FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


鎌倉再び

もう色づいただろうと再度鎌倉へ行って見ました。
まずは、北鎌倉で降りて円覚寺へ。

相変わらずものすごい人。

E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2016/11/26拡大表示できます)





入口のもみじは色づいていたものの、他はイマイチだった。

E-M1 [ED 40-150mmF2.8L x1.4テレコン]





長谷寺に移動。
こちらも色づいていたのは一部分だけでした。

E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]






その色づいていた下には、小さな良縁地蔵。
1mほどの距離だがこれ以上近づけず、対角魚眼では遥か遠くに見える。








望遠で撮り直し

E-M1 [ED 40-150mmF2.8L x1.4テレコン]






斜めから






他、色づいていた部分を切り抜いて見た。













本妙寺にも行って見たが、青々としたカエデがほとんだった。

E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]





E-M1 [ED 40-150mmF2.8L x1.4テレコン]













E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]


スポンサーサイト



舞岡の紅葉

もみじ広場は、綺麗に色づいています。

E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2016/11/23拡大表示できます)









鎌倉 獅子舞(紅葉谷)

まだ早いとは思いつつ、いつ頃が見頃かを確認するために行って来ました。

結果、まだまだでした。
前日の雨で地面はどろどろ、滑りやすい状態。

地面がイチョウの葉で黄色い絨毯になった頃が見頃。
あと1.5~2週間といったところでしょうか。

E-M5 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2016/11/20拡大表示できます)



















iPhone6s パノラマ拡大表示できます)













TG-4


にゃんきゅっぱ?

鎌倉小町通りで、ずんだ大福のお店を見つけたので買おうと思ったら、先客が。
その人のベビーカーには、・・・

E-M1 [M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8] 2016/11/13(横写真は、拡大表示できます)







ぬいぐるみではありませんでした。
動物愛護の観点からクレームでそうですが・・・
でも、なかなか可愛い。

かだらを固定されているのか、左右を見渡しているだけで、押し手にかけた手を下すことはありませんでした。




スーパームーンは撮れなかったけど

月曜日、生憎の天気で68年ぶりのスーパームーン十五夜は見られませんでした。

十三夜月、小望月、満月を飛ばして、十六夜の3つの月が撮影できたので、アップします。

14番目の月、小望月(真ん中)は、薄い雲がかかりもやっとした感じです。


7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2016/11/12,13,15












300mmだとノートリでこんな大きさです。





鎌倉

紅葉にはまだ早いと思いつつ、家内が鎌倉に行きたいというので出かけて来ました。

北鎌倉で下車

E-M1 [M.ZUIKO ED 12-40mmF2.8] 2016/11/13(横写真は、拡大表示できます)





円覚寺の入り口は色づき始めてました。







海蔵寺も色づき始め







海蔵寺では、リンドウとホトトギスが綺麗に咲いてました。













八幡宮の紅葉はまだ。
池にユリカモメが飛んでいたので連写したものをアニメーションにして見ました。





寂しい鳥撮り

ベニマシコが入ったらしいのですが見ることはできず、出て来るまで待つこともできず、ちょっと寂しい鳥撮りになりました。

冬鳥で撮れたのは、ジョウビタキ♀のみ。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2016/11/12(横写真は、拡大表示できます)






遠目にモズかと思ったら、すっかり居着いてしまったガビチョウだった。













入れ替わりに現れたモズ♀







チィ~~と鳴いて居場所を教えてくれたカワセミ







桜の花が咲いていました。



房総遠征

naoggioさんSippoさんルーミス遠征に行くというので同乗させてもらいました。
現地でダンダラさん夫妻、Nさんと合流です。

雲ひとつない晴天。
気温も高く、ルーミスが下に降りてこないのではないかと心配になる。そして、ヤマビルも・・・

ところが、ポイントでは既にNさんが低い位置に止まった1頭のルーミスを見つけていてくださり、到着早々、久しぶりのルーミスを撮影することができました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2016/11/6(横写真は、拡大表示できます)





閉翅が撮れたので、次に撮りたくなるのは開翅。
木漏れ日が当たっていた時は開翅していたというNさん。
しかし、今は木陰に覆われてしまっている。

E-M1 [ED 60mm Macro]





一向に開翅の素振りも見えない。
と、そこへダンダラさん夫妻がおいでになって撮影し終える。

すると、突然飛び上がったルーミスが、ダンダラさんの腕に止り、開翅を始めた。(^o^)







このあと飛び立ち樹上へ。
その後、動きなく・・・


ここから30m程の距離にオオスズメバチの巣があり、ブンブンと羽音が絶えることがなく緊張する。

巣から遠ざかるように地面を這うひときわ大きなスズメバチがいた。
5cmは超えているだろうと思われる大きさ。
見た所、飛べないようだが、怖くて1m以内には近づけない。
巣別れした若い女王バチだろうとのことでした。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII]






Nさんにムラサキツバメの塒を教えてもらいました。
10頭近くいるみたいです。







日差しが上がるに連れ、ルーミスの姿がそこそこ見られるようになってきた。

前翅先端にビークマークのついた個体。














地面はぬかるんでいたが、心配したヤマビルは全く見られなかった。
ルーミスも無事撮影することができたので、Naoggioさんの案内でクロマダラソテツシジミを撮りに都内に戻ります。

ポイントについてもクマソの姿はまったく見つからない。
諦めかけていた時、Sippoさんが綺麗な個体を1頭見つけてくれた。
クマソも久しぶりの撮影。







残念ながらこのあと、強風に煽られ高く舞い上がって消えてしまいましたが、若いソテツの葉にいる幼虫をNaoggioさんが見つけてくれた。

E-M1 [ED 60mm Macro]






この幼虫はアリに守られていました。
シジミの幼虫は、皆アリを操る能力があるようですね。







ランタナで吸蜜するチャバネセセリの撮影で締めくくりです。






久しぶりの2種を撮影することができ、感激しました。
みなさんに感謝です。

衝撃的なシーンが・・・

朝からマイフィールドへ出向くとまだキビタキが留まっているようで、多くのカメラマンが・・・
知り合いのF氏に濃いめ薄めの2羽のキビタキ♂の写真を見せてもらいましたが、濃いめの♂の喉元のオレンジがとても綺麗。

これは出て来るのを待たなければ、ということでしばらく林を眺めていると、出て来たのはキビタキ♀。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2016/11/5(横写真は、拡大表示できます)





芋虫ゲット






この後、枝被りになったので出て来るの待っていたら、いきなり猛禽のツミが突っ込んで来てキビ♀をさらって飛び去って行きました。
自然界の厳しさを垣間見た瞬間でした。
レンズを向けていればとの後悔と、キビ♀を拐われた悲しさが・・・



その後、濃いも薄いもキビ♂は姿を表さず、代わりに出て来てくれたのはジョウビ♀。






他は出そうもないのでお池の方へ。

年中いるカワセミですが、久しぶりの撮影です。







続いて、マミチャジナイが出ているというポイントへ。
狭い場所に20人ほどのカメラマンがスタンバイしてました。






榎の実が好物のようです。


















別の場所では、穴掘り中のアオゲラが。




病み上がり

二日前の夕方、何の前触れもなく38度の発熱。
直ぐに夜までやっている病院に行って来ました。
インフルエンザは陰性。
何かの菌が入ったのではないかということで抗生物質と解熱剤をもらい、丸一日寝てました。

穏やかな秋晴れとなった文化の日。
熱も下がり、寝すぎて痛い腰のリハビリにとマイフィールドに散歩へ


飛んでいるのはこの時期の常連。
キタテハ。

E-M1 [ED 40-150mmF2.8L x1.4テレコン] 2016/11/3(横写真は 拡大表示できます)






イメージ 2





ウラギンシジミ♂







この時期にしては綺麗な個体のヤマトシジミ♂







ジャコウアゲハの蛹をチェックしに行ったら一つが、糸が切れたのか逆さになっていました。

TG-4






ツマグロヒョウモンの蛹は行方不明。
誰かに持って行かれたのかもしれません。orz

ヤモリがいつもの場所に1匹やって来ていました。

E-M5 [ED 60mm Macro]






たくさんのバーダーが集まっている場所では、まだキビタキが渡りの途中で留まっていました。
♂♀いましたが、♀しか撮れませんでした。

E-M1 [ED 40-150mmF2.8L x1.4テレコン]





 | ホーム |