FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


シルビア リベンジは・・・

関西に行く機会が多いので、懲りもせず再度、北伊丹のシルビアのポイントに行ってきました。


河川敷にあるテニスコートは、無惨な状態。

リコーCX4 2013/9/20





大きな木々もずっぽり水につかったようで、台風の凄まじさを見せつけられます。
リコーCX4 2013/9/20





で、肝心のシルビアシジミは・・・

この日も蝶影はなく、諦め半分でヤハズソウの多い場所に行くと、飛んでいるシジミチョウを1頭見つけました。

しばらくすると止まったので確認すると、間違いなくシルビアシジミ。
既にtemenosさんがブログアップされていたので、安心していましたが、やはり実物を見ると安心度もアップします。^^)

で、カメラを構えて撮ろうとすると、飛び立つ。orz
また、止まったので・・・・と思ったら、飛び立つ。orz

結局、撮影する前に茂みの奥に消えて行ってしまいました。ToT)

しばらくすると、ちらちらと数頭のシジミが。@o@)
今度こそ、と思って止まった瞬間を狙いましたが、ツバメシジミでした。orz

また兆戦したいと思います。


スポンサーサイト



在庫から

木柵で餌を運ぶクロアリ。


OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/5/6






振り向いた顔を見てビックリ。
アリグモでした。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/5/6


ウラゴマダラ卵のような・・・

少し前のことですが、最寄り駅のバス停にあるiPadの広告。

会社に向かう途中、遠目からこの広告が目に入った時、何であんなところにでかいウラゴマダラシジミの卵が・・・なんて思ってしまいました。^^;

似てますよね。

iPhone5 2013/8/10


舞岡公園

そろそろ秋の渡りで、コサメビタキやエゾビタキ、キビタキが来ているのではないかと期待して、久しぶりに撮りモードで舞岡公園へ。

車の駐車スペースが1台だけ、車が多いということはカメラマンも多いということで、被写体が期待できる兆候。

ところが、ポイントを回ってもバーダの姿がほとんどない。
これはダメかな、とエゾビのポイントへ歩いて行くと、Fさんが一人 木々を眺めていたので様子を聞いてみたら、来ていることは来ているが、まだ数が少ないとのこと。
バーダさん達は、別の場所で出待ちをしていました。

鳥は期待で来ないと蝶を探すも、花が少なくこちらも不作。

アカボシゴマダラだけは、たくさん飛んでました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/22 トリミング





昨年と同じ場所のホトトギスの葉で、ルリタテハの幼虫を2頭発見。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/22(拡大表示できます)






2週間前、ウラギンシジミの卵を見つけた場所で、幼虫探し。
見つかったのは、幼虫ではなく、花に潜り込むウラナミシジミでした。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/22(拡大表示できます)




帰りがけに見つけたヤマトシジミの交尾。
右側の♀?は、かなり窮屈そう。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/22(拡大表示できます)


三崎

くりはま花の国で、少し消化不良のコスモスを鑑賞した後、昼食を食べに三崎へ。

E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21





三崎と言えばマグロ。
20年以上前に知人に連れて行ってもらった美味しいマグロ料理のお店は、その後何度か行きましたが、今では高級寿司屋に変わってしまい、気楽に入れるお店では無くなってしまいました。orz

2001年に三浦フィッシャリーナ・ウォーフ(産直センター)が出来てから、すっかり観光的になってしまった三崎港。
マグロ料理店が軒を並べており、どのお店がいいのか分かりません。

ぐるっと一回りして、行列のできていたお店に決定。
オーダは、特製まぐろ漬丼(写真下)とハーフ丼(写真上)。
とっても美味しいとまでは行きませんが、まぐろを満喫できました。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21





産直センターがない頃、このお店で美味しい魚を買ったのを思い出しました
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21




横には天日干しの小さな石鯛が
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21





産直センターの中もまぐろが安く、500g/1000円のまぐろのたたきがこの日の夕食になったのは言うまでもありません。


生魚だけでな、こんなストラップも売ってました。^^;
リコーCX4 2013/9/21



ゴジラ

くりはま花の国のポピー・コスモス園を登り切った先にある冒険ランドには、大きなゴジラが立っています。
コスモスは何度か見に来たことがありますが、ゴジラを見るのは初めて。
映画でのゴジラの身長は50mの設定なので,それに比べると1/5くらいでしょうか。
それでもかなりの迫力です。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21





このゴジラ、お腹の階段を上ると、しっぽ側がすべり台になっています。

ゴジラが食いつきそうな絶妙な位置に、大きなハンバーガーをかたどった遊具が設置されていました。^^;
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21




近くの休憩所には、可愛いリスのモニュメントも。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21


くりはま花の国

9/14から始まったコスモスまつり、100万本のコスモスを期待して、くりはま花の国に行ってきました。

先日の台風で受けたダメージの影響で、花はちらほら程度。orz
なぎ倒されている株もあちこちに見受けられました。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21




少し咲きそろっている所をチョイスして撮影。
コスモスで吸蜜するイチモンジセセリ
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21




一緒に咲いているジニアでもイチモンジセセリ
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21(拡大表示できます)




アゲハ類もあちこちで吸蜜していますが、ほとんどが擦れ個体。
ジニアで吸蜜するモンキアゲハ♂は、かなり可哀想な姿。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/21(拡大表示できます)




比較的奇麗なカラスアゲハ♀がいましたが、撮影チャンスをもらえません。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 75-300mm] 2013/9/21(拡大表示できます)




白い彼岸花に比較的奇麗なモンキアゲハ♀も。
ここの彼岸花は白が圧倒的に多く、赤と黄色が少しだけ
白より赤の方が良かったなぁ・・・orz
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 75-300mm] 2013/9/21 トリミング(拡大表示できます)


関西のシルビアシジミが心配

出張の合間、関西のシルビアポイントを覗いてきました。

各地に大雨を降らした先日の台風、シルビアのポイントは河川敷なので、どうなっているか心配でした。

河川敷にあるグランドは水没していたようで、グランド表面が波模様に削られ、使える状態ではありません。
リコーCX4 2013/9/20






ここのシルビアの食草のシロツメグサやヤハズソウが自生している場所も、流着した葦の残骸がびっしり。
リコーCX4 2013/9/20





短時間でしたが、確認できた蝶は、ベニシジミ1、ウラナミシジミ1、ヒメアカタテハ1、スジグロシロチョウ1のみ。

昨年(9/21)一昨年(9/23)も9月中旬にはたくさん飛んでいる姿を確認していただけに、1頭も見つからないのはとても心配。
考えたくないですが、あの台風でみんな流されてしまったのか・・・
復活することを信じたいと思います。

山梨遠征残り

シルビアのポイントに行く途中、ホソオチョウのポイントに寄りました。

朝6時過ぎ。
時間が早すぎるのか蝶の姿はなく、ウマノスズクサにいる幼虫は見ることができました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)




ヤマトシジミは元気に飛んでいました。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/9/14(拡大表示できます)




シルビアのポイントでも飛んでいるのはヤマトシジミばかり。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14




擦れたルリシジミも。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)




ツマグロキチョウのポイントでは、絶滅危惧2類のウラギンスジヒョウモン♀がいましたが、証拠写真だけ。orz
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)




擦れたアサマイチモンジが3頭。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)




初めて見る蛾。
変わった模様だったので撮ってみました。
調べてみたらナカグロクチバのようです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)


コジャノメ♀

ツマグロキチョウのポイントで、開翅しているジャノメ系の蝶を発見。
斑紋的にはコジャノメですが、いつも見るコジャノメよりも少し大きな感じ。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)




少し近づくと、警戒したのか翅を閉じ始めました。
裏翅を確認するチャンス。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)



白線状の紋はコジャノメの特徴ですが、蛇の目模様が大きな感じ。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)



後翅の斑紋が繋がっている個体は初めて見たので、斑紋異常だと思って浮かれていましたが、帰って調べてみると、夏型のコジャノメ蛇の目模様が大きいとか
ちょっと損した気分でした。^^;
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/9/14(拡大表示できます)



 | ホーム |  次のページ»»