FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


中国のマンホール#61

先日中国に行ってきた息子が撮って来た写真の中にマンホールがありました。

このブログでも60種のマンホールを紹介してきましたが、もともとは、この息子が小学校のころに、夏休みの課題として撮り集めたのが切っ掛けでした。
それから更に撮り集めたものを私がブログの記事にしていることから、旅行先でマンホールを撮って来てくれたようです。

このブログとしては、初の海外マンホール。^^)

中国は、銀川市のマンホールです。
リコーCX4(拡大表示できます)


ジャノメチョウの卵 初撮り

自力ではありません。
ごまさんが3週間かけてようやく見つけたものを見せてもらいました。

ジャノメチョウの産卵は独特で、食草に産みつけるのではなく、付近に産み落とすようです。
その様子をごまさん日本チョウ類保全協会のブログで紹介しているので、是非ご覧下さい。

産み落とされた卵の入ったビニール袋。
卵が転がるので、袋を持ち上げて下からの撮影です。^^;
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/8/31(拡大表示できます)






ビニール越しのジャノメチョウの卵だけでは寂しいので、同日に見つけたキタキチョウの卵を。

ネムノキの新芽にたくさんついていました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/8/31



ダイミョウセセリの卵 初撮り

ギンイチミヤチャ卵が撮れたので、プチ遠征先からマイフィールドへ移動。

車を止め 歩き始めて直ぐに、落ち着きのないダイミョウセセリを発見。どうやら産卵場所を探しているようです。

しばらくするとオニドコロの葉に止まって産卵を始めました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/9/6(拡大表示できます)






翅を全開にしての産卵なので、正面からだと分かり難い。
「飛び立たないで」と願いながら、急いで横から撮影。

葉っぱにお尻が潰れるほどくっ付けています。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/9/6(拡大表示できます)






飛び立った後の葉を見ると、茶色いシミがあるだけ。
白くてツルんとしたミヤチャ卵を見た直後だっただけに、疑似産卵だったのではないかとガッカリしながらも、メガネを外して葉っぱに目を近づける。
すると、もじゃもじゃした塊が2つ・・・

ダイミョウセセリの卵が他のセセリと違うということを初めて知りました。
嬉しい初撮りです。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/9/6(拡大表示できます)




アカシジミも似たような卵ですが、アカシジミはコナラの葉毛を集めてカモフラージュするようです。

オニドコロの葉はツルツルなので、お尻の毛を擦り付けているのでしょうね。

ミヤマチャバネセセリの卵 初撮り

久しく見ていないギンイチモンジセセリを見たいと思い、一人でプチ遠征。

イチモンジセセリミヤマチャバネセセリウラナミシジミたくさん飛び交っている。

葛の葉上で開翅しているミヤマチャバネセセリ
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/9/6(拡大表示できます)






この3種に比べると、ひよわな飛び方をするギンイチモンジは直ぐに分かるはず。すると、ゆっくり目に飛ぶセセリが足下を飛び過ぎた。
お!と思ったが、どうやらギンイチではないような・・・

よく見ると産卵場所を探すミヤマチャバネセセリ

見ていると、ススキの葉に止まったかと思うと直ぐに次の葉に移動する。それをずっと繰り返してばかりで、産卵してくれないのかと思っていたら、止まっていた葉を見ると白い卵がついていました。

ミヤチャ卵は初撮りです。^^)
大福のようですね。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/9/6(拡大表示できます)





産卵時間がとても短いのですね。
産卵シーンを狙おうと思いましたが、結局撮れませんでした。orz



で、目当てのギンイチモンジは1頭だけ出てきてくれました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/9/6 トリミング


撮りたかったタマムシですが・・・

マイフィールドにもタマムシがいることは、案山子さんから聞いていましたが、私の前にはなかなか出てきてくれません。

先日、車から降りて歩き始めた時に、路上に緑色に輝く平なものを見つけました。

近づいてみると、潰れたタマムシが・・・
もう時期外れということもあるとは思いますが、生きているタマムシを撮りたいものです。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/8/31(拡大表示できます)



たくさんのアリハチに夢中で、タマムシには見向きもしません。
蜜を吸うハチの方が美味しいんでしょうね。


ムラサキツバメ

最寄りの公園で、気になっていたマテバシイのひこばえをチェック。

食痕のある若葉を覗くとアリを従えたムラサキツバメ幼虫が、あっけなく見つかりました。

リコーCX4(拡大表示できます)





こっちでも2匹のアリを従えた幼虫が。
リコーCX4(拡大表示できます)





ムラサキツバメの幼虫は、白い顔をしているのですね。
顔の写真は初撮りです。
リコーCX4





幼虫を探していたら奇麗な個体の成虫♂が1頭、マテバシイに止まっていました。
リコーCX4(拡大表示できます)





帰って来てからアップの写真を見たら、後裏翅に瑠璃色の斑紋があることに気づきました。
考えてみると、今まで撮影してきたのは越冬個体ばかりで、新鮮個体は初めてかも。
ブルーの部分をマクロで撮りたいところです。
リコーCX4(拡大表示できます)


息子の写真

中国で息子が撮影してきた写真を少しだけ紹介します。

砂漠の緑化に取り組む研究ということで、テンゲル砂漠での研修。
砂漠と言っても思ったより緑が多い場所のようです。

リコーCX4(拡大表示できます)





こんなトカゲを捕まえて遊んでいたようです。
リコーCX4(拡大表示できます)





砂漠のオアシス。
リコーCX4(拡大表示できます)





水面が鏡のようで奇麗。
行ってみたくなりますが、蝶がいそうもないところが・・・
リコーCX4(拡大表示できます)





博物館に行ったらしく、私のために数少ない蝶の標本を撮って来てくれました。^^)

ミヤマシジミとヒメアカタテハの中国版でしょうか。
リコーCX4





モンキ?とモンシロ?とモンオレンジ? ^^;
リコーCX4





砂漠には崖などはないと思いますが、ツマジロウラジャノメもいるのですね。
リコーCX4(拡大表示できます)


羽田国際線ターミナル

大学の研修で中国に出かけていた息子が帰って来る日。
21:30羽田着の予定であったが、北京からの息子のメールで飛行機の出発が遅れているという。

最終の電車に間に合えばいいがと思っていたが、22時過ぎに羽田のHPで飛行機の到着予定時刻を確認すると、00:18になっている。
仕方ない、車で羽田まで迎えに行くか。

ということで、夜中、湾岸高速を飛ばして羽田国際線ターミナルまで行ってきました。^^;


到着ロビーに着き、到着予定時刻を確認すると 0:18 のまま変わらず。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






時間があったので、ターミナル内を一回りしてみることにしました。

このターミナルに江戸の雰囲気を味わえるフロアが出来たことを少し前のニュースで知り、機会があれば見て見たいと思っていたところ

それは、出発ロビーのひとつ上にありました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






真夜中なのでお店は閉まっていて、人通りも少ない。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






この大きな木製の橋は、羽田日本橋。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






なかなかよい雰囲気です。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






橋を渡りきると江戸時代の甲冑が3体飾られていました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






そこから展望フロアに向かう途中に、羽田に乗り入れている航空会社の飛行機デザイン展示コーナが。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]






展望台も人が少なく、ゆっくり飛行機を眺めることができました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 12-50mmEZ]





人混みが苦手な人は、夜中が狙い目ですね。^^;

飛行機の到着は、0:18 でも、荷物を待ったり、入国低続きしたりと、結局帰路についた時は、0:50でした。orz


««前のページ  | ホーム |