FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


2度あることは3度・・・

年度末、仕事も一段落したので今日は休暇を取って石砂山に行ってきました。
もともと今日が休日のmidoriさんと一緒に。
私は今回で今シーズン3回目の挑戦。
結果は3連敗、春の女神は微笑むどころか現れてもくれません。ToT)

天気予報は晴れのち曇りで気温は15度。
陽が射せば十分暖かいだろうという読みで期待してましたが山頂は寒く、10時頃まで薄らとあった日影も雲が厚くなるにつれてなくなってしまい、じっとしていると寒いくらい。
前回は11時頃にヒオドシチョウとミヤマセセリが飛び始めてましたが、今日は何も出て来る気配がありません。

それでもギフチョウ目当ての人達はたくさんやってきます。^^;
居合わせた人達と蝶談義を交わしたあと、12時頃に下山して麓を歩いてみましたが、ここでも蝶の姿はまったく見当たらず。
代わりに今日見たものは、山の斜面を走り抜ける2頭の大きなイノシシ。
そして、キセキレイ、ベニマシコ♀、ルリビタキ♀、アオジ♂とミソサザイ。
イノシシとミソサザイはレンズを向けることさえ出来ず、その他はお見せできるレベルではない程の証拠写真となりました。orz

帰りがけヤマセミのポイントを覗いてみたら、ずらりと居並ぶ砲列の先100m以上離れた木の枝に止まっているヤマセミを見ることができましたが、蝶撮りに持ってきたレンズでは歯が立たず、ここでも証拠になりそうもない証拠写真を撮るのが精一杯。

一人だったらただただ疲れただけの1日でしたが、帰路もmidoriさんとおしゃべりしながら帰って来れたのが救いとなりました。
喜びも悲しみも分かち合うのがいいですね。^^;
midoriさん、お疲れさまでした。そして、ありがとうございます。

撮影:2010年3月31日
場所:石砂山


1枚目:ちら見富士
真っ白な富士山がちょっとだけ見えるんですね。
過去2回は比較的良い天気でしたが、富士山が見えることに気づきませんでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:ヨゴレネコノメソウ(Shinさんにご指摘いただきました)
何ネコノメか分からずネットで調べてみました。
ネコノメってたくさんあるんですね。
名前からしてこんなところで咲いている訳はないと思いますが、合っているのかなぁ・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ダンコウバイ
ちょっと見サンシュユに似ています。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ショウジョウバカマ
これも名前が分かなかったのですが、shinさんブログで同じような花を見たのを思い出しました。
同じかどうかはわかりません。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ショウジョウバカマ
花だけでは判定できないだろうと思い、ワイドマクロでも撮ってみました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye]x1.4テレコン 11mm(22mm)




6枚目:ミミガタテンナンショウ(yasukoさん、樂さん、Shinさんにご指摘いただきました)
ついでにこの子も・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye]x1.4テレコン 11mm(22mm)


スポンサーサイト



奇麗だけど気持ち悪い・・・

石砂山の山頂でツチハンミョウを見つけました。
といても見るのは初めて、勿論その時にはツチハンミョウなんて名前を知りません。
帰ってきてネットで調べて判明。^^;

メタルブルーに輝くボディーに興味をそそられ、ごまさんと二人で追いかけ回しました。
回りにも数人のカメラマンはいましたが、この虫を追いかけているのは2人だけ。
他の人にとっては、珍しくないのか はたまた興味ないのか・・・

いずれにしてもブログネタにはなりました。^^)

撮影:2010年3月27日
場所:石砂山


1枚目:ツチハンミョウ
ちょこまかと動き回るので、初めのうちはコンデジで撮るのがやっと。
AFの遅い150mmマクロでの撮影は不可能でした。
飛ばずに歩くだけ、見た目は女王アリのようです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
CaplioR6




2枚目:ツチハンミョウ
しばらくすると枯葉の中に潜り込んで停止しました。
そ~と落ち葉をどけるとしばらくじっとしていてくれました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ツチハンミョウ
ごまさんの協力で、ちいさなおめめも撮ることが出来ました。
流石に最短距離までは近づけませんでしたが・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ツチハンミョウ
輝きといい質感といい、金属製のボディーみたいですよね。^^;
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


登山途中の小休息

この山道は、枯葉に覆われている部分が多く、坂道も階段になっていないためとても滑り易い。
途中の尾根道は比較的なだらかですが、山頂直前の登りは、まばらに生えている木の幹を掴みながら道なき斜面を一気に登らなければなりません。
カメラを首にぶら下げながら登った私は何度も危ない思いをしました。^^;
篠原側からの登りもキツいですが、階段なので滑ることはありません。

今回の写真は尾根道で見つけたものです。

撮影:2010年3月27日


1枚目:ツチグリ
いくつかのブログで見たことはありませいたが、直に見たのは初めてです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
CaplioR6




2枚目:イノシシの糞?
イノシシの糞でしょうか?
実は山頂にいる時、ごまさんと一緒に尾根を駆け下りる大きな犬のようなものを見かけました。
おそらくイノシシだったのだと思います。

CaplioR6




3枚目:キランソウ
ミヤマセセリやギフチョウはタチツボスミレだけでなく、このキランソウでも吸蜜します。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:キランソウ
紫だけかと思っていたらピンクもあるんですね。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:シュンラン
前回は見つけられませんでしたが、今回はごまさんに咲いている場所を教えてもらいました。

CaplioR6




6枚目:シュンラン
自然の中で見るシュンランはひと際奇麗に見えました。

E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


ボロボロのヒオドシですが・・・

誰も撮ろうとしないボロボロのヒオドシチョウですが、マクロで撮る分にはそれほど気になりません。
指に乗ってくれるほどサービス満天なので、充分に楽しませてもらいました。^^)
写真は全てノートリミングです。

撮影:2010年3月27日
場所:石砂山


1枚目:ヒオドシチョウの鱗粉
最小撮影距離まで近づくとノートリミングでこれだけ撮れます。
鱗粉があちこちはがれ落ちているのがよくわかります。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:ヒオドシチョウの頭
おめめに産毛?が生えています。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ヒオドシチョウの右目
サッカーボールのようですね。
被写体深度を稼ぐためにF18にしてみました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ヒオドシチョウの右目
こちらはF13。
若干ボケが大きくなりました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ヒオドシチョウの右目
F10でも充分に被写体深度が確保されます。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




6枚目:ヒオドシチョウの右目
F4(絞り開放)。
被写体深度が狭いと言っても、顔の半分はピントが合ってます。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




7枚目:ヒオドシチョウの左目
せっかくなので左目も撮って(F13)みました。^^)
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


ギフチョウ空振り

先週、ギフチョウが出たとの情報を受け、会えるのが楽しみで出かけてみました。
天気予報は晴れ。でも朝起きて外を見てみると曇り。
それでも晴れるだろうと期待して家を出たのが6時半。
ごまさんと現地で合流。

山頂に着いた時には粉のような霰が舞う状態でしたが、次第に青空が広がり10時頃には暖かな日差しが・・・
気温も徐々に上がってきて期待が膨らみましたが、出てきたのはボロボロのヒオドシチョウ。
ミヤマセセリも何頭か応援に来てくれましたが、肝心の春の女神が現れません。
会えるのは来週か、再来週か・・・orz

撮影:2010年3月27日
場所:石砂山


1枚目:ヒオドシチョウ
ご覧の通りボロボロです。
厳しい冬を乗り越えてきた証ですが、居合わせた他のカメラマンはボロボロのヒオドシには見向きもしません。
とりあえずワイドマクロを試したかったので撮ってみました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye]x1.4テレコン 11mm(22mm)




2枚目:ヒオドシチョウ
レンズがくっつくのではないかというくらい近寄ったら、警戒してか翅を閉じてしまいました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye]x1.4テレコン 11mm(22mm)




3枚目:ヒオドシチョウ
丹沢山系をバックに撮影するチャンスは、ごまさんの帽子の上で実現しました。
ごまさん、ご協力ありがとうございます。^^)
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 8mm Fisheye]x1.4テレコン 11mm(22mm)




4枚目:ヒオドシチョウ
ビークマーク(鳥に襲われた跡)と思われる個体も飛んでいました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ヒオドシチョウ
数頭いた中ではこの個体が一番まとも。
どの個体もゆっくり近寄れば逃げません。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
CaplioR6




6枚目:ヒオドシチョウ
そこで、ゆっくりと指を前の方から接近させて、すくい上げるようにして指に乗せることに成功しました。^^)
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
CaplioR6


鶴岡八幡宮

先日、息子の高校合格のお礼参りに鎌倉に行ってきました。
観光地だけあって、いつ行ってもすごい人出です。

お礼参りは学問の神様を祀った荏柄天神社ですが、帰りに鶴岡八幡宮にも寄ってみました。
お目当ては、先日の強風で倒れてしまった樹齢800~1000年と言われるイチョウの木。
植え直しを行ったとのことで、蘇ることを願いつつ・・・

撮影:2010年3月22日
場所:鶴岡八幡宮


1枚目:舞殿
大石段の手前にある舞殿では結婚式が行われていました。
CaplioR6




2枚目:雅楽演奏
大勢の観光客が玉砂利を踏みつける音の中、雅楽特有の独特な音色が響いていました。
CaplioR6




3枚目:大イチョウ
大イチョウは、切り株状態で元の場所とは違うところに植え直されていました。
これで蘇るのかどうかちょっと不安です。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 14-54mm2] 14mm(28mm)


シロチョウ科+α

先週土曜日に撮り貯めた蝶の写真もこれで最後になります。
蝶以外の写真も一緒に張ります。

撮影:2010年3月20日
場所:横浜市緑区


1枚目:キタキチョウ
スミレで吸蜜するキタキチョウ。
ごまさんはしっかり捉えていましたが、私は葉かぶりを避けることができませんでした。orz
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:スジグロシロチョウ春型
ヒラヒラ飛んでいるのを見るとモンシロチョウと間違えてしまいます。
春型は夏型よりも黒筋が太くて鉛筆でなぞったようです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:モンシロチョウ春型
こちらの春型は夏型と違ってトレードマークの黒点がないか、または薄いようです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:テングチョウ
手前右の枝を避けて撮るまでの余裕がありませんでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ビロードツリアブ
以前からShinさんのブログで見かけていましたが、実際に見るのは初めてでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




6枚目:カナヘビ
暖かさに誘われてトカゲも出てきました。
この日ヘビも目撃しましたが、写真を撮るのはやめました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




7枚目:スズメバチの巣
こんなものが置いてありました。
中の構造がよくわかります。
CaplioR6




8枚目:カブトムシの幼虫?
ごまさんがこんなものを見つけました。
誰かが掘り出して放置したようです。
CaplioR6


タテハの次はシジミ

この日、タテハの他にシジミチョウも3種類撮ることが出来ました。
なかでもムラサキシジミはサービス満天でした。^^)

撮影:2010年3月20日
場所:横浜市緑区


1枚目:ベニシジミ
今年初撮り。羽化仕立てなので奇麗。
もっと近寄って撮りたかったのですが叶いませんでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:ムラサキシジミ
3頭が飛んでいましたが、並んではくれませんでした。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ムラサキシジミ
近くのアオキの葉に止まり、ゆっくり翅を開きます。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ムラサキシジミ'
越冬個体ですが奇麗です。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ムラサキシジミ
正面からもとってみました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




6枚目:ルリキシジミ♂
こちらは羽化仕立てのルリシジミ。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




7枚目:ルリキシジミ♂
水色に輝く表翅を撮りたかったのですが、開いてくれませんでした。orz
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


タテハ類

先日、ミヤマセセリのついでに撮り貯めた蝶たちです。
まずはタテハチョウ科の蝶から。
みな寒い冬を乗り越えてきた蝶たちです。

撮影:2010年3月20日
場所:横浜市緑区


1枚目:アカタテハ
駐車場でいきなり出迎えてくれた蝶です。
キブシで吸蜜していました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




2枚目:ルリタテハ
裏翅は枯葉のようですが、頭の部分に瑠璃色が・・・
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




3枚目:ルリタテハ
おとなしそうだったので、近寄ってみました。^^)
眼がサッカーボールのよう。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




4枚目:ルリタテハ
光の関係でしょうか、表翅の瑠璃色が輝いて見えます。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




5枚目:ルリタテハ
越冬個体なのでかなり擦れていますが、それでも美しい。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




6枚目:キタテハ
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




7枚目:キタテハ
タンポポで吸蜜している個体もいました。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)




8枚目:キタテハ
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [SIGMA 150mm Macro EX DG/HSM]x1.4テレコン 212mm(424mm)


ダイヤモンド富士

3年越しの挑戦でやっと撮ることが出来ました。
この辺りからだと春分、秋分の日が適日のようです。

明け方の暴風雨がウソのように澄み渡る晴天。
鳥や蝶には大敵の強風が逆に幸いしましたようです。

夕陽写真って難しいですね。
太陽が半分沈んでも明るすぎて、夕陽は真っ白で富士山は真っ黒。
こればっかりはどうにもならないんでしょうかね。

撮影:2010年3月21日
場所:横浜市港南区


1枚目
ダイヤモンド富士とは、富士山頂に朝日や夕陽がかかることのようです。
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




2枚目
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




3枚目
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




4枚目
よ~く見ると、ちょっとずれてますが・・・^^;
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)




5枚目
■■■ 800x600 でアップしてます。■■■
E-30 [ZUIKO ED 70-300mm] 300mm(600mm)



 | ホーム |  次のページ»»