FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ダゲリ

琵琶湖には、オオヒシクイとマガン以外、これと言った鳥はおらず、前回と同じ田んぼコースへ。

しばらくすると、これまた前回と同じようにタゲリを1羽発見。^^)

よく見ると、回りにも数羽が田んぼの土を突いていました。

みぞれまじりの雨も降り出し、撮影条件は悪くなる方向。

機材は防塵防滴ですが、おニューなのでレインカバー装着しての撮影になりました。




前回よりはかなり近くで撮れました。でもトリミングです。^^;

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング







油断すると直ぐに遠くに逃げてしまいます。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング













ふと空を見るとたくさんの群れが。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)







濡れた水滴を落とすために、ブルブルってした瞬間が、いつのまにか撮れてました。^^;

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング






オオヒシクイとマガン

湖北遠征を時系列でお届けします。

オオワシのポイントでは、アトリ?の大群は見ることができましたが、肝心のオオワシは出張中のよう。

いつ戻るかも分からないので、琵琶湖畔へ行くことに。

10ヶ月前に来たときは、コハクチョウもいましたが、今回は、オオヒシクイとマガンにカモ類だけ。





オオヒシクイは、たくさんいました。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング



7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)





マガンはいないかと探していると、大勢のカメランがレンズを向けていました。
手前の3羽、一回り小さく、ピンク色の嘴が特徴です。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング






オオヒシクイだと思って撮ったこの飛翔は、マガンでした。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング 連写合成






この2羽は、オカヨシガモ♀でしょうか?

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング


大群

昨日は、またまたリスキーマウスさんにお世話になり、琵琶湖の湖北にオオワシを撮りに行ってきました。

天気予報は、曇時々雪。
実際には、天気にかなり振り回された感じでした。^^;





到着したときは、晴れ間が広がり撮影には持って来いの状況。
オオワシがやって来ている山も上の方に雪が被って奇麗な姿を見せていました。

リコーCX4





あとは、オオワシが現れるの待つだけですが、姿がありません。


しばらく待っていると、小鳥の大群が現れました。
下の写真、落ち葉が待っているように見えますが、ぜ~んぶ小鳥です。^^;

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)







中心部分をトリミングしてみました。
これだけで400~500羽くらいでしょうか。
全体で2000~3000羽くらい? ^^;

肉眼で見ている分には、大きさが分からなかったのでムクドリかと思っていましたが、こうして見るとアトリではなかと思いますが、どうでしょうか?













トモエガモ♀

加古川シリーズ最後は、トモエガモ♀。

加古川河口で出会った常連さんに教えてもらい、早速ポイントへ。

は見たことがありましたが、♀は初撮りです。




オナガガモに混じっており、かなり近くで撮ることができました。
嘴根元の白班が特徴です。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)




















リコーCX4



ズグロですかね。

水鳥に疎いAkakokkoですが、ここ加古川河口にはズグロカモメクロハラアジサシもいると聞いたので、出来れば初撮りしたいと思っていました。

でも、見たところカモメの類は、ユリカモメウミネコくらいしか見当たりません。

とりあえず何枚か撮ってみると・・・




ズグロカモメは「ユリカモメの嘴が黒いやつ」って感じだと思いますが、これってズグロですかね。
翼の先の黒い模様もユリカモメとは違うような・・・

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング





他に写っていたのは、嘴の赤い全部ユリカモメのようです。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)





浅瀬で休憩している群れも撮ってみました。
ピクセル等倍で見ると、一番左の個体だけ嘴と脚の色が違ってました。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) 





トリミングしてみると、こんな感じ。
どうでしょうか?
ちなみに、後のゴミのようなものは、ウミネコが水浴びしているところです。^^;

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング






時折、水上スキーをする人もやって来ていました。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)


今シーズ初、オオジュリン

オオタカがチッラと出て来ては消える葦原で、何やらガサガサするものが。

ホオジロかと思ったら、オオジュリンでした。

オオタカは、この小鳥を狙っているのかも知れませんね。

今シーズン初撮りです。





ちょっと目を離すと見失ってしまう色模様です。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)






見下ろす位置だったこともあり、こんな写真しか撮れませんでした。orz

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング






帰りがけ、モズ♂もやってきました。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング


加古川の猛禽

苦戦するかもしれないと思っていたクロツラヘラサギがあっけなく撮れてしまったため、加古川河口の干潟に行ってみました。




まず出迎えてくれたのは、ミサゴでした。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)





ミサゴが飛び立ったと思ったら、ノスリが飛び込んできました。






この後、我々の頭の上を飛んでくれたので、かなり近くで飛翔を撮ることができました。(トリミング)










目の前の葦原で、チラッと出て来ては直ぐに茂みに入ってしまう猛禽がおり、5回目にしてやっと数枚だけ撮れました。






どうやらオオタカのようです。(トリミング)






ミサゴは、5羽ほどが上空を舞っていました。






海に飛び込む瞬間は撮れませんでしたが・・・






この後、こっちに向かって飛んで来てくれたので、魚を掴んだ姿を間近に見ることができました。(トリミング)



関西のハッカチョウ

蝶ネタが切れたので、鳥に戻ります。

リスキーマウスさんクロツラヘラサギを撮りに行ったポイントで、群れをなして飛ぶ鳥がいました。

逆光で、建物の間だったのでてっきりムクドリだと思い、数枚撮影しただけ。

帰ってから写真を見てみると、翼に白い班が・・・






7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング








拡大してみて見ると嘴付け根の上に飾り羽のようなものが。
間違いなくハッカチョウ

リスキーマウスさんからはこの辺りにいるとは聞いていましたが、まさか撮影していたなんて思いもしませんでした。^^;

横浜の自宅付近ではよく見かけるカゴ抜けの鳥です。







カワウも群れをなして飛び立ちました。








コサギのこんな姿も撮れました。






西の空に虹が出ていました。

リコーCX4


ムラサキシジミ、ウラギンシジミの越冬姿

集団越冬探しで、最初にma23さんが見つけたのが、2頭のムラサキシジミの塒でした。

まるでひそひそ話をしているような体勢です。^^;

リコーCX4






ウラギンシジミの越冬は単独でしか見たことがありませんが、接近した2頭の塒がありました

左の個体にはビークマークが。

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm)







ムラツ♂の開翅を待っていたら、足下にムラサキシジミ♂がやって来て、いきなり開翅してくれました。^^)

7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング






私がムラツの第2集団を撮影しているところをma23さんが撮影してくれました。
この時撮影した写真は2記事前の4枚目。
魚眼なので、これだけ寄っても回りが映り込みます。

E-P3は、液晶画面をタッチするだけで、そこにフォーカスを合わせてシャッターを切ってくれるので、こんな時に便利です。^^)

ma23さんの撮影機材にて


ムラサキツバメ満喫

前記事の続きです。
塒を飛び出したムラツの開翅姿に大感激のひとときでした。


7D [EF 300mmF2.8LII]x1.4テレコン 420mm(672mm) トリミング


ムラサキツバメ♂





















ムラサキツバメ♀







««前のページ  | ホーム |  次のページ»»