452mm)




2枚目:カモ目カモ科:ハシビロガモ♂(嘴広鴨)

こんな感じのカモです。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 169mm(338mm)




3枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

皇居でおなじみの鳥です。
この日は大手高麗門から出たところにいました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 120mm(240mm)




4枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

自分の顔に見とれているようですね。^^;

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 169mm(338mm)




5枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

白鳥がカモ科とは知りませんでした。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 125mm(250mm)




6枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

こんな妙な格好もしてました。^^)

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




7枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

パンを投げ込む人が現れたのでそちらに泳ぎ始めました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 81mm(162mm)




8枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

水面を泳ぐ時は羽根を少し持ち上げるんですね。
何となく足漕ぎボートに見えてしまいます。^^;

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 70mm(140mm)




9枚目:カモ目カモ科:コブハクチョウ(瘤白鳥)

背中の上に乗ると気持ち良さそう。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 226mm(452mm)




10枚目:カモ目カモ科:キンクロハジロ♂(金黒羽白)

コブハクチョウは2羽しかいませんが、周りにはこのキンクロハジロがたくさんいて、パンを横撮りしてました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 133mm(266mm)




11枚目:ドバト(土鳩)、スズメ(雀)

パンのおこぼれを狙って、足下にはドバトとスズメが・・・
ふんずけてしまいそうです。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




12枚目:スズメ目ハタオリドリ科:スズメ(雀)

スズメ目スズメ科ってないんですね。初めて知りました。^^;
後の白いスジは皇居前にある和田倉噴水公園の噴水です。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)


既出のシギたち

今日は曇りがちな天気でしたが、それでも鳥を求めて舞岡公園までチャリンコで行って来ました。
めぼしい鳥はいませんでしたが「舞岡の3大シギ(タシギ、アオシギ、ヤマシギ)が集結」って常連のおばちゃんが言ってました。シギ科の鳥としては今の所この3種類しか見たことがありません。
いつものごとく凄い数のカメラマンも集結してましたが・・・^^;
鳥撮り好きな人って多いんですね。^^)

撮影:2009年1月18日
場所:舞岡公園


1枚目:みずき休息所から

公園内のみずき休息所からの眺めはとてものどかです。
この写真だけ1/4撮影。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50mm(100mm)




2枚目:ハト目ハト科:ドバト(土鳩)

「のどか」といえば、ドバトたちも並んで長閑に餌探ししてました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 268mm(536mm)




3枚目:スズメ目モズ科:モズ(百舌)

最近舞岡ではよく見かけますが、なかなか近くに来てくれません。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目モズ科:モズ(百舌)

らなばとリサイズしてみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)リサイズ




5枚目:チドリ目シギ科:タシギ(田鷸)

先月と同じ場所で餌をさがしていました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:チドリ目シギ科:アオシギ(青鷸)

これまた先月と同じ場所で餌をさがしていました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:チドリ目シギ科:ヤマシギ(山鷸)

ワイド端でとってますが、肉眼で見た感じに近いです。
赤枠がテレ端の画角。
中心いるヤマシギ、わかりますでしょうか。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50mm(100mm)




8枚目:チドリ目シギ科:ヤマシギ(山鷸)

1000mmで撮っても保護色で分かり難いですね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




9枚目:チドリ目シギ科:ヤマシギ(山鷸)

リサイズしてみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm) リサイズ




10枚目:チドリ目シギ科:ヤマシギ(山鷸)

腰の曲がったおばあさんのように前屈みで落ち葉をつついていましたが、突然胸を胸を張って立ち止まりました。
こんなポーズは初めてです。といってもヤマシギ自体それほど多く見ていませんが・・・^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm) リサイズ




11枚目:チドリ目シギ科:ヤマシギ(山鷸)

正面から撮ってみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm) リサイズ


皇居

鳥が少し続いたのでここで息抜きです。

叔父の見舞いに新宿まで行ったので、その帰り、都営新宿線に乗って九段下で下車、皇居内にある公園に行って来ました。
横浜に住む前は都民だった私ですが、皇居内の公園に行ったのは初めてです。
ゆったり散歩するにはとてもいい所です。
訪れているひとの50%は外国人のようでした。

撮影:2009年1月17日
場所:皇居


1枚目:ソシンロウバイに武道館

九段下から安田門をくぐると目の前は武道館です。
武道館に来るのは大学の入学式以来です。

Caplio R6 5.4mm(33mm)




2枚目:吉田茂

武道館から科学技術館へ行く途中に吉田茂像が建っていました。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




3枚目:北桔橋門

北の丸公園を過ぎて、皇居東御苑に入ります。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




4枚目:入園票

北桔橋門の入口で入園票をもらいます。
入園は無料ですが、なぜかこんなものをもらうんでしょう?

Caplio R6 5.4mm(33mm)




5枚目:想像して下さい

北桔橋門をくぐるとすぐに見えるのがこの大きな土台。
この上に高さは58mの江戸城天守閣があったそうです。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




6枚目:天守閣跡

上まで登れるようになってます。
行ってみましたが、絵になるようなものはありませんでした。^^;

Caplio R6 4.6mm(28mm)




7枚目:天守閣跡

後のビルを天守閣に見立てて撮ろうと思ったのですが、うまい立ち位置が見つかりませんでした。凹○

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 70mm(140mm)




8枚目:百人番所

江戸城本丸に入るための最大の検問所だったそうです。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




9枚目:百人番所

形的には京都の三十三間堂のような感じですね。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




10枚目:松の大廊下

忠臣蔵で有名な松の大廊下がここにあったようです。
と言われても全然想像できないですよね。^^;

Caplio R6 4.6mm(28mm)




11枚目:二の丸庭園(クリックして拡大表示でご覧下さい)

二の丸庭園の池に映る木々が素敵でした。

Caplio R6 4.6mm(28mm)x2のパノラマ


カワセミ・ダイブ

昨年末に舞岡公園でカワセミのダイブを撮りました。
と言っても私の腕と機材では、引いて撮らないと撮れません。
小さめですが・・・
横撮りを縦にトリミングしてます。
バックがゴチャゴチャしているので画像サイズが大きくなってしまうため、画質も落としてます。

撮影:2008年12月26日
場所:舞岡公園


1枚目:ブッポウソウ目カワセミ科:カワセミ(翡翠)

いつもと違い葦の先に止まって獲物を探してました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




2枚目

飛び出した瞬間にシャッターを押したつもりでも1m以上飛ばれてしまいます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




3枚目

2連写目で水の中。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




4枚目

水面に顔を出しました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




5枚目

杭の後に嘴が見えます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




6枚目

元の位置に戻ります。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




7枚目


E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング




8枚目


E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)トリミング



大きなダイブを年内には撮りたいな~と思いつつ、長~~~~~い目で見守って下さい。^^;

コジュケイ、キジバト、・・・

撮りたまっている鳥が続きます。


1枚目:キジ目キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

去年の暮れ、横浜自然観察の森に行ったとき数羽の群れを見つけました。
コジュケイも警戒心がとても強く、茂みから出て来ることは滅多にありません。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:キジ目キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

たまたま草木のあまり生えていない場所に2羽だけ出ていたので、相手に気づかれないように先回りをして、ファインダーに入るのを待って撮影しました。
曇り空だったのでISO800でもSS1/80なので1000mmはかなり厳しいところ、しゃがんで両肘を膝に固定して撮りました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:ハト目ハト科:キジハト(雉鳩)

日向に座ってジッとしているキジバトを見つけたので、アップを撮ってみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目メジロ科:メジロ(目白)

舞岡公園では木の幹に傷を付けて樹液を鳥たちにプレゼント?
夏は虫たちが集る所でもあります。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:カモ目カモ科:キンクロハジロ(金黒羽白)

広い池に1羽だけ、周りを見ても仲間はいないようでした。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:カモ目カモ科:キンクロハジロ(金黒羽白)

三色も名前に入るなんて面白い鳥ですね。
奥に茶色い団子が3つ。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 288mm(576mm)




7枚目:カモ目カモ科:カルガモ(軽鴨)

これだと団子が4つです。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




8枚目:スズメ目セキレイ科:キセキレイ(黄鶺鴒)

陽の当たらない場所だったのでこんな写真しか撮れませんでしたが、久しぶりにキセキレイに出会えて満足でした。^^)
それにしてもセキレイって難しい漢字を書くんですね。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm]


カラ類+α

撮りたまっていた鳥がしばらく続きます。^^)
適当に種類毎まとめました。


1枚目:スズメ目シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

葦の柄をつついて虫探しです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




2枚目:スズメ目シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

別の場所でも似たようなシチュエーションです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




3枚目:スズメ目シジュウカラ科:エナガ(柄長)

群れで枝から枝に森の中を移動している姿を良く見かけます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




4枚目:スズメ目シジュウカラ科:エナガ(柄長)

カッパ池に写る自分の姿とキスしているようです。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




5枚目:スズメ目シジュウカラ科:エナガ(柄長)


E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




6枚目:キツツキ目キツツキ科:アリスイ(蟻吸)

またアリスイに出会いました。
この時も多くのカメラマンの垂涎の的でした。
遠かったのが残念です。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




7枚目:スズメ目モズ科:モズ(百舌)

ミミズをゲットしてました。
こんなに寒いのでミミズは地中深く潜っているのかと思ってましたが、良く見つけるものですね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




8枚目:スズメ目モズ科:モズ(百舌)

この日は何度かモズに出会いました。
同じ個体だったのでしょうか・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




9枚目:スズメ目カラス科:オナガ(尾長)

直ぐ近所にいました。
大きな身体をしていても直ぐに茂みの中に入ってしまうため、なかなか撮る機会がありません。
ことと時も数枚撮ってた時点で茂みに入られてしまいました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]


猛禽類2つ

新島シリーズが長くなってしまったので、鳥写真がたくさん貯まってしまいました。
基本的に、同じような写真ばかりなのでピックアップすると少なくなってしまうのが悲しいところです。凹○

まずは私にとっては初物を含め、猛禽類の写真を2種類アップします。
初めてのオオタカも見ることが出来たのですが、ボケ写真ばかりでアップできるものがありませんでした。
リベンジを誓いつつ・・・


1枚目:ハイタカ

撮影:2009年1月4日
場所:舞岡公園
オジサンが一人だけで木の上の枝に向けてシャッターを切っていたので「何かいますか?」と声をかけると「シメが止まっているんだよ」って返事。
もう一度、枝の方を振り返った瞬間、上の方から大きな影が「シュッ」という感じで落ちて来ました。
次の瞬間、バタバタバタと逃げるシメの羽音。シメを狙ってハイタカが急降下して来た瞬間でした。
もちろん、写真など撮れるはずも無く、飛び去ったハイタカを何とか捉えることが出来ました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)等倍にトリミング




2枚目:ハイタカ

E-510で飛んでいる鳥にAFを合わせるなんてことは不可能なので、MFに切り替えて手持ちで撮ってます。
50m以上の距離があったと思います。肉眼では小さい黒い影がゆっくり弧を描いている状態。
写りは期待できないだろうと思ったら、以外に奇麗なのでびっくりしました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)等倍にトリミング




3枚目:ハイタカ

ハイタカを見るのは初めてです。
急降下して来た時はハヤブサかと思いましたが、オジサンが「あれはハイタカだなぁ」って行ってました。写真を見るとツミにも似てますが、ツミは春から夏の鳥なのでハイタカに間違いないと思います。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)等倍にトリミング




4枚目以降はトビとしていましたが、shinさんからのご指摘で確かにノスリかも知れないと思われるため、記事を変更しました。

4枚目:ノスリ?

撮影:2009年1月12日
場所:氷取沢
氷取沢を散歩している途中、頭上の1点で静止している猛禽類を見つけました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




5枚目:ノスリ?

MFに切り替えてシャッターを切っていると、テレ端にしているのにファインダーの中で何故か被写体が大きくなって来ます。あれ?

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




6枚目:ノスリ?

なんだかこちらに向かって急降下して来ているような・・・汗)

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




7枚目:ノスリ?

更に大きくなって向かって来ます。^^;

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




8枚目:ノスリ?

急降下からゆっくりとした下降に変わりました。ホッ

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




9枚目:ノスリ?

かなり降りて来ました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




10枚目:ノスリ?

木の向こう側、30mほど前方に着地するようです。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




11枚目:ノスリ?

確かめに行くと枝に止まっていましたが、私が気づくより先に飛び立たれてしまいました。
とりあえずレンズを向けて撮った1枚です。
MFのままピントリングも触らずに慌ててシャッターを押しましたが、なんとか見ることの出来る写真に仕上がってました。^^)

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)



ノスリ?が降りてきて木に止まるのは初めて見ました。

新島#10(帰路)

長らくのおつき合いありがとうございました。
本シリーズもこれで最後になりました。
最後は船上から。

撮影:2009年1月2日
場所:船上


1枚目

さるびあ丸が黒根港を離れて行きます。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




2枚目

飛行場からは調布飛行場行きのセスナが飛び立ちます。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 70mm(140mm)




3枚目

新島の一番高いところに200mmを越えるアンテナが立ってます。
このアンテナはロランCと呼ばれる電子灯台とも言えるもので、北西太平洋の中心局になっているようです。

Caplio R6 4.6mm(28mm)




4枚目

来るとき欠航だった利島にも寄港して、順調にさるびあ丸は進みます。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 14mm(28mm)




5枚目

大島元町港に入港しました。
高速艇「虹」が停泊しているところに「愛」も入港して来ました。
この高速艇「虹」は久里浜行きのようで急ぐ人は乗り換えるようです。
さるびあ丸はこの2艘より早く出航しますが、あっという間に追い越されてしまいます。

E-510 [ZUIKO ED 14-42mm] 27mm(54mm)




6枚目

大島元町港を出発し、しばらくすると城ヶ島と三浦半島が見えて来ました。
水平線上に浮いているように見えます。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




7枚目

最後に元町港を出港した「愛」が後方から追いついて来ました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




8枚目

前方からは久里浜に行って折り返して来た「虹」が来ました。
船体が浮いているのが分かりますね。流石に早いです。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




9枚目

「虹」が先に富士山の前を通り過ぎます。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 158mm(316mm)




10枚目

「愛」と「虹」が交差します。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 108mm(216mm)




11枚目

「愛」の排気で「虹」が霞んでます。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




12枚目

そして「愛」が富士山の前を通過します。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 149mm(298mm)



この後に撮った夕日は#7でアップしているので、このシリーズはこれで最後となります。
m(_ _)m

新島#9(雑多~帰路)

このシリーズも後2回で終わりにします。

撮影:2008年12月30日~2009年1月2日
場所:新島


1枚目:ヒラメ

親戚の人が釣った魚を持って来てくれました。^^)
まな板の上で口をパクパクしてたので釣りたてだったのでしょう。

Caplio R6




2枚目:できあがり

そして出来上がった刺身がこれ。右側がこのヒラメ、左側はカンパチです。
どちらも美味でした。^^)

Caplio R6




3枚目:張り紙

2年半前に帰省したときは見かけなかった張り紙が山道の至る所に立ってました。
よく見ると「シカ罠に注意」の張り紙。
そうなんです、私自身はいたことがありませんが、新島には鹿がいます。
もともとはいなかったのですが、かなり昔に無人島の地内島に放した鹿が海を泳いで渡って来たとのことです。以降、畑が荒らされるため害獣として定期に鹿狩りが行われて来ましたが、罠をしかけるまでするようになったとは驚きでした。
ちなみに地内島にカニクイザルやヤギもいますが、これらは流石に海を泳ぐことはないようです。

Caplio R6




4枚目:キャンプ場付近

村の北の外れにキャンプ場があります。
目の前は海、直ぐ後は山の絶壁になっています。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 89mm(178mm)




5枚目:小さな魚

横浜に戻る日、港の桟橋から海を覗くと名前も知らない小さな魚がたくさん泳いでいました。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 100mm(200mm)




6枚目:さるびあ丸

帰りの船が入港して来ました。
波はとても穏やかです。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 100mm(200mm)




7枚目:さるびあ丸

船の後ろに見えるのが利島、右端が大島。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 100mm(200mm)




8枚目:係留準備

船の先端で船員が、おもりを付けたロープを振り回して桟橋側に放り投げます。
それを桟橋側の係員が引っ張って、係留用の太いロープをたぐり寄せて桟橋の大きなフックに引っ掛けます。

E-510 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




9枚目:船尾

船尾にも大きく船名が描いてあります。

Caplio R6




10枚目:船上から

観光客も少なく見送りも寂しいものです。

Caplio R6




11枚目:船上から

水平線上に式根島、その上の薄い色の山が神津島。
一路 東京竹芝港へ向けて、島を後にします。

Caplio R6



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»