FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


フジミドリ

1日前にミズイロオナガも出て来たマイフィールド。
残り2種も気になるところですが、案山子さんを誘ってプチ遠征。
別のゼフに浮気してしまいました。^^;

ポイントに着くと既にKさんが出待ちしていました。
聞くとまだ一度も出て来ないとのこと。
朝から晴天、気温も高く、ちょっと天気が良すぎる感じ。

ブナの梢を見渡しても動くものの気配はなし。
すると目の前を小鳥が横切り、近くの枝の中へ。
ウグイスかと思い、葉の茂る枝の中を双眼鏡で確認すると、巣が見つかり、メジロが包卵していました。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)





そして待つこと4時間弱。
諦めかけていた時に、ブナの梢を白と青をチラつかせて飛ぶ小さな蝶の姿が・・・

止まった姿を確認すると、まぎれもないフジミドリ♂。^^)
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)






ちらりと見えるブルーの表翅を見て見たい。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)






でも、開翅することなく、葉の上で吸水。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)






日影の中を歩き回り、開翅する素振りもなく・・・
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)






やはり気温が高すぎるようです。
開翅は、またの機会に延期です。orz
それでも、嬉しい初見初撮りでした。^^)
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/31 トリミング(拡大表示できます)






マイフィールドでは、ミドリシジミも出始めたようです。

スポンサーサイト



5/26のマイフィールド

マイフィールドでのゼフ3種目は5/26に出て来た、ウラナミアカシジミでした。
今まで6種の中で一番出会い率の低いゼフでしたが、去年は大発生しました。
今年もたくさん楽しませてくれるといいですね。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/26(拡大表示できます)






2mほどの高さだったので、片手を伸ばしてマクロ撮影。
曇り空なので、少しもやっとした感じの写真になりました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/26 トリミング(拡大表示できます)






アカシジミは、下草のそこらじゅうに止まっています。
リコーCX4 2014/5/26






曇り空だからなのか、飛んでも下に降りる蝶が多いです。
リコーCX4 2014/5/26






皆おとなしいので、コンデジでワイドマクロ。
リコーCX4 2014/5/26






ウラゴマダラシジミが出ていないかと蛹をチェック。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/26(拡大表示できます)






どうやら、ひとつは寄生されてしまっていたようです。ToT)
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/26(拡大表示できます)






あと知っている蛹は4つあったのですが、ひとつは行方不明。
おそらく誰かに持って行かれたのでしょう。ショック。

去年は、見つけた蛹全てが寄生されてしまいました。
今年の残りの3つは、無事に羽化して欲しいものです。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/26(拡大表示できます)


初見初撮りヒカゲチョウ幼虫

これまたチャリゴバさんに見つけていただきました。

明るい緑色にオレンジの斑点があるので、最初は蛾の幼虫だろうと思ったのですが、顔と尾は明らかにヒカゲ系の幼虫。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)






ネットで調べてみると「ヒカゲチョウの幼虫は、オレンジの斑点が入ることがある」とのこと。
間違いありません。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)




ヒカゲ系の幼虫は皆可愛い顔をしています。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)




最短距離での撮影。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)




蛹になる場所を探していたのか、食草の笹とは違う雑草の上でした。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)


新鮮ゴマダラチョウ

チャリゴバさんFさんと3人で散策中、チャリゴバさんゴマダラチョウを見つけてくれました。

とても奇麗な新鮮個体。

飛ばれないように、3人ともまずは遠目から狙います。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24(拡大表示できます)






そして次はマクロで。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)






近寄っても逃げそうもありません。
ならばと、魚眼マクロで。
E-P3 [LUMIX 8mm Fisheye] 2014/5/24(拡大表示できます)





もしかすると羽化仕立てかもしれません。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/24(拡大表示できます)






魚眼で思い切り寄ってみました。
でもこの大きさです。^^;
E-P3 [LUMIX 8mm Fisheye] 2014/5/24(拡大表示できます)






アカボシゴマダラ春の産卵シーンも見ることができました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24(拡大表示できます)






逆光だとウスバシロの翅のようにも見えます。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24(拡大表示できます)


コムラサキの悲劇

ヤナギの木、4mほどの高さでじっとしているコムラサキを一緒にいたFさんが見つけてくれました。


7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング(拡大表示できます)






見ていて、なんか妙な感じが。

どうも羽化仕立てのような・・・
見ると直ぐ近くに蛹の殻が。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24トリミング(拡大表示できます)






見つけてから1時間。
「もうそろそろ飛び出して、下に降りてきて開翅」なんてことを妄想しながら待っていると、シジュウカラの群れが。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング(拡大表示できます)






群れの中の1頭がコムラサキの近くにやってきて毛虫を捕まえました。

この毛虫で満足して行きすぎてくれればいいのだが、と思いながら毛虫を咥えた目の前のシジュウカラを見ていたら、毛虫をポロっと下に落とし、何と言うことかコムラサキへ。@o@)

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング(拡大表示できます)







野鳥も好きなAkakokkoですが、この時ばかりは、シジュウカラが獰猛で憎たらしいものに見えて仕方ありませんでした。ToT)

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング(拡大表示できます)


5/25のマイフィールド

昨日の感じからすると、今日もアカシジミだけだろうと思い、買物の後 夕方頃に飛翔を撮りに行こうと朝ゆっくりしていたら、案山子さんから「ウラゴが出たよ!」の連絡。

それでは、出かけない訳には行きません。
2分準備し家を出ました。^^;
幸い赤信号に1回しか引っかからず、15分ほどで到着。

無事、今期初撮で来ました。
案山子さんありがとうございました。^^)/

樹上3mほどミズキの葉に止まっていました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/25(拡大表示できます)




ここにいる皆さんの許可を得て、ミズキの枝を軽く叩いて、下に降りてきてもらいました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/25 トリミング(拡大表示できます)





目線の高さなのは良かったのですが、近寄れない生け垣の上。
マクロ撮影は出来ませんでした。orz
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/25(拡大表示できます)





買物があるのであまり長居はできないため、他のゼフが出ていないかとフィールドを回りましたが、みつからず

アカシジミのポイントに行ってみると、夕方の活動を控えてか、たくさんのアカシジミが桜の木で休んでいました。

10頭が目に入りましたが、300mmの画角では7頭しか入れられませんでした。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/25(拡大表示できます)





知り合いが来るのが見えたので、手を振って迎えようとしたら、途中で下草に止まるアカシジミを見つけたというので、そちらの方へ。

撮影しようと覗き込んだ瞬間、ビックリ。
半開翅しているではありませんか!
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/25 トリミング(拡大表示できます)






羽化したてにしてはかなり擦れた感じ。
ウラナミアカシジミだと若干翅の隙間を空ける個体を目にすることはありますが、アカシジミ翅をぴったりと閉じた姿しか見たことがありません。

こんなことは、あり得ないだろうと思ったら・・・


反対側の左前翅にビークマーク(鳥に食いちぎられた跡)がありました。

千切られた勢いで、左前はねが閉じられなくなってしまったのでしょうね。
この♀が飛べない状態でした。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/25(拡大表示できます)





以前、右側の前翅、後翅の全てを千切られ、表翅をさらけ出しているアカシジミを見たことがあります。

目だつ蝶は、鳥に狙われやすいのかもしれませんね。


5/24のマイフィールド

アカシジミが出始めて一週間。
今日当たりウラゴマダラシジミが出るのではないかと期待して、朝8時にマイフィールドに到着。

まずはアカシジミのポイントへ。
既に案山子さんがいて、聞いてみるとが9下草で止まっているのを見つけたが、飛んでしまったとのこと。

でも直ぐに下草に止まっているアカシジミを次々と見つけてもらいました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24(拡大表示できます)






前回撮影できなかった魚眼マクロで。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/5/24(拡大表示できます)





するとFさんもやって来て、しばしアカシジミ撮影。
ウラゴマダラは、蛹がたくさん見つかったとのこと。
羽化していないか見て回るも、蛹はみんな奇麗なまま。

羽化直前の蛹を見たことがないので、いつ羽化するのか分かりませんが、近日中に羽化するでしょう。^^;

2週間前に降木のピークだったミドリシジミの幼虫ですが、お寝坊さんが1匹いました。
長くミドリシジミが楽しめるという意味では、嬉しいことですが・・・^^;
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング(拡大表示できます)




アカシジミ以外のゼフは見つからなかったので、夕方 再度アカシジミのポイントへ行ってみると・・・

下草に入り込んでいる♀を見つけました。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/5/24(拡大表示できます)





近くの樹上では、♂達のテリハリが始まっており、飛翔写真に挑戦。

かなりの数のアカシジミがいて、2~5頭でバトルすることもあるのですが、卍飛びの時間が短く、まったく歯が立たない。
ボツ写真量産のなかで、なんとか写っていた写真。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 トリミング




もう一度、挑戦してみようと思います。

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/24 連写合成トリミング(拡大表示できます)


コミスジ卵 他

低い位置を弱々しく飛ぶコミスジを発見。

コミスジと言えば、目線より少し高い位置を、短い滑空と羽ばたきを繰り返すイメージですが、何か妙な飛び方。
もしかすると産卵のための食草探し?

と思っておって行くと、案の定 葛の葉に止まり、産卵行動を始めました。
焦って撮ったたため、葉っぱは被るし、絞り開放だったため、お尻にピントが合ってません。orz
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/19(拡大表示できます)






飛び去った後の葉を見ると緑色の卵が・・・^^)
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/19(拡大表示できます)






嬉しい初撮りです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19(拡大表示できます)







トリミングしてみました。
緑色のシロツメグサというのが第一印象でした。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19 トリミング(拡大表示できます)







ウラゴマダラの幼虫も蛹になってました。
羽化まであと2週間ほどでしょうか、アリ君達に寄生蜂を寄せ付けないようにずっと守っていて欲しいものです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19 トリミング(拡大表示できます)






この日もまだミドリシジミの幼虫が木を降りていました。
無事に羽化して欲しいですね。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19(拡大表示できます)


アカシジミ今季初

ごまさんチャリコバさんツマキチョウの幼虫を撮影していたら電話が・・・

撮影場所から数歩下がって、しゃがみ込みながら通話していたら、目の前の下草の上に何やらオレンジ色の三角形が・・・

それは奇麗な個体のアカシジミ
2人は、まだツマキチョウの幼虫を撮影しているし、飛ばれる前に電話を切って撮影したいけど、電話口の相手はおかまいなし(当たり前ですが)・・・ 焦りが募る・・・ ^^;

しばらくして、ようやく電話が終わり、2人にアカシジミが止まっていることを伝えて撮影体勢に。


まずは、遠目から長いレンズで。
焦って近づいて飛ばれた経験が生かされてます。^^;
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/19(拡大表示できます)





次はマクロで、ジリジリと。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19(拡大表示できます)






お腹が大きいのと前翅後方が丸みを帯びているので♀だと思います。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19 トリミング(拡大表示できます)






羽化したばかりなのか、とてもおとなしい個体で、焦ったのがバカらしくなりました。^^;
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19 トリミング






もう一度、長いレンズで下草の雰囲気も入れて1枚。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/19(拡大表示できます)





別のポイントでも1頭確認でき、計2頭になりました。
今週末、ウラゴマダラシジミが見られると嬉しいなぁ。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/19(拡大表示できます)


ツマキチョウ終齢幼虫

ちまたではアカシジミが出始めているようです。
マイフィールドでも5/18にごまさん確認していたので、見に行ってみました。

フィールドを一回りしても見つからず、仕方なくツマキチョウの幼虫の元へ。
ちょっと見ない間に体長2.5cmの終齢幼虫になっていました。

タネツケバナの茎より数倍も太い胴体でかなり目だちそうですが、そうでもなく、自分一人では見つけられず、ごまさんに教えてもらいました。^^;

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19(拡大表示できます)







蛹になる準備として、残り少ない茎にかじりついていました。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/19



 | ホーム |  次のページ»»