FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


今日は寝て曜日

どうにか休めた日曜日。
仕事疲れで遅くまで寝てました。^^;

遠出もできないので、近くの昆虫館にでも行ってみようかと思ったが、暑い時期に温室に入るのもなんだかなぁと。
そこで、先週と同じ近場のシルビアへ。

暑いせいか蝶影は少なく、モンキチョウだけは元気なようです。

OM-D E-M5 [ED 40-150mm] 2015/8/23(拡大表示できます)







卵もありました。
TG-4 2015/8/23(拡大表示できます)















シルビアは、いつもの場所では姿がなく、別の場所へ。
そこで飛んでいるシジミチョウを発見。


止まった姿を確認すると、ヤマトシジミでした。
OM-D E-M5 [ED 40-150mm] 2015/8/23(拡大表示できます)








何頭か飛んでいるので別の個体が止まるのをまって確認したら・・・







上の写真のヤマトと同じような大きさだったので、ヤマトだろうと思ったら、お目当てのシルビアシジミでした。







こちらは、一回り小さくシルビアらしい個体。




暑いので、4~5頭確認し早々の引き上です。

スポンサーサイト



新しいレンズで

ちょっと出かけて撮るのに328は大きすぎる。
60mmマクロや魚眼では接近しないといい感じに撮れない。
で、中望遠レンズを買っちゃいました。

試し撮りは、シルビアシジミ。


暑さのせいか、確認できたのはすれた2頭だけ。
端境期かもしれません。

食草のシロツメクサで吸蜜する♀。
OM-D E-M5 [ED 40-150mm+MC-14] 2015/8/15(拡大表示できます)







こちらも食草のヤハズソウで休憩する♀。


ベニヒカゲ

北海道産しか見たことのないベニヒカゲを撮りたくて、涼しいところに行こうと妻を口説いて出かけてきました。

道路脇に群がるベニヒカゲを見つけたので、車を止めて撮影。
北海道では集団を見ることがなかったので、嬉しい本州産初撮りです。

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/12(拡大表示できます)






TG-4 2015/8/12(拡大表示できます)






周りに花が咲いているのに、吸蜜する個体はゼロ。
♂ばかりなので、仕方ないのかも。

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/12(拡大表示できます)




















吸蜜シーンも撮りたいので場所を移動。
種々の高山植物が咲いていましたが、その中で4種の花での吸蜜シーンが撮れました。
白い花は人気がないようです。

一番多く吸蜜が見られた花は、黄色いアキノキリンソウでした。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/12(拡大表示できます)








アキノキリンソウに次いで多く見られたのは、ハクサンフウロ。








マツムシソウは、この1回だけ。







ノアザミもこの1回だけ。







木道の下に落ちていた皮の携帯ケースにはたくさん。







笹の上にいるのは♀でしょうか?













ノダケにキアゲハの幼虫を発見。


60mmマクロでカワセミ

マイフィールドでキイトトンボも出ているというので、池の周りを探すも、目に入るのはシオカラトンボばかり。

カワセミの幼鳥がいるというので見ていたら、近い位置にある杭の上に飛んできた。300mmであれば、かなり大きく撮れる距離。
でも手元にあるのは60mmマクロだけ。orz

とりあえずという気持ちでレンズを向ける。
杭の上から池の中を伺っているので、あばよくばだいぶシーンをと思い、シャッター半押しで飛び出すのを待つ。

「幼鳥はなかなか飛び込まないよ」とMさんが言う通り、一向に動く気配はない。
それでも粘った甲斐があり、なんとか撮れました。

そのままでは豆粒写真なので、トリミング連写合成です。

狙いをすまして、水中へ。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/11(拡大表示できます)







獲物を捕らえて、ロープの上へ。
往復10連写。





獲物はめだかでしょうか。
幼鳥なので胸元が黒く、大きさも一回り小さい感じ。


美麗蜂

マイフィールドでミドリセイボウがで始めたので行ってみました。
いつもよく見る場所には出ていないようで、出ている場所をタケクンさんに教えてもらってなんとか撮れましたが、日陰だったためブレ写真連発。
お恥ずかしい証拠写真を1枚。^^;

OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/11







もう一つの青いハチ、ルリモンハナバチの撮影も頑張ってみましたが、急蜜する花が風で揺れるため、60mmマクロでの撮影は全滅でした。orz

コンデジでなんとか証拠写真1枚撮れました。

TG-4 2015/8/11







ハチorガの幼虫?
コナラの葉が凄い状態になってました。






反対側は・・・ブルッ






こんな写真で終わるのも何なので、シジミチョウを2つ。

大きなルリシジミ♂でした。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/11(拡大表示できます)






ウラギンシジミ♂が床板で精力増強?


富士山麓 続き

富士山麓で撮影したその他の蝶です。
ヤマキチョウも撮りたかったのですが、見つけることができませんでした。


第3化目のヒメシロチョウが飛び始めていました。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/9(拡大表示できます)






なかなか止まってくれないので、ピントリングを回しながら連射です。
(連射合成)












飛びつかれたのか、下草にぶら下がって止まってくれた。






路上に、りっぱな鹿の角が落ちているのを見つけました。
TG-4







そこにルリシジミが飛んできた。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/9(拡大表示できます)











1頭だけなんとか見つけることができたキマダラモドキ。
ゴマ、ヤマキとともに採集者に人気があるのが困りものです。







素早く飛んでいるシジミチョウを発見。
止まったので確認すると、ウラナミシジミでした。







ミヤマシジミも第3化と見られる綺麗な♂が数頭飛んでいた。






魚眼は持ってきていないので、TG-4でワイドマクロを。
なかなかよく写ります。
TG-4


ゴマシジミ

水曜日まで夏休みを取ることができたので、ゴマシジミを撮りに富士山麓へ行ってきました。

最初のポイントには10台ほどの車が止まっており、大きな網を持った人々がたくさん。こりゃダメだ!
ともう一つのポイントへ。
ここにも数台の車があり、数人のネットマンが・・・

カメラをぶら下げたご夫婦がいたので、話しかけてみると、なんとゼフの時期、マイフィールドで会ったことのある人でした。
ゴマシジミは、1頭見たけど飛ばれてしまったとか。
これだけネットマンがいたのでは、今日はだめかなぁと半分諦め気分で探索開始。

直ぐに飛んでいる個体を発見するもロスト。orz
気をとりなおして、ロストした方に行ってみると・・・視界に入ってきたのは、なんと交尾個体。@o@)

今季初ゴマシジミが未見の交尾個体だなんて、ドキドキしながらまずは望遠で撮影。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/9 トリミング








交尾しているから寄っても大丈夫だろうと、マクロに切り替えて近づき、撮ろうとした瞬間 飛ばれてしまい、交尾も解消。ToT)
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/9








飛ばれてしまったけど、いきなり交尾の初撮りができたので大満足。
別のポイントへ移動しようと車を走らせ始めた時、止まってる車の向こうで携帯で話し込んでいる人。見覚えのある後ろ姿。
なんとマイフィールド仲間のFさんでした。

ゴマシジミを撮りに来たけど詳しいポイントが分からず、ごまさんに携帯で聞いていたところだというので、車を降りてさっきの場所へ。

直ぐに1頭見つけて撮影することができました。^^)
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/9(拡大表示できます)







ごまさんTさんと一緒に近くに来ているというので、合流しようと2人のいる場所に向かう途中、ところどころにゴマシジミが。
あれだけ多くのネットマンがいたので、ほとんど見られないのではないかと思っていたのでちょっと意外な感じ。
すれた個体が多かったので、採取対象にされなかったのかもしれません。

産卵が多く見られました。
こんな小さな花芽にも産みつけるのですね。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/8/9(拡大表示できます)






これって誤産卵?
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/8/9(拡大表示できます)






どう見てもワレモウコウではないですよね。^^;
花芽の隙間がないためか、結局産み付けられなかったようです。


東信遠征4

この遠征の最後はミヤマモンキチョウ。
心地よい風のなのか、天気も良く、たくさん飛んでました。


♂を追いかける♂
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)







スジグロシロチョウに求愛される?♀






あちこちで求愛の追いかけっこが見られました。
♂は普通のモンキチョウのようです。

































産卵シーンも撮れました。







遠くには富士山も


東信遠征3

この週末、鈴鹿のキリシマミドリに行く予定でしたが、所用で横浜に帰ることになってしまいました。

なので、先週の写真の続きです。

ゼフポイントは蝶種が豊富でしたが、コヒョウモンモドキのポイントは、蝶が少ない。
ヒヨドリバナはたくさん咲いているが、吸蜜している蝶がほとんどいない。

遠くのヒヨドリバナで吸蜜しているヒョウモンらしき蝶が見えたので、1枚撮影してモニタで拡大して確認してみる。
幸運にもコヒョウモンモドキが写っていた。^^)

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)













結局見つけられたコヒョウモンモドキは、この1頭だけだった。







OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/25






 TG-4 2015/7/25








一瞬、何かと思ったら、擦れてナミが無くなったヒメウラナミジャノメでした。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2015/7/25






次は、山道を上がってミヤマシロチョウを。
この蝶もなかなか見つからない。
midoriさんがアザミで吸蜜する個体を見つけてくれました。

ミヤマシロチョウは初見初撮りだったので、すれた個体でも嬉しい。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/7/25(拡大表示できます)



















下山中、これまた初見初撮りのフタスジチョウ。
すぐに飛ばれたため、いい写真は撮れなかったけど、感激です。














卍をしているシジミチョウを発見。
ここでもゼフかと思ったら、ゴイシシジミでした。

前翅が尖っているので♂でしょうか。















黒点が内と外に寄ってしまったような個体。
♀でしょうか。


 | ホーム |