FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


初撮りツツドリ

先週で大阪城公園も最後と覚悟していたが、この日曜の午後に時間ができたので行ってみた。

いつも午前中だけなので、午後の鳥出の勝手がわからない。
太陽の広場から緑のリズムを抜け、市民の森を歩いていると、前方から来た人に声をかけられた。「鷹が飛んできませんでした?」
「鷹は見ませんでしたよ」と答えると、幼鳥が市民の森の方に飛んだので追いかけてきたとのことだった。

その人はカメラも双眼鏡も持っているようには見えない。
そんな人でも鳥に興味を持って追いかけるという姿が、なんとなく嬉しく感じた。

するとその人から「今桜広場でツツドリがでてますよ」と。
先週初見はできたが撮れなかったツツドリ。

今度こそ最後になるだろう大阪城公園で、嬉しい初撮りができました。


桜広場に着くと一角にカメラマンが集まっているので、場所はすぐにわかった。
が、肝心のツツドリは枝の中。
当然、初撮りは悲しい枝被り。orz

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/25(横写真は、拡大表示できます)







伸びをする姿も枝の中。
周りからは、早く飛で別の場所にとまらないかなぁ~というため息交じりの声。








そんな願いが届いたのか、飛び出した。
しかし、撮れないまま姿も見えない枝の中へ。

諦めて他の鳥を探そうと歩き始めると、SHOOOT IN BORGみのぱぱさんを見つけた。
聞くと、カメラマンが少ない時にツツドリをじっくり撮影できたという。羨ましい写真を見せてもらった。
また、先週、大阪城公園でミヤマカラスアゲハが観察されたという情報も頂いた。
大阪城公園は本当にすごい。


そうこうしていたら、茂みに入ったツツドリを監視していたカメラマン達が一斉に移動し始めた。
飛び出して、桜の木に移動したらしい。
指差す方向に移動していくと、見つかりました。







この後、また枝の中に消えてしまった。orz
後ろ姿でも全身を初撮りできたのは、横浜に戻る私に大阪城公園からプレゼントだったような気がして嬉しかった。







もうツツドリは出て来そうもうないので、神社裏へ。
林の中を覗くと、コサメビタキとキビタキ♂♀がチョロチョロしていた。
キビ♂は撮り逃がしたが、コサメとキビ♀が並んでくれた。







キビ♀は地面でエサ探し。






ツツドリが初撮りでき、心置きなく横浜に戻ることができる。
ありがとう、大阪城公園!



スポンサーサイト



3連休最終日、1日雨を覚悟していたが、朝起きると曇ってはいるが雨は降っていない。
それではと、カメラを持って京都に出かけた。

中学の修学旅行で苔寺と呼ばれる西芳寺に行ったことがあり、もう一度行きたいと思っていたが、西芳寺は一般公開しておらず、往復葉書で予約しなければならない。
そんなときTVで、高桐院の苔が素晴らしいと放映していた。


JR京都から地下鉄に乗り換え、北大路駅下車。
バスもあるのでしょうが、1.6kmを歩きました。


大きな看板があるわけでもなく、ひっそりとした入り口。
左右に苔が広がってます。

E-M1 [LUMIX G FISHEYE 8mm2016/9/19 (横写真は、拡大表示できます)













表門をくぐると美しい苔の庭。







ネット検索すると出て来る苔の回廊。
秋には紅葉で赤く染まるそうです。







ようやく有料ゾーンの入り口が見えてきました。
ここまででも十分に苔を堪能できます。

iPhone 6s






大間から見える苔の緑が輝いています。

E-M1 [LUMIX G FISHEYE 8mm]






素晴らしい苔庭を堪能しました。








































入ってきた苔道を戻ります。。










秋シルビアが出始めた

9/10 大阪城公園で鳥撮りしているところに、midoriさんがLINEで栃木のシルビアシジミの写真を送ってきた。
そういえば、こちらのポイントはどうだろう。
鳥撮りはいつも午前中に引き上げているので、午後にシルビアの様子を見に行ってみた。

2ヶ月前に見に来た時は、ボロボロの♀を2頭見つけただけだっただけに、綺麗な個体が撮りたいところ。
ポイントに着いたが、蝶影は全くない。
花も咲いていないので、また端境期か。orz

帰ろうと思いながら見たシロツメグサに白い点が。
新鮮なシルビアの卵でした。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mm x 1.4テレコン2016/9/10 (横写真は、拡大表示できます)











結局、この日はこの卵だけ。
もう何回もここには来れないので、翌週、大阪城公園から引き上げた後、再訪した。

すると、ちらちらと飛ぶ♂が数頭。
白い陶器の欠片に止まった。
なぜか地面の石の上は土の上に止まる姿をよく目にする。
周りでは、ここでの第2の食草であるヤハズソウがピンクの花を開き始めているのに、こんな場所では絵にならないと思いつつ。

E-M1 [M.ZUIKO ED 40-150mm x 1.4テレコン2016/9/17 (横写真は、拡大表示できます)





思いが伝わったのか、ヤハズソウに移動してくれた。^^)







更に、吸蜜も。







先週の卵も気になっていたので、探してみたら、抜け殻に。
周辺に白くなった食痕はあるものの、幼虫は見つけられませんでした。
幼虫がダメだったが、綺麗なシルビアを見納められて、嬉しい1日になった。




大阪城公園にて9種

前記事とは、時間を前後して、同じく大阪城公園です。


この日は、太陽の広場から入って市民の森を通り抜け、音楽堂西でようやく、オオルリ♂若鳥を発見。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/11(横写真は、拡大表示できます)






するとコオロギを加えたキビタキ♀も出てきた。






桜広場に行くと数羽のキビタキ♀がいて、その中にキムネビタキっぱい鳥がいるという。
下の方をちょろちょろしているので、梅林に降りて確認することに。

同じとろこでちょろちょろしているキビ♀発見。
どうやら、太い木の幹をウロウロしている蟻を狙っているようだ。
2羽が並んだ。
右のキビ♀はお腹が黒っぽい。














お腹が黄色っぽい、でもキムネビタキではないでしょう。
上の桜広場から見ると葉っぱの照り返しもあり、もっと黄色く見えたのかも。






オスも姿を現した。







神社裏に移動するとサンコウチョウがお出迎え。^^)















そしてエナガの群れ








水飲み場で水浴びをするメジロとシジュウカラ。
左上から降りてくるのは、センダイムシク。






メジロ&シジュウカラ vs センダイムシクイ






手前には、ヤブサメも出てきました。

















水浴びを終えたセンダイムシクイ






木の実を加えたキビタキ♀が顔を出した。






修道館裏に立ち寄ると、サメビタキ?












石垣の上にひまわりの種が置かれていたようだ。






いい感じの飛翔写真が撮れた。







帰り道、緑のリズムでもキビタキ♀。
今度は、ちょんちょんと木の枝を移動する瞬間が撮れた。^^)



もう最後になるかもしれない大阪城公園

再来週の週末にはレオパレスを引き払い、横浜に戻ることになっていて、来週は旅行、この土日は天気が・・・ということで、大阪城公園にくるのもこれが最後になりそうです。


大阪城公園では、ツツドリ狙いの人が多い。
私も見たことがないので、何とか撮りたいところだが・・・


台風と秋雨前線の影響でこの3連休は、初日だけ曇/雨で、残り2日は雨の予報。
朝6時に起きて外を見るとどんよりしている。
これはダメだろうと、二度寝して起きたのが8時前。
天気予報を見ると、回復傾向のよう。
それならばと、大阪城公園へ。

北詰から飛騨の森に入ると数人のカメラマンが、樹上にレンズを向けている。聞くとキビタキ♀だという。
コルリの茂みの周りには誰もいないし、キビ♀は先週たくさん見たのでパスし、天守閣裏へ。

するとSHOOOT IN BORGみのぱぱさんが、三脚を構えてコサメビタキを撮影していたので、ご一緒させていただいた。


7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/17(横写真は、拡大表示できます)






みのぱぱさんは朝早く来て飛騨の森でコルリ♀を満喫したとのこと。
まだ茂みの中にいるだろうとということで、飛騨の森に逆戻り。

さっきは誰もいなかったコルリの茂みの周りに、出待ちしているカメラマンが数人。
多くの人が茂みの中を注視しているが、いるのはスズメだけ。



そして、ここでもコサメビタキ







朝早く来るべきだったと、後悔を飛騨の森に残し、梅林に向かう。

梅林の奥 桜広場の下、ここでもコサメビタキが活躍していた。


















他の鳥はいないかと、桜広場の方を見上げていたら、目線に大きめの鳥が舞い降りてきた。
今日は、近距離用メガネをかけてきてしまったため、5m先の細部がよく見えず。
何?キジバト?
と思ったら、横にいたカメラマンが「ツツドリだ」と。
はっとして、レンズを向けようとした瞬間、飛ばれてしまった。orz

細長い格好良い翼を広げて、桜広場の南東方向に消えていったので、急いで桜広場にあったが、東南の角でツツドリ待ちしていた数人のカメラマンは、何も見ていないという。

桜の木々を見上げて探してみたが、結局見つからず、出てきたのはキビタキ♀だった。
初見にはなったが、初撮りはお預けとなってしまった。残念。orz





シルエット

大阪城公園にて、いい感じのシルエットを2枚。
同じ個体、キビタキ♀。
林の中から狙ってみました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/11(横写真は、拡大表示できます)











撮りためたマンホールを

西日本をあちこち回って、マンホールも撮りたまったので、アップしておきます。


#74
加古川のマンホール
ツツジのような椿のような、と思ったらツツジでした。







#75
亀岡市は、亀のデザインのようです。







神戸の消火栓。







#76
そして、神戸のマンホール







姫路の消火栓は、白鷺とサギソウのデザイン。







既出のマンホールもサギソウ
色付きだと洒落てます。







#78
広島県三原市のマンホールは、やっこさん?
やっさ踊りだそうです。
さんちゃんさんに教えてもらいました。







#79
豊岡市日高町ですが、蓋には「かんなべ」の文字が。







#80
奈良、斑鳩のマンホールは法隆寺でしょうか?







#81
お隣の大和郡山は、金魚の街でしょうか?







#82
奈良市のマンホールは、いかにも奈良ですね。







尾道では、残念がら消火栓しか見つけられませんでした。







#83
愛媛、松山市のマンホールは椿のようです。







カラーバージョンもありました。







#84
香川、丸亀市はうちわの産地のようです。
行きませんでした、うちわミュージアムもありました。






#85
琴平町のマンホールは、お遍路さん。







#86
日本のジーンズ発祥の地、倉敷市児島、シーンズストリートのマンホール







#87
倉敷市のマンホールは、藤のようです。






#88
違うバージョンも







更に色違いも






#89
案内図に溶け込んだマンホールも





週末は大阪城公園

先週コルリが撮れたので、この土曜日は、サンコウチョウ、キビタキ狙いで、朝早くから大阪城公園に繰り出しました。
が、鳥が少ない。
「おきらく・ごくらく日記」のKEN-Sさんを見つけたので声をかけてみると、今日は出が悪いとのこと。
結局、この日は、キビタキ♀が撮れただけで終わったが、KEN-Sさんは、サメビタキをゲットしていた。

台風12号の影響で日曜日は諦めていたが、6時に目が覚め、外を見てみると快晴。午後から崩れることを見越して、午前中だけ行ってみることに。

7時前に到着したが、昨日と同じでいるのは、カラスとスズメくらい。9時頃に市民の森にサンコウチョウが出たが、すぐに行方不明になったらしい。
その後も何も見つけられないまま、10時半頃に市民の森へ降りていくと奥に人だかりが・・・
ようやくサンコウチョウに会えました。
でも、見上げる角度でいい写真は・・・orz


まずは、土曜日の写真から

お目当がなかなか見つからないので、身近な鳥さんを撮ってました。
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/3(横写真は、拡大表示できます)






ラブラブなキジバトのカップ。







ヨウシュヤマブドウの実を啄むメジロ







群れで通り過ぎて行ったエナガ







小枝の中を動き回るセンダイムシクイ







桜広場で、小枝の中を移動するキビタキ♀を発見。







♂も出ていたようですが、出会えませんでした。







日曜日の出だしも身近な鳥さんから ^^;


日本庭園で羽繕いするアオサギ
7D MarkII [EF 300mmF2.8LII x1.4テレコン] 2016/9/4(横写真は、拡大表示できます)






水浴びするスズメ。







そして、やっと会えたサンコウチョウ。
今期初撮影。







メジロと見つめ合うシーンも。

























おまけ

貯水池裏の金網越しのアゲハチョウ







音楽堂西で、ムラサキシジミを3頭確認。




 | ホーム |