FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


東信遠征2

ウスイロのポイントで最初に出てきたのはこの子でした。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25







おの短さからエゾミドリと判断しました。
どうでしょうか?






笹の上にウスイロの登場。






おとなしい個体で、じっくり撮ることができました。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/25







この周辺一帯は、蝶種が豊富でとても楽しい。

サカハチチョウ
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25








コムラサキ







エルタテハ







シータテハ







アサギマダラ







アカタテハ







ヒオドシチョウ







ギンボシヒョウモン


スポンサーサイト



東信遠征

midoriさんと東信遠征に行ってきました。
それぞれ北と西に単身赴任中の身。
タイミングを合わせて横浜に戻り、いざ出陣。

真っ先に向かったのは、アイノミドリのポイント。
到着したときは、テリ張りの後半戦といった時間帯。

4~5m先の枝先でのテリ張りは、ちょっと遠い。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)







すると1頭が飛んできてすぐ近くの笹の上に止まってくれたが、残念なことにメスだった。







midoriさんが「ブルーが見える」といっていたが、撮影しているときはO型にしか見えなかった。
写真を見ると確かに青い鱗粉が見える。
限りなくO型に近いB型か?
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/25







しばらくすると、目の前に2頭が飛んできて、♂が激しく求愛するシーンが始まった。しかしよく見ると、雄どおし。^^;
活動時間が終わる10時に近い時間帯。
血気盛んな♂が見境が無くなっているのでしょうかね。あまりにも突然だったため、2頭が並ぶ1シーンしか撮れませんでした。orz

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)







綺麗な個体もいれば、かなりすれた個体も。











ウスイロオナガのポイントに移動する途中、アイノミドリが飛んでいるのを見つけたので、車を止めてチェック。

しばらくすると、給水のために1頭が目の前の笹に降りてきた。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)







給水中は開翅は無理かと思っていたら・・・







アイノミドリの開翅をこんな間近で見るのは初めてなので、大感激!
後で写真を見て、もうちょっと絞って撮ればよかったと後悔です。
また来年、リベンジしよう。








南禅寺

美トンボは撮れたけど、そのあとはノープラン。
せっかく京都に来たのだからお寺巡りでもしてみるかと、いくつか回ってきました。平日ということもあり人が少なく、ゆっくり鑑賞できたのがよかった。

魚眼で撮影した南禅寺をどうぞ。

どでかい南大門。大きさに圧倒されます。
E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2015/7/21(拡大表示できます)







上にもぼることができるのですね。
拝観料500円でしたが、上から景色を見て見たいと思い、入ってみました。








まるで梯子のような急な階段を登ります。









上には、こんなところから出てきます。








登り切ると、気持ちの良い景色(市内方面)が広がっていました。
上には数人しかいなかったので、人がいない写真が撮れましたが、右下に指が・・・^^;









裏に回ると、本堂がミニチュアのよう。









敷地内に、レンガで作った水路の橋がありました。
なんともレトロな感じです。








橋桁にあるトンネルも面白い。



京都へ

3連休、蝶遠征を目論んでいしたが、あえなく仕事となってしまいました。(ToT) 代わりに平日火曜が休みに。
さてどうしたものかと思案して、京都に行くことにしました。

大阪から京都は、横浜から東京に行くように手軽に行けるので、今度 紅葉の時期に行ってみようと思います。


第1目標だった京都のクロセセリ、4年前の9月中旬に撮影していたので、2ヶ月早いけどいるのではないかと期待して、京都駅から10km先のポイントを目指してレンタサイクルを飛ばします。

道々、芙蓉の花が咲いているのを確認。
クロセセリは芙蓉の花で吸蜜するようなので、期待が高まります。

汗だくになりながら到着。
目的の芙蓉の木を見てみると、まだ蕾で花は咲いていない。
しばらく周りを散策するも、見つけたのはムラサキシジミだけ。orz
せっかくここまで来たのに・・・

こんな時のためのセカンドプラン、トンボ池へ。
ここでは裏切られることなく、ベニイトキイトチョウトンボがたくさん飛んでいました。


ベニイトトンボ
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/21(横方向の写真は、拡大表示できます)







少し見上げる角度から









おとなしかったので魚眼マクロで撮影。
背景がイマイチなのは、ご容赦を。

E-P3 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2015/7/21(拡大表示できます)







キイトトンボ
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/21(拡大表示できます)













チョウトン


遠征失敗

関西赴任の地の利を生かし、ウスイロヒョウモンモドキを撮りにレンタカーで片道2時間半の道のりを飛ばしてきました。

TG-4 2015/7/12(拡大表示できます)







リフトは止まっているので、スキー場のゲレンデをひたすら登り、左側の山頂を目指します。



飛んでいるのは、ほとんどがウラギンヒョウモン。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/12(拡大表示できます)








山頂まで来てもおめあての蝶の姿はなく・・・

山頂の熊笹の上をブルーに光る小さな蝶が飛んでいるのが目に入りました。

痛ましいほど擦り切れたオオミドリ








輝きの片鱗はありものの・・・






2~3週間前の姿を見たかった。







あざみの花には、ヒメキマダラセセリ








4年前はたくさんいたので、簡単に見つかるだろうと思ったら大間違い。結局、おめあての蝶は、看板の姿しか撮れませんでした。orz
TG-4 2015/7/12(拡大表示できます)






同じ目的で来ていた年配のご夫婦もまだ見つからないという。
蝶ではないが、シナの大木があるというので案内してもらった。






比較対象がないので、大きさのイメージが伝わりにくいですが、幹の太さは、おおよそ大人5~6人いないと取り囲めないほどの太さ。

写真だと明るく写ってますが、実際はもう少し薄暗い感じで、パワースッポットのような雰囲気のある大木でした。








別の場所で、久しぶりのサカハチを撮影。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/12(拡大表示できます)








帰りには道の駅に寄り、野菜を調達。^^;
TG-4 2015/7/12








3週間前の遠征でも事故に遭遇しましたが、今回も。
トンネル手前の追い越し車線が現場。4台の玉突き衝突でした。



斑紋が足りないルリシジミ

2ヶ月半ほど前、マイフィールドでアカシジミがで始めた頃に撮影した地面で吸水するルリシジミです。

撮影中はなんとも思わなかったのですが、帰ってからMacのモニタに写った写真を見て、なんとなく違和感を感じました。

ルリシジミだけど後翅の黒斑の並びがヤマトっぽいと思いませんか?

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/5/23(拡大表示できます)



 | ホーム |