FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


モンキチョウの追いかけっこ

モンキチョウの♀が♂を追いかけていました。
♂が求愛するものと思っていましたが・・・

もしかして、しつこい♂に怒った♀の姿でしょうか。^^;

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29(拡大表示できます)







7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)







7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)







7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)


スポンサーサイト



富士山麓のタテハ

ウツギにミドリヒョウモンヒメキマダラセセリが数頭吸蜜している場所を見つけました。

2種のツーショットです。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング





2頭のミドリヒョウモンが写る予定でしたが、1頭が画角の外へ・・・orz
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/6/29(拡大表示できます)





道路で吸水するウラギンヒョウモン
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)





ウラギンヒョウモンも数頭いましたが、単発しか撮れませんでした
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29(拡大表示できます)





同じく路上でキベリタテハを発見
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)





残念ながら越冬個体なので、黄ベリと言うより白ベリでした。^^;
でも逢えると嬉しい蝶です。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)


ルリシジミの産卵

ミヤマシジミのポイントで、ルリシジミが産卵しているのを案山子さんが見つけてくれました。

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)







ヤマハギでしょうか、花芽に産卵を繰り返していました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)






ミヤマと違い、ちゃんと卵が付いていました。^^)
嬉しい初見初撮りです。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)


ミヤマシジミ

案山子さんを誘って、富士山麓へ出かけてきました。

天気予報では、山梨は晴れ。
小雨降る中の出発となり、本当に山梨は晴れているのか心配でしたが、現地に近づくにつれ雲が少なくなり、到着時は晴天。
これで蝶もたくさん飛び出すだろうと期待が高まります。

しかし、時期的に、ちょっと早すぎた感じ。
狙っていた蝶は撮れませんでしたが、今季初のミヤマシジミは撮影することができました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)





♂が2頭、同じ花で吸蜜。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)





シャッタを押す直前に飛び上がってくれた♂。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング





♀が産卵しているのかと思いましたが、こんな場所に産卵するわけないですよね。卵を探してみましたが、見つかりませんでした。^^;
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)





↑と同じ♀。
白い縁毛が揃っていて、また奇麗な個体。
前翅が緑色に妖しく光り、後翅には青い鱗粉が少しあります。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/29(拡大表示できます)






魚眼で♂を。
手前のV時の葉っぱが・・・orz
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/6/29(拡大表示できます)






案山子さんがヒメシジミ♀を見つけてくれました。
ミヤマと比べて、黒い斑紋が違います。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/29 トリミング(拡大表示できます)


ウラナミアカシジミ

チョウアカのポイントからキマルリのポイントへ移動の途中、トイレ休憩のため立ち寄ったパーキングエリア。

何本かナラカシワの木が目についたので、ゼフがいないかと眺めていたら、少し高い梢で縞々のオレンジ模様を見つけました。

平地ではもう終わりのウラナミアカシジミ
北国では出始めたばかりのようで、奇麗な個体でした。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)







別のは裏にも別個体が。
後翅付け根が上にえぐれている個体。
少し遠目で葉陰だったため、見つけた時は交尾個体と見間違えて「ウラナミアカの交尾だ!」と叫んでしまい、他の4人に迷惑をかけてしまいました。ゴメンなさい。^^;
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)


チゴモズ

キマダラルシシジミを撮影している時、daronさんが「変わったモズを撮影した」とカメラのモニタでその写真を見せてくれました。

そこに写っていたのは、頭が銀色のモズ。
そうチゴモズです。
高校時代に見て以来、撮影できないでいた野鳥。これは撮りたい。

まだその辺にいるはずということで、当たりを見渡していたら、飛び出すモズの姿が。

30mほど先の木の上に止まったので、ピントを合わせてシャッタをきると直ぐに飛び去ってしまいました。

モニタを見ると何とか写っており、初撮り成功。
daronさん、ありがとう!

7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)






7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)


初見初撮りキマダラルリツバメ交尾

我々よりも早く来ていた千葉のカメラマンが、交尾個体を見つけてくれました。
初見初撮りで交尾まで見られるとは、こんな嬉しいことはありません。
3台のカメラで、ジックリ撮影させてもらいました。

まずは、望遠で
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)






次は、マクロで接近。
ハートが2つ並んでいるみたい。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/22(拡大表示できます)






そして、魚眼で更に接近。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/6/22(拡大表示できます)


初見初撮りキマダラルリツバメ

チョウセンアカシジミの後は、キマダラルリツバメを求めて移動。

移動中激しい雨があり「ダメかも」という考えが頭をよぎる。
それでもポイント近くまで来ると雨はすっかり止んでおり、2種目の初見初撮りに期待が膨らみます。

現地では、既に千葉から来られたと言うカメラマンが一人、キマルリを追いかけていました。

初めて見るキマダラルリツバメ♀
思っていよりも小さな蝶だというのが第一印象でした。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)





♂が面白いところに止まりました。
見たところ、♂も♀も奇麗な個体。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング




チョウセンアカシジミ同様、そこそこ撮影できると次は開翅が撮りたくなるもの。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)





チョウセンアカシジミと違い、秘密兵器をつかったら、あっさりと翅を開き始めました。^^)
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/22トリミング(拡大表示できます)






OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/22トリミング(拡大表示できます)






別の場所で開翅している個体を発見。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2014/6/22(拡大表示できます)





この個体は少し擦れているのが残念なところ。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)


初見初撮りの蝶を求めて1

初見初撮りの蝶を求めて、北国への遠征です。

関東は雨の予報。
でも北へ行くほど雨は回復傾向ということを信じて、ダンダラさんの車に便乗させてもらい、midoriさんdaronさんと4人で北上。現地でHOUNOKIさんと合流。

移動中降り続いていた雨は、現地に着くと、傘がなくても我慢できる程度の小雨となっていた。

カメラにかかる雨粒を気にしつつ散策を開始すると、直ぐにその蝶は見つかりました。

初見初撮りの嬉しいファーストショット。
チョウセンアカシジミです。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)






5人の目で探したところ、次々と見つかります。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)






20頭まで数えたところでやめました。
恐らくその倍以上いるのではないでしょうか。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)






ウラギンヒョウモンもちらちら飛んでおり、「あっヒョウモンだ。撮ろうかなぁ」なんておしゃべりしていたら、地元の方が「何?標本?採っちゃだめだぞ」と叱られてしまいました。

地元の方達が保護されているのが実感できて嬉しい気持ちでした。
当然、「標本、採る」の誤解は納得してもらいました。^^;
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)





桑の実に止まるチョウアカをHOUNOKIさんが見つけてくれました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)






さらに水滴とのツーショットチャンスもHOUNOKIさんが見つけてくれました。
もうちょっと横を向いて欲しいところでしたが・・・
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)





初見初撮りの感激が徐々に過ぎて行くと、欲が出るもの。
次は開翅が撮りたい!
でも、雨は止んだが曇り空。
秘密兵器をつかっても、ほとんど効き目なし。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22(拡大表示できます)





時間帯の問題だったのか、しばらくするとあちこちで開翅する個体が出始めました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)





全開翅までは見られませんでしたが、オレンジの美蝶をこれだけ撮影することができて、大満足!

ダンダラさんはじめみなさんに感謝です。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/22 トリミング(拡大表示できます)


ツバメシジミの産卵

シロツメクサの上を飛回るツバメシジミ♀を見つけました。
止まった姿を見ると、白い縁毛が奇麗に揃っている新鮮個体。

シロツメクサに止まったところを1枚。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/6/21 トリミング(拡大表示できます)






直ぐに奇麗な表翅を見せてくれました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/21トリミング(拡大表示できます)






しばらく見ていたら、シロツメクサの花に産卵を始めました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/21トリミング(拡大表示できます)






その後、アカツメグサにも
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/21トリミング






花芽の奥に産みつけられた卵も撮影。
花芽をかき分けた時に卵が花びらから剥がれてしまい、卵の裏(緑色部分)が見えるようになりました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/6/21トリミング(拡大表示できます)



 | ホーム |  次のページ»»