FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


モンキアゲハ

タンポポで吸蜜するモンキアゲハに遭遇。
そんな珍しいことではないと思いますが、大きな黒いアゲハチョウがタンポポに止まる姿は見た記憶はありません。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/28





お腹が減っていたのか、次から次へとタンポポをハシゴ。
お陰で、長時間 吸蜜姿を楽しませてもらいました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/28





全て同じ個体ですが、羽化仕立てのような奇麗な個体です。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/28





近寄っても逃げません。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/28





連写の2枚を合成してみました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 連写合成 2013/4/28





少し下がって、飛翔狙い。
脚がタンポポの花粉で黄色くなってます。
7D [EF 300mmF2.8LII] トリミング 2013/4/28





7D [EF 300mmF2.8LII] 連写合成 2013/4/28


スポンサーサイト



初撮り幼虫

ごまさんが見つけてくれたアカシジミの幼虫。
ようやく撮ることができました。
初見初撮りです。
このままこの葉で蛹化してくれると嬉しいのですが、地上に降りてしまうのでしょうか


アカシジミ終齢幼虫
リコーCX4 2013/4/28





アカシジミ終齢幼虫
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28





経過観察しているウラゴマダラシジミの幼虫。
終齢となりアリに守られていました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28




もう一頭は、前蛹になっていました。
こちらもアリを従えています。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28





アカボシゴマダラの幼虫は、蛹になる前のお祈りポーズ。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28





ブルーの突起が奇麗。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28




蛹もありました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/28


春のシルビア

雨の予報だったのであきらめていたが、回復が早まりそうだったため、念のためカメラを持って関西出張。

嬉しいことに仕事が早く終わり、駅リンクで自転車を借りてシルビアのポイントに行ってきました。

春のシルビアはまだ見たことがなく、何度か空振りしていたので多少の不安を抱えつつ、ゆっくり自転車を進めながら探索するも、飛んでいるのは、モンキチョウベニシジミが少数。

ダメかとあきらめかけた時、目の前のシロツメグサに水色のシジミチョウがやって来た。
ちょっと大きめだったため、ヤマトシジミかと思いきや目的のシルビアでした。^^)

直ぐに飛ばれたため、同じカットが4枚撮れただけ。
それでも満足感のあるひとときでした。

確認で来たのは、全部で3頭。
止まってくれないので、写真は4枚で終わりました。orz

その中の1枚を大きめのサイズでアップします。
ちょっと擦れてますが・・・


シルビアシジミ♂
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/25


ウラゴとミドリの幼虫

曇の中、マイフィールドへ行ってきましたが、1時間程の散策で雨に降られて敢えなく撤退。orz

サラリーマンにとって、貴重な週末が雨なんて・・・
どっちにしろ日曜は休日出勤なので、かえって雨の方が諦めがつきます。^^;

ウラゴマダラシジミの幼虫は、16mmの大きさに成長していました。
蛹化が楽しみです。
リコーCX4 2013/4/20






ハンノキには、たくさんの餃子葉が出来ており、今年はたくさんのミドリシジミが見られるのではないかと、期待大。
1頭だけ、餃子から出ている幼虫がいました。
体長11mmなので、まだ小さい。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/20


先週末の在庫

冬を乗り越えたヒオドシチョウ
かなり擦れているけど、元気に飛んでいました。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/13






スジグロシロチョウ
で吸蜜するシーン、初めて見ました。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/13


アオバシャチホコ

マイフィールドで、ごまさんチャリコバさんが太い木の幹を見上げていたので行ってみると、5cm程の黒い蛾が張り付いていました。


アオバシャチホコ
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14





毒々しいけど、なんだか奇麗。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14





種名はアオバですが、黒と黄色のまだらにしか見えません。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14





高い位置に止まっていたので、手を伸ばして上から顔のアップを狙ってみましたが、まるでタワシのよう。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14





こんなに毛だらけで、暑くないのでしょうか。^^;
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14


ウラゴマダラシジミ幼虫

ウラゴマダラシジミ幼虫の経過観察。
2週間前は4頭でしたが、今回は体長9mmと12mmの2頭しか見つけられませんでした。
一度に1枚の葉っぱを平らげてしまうのか、食痕が目立たないため、探すのがちょっと難しい。

9mmの幼虫。
ナポレンハットのような形。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14




脱皮殻が残っていました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14




12mmの幼虫。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14




9mmの幼虫と比べると一回り大きな感じ。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14




と言っても、アゲハ系の幼虫を見慣れていると、とても小さい。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14




卵も再度撮り直してみました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/14


ツバメシジミ

ギンイチモンジセセリを探している時、草むらで休んでいるツバメシジミを発見。
夕方だったので、触角を下にたらしてお休み状態だったようです。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/13





OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/13





OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/4/13


春のセセリ2種

2度目のギフを満喫した後、春セセリのポイントへ移動。
到着したのが16時近い時刻だったので、目的の蝶が見つかるか不安でしたが、程なく1種目が見つかりました。

ミヤマチャバネセセリ
開翅されるとホントにミヤチャなのか判別が難しい。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/13





裏翅を見れば一目瞭然。
7D [EF 300mmF2.8LII] 連写合成 2013/4/13





もう一種は、探してもしても見つからず、あきらめかけたときに、ちゃわんむしさんが発見。

なんとか春型のギンイチモンジセセリを撮ることができました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/4/13


神奈川ギフ再び

ごまさんが、コツバメギフチョウの卵を撮りたいというので、midoriさんと3人で再度の神奈川のギフ ポイントへ行ってきました。
前記事のトラフもその時の写真。

天気が良かったので、カメラマンが大勢いるのではないかと思ったら、先週よりも少ない状態。
それでもちゃわんむしさんにお会いでき、楽しい撮影が出来ました。


ミツバツツジで吸蜜するギフチョウを連写したら、いい感じにとれました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 連写合成 2013/4/13




ギフチョウは、最初の発生から3週間半経っているので、ボロボロの個体が大半。
そんな中、かなり奇麗な個体を見つけましたが、地べたしか撮れませんでした。orz
7D [EF 300mmF2.8LII] トリミング 2013/4/13





ボケの花で吸蜜するコツバメも撮れました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro]  2013/4/13



 | ホーム |  次のページ»»