FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


シギ

今日は、天気予報では晴れのはずなのに陽が射したのはほんの一瞬だけ、どんよりとした1日でした。
こんな天気ではブレ写真しか撮れないのでお出かけはお預け、お昼過ぎからZEROXスーパーカップを見ていました。
昨年Jリーグ覇者の「鹿島」と天皇杯優勝の「G大阪」との一戦。結果は3-0で鹿島の圧勝!
Jリーグ開幕当初からのアントラーズファインにとっては見ていて楽しいゲームでした。^^)
さて、鳥記事に戻ります。
いつものように今月撮りためた舞岡公園から。


1枚目:賑わってます

連日、たくさんのカメラマンで賑わっている舞岡公園。
メインポイントでは、左右に多くのレンズが向けられます。
この様子から何がいるというのが分かるので、多くの視線を集めているのが何者なのかたしかめたくて、自然と小走りになっています。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50mm(100mm)




2枚目:いったいどこ?

多くのレンズが1点に集っているのにその先を見ても何がいるのか分かりません。
一人のカメラマンに「何がいるんですか?」と聞いてみると「ヤマシギ」。
「どこ?」「花道の奥の吊り橋のように曲がった太い枝の左端の少し上」「あぁ~あ」
ツタンカーメンの仮面のように仁王立ちしてますね。
誰かが「セミみたい」とも行っていましたが・・・分かりますでしょうか? ^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:ヤマシギ

園内を一周して戻って来ると、花道の前に移動していました。
いつもながらヤマシギは見つけ難い。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:ヤマシギ

ぜんぜん近くに来てくれないので、トリミングしてみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm) トリミング




5枚目:タシギ

反対側にいるタシギは近いので、普通にこの大きさで撮れます。
ヤマシギにしても何度も記事にしているので、同じ様な写真ですが・・・^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:タシギ

上の写真と見比べてなにか妙なことに気づきませんか?

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)



この写真を見るまでまったく気がつかなかったのですが、堅いと思っていた嘴が曲がるんですね。
5枚目の閉じた状態だと真っすぐな嘴ですが、開くと上下に湾曲してますよね。
嘴の中にも筋肉があるのかなぁ・・・^^;


7枚目:休憩中

1枚目とは別の日ですが、メインステージに鳥がいなくなると皆さん休憩に入ります。^^)
それにしても羨ましい大口径のレンズが・・・

Caplio R6


スポンサーサイト



鳥は一回お休みして

毎日鳥ばかりだとコメントを頂きにくくなってしまうのではないかと思い、今日はタイワンリスの話題を!

舞岡公園や瀬上、氷取沢、横浜自然観察の森に行くと毎回のように見かけるタイワンリスですが、近頃、舞岡公園では見かける頻度が少なくなりました。
常連さんたちが話しているのを聞いたのですが、樹木の被害が凄いので30匹ほど捕獲して駆除したそうです。
アライグマも2匹ほど捕獲したそうですが、アライグマにはお目にかかったことがありません。


1枚目:犯行現場

分かりますでしょうか、枝のところどころの樹皮が剥かれて白くなっています。
サルスベリではありません。

Caplio R6




2枚目:被害者

近寄って見るとよくわかりますね。
無惨にも樹皮が剥かれ白木のようになってしまった枝です。

Caplio R6




3枚目:現場に落ちていた樹皮

削られた樹皮が地面に散らかっていました。

Caplio R6




4枚目:容疑者A

がりがり音のする方を見てみたら、容疑者いました。
というより現行犯ですね。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




5枚目:容疑者B

別の場所にも。口に木屑をつけて・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




6枚目:容疑者C

リスやネズミなどの齧歯類は前歯が伸び続けてしまうため堅いものをかじって矯正していると聞いたことがありますが、木にとっては迷惑な話ですね。
樹木の芯は動物でいう骨みたいなもので、樹皮と芯のすき間に肉や血管があるで、樹皮を剥かれてしまうとその先に栄養が行かなくなり枯れてしまうそうです。
この辺りのタイワンリスには天敵が少ないようなので被害が拡大して、困り者のようです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




7枚目:容疑者D

このリスは樹皮ではなく、何か手の中のものをかじっています。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM]




8枚目:手の中のものは

リスの手の中にあるものは、足下に落ちていました。
ここには、くるみの大きな木が10本ほど立っています。
これらの木は樹皮が剥かれることもなく無事です。
木のみが成る木は大事にするんですね。^^)

Caplio R6


エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ

この記事を書くために野鳥図鑑を見直して、過去記事で間違いに気づきました。^^;
エナガがシジュウカラの仲間だと思っていたらエナガ科として独立しているのですね。
失礼しました。

撮りため鳥シリーズは続きます。

撮影:2009年2月
場所:舞岡公園


1枚目:スズメ目:エナガ科:エナガ(柄長)

絶えず枝から枝に飛び回り落ち着きがないので、私にとっては、静止しているところを撮るのが難しい鳥です。おまけに日影ということもあり、ISO800でSS1/400。翼を止めた写真なんて撮れる訳がありません。凹○
ブレによるものなのかこの写真、蚕の繭に翼と尾が付いて動き出した様に見えます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

セイタカアワダチソウの綿毛を懸命にむしり取るシジュウカラがいました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

ふ~っとタバコの煙を吐き出す仕草に見えてしまいました。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

綿毛の芯にある種でも食べているのでしょうか。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

鉄棒の練習? ^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

一カ所だけ枯葉が集っています。
虫が隠れているのか、しばらくつついていました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

舞岡では久しぶりにヤマガラを見ました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




8枚目:スズメ目:シジュウカラ科:シジュウカラ(四十雀)

首を高速で回転させる仕草も見せてくれました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)


2009年のカワセミ

stayもカワセミをアップしていたので、私もカワセミを、今年初のカワセミ記事です。^^)

今年に入ってカワセミにはまだ2回しか出会っていません。ちょっと寂しい気がします。
ダイブの瞬間はまだまだ撮れないので、今年もカワセミを追いかけたいと思います。
撮影:2009年2月1日、2月22日
場所:舞岡公園


1枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

今年の初見はこんなに遠くでした。ワイド端での1枚。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 50mm(100mm)




2枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

テレ端にしてもこの大きさ。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

目を離した隙にダイブして水面近くの鉄棒に移動してしまいました。
このポジションは、以前水浴びをしていた場所です。
(横撮りを縦にトリミング)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)トリミング




4枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

案の定、水浴びを始めました。
前回は連続で20回ほどちゃぽんちゃぽんを繰り返してましたが、この時はほんの数回でおしまい。
入浴中のカワセミを1枚だけ撮ることができました。
鉄棒の水跡で回数が分かりますね。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)トリミング




5枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

水面まで数十cmなのであっという間に元の場所に戻ります。
(横撮りを縦にトリミング)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)トリミング




6枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

今年2回目は少し近くでした。^^)
この後、気を許した瞬間、池の中ほどに飛んで行ってしばらくホバリングしていました。
不意をつかれたため、まったく撮れませんでした。orz

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:ブッポウソウ目:カワセミ科:カワセミ(翡翠)

いつも水面を眺めて魚を探しているため、肩や首が凝るのでしょうか?
上を向いてグリッグリッとほぐしてます。^^;
(思いっきりトリミング)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)トリミング合成


アオ[ゲラ、ジ]

貯まっている鳥に戻りたいと思います。
舞岡公園と横浜自然観察の森で撮って来たものです。


1枚目:キツツキ目:キツツキ科:アオゲラ(青啄木鳥)

去年は1度だけ、それも一瞬だけの出会い。もちろん撮影など出来ませんでしたが、今年は出会い確率が高いです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:キツツキ目:キツツキ科:アオゲラ(青啄木鳥)

と言っても、トットットッと木の幹を上まで登って行ってしまうので、あっという間に豆粒になってしまいます。^^;
この時には、なんとかここまで撮れましたが、この後森の中に飛んで行ってしまいました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:スズメ目:ホオジロ科:アオジ(青鵐)♂

散歩道にアオジ君が出ていました。
日影なので少しピントが甘くなってしまいます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目:ホオジロ科:アオジ(青鵐)♀

こちらには女の子。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:スズメ目:ホオジロ科:アオジ(青鵐)♂

目のつり上がった強面の男の子もいました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:スズメ目:ホオジロ科:アオジ(青鵐)♂

って、被写体ブレですね。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)


時期外れになる前に

鳥写真もまだたくさん貯まっている状態ですが、今のうちに記事しておかないとお蔵入りしてしまう花写真があるので、ここでアップします。
撮影日、撮影場所はバラバラです。
と言っても舞岡公園が多いですが・・・


1枚目:ユリ目:ヒガンバナ科:スイセン属:スイセン(水仙)

2週間ほど前に撮影したものです。
50-500mmレンズなのでマクロ的に撮れません。凹○

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 337mm(674mm)




2枚目:ユリ目:ヒガンバナ科:スイセン属:スイセン(水仙)

鳥撮りのついでに撮っているので、それほど水仙がたくさんある場所でもありませんが・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 107mm(214mm)




3枚目:バラ目:バラ科:サクラ属:ウメ(梅)

鳥撮りのついでに撮っているので、それほど水仙がたくさんある場所でもありませんが・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 290mm(580mm)




4枚目:バラ目:バラ科:サクラ属:ウメ(梅)

夕日が花びらをほのかに色づかせていたので撮ってみました。

Caplio R6 5.4mm(33mm)




5枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:アカマンサク(赤満作)

ようやく満開になりました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 53mm(106mm)




6枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:アカマンサク(赤満作)

玉ボケを狙ってみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)




7枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:アカマンサク(赤満作)

マンサクは目から属まで全てマンサクなんですね。
名前の通り、マンサクで満ちています。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)




8枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:アカマンサク(赤満作)

マクロはR6で。
こころもち玉ボケも入ってます。^^;

Caplio R6 33mm(200mm)




9枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:マンサク(満作)

玉ボケは出来ませんでしたが、同じ枝のマンサクをぼかしてみました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




10枚目:マンサク目:マンサク科:マンサク属:マンサク(満作)

ボケと被写体が重なってしまって、構図をもっと考えないとダメですね。
重たいレンズの手持ち撮影なので、ちょっとアバウトなところがありますが・・・^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)


コジュケイ

今日も舞岡公園はたくさんのカメラマンと親子連れのハイカーで賑わっていました。
朝9時過ぎに自転車で乗り付けると、昨日 横浜自然観察の森で会ったカメラマンさんも三脚を構えてスタンバイしていました。^^)
どうやらヤマシギを狙っているようです。

公園内をぶらぶらとルリビタキを求めて歩いていると、薄暗い森の中の細道で1人の年配カメラマンが折り畳み椅子に座って鳥が来るのを待っていました。
「何かいますか?」と声をかけると「まだ来ないねぇ~。ルリビタキを待ってるんだけど・・・」との返事。一気に期待が膨らみます。
が、それに続いた言葉が「今年は少ないみたいだね。昨日、4時間粘って1回だけ現れたけど、直ぐに影に隠れてしまって・・・」とのこと。
う~ん。あきらめるしかないか・・・orz

気を撮り直して瓜久保へ向かうと、何やら足下でゴソゴソ音がします。
シロハラかなっと思ってしゃがんで覗いてみると、直ぐ近くにコジュケイが・・・

撮影:2009年2月22日
場所:舞岡公園


1枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

笹薮に数羽のコジュケイ発見。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

枝被りになるので、薮から出て来てくれないかと思ったら・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

そろりそろりと出て来てくれました。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)




4枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

見ると奥の方にも2羽出ています。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 228mm(456mm)




5枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

葉っぱを食べているようです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 313mm(626mm)




6枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

突然、1羽がジャンプしました。
飛んだ訳ではなく、その場でビョンと跳躍しただけです。
茂みの中に長いこといたので、延びをする間隔なんでしょうかね。^^;
頭が切れてしまっているのが残念です。凹○

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 246mm(492mm)




7枚目:キジ目:キジ科:コジュケイ(小綬鶏)

気がつくと横一列等間隔に4羽が散開していました。^^)
もしかすると去年見た親鳥と2羽の子ども(4枚目)かもしれません。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 78mm(156mm) 上下トリミング


このブログ初登場 ウソ

今日は、横浜自然観察の森へ出かけました。目的はルリビタキ。
三脚を抱えたカメラマンがいたので声をかけたところ「少し前まではいたけど最近は好物の実がなくなったから移動しちゃったんじゃない」とのこと。ToT)
ガッカリです。

ルリビタキには会えませんでしたが、初撮影のウソをゲットすることができました。
とりあえず、来た甲斐はあったというものです。

撮影:2009年2月21日
場所:横浜自然観察の森


1枚目:スズメ目:アトリ科:ウソ(鷽)♀

森の小道を歩いていたら、前方の梢からフィ~フィ~という奇麗な鳴き声が聞こえて来ました。
ジョウビタキやルリビタキを思わせる鳴き声です。
この写真は、真下からR6ワイド端で撮ったものです。赤枠の中にいます。^^)

Caplio R6 4.6mm(28mm)




2枚目:スズメ目:アトリ科:ウソ(鷽)♀

♂はのど元が赤くとても奇麗な鳥ですが、♀はこの通り地味です。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:スズメ目:アトリ科:ウソ(鷽)♀

桜の花芽を長いこと食べてました。
そんなに食べたら花見が出来なくなってしまいそうです。^^;

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目:アトリ科:ウソ(鷽)♀

群れでいることが多い鳥ですが、この時はこの♀1羽だけ。
奇麗な♂には会えませんでした。orz

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:スズメ目:アトリ科:ウソ(鷽)♀

以前、なおちんさんが撮っていた♂のウソを捉えたいものです。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




ウソの写真を撮っていて、同じような写真を撮り貯めていたのを思い出しました。
それが5枚目以降の写真です。^^)

撮影:2009年2月1日
場所:舞岡公園

6枚目:スズメ目:アトリ科:シメ(鴲)

よく見るシメですが、真下から撮影したことはありませんでした。
同じアトリ科なのでこの角度からだとウソに似てますね。
嘴でどうにか別の鳥だと分かります。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:スズメ目:アトリ科:シメ(鴲)

これから食べ物を捕りに向かいます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




8枚目:スズメ目:アトリ科:シメ(鴲)

狙うは右の枝先に付いている小さな実。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




9枚目:スズメ目:アトリ科:シメ(鴲)

器用に捕りますね。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




10枚目:スズメ目:アトリ科:シメ(鴲)

1日に何個ぐらい食べるのでしょう・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)


ツグミ

近寄っても逃げないツグミに出会いました。
こちらを気にすることもなく、何かを待っているような感じでした。

撮影:2009年2月
場所:舞岡公園


1枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

ツグミがいるのに気づいた時にはもうなかりの近距離でした。^^;
止まったまま動きません。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

堂々としてますね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

これ以上近づくと逃げるかなと思い、近づくのをストップ。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

左肩羽が少し浮いてます。
風のせいかと思っていましたが、けがをしているのかな?

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

別の場所では、メタボなツグミが「気をつけ」の姿勢で立っています。^^)

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

地面を歩いているツグミは、運が良ければこれくらいまで近寄れます。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:スズメ目:ツグミ科:ツグミ(鶇)

紅梅の花を眺めているのでしょうか。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)


モズ

ここのところ、モズもよく目にするようになっています。
街中で見ることはほとんどありませんが、自然の多い場所に行くと比較的よく目にします。
目にするわりにはなかなか近寄らせてくれず、そのため1000mmでも大きく撮ることが出来ないでいます。
出会いが多ければその内チャンスが来るかも知れないので、気長にチャンスを待つことにしています。


1枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

遠くでこちらをいかがっています。
黒いサングラスを掛けているのでオスですね。
今のところ、頑張ってもこの距離までしか近寄れません。orz

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




2枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

ミミズをくわえたモズを見つけました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




3枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

そのミミズを木の枝に刺しています。そう、モズのはやにえ(早贄)です。
初めて見ました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




4枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

何のためにこんなことをするのかハッキリしたことは分かっていないようです。
餌の備蓄だとしたらシジュウカラ等が見つけて食べてしまいますよね。
お腹がいっぱいの時に遊びで虫撮りをするのかなぁ・・・

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




5枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

茶色いサングラスなのでメスですね。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

オスがメスにポロポーズしてました。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




7枚目:スズメ目:モズ科:モズ(百舌)

別の場所でもカップル成立。

E-510 [SIGMA 50-500mm EX DG/HSM] 500mm(1000mm) トリミング



 | ホーム |  次のページ»»