FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


多種花吸蜜のギフチョウ

naoggioさんから神奈川ギフのお誘いがあり、町田のSさんと3人で、私としては2日連続の神奈川ギフ詣出となった。昨日は、6種類の花での吸蜜シーンが撮れたこともあり、重いレンズは置いて、オリンパスだけで出かけました。
で、今日は昨日とは違う5種類の花での吸蜜シーンを撮影できて大満足。
ギフ以外にも収穫はたくさんあったが、まずは、5種花の吸蜜シーンをアップします。

到着して間も無く、Sさんが飛んでいるギフチョウを発見。
すぐに地べたに降りて吸蜜を始めた。
スミレだと思ったら、よく見るとそれは、カキドオシだった。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン2018/03/31

M3314799.jpg 





ちょっと被写体ブレしているが、昨日撮っていない花での吸蜜だったので、幸先の良い出だしであったが、その後ギフの出が悪くなった。
徐々にカメラマンも増え始める。

マメザクラの前でギフの出待ちをしていたら、用足しにいったカメラマンが、トイレ前の枝垂れ桜に数頭のギフチョウが来ていると教えてくれた。
朝見たときの枝垂れ桜は、蕾だけで1輪も咲いていなかっただけに、何故ギフチョウが?
と思いながらとりあえず枝垂れ桜に移動。
そこには、朝が嘘だったように咲いている枝垂れ桜に2頭のギフチョウが取り憑いてた。
こんな短時間でこんなに咲くなんて信じられなかった。

M3315196.jpg 






その後、カタクリが咲いているところを通ったら、カメラマンが数人が地面を見つめていた。
視線の先を見ると、カタクリのすぐ近くの地面にギフチョウが止まっていた。
おぉ、カタクリに止まらないかなぁと思ったら、飛び立ったギフチョウが、願い通りにカタクリに。
裏翅なのが、残念なとこと。回り込んだのですが、短時間で飛び立ちました。orz
それでも、まさかここでカタクリシーンが撮れるとは思わなかったので、とても嬉しかった。

M3315371.jpg 





途中から合流していた川崎のMさんとSさんがアセビでの吸蜜シーンを撮ったことがあると言っていたので、アセビにも来ないものかと欲が出るのは人の常。^^;
でもそうは問屋が卸さないとも思いつつ、アセビの近くにあるチョウジザクラに来るギフチョウもアセビの上を飛び越えてマメザクラに移動するのがほとんど。

そんな中、チョウジザクラから下を回ってアセビに近づく個体が。
「そこで止まれと!」という心の叫びが通じたのか、アセビの花に止まった。
とりあえず、対岸から証拠写真を1枚撮って、すぐさま、アセビを目指してダッシュ。
幸いにもしばらく吸蜜していてくれたので、いい感じの写真が撮れた。

M3315450.jpg 





カラクリにアセビと思ってもいないシーンが撮れたので気が大きくなり「残るはキブシ」と、キブシが咲く場所に移動したら、これまたすぐにギフチョウが来て吸蜜姿を見せてくれた。
2度あることは3度ある、いえいえ、今日は4度あることは5度あるでした。^^)

M3315517.jpg 




M3315532.jpg 





昨日はしょぼいスミレだったが、今日は少しマシなのが撮れました。

M3315076.jpg 






ギフチョウのおまけは、交尾シーン。
これは初撮りです。
交尾が成立した後、地面に落ちて2頭が絡んでしまったらしく、救出してマメザクラに止まらせたところを撮影したものです。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

G3313534.jpg 





OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]
M3315337.jpg 






M3315343.jpg 

スポンサーサイト



神奈川ギフ

年度末最後の平日は、有休を消化するため休日にして、ギフチョウ撮影に出かけました。
気温が低めの予報だったのでちょっと心配でしたが、現地は意外と気温が高く、ギフチョウもそこそこ現れて、いろんな花での吸蜜姿を見せてくれました。

最初の個体は、スミレで吸蜜。
しょぼいスミレだったので、あまり絵になりませんが・・・

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/03/30

I18A3548.jpg 





ミツバツツジは定番です。

3枚連写合成
I18A3604.jpg 





梅ギフ
I18A3718.jpg 





I18A3839.jpg 





先週はまだ咲いていなかったマメザクラも

I18A3938.jpg 






スギタニルリが割り込んで来るシーンも

I18A4429.jpg 






I18A4440.jpg 






下に降りて、オオイヌノフグリでも

I18A3872.jpg 






I18A3877.jpg 





これは、ヤマザクラ? → チョウジザクラでした。

I18A4373.jpg 






最後は、民家裏のムスカリでした。
この花の吸蜜シーンは初見です。

I18A4118.jpg 





I18A4125.jpg 





I18A4141.jpg 

夜桜

前回アップした大岡川沿いの桜見散歩の前日、長男を誘って大岡川の夜桜を見に行って見ました。
弘明寺の観音橋につくと、丁度 桜のライトアップの点灯式の最中で、かなりの人だかり。

ライトが点灯されるまで少々時間があったので、夕暮れの桜を1枚。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2018/03/24

M3244593.jpg 





最近購入したストロボも持参したのだが、使い慣れないせいか、思い描いたような写真にならず、ゴミ写真量産。凹○
ストロボって難しいですね。

M3244605.jpg 







M3244612.jpg 







M3244599.jpg 

桜日和

今年は桜の開花が早い。
桜も見たいが、naoggioさんの写真展にも行きたい。
写真展は長者町で今日が最終日。
そこで、弘明寺から日の出町まで大岡川沿いを歩いていけば、一石二鳥。
いや、5km超のウォーキングにもなり一石三鳥。
ということで、出かけてきました。

木によって咲き具合に差があり、1分咲きからほぼ満開の木まで様々。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm] 2018/03/25

G3253498.jpg 





G3253517.jpg 





G3253518.jpg 





カヌーで水面から花見をする人たちもいた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm]

M3254646.jpg 






M3254635.jpg 





何種類かの桜が植えられているようで、淡いピンクの桜が綺麗だった。

M3254660.jpg 





M3254668.jpg 





M3254670.jpg 





M3254750.jpg 





沿道には、たくさんの露店が。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M3254654.jpg 





幹から1輪だけ咲いている桜。

M3254731.jpg 





根元から咲いている桜もあった。

M3254717.jpg 



naoggioさんの写真展は、カメラ雑誌に出てくるような写真ばかりでとても素晴らしく、自分たちの写真展が恥ずかしくなってしまう。
改めてnaoggioさんの凄さを知りました。

ヤマビルにご注意

水曜日の雪が幻だったと思わせるように暖かくなった今週末、ギフチョウ目当てで出かけて見ましたが、運がなかったようです。ToT)
気温は申し分ないが、待てども飛び回るのはミヤマセセリばかり。
ふと足元の落ち葉に目を落とした時、何やら動くものが・・・

ゾク!!っときました。

TG-4 2018/03/24

P3240504.jpg 





もう元気に動き回っているようです。
これから行かれる方は、ご注意を!

P3240506.jpg 





ということで、ミヤマセセリはそれなりに撮れました。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]

I18A3442.jpg 





I18A3394.jpg 





I18A3434.jpg 





TG-4
P3240518.jpg 





OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

G3243483.jpg 





スギタニルリシジミも撮りたかったので移動。
数頭見つけるも、みんな高い木の梢に咲く花まで舞い上がって逃げられたので、証拠写真を。

アブラチャンの木でしょうか?
黄色い花で吸蜜してました。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]

I18A3456.jpg 






梅の花でも。
こちらも高いところだった。

I18A3480.jpg







 I18A3487.jpg

春分の日

まさかこの時期、横浜に雪が降るとは・・・
山沿いは雪の予報で、平野部は雨のはずだったが、朝起きてカーテンを開けると霙が降っていた。
やがて大粒の雪に変わり、窓の外の屋根が白くなっていく。

春分の日は、このあたりだと夕日が富士山頂に沈むダイヤモンド富士が見える日。
だと言うのにこの天気。orz

お墓まいりに行くため外に出て、降り続く雪を撮影して見た。

TG-4 2018/03/21

IMG_2614.jpg 





車も真っ白。
雪を払うのが大変だった。

IMG_2617.jpg 





下草にも覆いかぶさるように雪が乗っている。

IMG_2618.jpg 






お墓のお花も雪をかぶっていた。

IMG_2620.jpg 

ベニシジミ幼虫とゼフ卵

写真展最終日、仲間が写真展会場近くで見つけていたベニシジミの幼虫を撮影したかったので、案内してもらった。
赤いのと緑色のと、小さなスイバの株に計5匹。
久しぶりに見ることができた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2018/03/18

M3184520.jpg 





M3184560.jpg 





別の仲間がゼフの卵を見せてくれるというので、お言葉に甘えて見た。

クロミドリの卵、初見初撮りです。
先日撮影したオオミドリの卵との違いがわかりません。^^;

M3184563.jpg 





ジョウザンミドリの卵、こちらも初見初撮り。
これまた、オオミドリとの違いがわかりません。凹○
1卵はもう割れ始めているので幼虫が出てくるのが秒読み段階のようでした。

M3184570.jpg 

オオミドリシジミの卵

写真展の店番をしていたら知り合いがやって来て、近くでオオミドリシジミの卵を複数見つけたという情報を持って来てくれた。
これは撮りに行かねばと、詳しい場所を聞いて、すぐさまその場所へ。
少々手間取ったが、どうにか卵を見つけることができた。

TG-4 2018/3/11
P3110471.jpg 





このとき↑↑↑は、コンデジしか持っていなかったが、後日マクロレズで撮り直し。
同じ2卵だが、その奥の隙間にも2卵並んでいる。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2018/3/12
M3124486.jpg 






すぐ近くにもう4卵
他にも1卵あり、計9卵付いていた。
6月にみんな無事羽化して綺麗な姿を見せて欲しいものです。

M3124497.jpg 

まもなくダイヤモンド富士

写真展2日目、今日もたくさんの方に来展いただきました。
今日も楽しい1日を過ごすことができました。
ありがとうございます。

帰路は夕暮れ時、高台の家々が薄いオレンジ色に染まっていたので、夕日が見られそうだと思い、家に着いてから急いで日の入りの時刻を調べる。
日の入りまであと15分。カメラを持って、急いでいつもの場所へ向かった。

この地域でのダイヤモンド富士は春分の日あたりということもあり、富士の裾野に沈みゆく夕陽に間に合った。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm] 2018/03/11

G3113448.jpg 





送電線が邪魔ですが・・・

G3113454.jpg 






明日もいい日になりそうです。

M3114474.jpg 

写真展が始まりました。

10人の仲間による写真展が始まりました。
蝶、蛾、トンボ、虫、野鳥の写真が、総数123枚と、枚数の多さで勝負してます。^^;

初日から久しぶりにお会いする知り合いも多く来展いただき、嬉しい1日になりました。
改めて、ありがとうございました。

M3104448.jpg 




M3104452.jpg 




外では、すでに土筆が伸び始めていました。
春ですねぇ。

P3100439.jpg 

 | ホーム |  次のページ»»