FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


在庫から

タイ旅行の在庫写真から。

アユタヤやバンコクで見かけたネズミのようなリスのような動物を多々見かけました。

リスだと思っていましたが、コモンツパイという動物のようです。
ネズミでもリスでもないツパイという独立した種目だとのこと。

なかなか愛嬌のある顔をしています。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 75-300mm] 2013/8/15(拡大表示できます)





身体はリスで、頭はネズミかモグラという姿です。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 75-300mm] 2013/8/15(拡大表示できます)


スポンサーサイト



見られているような・・・

在庫写真になります。

マイフィールドを散策している時、コゲラの仕業であろう突かれた跡のある桜の幹を見つけました。

何となく見つめられているような気がしませんか。
リコーCX4 2013/5/10






トリミングして回転させると、ミイラ男のような・・・^^;

リコーCX4 2013/5/10 トリミング


アカボシ幼虫

久しぶりの抜けるような青空が広がる休日。
たっぷりとフィールドを歩きたいところですが、連日忙しい日々が続いており、昨日も休日出勤。orz
朝はゆっくり寝てました。^^;

マイフィールドに出たときは15時過ぎ、日照時間が短くなって行くのが実感できるこの頃。この時間でももう陽がだいぶ傾き、日影が多くなるため飛んでいる蝶もほとんどいません。orz
キビタキはまだいるようで、バーダーさん達が出待ちしてました。

チャリコバさんさんIさんが見えたので合流。
話を聞くと「蝶も蛾もいない!」とのこと。
ということで、今日 撮影した写真は一桁台と寂しい結果に。orz


食痕のあるエノキの幼木があったので覗いてみると、予想通りアカボシゴマダラの幼虫が付いていました。

アカボシゴマダラは、このような小さなエノキが好みのようです。

何匹付いているか分かりますでしょうか?
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/10/26(拡大表示できます)






一つ見つけたら、横にもう一つ。

あれ、ここにも2つ、ここにも・・・





10頭を数えたのですが、写真を見ると9頭(1頭は葉っぱに隠れて角しか写っていません)しか確認できませんでした。
もう1頭は、葉っぱに隠れているのか、数え間違えか・・・^^;

E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/10/26(拡大表示できます)


カワセミ

久しぶりにカワセミを撮りました。
以前は、懸命に追いかけたものですが、フィールドではいつでも見られるため、ついついご無沙汰してました。

蝶が少なくなるこの季節、レンズを向ける機会も多くなるでしょう。


胸が黒ずんでおり汚れた感じ。若鳥でしょうか。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/9(拡大表示できます)






7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/9(拡大表示できます)


羽毛雲?

台風が来る前、青空の広がる空に、風邪で飛ばされて来た羽毛のような雲が浮んでいました。

OM-D E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/10/7(拡大表示できます)


ウラナミシジミ

曇で気温も低めの土曜日、ノゲシの先端でジッとしているウラナミシジミを見つけました。

翅の破れのある個体。
寒いのか、前翅が後翅に隠れるほど小さくなっていました。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19(拡大表示できます)




1枚目と同じ絞り値F4。
フォーサーズの被写界深度の深さが時間で来ました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/19(拡大表示できます)





薄日が射すと、ゆっくり翅を広げて少ない陽射しを懸命に受け取ろうとしてました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/19





2週間前はまだ奇麗な個体も
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/6


ホシホウジャク

秋になるとアザミの花の回りを飛回るホシホウジャク
ホバリングしてくれるので、飛翔写真も撮りやすい。
SSを1/4000にしても翅を完全に止めることはできないようです。

似たような写真ばかりですが、ご覧下さい。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19 トリミング(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19 トリミング(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/19 トリミング(拡大表示できます)


アカボシ幼虫

曇り空と肌寒くなった週末。
遠出をする天気ではないので、マイフィールドを歩いてきました。

この天気では蝶は期待薄。
出会うカメラマンは皆長いレンズのバーダー達。
キビタキが入っているようで、長時間出待ちしてました。

キビタキも魅力的ですが、長時間同じ場所で待つのが苦手なAkakokko。
アカボシゴマダラの幼虫を探してみることに。

先週、8頭見つけましたが、今日は新たに3頭。
その内の1頭は、今まで見たことのない程の長い角を持つものでした。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/19





寒くなって来るととても短い個体も出てきますが、通常はこの長さ。
角の形がアントラーズのエンブレムのように見えるのは私だけでしょうか。
リコーCX4 2013/10/19


ウラギンシジミ

このところよく目につく秋の蝶、ウラギンシジミ。
普通種ですが、奇麗なオレンジの開翅を見せつけられると、ついついレンズを向けてしまいます。^^)

7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/6(拡大表示できます)




マクロレンズで接近。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/6(拡大表示できます)





チラッと見えるだけのオレンジがまたいいですよね。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/6(拡大表示できます)


枯葉のような

知人に「そこに蛾がいるね」と教えられても、クシャッとした枯葉にしか見えませんでした。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/10/6(拡大表示できます)





アップで見ると、なるほど目がついているのが分かります。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/6(拡大表示できます)




枝に止まると、擬態効果が薄れます。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/10/6(拡大表示できます)



 | ホーム |  次のページ»»