FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


久しぶりの地元での蝶

久しぶりに横浜に戻り、マイフィールドを散策しました。
キビタキが入っているということで、常連のバーダーさん達が出待ちしてました。

古民家では、収穫した稲の脱穀作業中。
秋の風物詩です。
TG-4 2015/10/25









ベニシジミがまだ元気に飛んでました。
OM-D E-M5+1.4TC [ED 40-150mm] 2015/10/25








ムラタキツバメ♀が1頭。

今年も集合するのかが気になります。

OM-D E-M5+1.4TC [ED 40-150mm] 2015/10/25








キタテハもちらほら。

OM-D E-M5+1.4TC [ED 40-150mm] 2015/10/25







ウラナミシジミが頑張ってました。

OM-D E-M5+1.4TC [ED 40-150mm] 2015/10/25








エノキの葉上には、常連のアカボシ幼虫も。

もう少ししたら下に降りのるでしょう。

OM-D E-M5+1.4TC [ED 40-150mm] 2015/10/25







関西に戻ってきて、駅からの帰り道。

民家の塀に緑の塊を発見。

よく見ると、アオスジアゲハの蛹でした。

TG-4 2015/10/26








すぐ近くには、前蛹が・・・

近くに食樹は見当たりません。遠くから移動してきたのですかね。

TG-4 2015/10/26


スポンサーサイト



キノコ

遠目には、大きな松ぼっくりに見えました。


TG-4 2015/10/24


ノゴマ

流石に4週連続は初見初撮りはなりませんでした。
大阪城公園の秋の渡りもそろそろ終わりでしょうか。

カメラマンは多いけど、鳥は少なめ。
ちらほらと冬鳥も見え始めてます。

本日確認できた野鳥は、ノゴマ、エゾビタキ、コサメビタキ、ジョウビタキ、キビタキ、オオムシクイ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、オオタカ、コゲラ、ヒヨドリ、ハシボソカラス、スズメ、シロハラ?


7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/24(横向写真は、拡大表示できます)











胸板が厚く、マッチョな感じ











さて、何でしょう。
写真だと大きさがわからないからシロハラっぽい。








ノゴマでした。







羽を広げて






シャキーン!






エゾビタキは、かなり近いところまで来てくれた。










嘴が黄色くないけどシロハラでしょうか?



↑と同じ個体です。







オオムシク






鳥撮りの合間、ムラサシジミを見つけました。
集団越冬が期待できそう。



3週連続 初見初撮り

3週連続の初見初撮りに感激。
大阪城公園は、まさに野鳥天国ですね。

今回の初撮りは、ムギマキです。
逆光で高い樹上、撮影条件は非常に悪い。

この写真をカメラのモニタで確認した時は、ほとんどシルエットだったためキビタキかもしれないと思ってましたが、現像するとムギマキの姿が。白い眉斑はありませんが・・・

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/17(横向写真は、拡大表示できます)













その後、下枝にでてきたことで、はっきりと確認でしました。
でも、暗がりで撮影条件は悪いまま。orz
キビタキより、ひとまわり小さい感じ。





















同じ場所には、キビタキもいるので紛らわしい。







ムギマキを撮影する少し前に、近くのポイントにクロツグミが現れました。
このクロツグミが飛んで行った先に、クロツを探しにいってムギマキを見つけた次第。
ラッキーでした。^^)




サメ、エゾ、コサメ

週1日しか休めない日々が続いています。
そんな貴重な休日の半分は、大阪城公園でのひととき。
渡りはまだ続いています。

昼間は観光客でごった返す大阪城公園ですが、朝早いと閑散としています。

TG-4 2015/10/17拡大表示できます)







園内の木々も色づいてきました。









この日は、久しぶりにサメビタキに出会えました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/17(横向写真は、拡大表示できます)











連写合成






飛び立っては、同じ場所に戻るの繰り返し、

連写合成












連写合成












スズメを従えているのは、エゾビタキ。








エゾビの方が飛び出しが遅いのか、飛翔撮影の成功率はサメビより高い。














エゾビの見分け方として「下の嘴が黒い(サメビ、コサメは、半分黄色)」というのがありますが、あれ?黄色い。
嘴の横も黄色なので、幼鳥のようです。









この子はコサメだと思うのですが・・・










初見初撮りノゴマ

巷では3連休ですが、仕事が忙しいAkakokkoは今日だけ休み。
迷わず朝から大阪城公園に直行です。

5日前からノゴマが入っているという情報があったので、うずうすしていたところ。
先週に続き、2週連続 初見初撮りになります。
大阪城公園は、たまりません!

観光客でごった返している天守閣、その裏側では、カメラマンがたくさん。
そんな中、でてきてくれました。

ノゴマ♂
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/11拡大表示できます)







ピンクの喉に目が惹きつけられます。

その喉を見せつけるかのようなポーズを見せてくれました。









ここ常連さんが用意したお立台へ






















苔山の上に置いてあるミールワームを食べ終わると、直ぐに生垣にとんで戻る。
そんな飛翔シーンが半分だけ写ってました。^^;




ヤマガラの面白い姿

渡りではありませんが、ヤマガラも姿を見せるようになりました。
数羽の群れがいたので撮影していると、1羽が面白い姿を見せてくれました。

写真は、④
    ②① の順で撮影した写真をつなぎ合わせてものです。

まん丸ダルマになって、木の枝を登っていく仕草。
幼鳥が親鳥に何かをアピールしているように見えました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/4拡大表示できます)









コサメビタキのホバリング

桜の切り株の上にミールワームを置いて、コサメビタキのホバリングを撮影している人がいたので、おこぼれを頂戴しました。^^;

まずは、近くの小枝に止まってさえずりを披露。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/4拡大表示できます)








ホバリングで、ミールワームにかかっているおがくずを吹き飛ばしているみたい。















お目当てのものを咥えるとすぐ飛び立つ。









先週撮影したコサメ2枚
2015/9/27








こっちはエゾビタキのフライキャッチの連写合成です。









エゾビの飛び立ち








ついでにキビタキ♀も










初撮り鳥2種

秋の渡りがひと段落し、常連さんに言わせると鳥が少なくなったということですが、キビタキ、コサメビタキはまだあちこちで見られ、オオルリも飛んでます。
そんな中、2種も初撮りができました。^^)

かなり前から出ていることは知っていましたが、なかなか縁がありませんでした。

「シシシシ・・・」と虫のような高周波の独特の鳴き声はたまに聞くものの、撮影は初めてのヤブサメ
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2015/10/04(拡大表示できます)






くらい藪のなかをうろちょろ、見失い油断していたら「流鏑馬が水浴びしてるよ」と近くにいたカメラマンが教えてくれたので、目で確認してレンズを向けた瞬間、水浴び終了。orz

それでも近くの枝に止まった姿が撮れました。









右を見て








左を見て








真後ろも見ることができます。








初撮り2種目は、オオムシクイ
ムシクイの仲間はみんな似たような姿なので、私には判別できませんが、周りにいた常連さんがオオムシクイだと。

枝被りしか撮ないまま見失いました。orz




 | ホーム |