FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


オオカマキリとナミテントウ

先日の舞岡公園での観察会で見つけました。
てんとう虫は越冬するとして、カマキリがこんな時期までいるとは驚きです。

撮影:2009年12月6日
場所:舞岡公園


1枚目:オオカマキリ
直ぐ近くに2頭、獲物が来るのをじっと待っているようです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:ナミテントウ(四紋型)
ナミテントウにはいろんな模様があるんですよね。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ナミテントウ(変形二紋型)
三日月型のカッコいいのも見つけました。
とても同じてんとう虫とな思えません。
本当に同じ種類なのだろうか・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:長久保池
紅葉と青空が奇麗だったのでHDR合成でより鮮やかにしてみました。
このとき、右上の林の中でアオゲラが鳴いていましたが、写真は撮れませんでした。orz
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)


鎌倉獅子舞レポート2

再度訪れたわけではありません。
舞岡公園レポートを割り込ませたので飛び飛びの記事になってますが、2つ前の記事と同じ時に撮影したものです。

撮影:2009年12月5日
場所:鎌倉獅子舞


1枚目
ご覧の通り、足下はイチョウの葉に隠された泥道状態。
車まで戻った後、靴の泥を落とすのが大変でした。^^;

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




2枚目
人が踏み入れない場所はイチョウの落ち葉で黄色く染まっています。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




3枚目
お馴染みの虫の視線で・・・

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




4枚目
イチョウの大木に葉っぱがひとつし引っかかっていました。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




5枚目
せっかく持って行った150マクロでも撮ってみました。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)




6枚目
薄暗かったので、ちょっとピントが甘いです。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)




7枚目
誰かがセットしたと思われるイチョウの葉。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)




8枚目
こんな感じで赤くなり切れずに散り始めるモミジも沢山ありました。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)


まだまだ蝶は飛んでます。

今日は月に一度の舞岡公園でも観察会。
毎月6日なので休日と重ならないと参加できず、今回で2回目の参加。

昨日とは打って変わって気持ちのよい晴天。
出会えた蝶は以下の通り。
・ベニシジミ 2頭
・ヤマトシジミ 3頭
・ヒメアカタテハ(飛翔姿だけなので曖昧判定)
・モンキチョウ 5頭
・キタキチョウ 2頭
・クロスジシロチョウ 1頭
・ウラギンシジミ  1頭
・ムラサキシジミ♂ 2頭
・ムラサキシジミ♀ 4頭
・クロコノマチョウ 1頭

撮影:2009年12月6日
場所:舞岡公園


1枚目:ベニシジミ
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:スジグロシロチョウ
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:クロコノマチョウの蛹
一番色付きの良かった蛹は、もうすっかり表翅の模様が透けて見えます。
来週には抜け殻になっているかも・・・
他はまだ奇麗な緑でした。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ムラサキシジミ♂
見つけたときは後翅が葉っぱに隠れて見えず、表翅もメタルブルーではないのでムラサキツバメ♂かと思いましたが、尾がついていませんでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ムラサキシジミ♂
舞岡でこのチョウに出会える可能性の高いポイントを3つほど見つけました。
近くに集団越冬場所があるかも知れません。
是非とも見つけたいところです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




6枚目:ムラサキシジミ♂
超接近写真を撮ろうとしたら飛ばれてしまい、落ち葉の上に・・・
この後、木の上に逃げられてしまいました。orz
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




7枚目:ムラサキシジミ♂
しばらくすると別個体の♂が飛んできました。
左後翅に破れがあります。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




8枚目:ムラサキシジミ♀
別の場所に♀が3頭飛んでいました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




9枚目:クロコノマチョウ
ムラサキシジミ♀を撮ろうと低い笹薮に入ると足下から飛び出しました。
毎度ながら止まった状態では私には見つけるのは不可能です。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


鎌倉獅子舞レポート1

仕事が急に忙しくなり、2日ほどネットを覗く時間もとれませんでした。
写真在庫も切れかかっていたので丁度よかったのですが・・・^^;
毎年12月初旬に見事な紅葉を見せてくれる鎌倉の獅子舞(紅葉谷)。
一昨年から通い始めて、今日で3シーズン目。

前後左右上と全てが紅葉スポットになる場所なので、前回まではずらして撮影したものをパノラマ合成していましたが、今回は魚眼があるのでこの日を楽しみにしていました。

今年は、暖かい日がだらだら続いたせいか、色づく前に散り始めているようで2007年その1その22008年に比べるとかなり見劣りするような感じです。
曇り空と2日前に降った雨のために泥道と化した地面も影響して、少し消化不良。orz
それでも、たくさんの人が訪れており口々に「わぁ~キレイ!」を連発していました。

鎌倉方面からだと山道をかなり登らなければならないので大変です。
お勧めの行き方は、栄区の栄プール駐車場(1回400円)に車を止めて、駐車場脇から長い階段を登り、あとはそれほど起伏のない山の稜線をたどって鎌倉天園まで徒歩約10分。
天園の直ぐしたに獅子舞はあります。

撮影:2009年12月5日
場所:鎌倉獅子舞


1枚目
ここから下るとすぐですが、どろどろの山道。
雨上がりは、気を許すと泥のすべり台を滑ることになるので注意が必要です。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




2枚目:HDR
下に広がるのは獅子舞または紅葉谷。
晴れていれば富士山が見えているところ・・・Orz

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




3枚目
20mはあろうかというモミジの大木とそれ以上に高いイチョウが谷を支配しています。
先週だったら色づいたイチョウの大木を見ることができたようです。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




4枚目
天気も足場も悪い中、多くの人々が鎌倉方面から登ってきていました。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




5枚目:HDR
雲で灰白色の空をほんのり水色に染めてHDR合成してみました。

E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




6枚目:HDR
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)




7枚目:地名の由来ここにあり
獅子舞という変わった地名ですが、その由来はこの岩にあるそうです。
何か見えてきませんか?
この岩が獅子舞の頭に見えることからその名がついたのだと、以前 団体を引き連れて上がった来たガイドさんが説明していました。
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye] 8mm(16mm)


マクロで2枚

先日、センダングサについたナナホシテントウをアップしましたが、センダングサをネットで調べてみていたら、くっつく種子の先の拡大写真があり、槍のようなその姿がとても面白く思えて、撮ってみることにしました。

撮影:2009年11月29日
場所:舞岡公園


1枚目:センダングサ
ネットで見たものは細かいトゲがたくさんついていたのでちょっとイメージしていたものとは違いますが・・・種類が違うのか時期が違うのか・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:アカツメグサ
こんな次期にまだ咲いていました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


クロコノマの蛹、その後

先週教えてもらったクロコノマチョウの蛹、羽化が気になるので見に行ってみました。
どのくらいが羽化の目安か分かりませんが、見てみたいところ。
蛹を持って帰るという手もありますが、やはり自然には手を付けたくありません。
休日に羽化してくれるのを待つだけです。

撮影:2009年11月29日


1枚目:クロコノマチョウの蛹1
翅の部分がかなり黒くなってきています。
ここにある5つ(1つは見失ってますが・・・)の蛹のうち、一番色づいています。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:クロコノマチョウの蛹2
こちらはまだ緑のまま。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:クロコノマチョウの蛹3
こちらも翅が色づいています。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:クロコノマチョウの蛹4
こちらもまだ緑のまま。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:クロコノマチョウの幼虫
なんとこんな時期にまだ幼虫がいました。
もともと南方系の蝶で、成虫で越冬するはずなのですが・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 50-500m EX DG/HSM] 500mm(1000mm)




6枚目:アカボシゴマダラの幼虫
分かるでしょうか?
パッと見ただけでは分かりませんよね。
木の股の付け根に張り付いています。

CaplioR6 5.4mm(33mm)




7枚目:アカボシゴマダラの幼虫
こちらの幼虫は少し分かり易い。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)




8枚目:シンジュサンの繭
これも教えてもらいました。
成虫を見たことはありませんが、ネットで調べたら以外と奇麗な蛾です。
こちらも羽化が楽しみ。
この繭もたくさんついてました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM] 150mm(300mm)



««前のページ  | ホーム |