FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ミドリシジミ

ようやくマイフィールドでミドリシジミが出始めました。

関西に戻らなければならないこの日、午前中の時間制限の中、マイフィールドへ。
アカウラナミアカウラゴマはかなり前から出ているようで、そこそこの個体数。
残り3種を期待してそれぞれのポイントを3周したが、見当たらず。
途中、Tさんと合流して、ヒオドシの蛹、ジャコウアゲハの幼虫、卵、イチモンジチョウの卵を確認。

そろそろ時間切れというところで、ミドリのポイントで何かを撮影している2人のカメラマンが・・・
そこには、ブルーに輝くミドリ♂がいました。^^)

短時間でしたが、綺麗な輝きが見られてラッキーでした。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/25(横方向の写真は、拡大表示できます)

















スポンサーサイト



アカシジミ

今週末、所用があり横浜に戻ってきました。
すでにあちこちでゼフの記事が出始めているので、期待して朝早くマイフィールドへ。

例年であれば、アカシジミをで始める時期で、必死に探さないとならないのですが、既に一週間前から確認されていることもあり、ポイントに着くと、下草のあちこちに止まっていました。

ハルジオンの蕾で休憩する個体を見つけました。

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23






少し日差しがアカシジミに当たり出したら雰囲気の違う写真に。





魚眼で撮るとこんな感じ。
E-P3 [LUMIX G 8mm Fisheye] 2015/5/23(拡大表示できます)






OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23






逆光気味に
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23(拡大表示できます)






和風な感じで
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23




これも魚眼で撮るとこんな感じ。
E-P3 [LUMIX G 8mm Fisheye] 2015/5/23(拡大表示できます)





まゆみの花も好物らしい。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23(拡大表示できます)


久しぶりのシルビア

今日は朝からいい天気、今日も朝早くから目が覚めてしまったため、カメラを担いで大阪城公園へ。

カメラマンが少なかった昨日と比べ、今日は朝早くにもかかわらず、そこそこの人数。
しかし、肝心の鳥が・・・
園内を1周半して音楽堂西上の通路に来た時、数人のバーダーが森の中を見つめている。
「何がいるのですか」と尋ねるとコルリが鳴いていたという。

コルリは未見の鳥で、この鳥を求めて何度もここに来ていたわけで、よやく初撮りができると、膨らむ期待を胸に森の中を見つめる。
しかし、何の動きもない。
集まっていた人たちが徐々に減っていく。
諦めようとした時に、コルリの綺麗なさえずりが・・・
おぉ!どこだどこだ。鳴き声は大きく聞こえるものの、動くものは見えない。
バーダーがまた多くなるも、これだけの目があってもコルリは見つからず。

いきなり「テッペンカケタ」とホトトギスの鳴き声。
バーダーが一斉に鳴き声の方へ。

みなさんコルリは撮影済みのようで、ホトトギスの方が魅力のよう。
私はコルリに必死。
でも、そのうち、さえずりもしなくなり・・・orz


ということで、野鳥は早々に諦め、シルビアシジミのポイントへ。

4月中旬から何度も行っているが、毎回見つけられなかった。
シロツメグサの花はもう終わりかけており、アカツメグサがたくさん咲いている。
しかし飛んでいるのは、数頭のモンキチョウ

以前、一番たくさん見られたポイントは、一部がコンクリートブロックが埋められて、すっかり様子が変わっていたので、がっかり。

やっと見つけた小さな蝶はベニシジミ1頭のみ。orz
こんなにいい天気で花も咲いているのに、蝶が全くいないなんて、どうしてだろう。
と、諦めて帰りかけた時、足もので小さなグレーの蝶が・・・

かなり痛んだ個体ですが、何とかシルビアシジミ♀を見つけることができました。
結局見つけたのは、この1頭だけ。
秋にたくさんのシルビアに会えることを願いながら帰路につきました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/4/17(拡大表示できます)

















2度目のサンコウチョウ

すっきりしない天気。
午前中は小雨予報だったので朝はゆっくり。
雨も上がり、少し明るくなってきたので、大阪城公園に向かいました。

最初に向かった市民の森で数人のカメラマンが樹上を眺めているので、何がいるのか聞いてみるとサンコウチョウ♀だという。
しばらく上を見上げていたが、動きがないので諦めて豊国神社裏を目指してあるいてたら、反対方向から長いレンズを携えたカメラマンが一人。
「何かましたか?」「だめだね。カメラマンもいなくて静かなものだよ」
この人は、これから私が回ろうとしているコースを歩いてきたらしい。ということは、今日は期待薄?もう渡りもおわり?

その人の言葉通り、天守閣~飛騨の森を回っても、鳥もカメラマンもいない。ToT)
仕方ないので、サンコウチョウ♀がいた市民の森に戻ることに。

幸い、まだカメラマンが樹上を眺めていました。
しばらくみていると、ちょこちょこと動く影が・・・

曇り空の森の中。
撮影条件はよくないですが、とにかく証拠写真だけでも思いとったら、虫をくわえたシーンも写ってました。^^;

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/16横長写真は、拡大表示できます)



















5/1のミドリシジミ幼虫

連休で横浜に戻ったとき、マイフィールドに行く時間ができたので、ミドリシジミの様子を見てきました。

フライングして木から降りる個体を期待したのですが、幼虫は皆 葉餃子の中。
1頭だけ葉上を移動している幼虫を見つけました。
今頃は、もう蛹になっているのではないでしょうか。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/1横長写真は、拡大表示できます)







ごまさんの車が止まっていたので、連絡して合流。
一緒にいたTさんがオオミドリシジミの幼虫を見つけたというので、教えてもらいました。

オオミドリシジミの幼虫は、実は初撮り。
Tさんに感謝です。^^)





脱皮殻があるということは、終齢幼虫になったばかり?
体長11mmでした。




鳥リスト161~170


161 スズメ目:カササギヒタキ科:サンコウチョウ(三光鳥)

01 02 03 04



162 スズメ目:ウグイス科:ヤブサメ(藪雨)

01



163 スズメ目:ウグイス科:オオムシクイ(大虫食)

01



164 スズメ目:ツグミ科:ノゴマ(野駒)

01



165 スズメ目:ヒタキ科:ムギマキ(麦播)

01 02



166 スズメ目:ヒタキ科:ニシオジロビタキ(西尾白鶲)

01 02



167 カモ目:カモ科:シノリガモ(晨鴨)

01



168 カモ目:カモ科:アメリカコガモ(米国小鴨)

01



169 スズメ目:ホオジロ科:ユキホオジロ(雪頬白)

01



170 スズメ目:ツリスガラ科:ツリスガラ(吊巣雀)

01


休日は、朝早く目覚めてしまいます。

忙しい日々が続いているので、休日はゆっくり体を休めたいところですが、そんな気持ちとは裏腹に、カメラを持って出かけたいという気持ちが強いためか、休みの朝は早く目が覚めてしまう。

目が覚めた出かけようと、昨夜は0時半ごろ 目覚ましをかけずに眠ったが、5時過ぎには目が覚めてしまった。^^;
外を見ると小雨が降りそうな愚図ついた空。
「今日はゆっくり寝ていよう」と、布団に戻ってももう寝付けない。
だったらしょうがいない、起きて出かけるか!

ということで、大阪城公園へ。
お目当は、コルリノゴマ

7時過ぎでも多くのカメラマンがいた前回と違い、今日は少ない。
キビタキがあちこちで鳴いているが、お目当の鳥は見当たらない。
というかカメラマンが集まっていないと見つけられないのが正直なところ。^^;

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/9横長写真は、拡大表示できます)











城内を一回りして、飛騨の森を歩いていた時、キビタキよりも少し大きめの鳥が暗がりの枝にとまるのが目に入ったので、1枚。

すぐ飛ばれてしまったため、肉眼では何か確認できなかったのですが、モニタで確認すると、水色のアイリングがくっきり!
それは、嬉しい初撮りとなるサンコウチョウでした。
が短いので♀だと思います。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/9(横長写真は、拡大表示できます)





ブログ大阪城公園の野鳥」の5/8の記事ではまだサンコウチョウは書かれていないので、今日が初日のよう
気がつけば、ここの常連さんたちがたくさん集まり始めていました。
みなさん、この鳥がお目当だったようです。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/9(拡大表示できます)











複数羽入ってきているらしく、天守閣東配水池でも出ているというので移動すると、たくさんのカメラマンが樹上を見上げているところでした。
2分も経たずに現れたのは、長い尾が立派な♂でした。






初撮りの嬉しさで、たっぷり撮ってきたのでたっぷりアップします。




















これは、連写合成です。
左に飛ぶかと思って構えていたら、予想外の右下でした。^^;



アゲハ類3種

アオバセセリが姿を消してる間は、ナガサキ、クロ、アオスジのアゲハ3種が現れて、楽しませてくれました。

ナガサキアゲハ♂
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/1(拡大表示できます)




















クロアゲハ♂
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/1(拡大表示できます)





















アオスジアゲハ
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/3(拡大表示できます)














リベンジ

アオバ・リベンジのために、再度早起きして行ってきました。

2日前 7時半に到着後直ぐに出てきてくれたので、今回も同じ時間帯に到着。天気も前回と同じ晴天。
出てくるの待つだけ。

10分、20分、30分、 1時間たっても出てこない。
蝶だけでなく、カメラマンも誰もこない。(-_-;
もしかして最悪のパターン?? 

一人ぼっちで待つこと2時間。
やってきたのは、ヘルメット姿のT君でした。^^;

今日はダメかも、なんて話をしていたら、やっとのこと出てきてくれました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/3(拡大表示できます)






2日前と違い、出てきても短時間で吸蜜を終えて何処へ。
4回しかチャンスはありませんでしたが、なんとか4カットだけ飛翔を撮ることができました。

また、来年 楽しませてもらいたいものです。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/3(拡大表示できます)

















アオバとナガサキ

連休で関西から戻ってきて早々、ちょっと早起きして神奈川のアオバセセリの有名ポイントへ行ってきました。
一番乗りかと思いきや、久しぶりにお会いするはばたきのFavoniusさんがスタンバイしてました。
もう既に撮影されたとのこと。
談笑しながら待っていると、直ぐに現れてくれました。

その後、Kさんが、Tさんが、otto-Nさんがやってきて楽しい撮影会になりました。
お昼になり、撤収したAkakokkoですが、帰ってきて写真をチェックして後悔しきり。
薄暗い日陰での吸蜜だったため、色もピントもいまいちの写真ばかり。飛翔も狙いましたが、ほぼ全滅。(ToT)
もっと粘って撮影しておくべきでした。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/1(拡大表示できます)

















アオバセセリが姿を消している休憩時間、ハコネウツギの花にナガサキアゲハ♂が吸蜜にきてくれました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/5/1(拡大表示できます)











 | ホーム |