FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


淀川

カササギ、白ツグミを撮影した後、ツリスガラ狙いで淀川へ。
でも狙い通りにはいきません。

葦原で餌探ししているのは、オオジュリンばかり。

トリミングしてます。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/3/26(横写真は、拡大表示できます)








頭が黒い夏羽の個体もいました。









水際では、イソシギが餌探し。









チョウゲンボウは上空から餌探し。










行く手には、ヌートリアも餌探し。









タンポポに止まるモンシロチョウは、もう擦れ始めていた。



スポンサーサイト



白いツグミもまだ滞在中

もういないだろうと思っていた白いツグミ。
まだ滞在していました。

前回、地べたシーンしかチャンスがなかったので、今回は木止まりや、飛翔などをと考えていましたが、願いは届かず。orz

トリミングしてます。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/3/26(横写真は、拡大表示できます)






普通のツグミが近寄ってきた。







次は、カワラヒワが。







前回もそうだったが、15~20m先の地面で餌探し姿しか見せてくれない。







唯一のサービスは、徐々に近寄ってきてくれたことぐらい。
で、ここからはノートリです。












正面を向いて近寄ってくるのを見ると、餌をせがんでいる?
でも、ここでは餌付けはしてないはず。
と、5mくらいまできたところでUターンしていきました。






これは、トリミングです。



カササギ再訪

20日前に初撮りしたカササギ
見下ろしの角度だと翼が綺麗なブルーになることを知り、もう一度撮りたくで、プチ遠征してきました。

最寄り駅に着いたのは7時半前。
いきなり松林手前の桜の木に止まるカササギ発見。^o^)/
でもカメラを取り出しているうちに飛ばれました。T_T)

松の樹上で、ヴィギョッヴィギョッと大きな声で鳴くので、何処に行ったかすぐわかる。(鳴き声は主観が入っていますので、あしからず)

トリミングしてます。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/3/26(横写真は、拡大表示できます)






高い松の樹上を飛び回るので、なかなかいい写真が撮れません。







ブルーじゃないけど、少し綺麗な翼が撮れた。







まだ営巣中のようで、しきりに巣材探しをしています。






一度だけ、見下ろし撮りのチャンスが巡ってきた。
でも翼に陽が当たっていないので、ブルーはほんのちょっとだけ。orz







求めていたのは、もっと明るいブルーなんだけどなぁ。
結局、見下ろし角度は、この時が最初で最後でした。






となると、次は飛翔写真。
これがまた難しい。



















巣材探しが続いているので、飛ぶシーンは比較的多く見られるものの松林の中、枝が邪魔するのと暗いのとで、なかなか手強い。







連写したけど、手前に飛ばれたため、この後のコマはAFが追いつかなかったため、掲載できるレベルではなく・・・ orz







撮れた思っても、枝に邪魔されてるし。






飛翔写真は、これが精一杯でした。






カササギを撮影していたら、松の枝の間に広がる青空に、ボロボロのカラスとオオタカのバトルが飛び込んできた。







こんな翼でよく飛べるなぁと思われるほどの姿なのに、オオタカを果敢に追いかけるカラス。
近くで営巣しているのだろうか。














このポイント、白いツグミも健在でした。
それは、次の記事で・・・

ワンドにて

ツリスガラのリベンジがしたくて、再度ワンドへ出かけるも、目的は果たせませんでした。orz
満足なツリスガラが撮れるのはいつになることやら。


まずは、毛馬こうもんで見つけたアメリカヒドリ。
ヒドリガモの群れに1羽だけ混ざってました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/3/21拡大表示できます)トリミング






鉄橋の上にはハッカチョウが。







モズが目の前に現れました。







川のなかから出ている木上に、頭の白いカワウ。







干潟にコチドリ。







足元でちょろちょろと動くものが目にはいったので、確認するとセッカでした。








2~3mの距離なのに、草の中なのでなかなか撮らせてくれない。
時折、草から顔をのぞかせるだけで、全身は撮らせてもらえませんでした。







葦原にツリスガラの姿はなく、いるのはオオジュリンばかり。
足輪をしている個体もいました。












ツリスガラが見つからないので、帰ろうかと思った時、「おきらく・ごくらく日記」のKEN-Sさんから電話がかかってきた。
「高校裏にツリスガラが2羽いた」とのこと。

急いで行ってみたが、見当たらい。
暫く探してみたが見つからないので、縁がなかったと諦める。

仕方なく、川沿いの葦原でオオジュリンに混じっていないかと探していると、年配の方がやってきた。
川面からその姿を見たオオバンが、ぞろぞろと集まってくる。
オオバンに餌をあげてる人なんだと思ったら、オオバンには見向きもしないで、「こっこっこっ」と川に向かって声をかけている。

すると・・・・







ここで何度か見ているヌートリアが泳いできた。
それも1頭ではなく、3頭。







投げられた餌を両手で持って食べる姿は、ネズミといえども可愛く見える。ビーバーみたいな感じですね。





春のサツマシジミを求めて

珍しく休むことができる3連休。
天気が回復する日曜日、春のサツマシジミを求めて本州最南端へ行ってきました。

新大阪、朝7:33発の特急くろしお1号に乗り込みます。

TG-4 2016/3/20






本州最南端の駅 串本 に到着するのは 11:02、時間的には新幹線で東京に行くより遠い。







この地では、もう桜が開花しています。







最南端の地は、それなりの賑わいが。






岬の見える展望台の下には、サツマシジミの食花であるハマヒサカキが。






蝶影は少なく、地べたを這って飛ぶシジミ蝶を発見。
飛び方から、サツマではないだろう。
暫くすると止まったので、確認の1枚。
ヤマトシジミでした。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング





春のサツマシジミはまだ見たこともなく、どこにいるのかもわからない。
ぐるっと回ってみても見かけるのは、黄色い蝶ちょくらい。
ネットで調べて、ある程度絞り込んだ場所へ行ってみることに。

すると、ちらちらと樹冠を飛び回るシジミ蝶を発見。
全く止まらずに通り過ぎていく。
モニタで確認したところ、サツマシジミのよう。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング





止まった!
と喜んだのもつかの間、ファインダに写っているはルリシジミ。orz

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング





代わる代わる飛んできてはいなくなる。
3頭絡むシーンもあったので、4~5頭いたのではないかと思う。

と、2頭が絡んでいるのが見えた。
止まっているところが撮れないのなら、証拠として飛翔写真を、と思い連写・・・

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)





こんなのしか撮れないのか・・・と思いながら、この卍をみていると、ふっと木の葉のなかに消えた!
消えたあたりに目をこらすと・・・2頭並んでいる。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング





やっと巡ってきたチャンス。
飛ばれた元もこないので、少し離れた位置から撮影。

大きな方が求愛している模様。
かなりトリミングしてます。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング






そして、交尾成立! (^^)/

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)トリミング





少し低い位置にお越しいただき、マクロレンズで。

E-M5 [M.ZUIKO ED 60mm Macro2016/3/20拡大表示できます)





なんとなく、40-150mmの方が映りがいいような・・・
流石PROレンズ、それとも後ろのボケでそう感じるだけでしょうか。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)





ちなみに魚眼だとこんな感じ。

E-M5 [LUMIX G Fisheye 8mm2016/3/20拡大表示できます)






指の乗せしようと欲張ったら、下草に・・・
透けた翅が撮れたところで時間切れ。
開翅も産卵シーンも見たいところでしたが、名残惜しも帰る時間になりました。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mmF2.8x1.4テレコン2016/3/20拡大表示できます)


野菜の花

単身赴任ももう直ぐ1年。
頑張ってほぼ毎日自炊しています。

1月に、浅漬けにしようと買ってきたレディーサラダ(赤大根)に小さな葉がついたままだったので、大根の頭と一緒に水に漬けておいていたら、今月になって綺麗な花を咲かせました。

逞しいですよね。
頑張れって励まされたような、嬉しい出来事でした。












写真展開催中

写真展が始まって3日目。

初日から今日まで、思っていたいよりも多くの方がきてくれました。
ありがとうございます。
久しぶりにお会いする方が多くとても嬉しい、これも写真展を開催する動機の一つになっています。

私は、今日で関西に戻ってきましたが、写真展は3/21まで開催しています。








それでは、9人の写真を紹介します。

まずは、ごまさん
テーマは、「蛾の魅力」と「魅惑のシジミチョウ」
なぜかマムシも混じってますが・・・^^;






midoriさんのテーマ、「福島 自然」
希少種のトンボもあるようです。






案山子さんは、「蝶の求愛行動」と「初撮りの生き物」
タイトル・ラベルが黒文字だけで寂しいということで、翌日綺麗なラベルに差し替えていまいした。






チャリコバさんは、「舞岡公園の生き物たち」
失恋型のエサキモンキツノカメムシが面白い。






Udさんは、「果実」
この実はどのくらいの大きさ?という質問が多く聞かれました。







タディーさんは、「ヨーロッパ・アルプスの蝶たち」
羨ましい海外の蝶です。








Skさんは、「花と蝶」
望遠飛翔が多く、連写ではなく単写で仕留める派だそうです。
私には、とてもできません。







Tnさんは、・・・タイトルを画角に入れますれました。m(_ _)m (^^;
メインの蛾とルリビタキ、タゲリ。
小さなタヌキ模様の蛾が面白い。







今回の私のテーマは、「関西便り」
蝶が3枚、鳥が9枚。








会場の脇では、おかめ桜が満開状態。








隣の畑に咲く菜の花バックでもう1枚。



写真展のお知らせ

今回で4回目となる写真展を横浜の仲間たちと開催します。
ということで、この土日3/12~3/14は、横浜に戻り写真展の店番を行う予定です。
近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
無料駐車場もあります。

★場所:舞岡ふるさと村「虹の家」(もちろん入場無料)
 〒244-0813 横浜市戸塚区舞岡町2832(以下のMapを参照してください)
 TEL 045-826-0700

★交通:横浜市営地下鉄「舞岡駅」より徒歩5分。駐車場あり。

★期間:2016年3月12日(土)~21日(月・祝)
      (開館時間:9:00~17:00)
ただし、初日の12日は12:30から、15日(火)は休館、最終日の21日(月・祝)は15:00までです。

★出展メンバー:「暖蝶寒鳥」のごまさん、「美撮りに夢中!」のmidoriさん、「里山の生き物たち」のちゃりこばさん、「案山子」の案山子さん、横浜市在住のUdさん、Smさん、Tnさん、Tdさん、Akakokkoの9名です。



梅にメジロ

先週、鳥を求めて服部緑地に行ってみた。
広い緑地、運動や散歩に訪れる人ばかりでカメラマンは殆どいない。
咲き誇る梅に群がるメジロだけを撮影して、退散してきました。

トリミングしてます。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/3/6(横写真は、拡大表示できます)















































ツリスガラの近くで

ツリスガラを撮影したポイントには、他にも嬉しい鳥たちがいました。
遅ればせながらアップします。

まずは、芝生の上に上がったヒドリガモたち。
目に入った時は、ドバトの群れかと思いました。

トリミングしてます。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/2/28(横写真は、拡大表示できます)





いつも水の上でプカプカしているヒドリガモたちですが、朝早く、人通りが少ない時に行くと、こんなシーンに会えるのですね。






樹上では、ウグイスが囀り始めています。







続いて現れたのは、ベニマシコ♀







近くに♂もいました。






川面に降りて水飲み。
どうしてこんなところにペットボトルが・・・




















尾の模様が面白い







下の茂みにアリスイが現れました。



































何かに驚いて飛び出したシーン。
連写合成です。







野生化したヌートリアが昼寝しています。







葦原にはオオジュリンが。







一週間後、この近くのワンドで見つけたカンムリカイツブリ。







そして、メジロガモ×アカハジロの交雑種だそうです。
どちらにしても初撮りです。^^)







正面顏は、以外といかつい。







短い尾







バンとツーショット







先を行くのはホシハジロ♀でしょうか。




 | ホーム |  次のページ»»