FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ムラサキシジミ

見た目、ルーミスの兄貴分のようなムラサキシジミ
表翅のブルーはルーミスよりも濃く、ひとまわり大きいので直ぐ分かります。

ムラサキシジミ♀
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)





ムラサキシジミは、♂の方が奇麗。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)


ルーミスシジミ

今年最後の遠征。
千葉のルーミスシジミを撮影してきました。

昨日の雨もあり、今日の晴天は絶好のコンディション。
たくさんの蝶愛好家がやって来るのではないかと予想しながら、今回は、Uさんと二人でポイントへ向かいました。

8時過ぎ到着した時点で、ルーミスの気配はまったくなし。
葉上に止まっていないか探索開始。

しばらくして2頭の塒を発見。
撮影しようと、塒に近づいた瞬間、飛ばれてしまいロスト。orz
証拠写真を撮ってから近づくべきでした。
同じことを何度繰り返してきたことか。
なかなか学習できないAkakokkoです。凹○

木々に日が当たり始めた頃、ちらちらと白い姿が・・・
3mほどの樹上で開翅。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)





ムラサキシジミも飛び始め、2種の競演。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16 トリミング




高い所ばかりで、なかなかいいショットが撮れません。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)




しばらくすると、視線の高さまで降りて来るようになったのはよいのですが、止まって直ぐに開翅するため、裏翅がなかなか撮れない状況。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)




それでもチャンスはやってきます。^^)
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)





7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)




見下ろして撮れる位置まで降りてきてくれたので、魚眼マクロでも撮れました。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/11/16(拡大表示できます)




地面に降りるサービス個体も。^^)
7D [EF 300mmF2.8LII] 2013/11/16(拡大表示できます)




ルーミスシジミにこんなにサービスしてもらったのは、初めて。
たくさん集まって来るだろうと思っていた同好者は、まったく現れず、Uさんと二人だけ、たっぷり楽しめました。
Uさんお疲れさまでした。

3並び

先月、妻と山梨へドライブしている時に、ふとインパネに目を向けるとトリップメータに3が5つ並んでいました。
3並びなんて縁起がよさそう。^^)

即座にハザードを付けて停車し、記念撮影。

それにしても、汚いインパネ。
カメラは余計なものまで写してしまう。
掃除してないことがばれてしまいました。^^;
リコーCX4 2013/10/14


蔵出し

発生源である土手の草刈りが行われて以来、姿が見えない横浜のカバマダラ
不謹慎かもしれませんが、外来種とは言え、姿が見えなくなるのは寂しいものです。

写真は、ひと月前のもの。

卵を撮影していたら、たまたま小さなアリがやってきました。
持って行ってしまうのかと思ってみていたら、あっさりと諦めて去って行きました。
アリに食べられないコーティングがされているのですかね。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/10/6(拡大表示できます)





2頭並んだカバマダラ。
どちらも♂です。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2013/10/6 トリミング(拡大表示できます)


何という虫でしょう?

アカボシ幼虫を撮影している時、直ぐ横に2mmくらいの小さな黒い虫を見つけました。

マクロ撮影してみると・・・アワフキの仲間でしょうか。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10 トリミング


撮る時間も被写体もなく・・・

このところ仕事が忙しいこともあり、フィールドに出られるのは、週末2時間程度。orz
昨日は仕事で、今日は天気が・・・

雨の降り出しそうな妖しい天気の中、1時間だけ歩いてきました。

こんな天気では当然蝶は飛んでいない。
フィールドで迎えてくれるのは、アカボシゴマダラの幼虫くらい。

ということで、このところ何度かアップしているアカボシ幼虫の繰り返しです。^^;

越冬は4齢幼虫が多いそうです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10





終盤の1齢幼虫と思われる個体。
2齢で越冬するのでしょうか。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10(拡大表示できます)





2頭見つけました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10(拡大表示できます)





憎めない顔をしています。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10(拡大表示できます)





落ち葉の裏で越冬するため、躯の色も落ち葉色に変わって行くから不思議です。
中には緑のままの個体もいるようですが。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/10


3つの傘

並んでいる3つの傘を見つけました。
まるで唐傘お化けの親子のよう。
傘の色形が、乳房のように見るのは私だけでしょうか。^^;

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/3(拡大表示できます)





上から見ると、こんな感じです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/3(拡大表示できます)


カメムシの開翅?

アゲハ類の幼虫でも付いていないかとカラタチの垣根を見ていたら、透明な翅を見せて静止しているチャバネアオカメムシがいました。

カメムシの開翅なんて聞いたこともないし、こんな姿を見たのも初めて。
前日雨だったので、濡れた翅を乾かしているのでしょうか? ^^;
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/2(拡大表示できます)



ハエトリグモ

クモの中でも愛嬌のある顔をしているハエトリグモ。
正式種名は分かりません。^^;

たくさんのつぶらな瞳が何とも言えません。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/3(拡大表示できます)


アカボシ幼虫その2

蝶が少ないときはイモムシ探し。

先週アカボシゴマダラの幼虫が9頭いたエノキ幼木を確認すると、6頭健在、2頭死亡、1頭不明な状態。
他にもいないかと探してみると、うじゃうじゃ。

どのエノキも高さが1mもない幼木ばかり。
一番たくさんの幼虫が見つかったのがこの幼木。
3度数え直しましたが、なんと19頭も付いてました。
リコーCX4 2013/11/2





3頭写ってます。
上の2頭は、角の短い短角型。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/2(拡大表示できます)




この小さなエノキには、3頭付いてました。
リコーCX4 2013/11/2





別の幼木に、長角型の幼虫ふたつ。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/3(拡大表示できます)



そして、この幼木には、自身初見となる若齢幼虫が2つ。
リコーCX4 2013/11/2




角がないので見つけたときはテングチョウの幼虫かと思ってしまいました。
テングチョウの若齢幼虫なんて、今の時期いる訳はありませんが・・・^^;
小さくても、他の幼虫と同じようなポジションと姿勢ですね。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2013/11/2



結局、先週の9頭の他、19頭、3頭、1頭、2頭、3頭、1頭、3頭と8本のエノキ幼木に計31頭が確認できました。
アカボシが増え続ける理由が分かります。


««前のページ  | ホーム |  次のページ»»