FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ヒヨドリ

葛西臨海公園を歩き回り疲れたので、ベンチに座って休んでいたら、3〜4mほどのところにヒヨドリがやって来た。目があっても逃げようとしない。

餌をねだりにやって来たのだろうか?
あげられるものは何も持っていないので、撮影をしてあげることに。


7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/02/17
I18A3223.jpg 







ファインダーからはみ出しそうだったので、縦位置で撮り直した。

I18A3234.jpg 
スポンサーサイト



第6回 写真展

今年も10人の仲間と開催します。^o^)/

写真展2 

葛西臨海公園1

葛西臨海公園へ行って見た。
目当ての鳥とは出会えませんでしたが、それなりに楽しい鳥撮ができました。

駐車場を出て、初めに西なぎさに向かおうと歩き出すと、以前トラツグミがよく出る場所を歩いていることに気づき、いないかなぁと視線を横に向けると、杭の上にそれらしい鳥影が・・・
自分でもびっくりの大当たりでした。^o^)

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/02/24
I18A2910.jpg




6年ぶりのクロツラヘラサギを探すも姿なし。干潮時に来なければ難しいようです。

いたのは、遠い沖合にカンムリカイツブリとスズガモの大群だけでした。orz

I18A3016.jpg




さらにその向こうに東京ゲートブリッジが見える。

I18A3023.jpg




I18A3010.jpg





イソヒヨドリ♀が、護岸の石のくぼみに溜まった水を飲みに来ていた。

I18A3015.jpg





野鳥園の方に行くと、オオバンが陸の上で餌を漁っていた。
ある程度近寄っても逃げる気配がない。
でかい脚、いつも水面に浮いている姿しか見たことがなかったので、別の生き物のように見えてしまった。^^;

I18A2932.jpg





一番東にある覗き小屋に行ったら、年配のカメラマンが一人、覗き穴から何かを狙っていた。聞くと 「ミヤマガラスかも」 というので撮って見た。
なかり遠い。

I18A2950.jpg





撮影した写真をモニタで拡大表示すると、なんとなくハシブトやハシボソではない感じがする。
でも6年前に撮影したミヤマガラスと見比べて見ると、違う感じも・・・
いかがなものでしょうか?

I18A2952.jpg




ウォッチングセンターの前に行ったら、久しぶりのオオジュリンに出会えた。

I18A3136.jpg




サンカノゴイがいないかと、葦原を双眼鏡で探すも見つからず、諦めて再度トラツグミのポイントに向かった。

するとポイント直前で、大木の根元でチョロチョロ動く小鳥を発見。
確認したらウグイスだった。
しかも2羽。^o^)v

I18A3047.jpg




2羽が近寄る。
1羽は左の根元の上でこちらを向き、もう1羽は根元中央で向こうを向いて右上を見えげている。

I18A3048.jpg




ツガイだろうか?
さらに近寄って、仲良く茂みに消えて行った。

I18A3057.jpg





そのあとのトラツグミはすぐに見つかった。

I18A3068.jpg




目立つと思われるトラ模様も、枯葉の中にいると見事な保護色に驚かされる。

I18A3078.jpg

トラ、ヒレンジャク、コイカル

ネットで、S公園でヒレンジャクとコイカルが出ているという情報を見つけた。
コイカルはまだ未見の小鳥。比較的近場なので、ダメ元で出かけて見た。

子供が小さい頃に1度だけ行ったことがあるが、その頃の面影は少しだけ、付近にカメラマンは見えない。
さて、どこへ行けば良いのか・・・

少し歩いて行くと、なんとなくトラツグミがいそうな場所に出た。
見回すとシロハラが1羽、落ち葉漁りをしている。
と、その横の方、20mほどのところに鳥影が。
ビンゴ、トラツグミだった。

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/02/18
I18A2228.jpg





トラツグミの奥の茂みの向こうを歩行者が通り過ぎる。
トラツグミは意に返さない。
これはと思い、向こう側に回ることにした。

茂みの間からなんとか抜ける場所を見つけて撮影。

I18A2252.jpg




この後、気づかれ飛ばれて、土手の奥に消えて行った。
追いかけて土手を超えると、枝に止まっていてくれた。

I18A2265.jpg




さて、コイカルは何処だろう?
少し歩いて行くと、森の中で10人ほどのカメラマンが何かを出待ちしている。
ファインダを覗いていないので、みなさんお目当の鳥は来ていない模様。

ぐるっと回って戻って見ると、みなさんファインダを覗いている。
これはチャンス。
行って見ると、ヤドリギにヒレンジャクが来ていた。

I18A2358.jpg




I18A2303.jpg



I18A2323.jpg



I18A2329.jpg



I18A2342.jpg




ヤドリギを飛び出して近くの枝に止まった。

I18A2453.jpg




この後、ヤドリギと枝を行ったり来たり。
同じようなシーンばかりなので、コイカルを求めて彷徨うも、カメラマンが集まっている場所がない。
もう抜けてしまったのだろうか。

コンデジを持ったカメラマンが来たので、挨拶し、何か撮れたか聞いて見た。
すると「コイカルを撮って来たと」 @o@)

場所を聞いたが、土地勘がないのでわからない。
すると「案内しますよ」と、ポイントまで連れてってくれた。
とても親切な方でした。ありがとう。

そのもポイントでは、30人ほどのカメラマンが出待ちしていた。
聞くと、藪に入って見えなくなったとのこと。
どうしても初撮りしたいため、出てくるのを待つことに。

しばらくすると、少し離れたところで一人でいた年配のカメラマンが連射を始めた。
私を含め、周りの人が、どこにいるのだろうとレンズが向いている先を見るが、わからない。

その人のところに行って、ファインダを覗かしてもらったら、藪の中、意外と丸見えの位置に止まっている。
裸眼で見直すがわからない。
どこ?、再度覗かしてもらって、ようやくわかった。
丸見えで止まっているが、微動だにしないため、藪に同化して見えにくいのだ。

嬉しい初見初撮り!

I18A2520.jpg




長い間、左を見ていたが、ようやく動き出した。

I18A2571.jpg




しっかり場所がわかったので、少し近い位置に移動する。

I18A2578.jpg




すると、伸びをし始めた。まずは、左翼。

I18A2596.jpg



I18A2603.jpg





そして、右翼

I18A2621.jpg




両方

I18A2623.jpg




さらに、左翼

I18A2636.jpg




すると、クルッと後ろを向いて下に降りてしまった。
一同、何処へ行ったかわからない。
反対がにも出ていないようだが、完全に見失ってしまった。

仕方なく、最初に連射を始めた人の元に行くと、「今見えてるよ」と教えてもらった。
が、またしても「そこ」と言われてもかわからない。
双眼鏡で、じっくり探して、ようやくわかった。
写真だとプラス補正したので、なぜ見えないのと思われるかもしれませんが、影の中、背中を向けていたため、裸眼では影と同化して、まったくわからないのだ。

I18A2657.jpg


I18A2682.jpg




その後、藪を飛び出し、陽の当たる枝に出て来てくれた。
♂も見たいところだったが、♀1羽だけ。
それでも、嬉しい初撮りになりました。

I18A2724.jpg



I18A2745.jpg

ネズミを食べるカモメ

妻と横浜で食事をした後、臨港パークまで歩いてみた。
ここからは、ベイブリッジが一望できる。

iPhone6s 2018/02/17
IMG_2534.jpg




大桟橋に大型船が停泊していたので、赤レンガまで移動。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M2174311.jpg




大型船を撮影していたら、目の前にカモメが降りて視界から消えた。

この辺りは、ユリカモメだらけだが、今のはセグロカモメに思えたので、海を覗き込んで見た。
背中の色が濃いので、オオセグロカモメか?
何かを咥えている。

M2174317.jpg




よく見たら、なんとネズミだ!

M2174318.jpg




カモメがネズミを食べるシーンなんて初めて見る。

M2174320.jpg




しばらく水面に叩きつけてから、パクッと丸呑みしてしまった。
おそるべし。

M2174321.jpg




それにしても、なんでこんなところにネズミがいるんだ?

M2174329.jpg




北の方から黒雲が広がって来た。
雨が降って来そうな予感。

M2174339.jpg




大型船の前には水陸両用の観光バスがやって来たが、なんとなく遭難しているようにも見えてしまう。

M2174341.jpg

ウソ

ミヤマホオジロの帰り道、Tさんの要望もあり、神奈川でハギマシコが見られる可能性の高い場所へ行って見ました。
今年は出ているという情報がなかったので、どうだろうと思いつつポイントへ。

いつもであれば、上まで車で行けるのだが、日影には先日の雪がまだ残って降り、途中から歩くことを余儀なくされました。


iPhone6s 2018/02/12
IMG_2530.jpg





途中、道端の桜の木にウソがいるのを発見。
見上げる角度でお尻しか写らない。(汗)

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
I18A2154.jpg





少し遠ざかって横から狙うが、小枝が邪魔になる。

I18A2174.jpg





I18A2162.jpg




日に当たるピンクを撮りたくて、抜ける場所を探していたら、日影になってしまった。

I18A2188.jpg




I18A2194.jpg





そして、ハギマシコが出るポイントまで来たが、カメラマンが一人もいない。(寒)
あたりを見回すも、ハギマシコの姿はなく・・・ orz

遠くに横浜ランドマークが見えていた。

I18A2211.jpg





新宿副都心の向こうに東京スカイツリーの姿も・・・

I18A2210.jpg

多摩森林科学園

Tさん夫妻案山子さんを誘って、ずっと気になっていた多摩森林科学園に行って来た。お目当はミヤマホオジロ。
♀は近場の公園で撮影できたが、黄色い♂もまた撮りたいと思っていました。

科学園の開園は朝9:30。
少し早く着いたので、10分ほど門の前で待っていると、同じ目的なのか数人のカメラマンも門の前で立ち止まっていた。

時間きっかりに開園。
入り口で係りの人から情報収集し、ミヤマホオジロが出るという第1ポイントに一直線。しかし、鳥の気配がまったくしない。
焦っては〜ということわざがあるが、じっくり待つことが苦手な4人なので、第2ポイントへ行くことに。

途中、穴の空いたキジョランがあるのを見つけた。
Tさんが葉を裏返すと、アサギマダラの幼虫が!

嬉しい初撮りになりました。^o^)

TG-4 2018/02/12
P2120359.jpg




先に進んで行くと青い鳥が・・・足環をしています。

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
I18A1235.jpg




第2ポイントにもミヤマホオジロの姿はなく、代わりにジョウビタキ♂が出て来てくれた。

I18A1276.jpg



I18A1253.jpg





しばらくすると小鳥が斜面に降りて来た。
これは! と期待するも、ファインダの中に見えたのは、残念ながらカシラダカだった。凹○

I18A1283.jpg




次に現れたのは、ホオジロ。orz

I18A1312.jpg




カシラダカの群れがいるので、しばらく待ってみたが、ミヤマホオジロは現れず。
第1ポイントに移動することにした。

第1ポイントでは、すでに多くのカメラマンがカメラを構えている。
ミヤマホオジロはいたが、遠い。
全部で7〜8羽だろうか、徐々に近い位置に来てくれた。

I18A1653.jpg




♀が水を飲みに降りる。

I18A1794.jpg




一瞬だったが、♂の木止まり。

I18A2050.jpg




後は斜面ばかりだったが、満足な結果になりました。

I18A2045.jpg

I18A2091.jpg

I18A2143.jpg

相模湖イルミリオン

業務スーパーの懸賞に当たり、相模湖イルミリオンに行って来ました。

バスが駐車場に入ると、大きな雪だるまが出迎えてくれた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2018/02/09
M2094194.jpg




奈良の大仏くらいのサイズでしょうか。

M2094198.jpg




M2094199.jpg





場内には、空中に浮いている大きな雪だるまも

M2094295.jpg




丘全体がLEDに覆われている感じ。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
G2093442.jpg




谷間は、海をイメージているようです。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] パノラマ合成
名称未設定_パノラマ1




LEDだけでなく、映像を流している場所も

M2094224.jpg




遠くにツリーも見える。

M2094236.jpg




リフトの下は虹色の絨毯

M2094255.jpg




カバは、意図的にぼかしてみました。

M2094262.jpg




暗闇に浮かび上がる複数の球体

M2094270.jpg




映画のキャラクター パディントン

M2094271.jpg




そしてツリー

M2094204.jpg



M2094206.jpg




メリーゴーランドの動きを表現したかったが、三脚を持って行くべきでした。

M2094294.jpg

シメ VS シロハラ

トラツグミが飛び去った後、他に鳥がいないかとあたりを見回していたら、シメが1羽やって来て、キジバトの近くに止まった。

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/02/04
I18A0429.jpg





と、すぐ下にある水飲み場にシロハラがやって来た。
トラツグミに向かって行ったかと思ったら勝負せずに飛び去ったシロハラと同じ個体かどうかは分かりませんが、シメが水場に近づき・・・

I18A0431.jpg




2羽の目がが合った。

I18A0433.jpg




体が大きなわりに気が弱いのか、シメのでかい顔に気押されたのか、シロハラが目をそらす。

I18A0434.jpg




勝ち目ありと見たのか、シメが飛びかかる。
逃げるシロハラ。

I18A0437.jpg



あっけなくシメの勝ち。

I18A0439.jpg




そしてシメは祝杯をあげていた。

I18A0453.jpg

トラトラ

立春の日曜日、Tさんからタゲリを撮りたいとのリクエストがあったので、一緒に平塚まで出かけました。

平塚の畑も広いので、闇雲に探しても見つけられるか不安があったので、daronさんの助けを借りことに。
待ち合わせ場所に着くと、既にdaronさんがタゲリの居場所を見つけていてくれて、難なく撮影することができました。
daronさん、ありがとう!

7D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2018/03/04
I18A0403.jpg




久しぶりにタゲリの美しい翼を堪能することができた。

I18A0786.jpg



I18A0770.jpg




警戒心が強いので、少し近づくと飛んでしまう。
飛び立つ姿で、多くの個体がいたことに気づかされました。

I18A0870.jpg




次にミヤマホオジロ♂の可能性のあり場所へ行くも見つけられず、その代わりにトラツグミが出て来てくれた。

I18A0462.jpg




落ち葉を漁っていたと思ったら、いきなり奥の木に飛び移ったと思ったら・・・

I18A0466.jpg




不思議なポーズをし始めたので、連写開始。

I18A0470.jpg




そのまま木の上を移動。

I18A0475.jpg




何をしているのかと思ったら、いきなりシロハラが視界に入って来た。

I18A0484.jpg




そのままシロハラが突進する・・・

I18A0486.jpg




どうなるかと思ったら、シロハラはトラツグミをかすめて飛び去っていた。

I18A0487.jpg




予想外の面白いシーンが撮れたので、ミヤマホオジロはすっぱり諦め、トラつながりの次の場所へ。
そこでは、大山をバックに大砲が並んでいた。

I18A0682.jpg



I18A0684.jpg




お目当のトラフズクは、とても撮りやすい場所に鎮座している。
昼間だから寝ているだろうと思っていたら羽繕いの最中。

I18A0714.jpg




しっかり目を開けてくれている。

I18A0574.jpg



I18A0610.jpg




I18A0581.jpg




黒い大きな瞳が、一瞬だけ小さくなった。

I18A0587.jpg




この瞳で睨まれると、迫力を感じる。

I18A0715.jpg




もう1羽もっとちかくに止まっていた。

I18A0643.jpg





近すぎて、トリミングしなくてもこの大きさで撮れてしまった。

I18A0616.jpg

 | ホーム |  次のページ»»