FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


アカボシゴマダラ春型

今年の1月から環境省による特定外来生物に指定され、捕獲、飼育などを禁止されたアカボシゴマダラ。
綺麗な蝶が身近で見られるのは嬉しいことだが、自然移入ではなく放蝶で増えたというところに心痛いものがある。この蝶によって在来種が減ったというような感じがしないのが幸いです。

先日、駐車場に車を止めて降りるときに、妻が「ここに大きな蝶が止まってる」と言う。
見て見ると、隣の車止めの上で春型のアカボシゴマダラが休憩していた。

10年ほど前、初めてこの蝶を見たときは、アカボシゴマダラがこんところにいるとは思わず、巨大なスジグロシロチョウが飛んでいると思って、びっくりしたもでした。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2018/05/03

M5036796.jpg 







M5036799.jpg 


新潟、白馬のおまけ その他編

ギフチョウの出待ちをしていた時、naoggioさんとNさんが林道の真ん中にいるアマガエルを見つけた。こんなところにいたら踏みつけてしまうと思い、傍に咲いているカタクリの葉に避難してもらった。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/04/28-29

I18A5318.jpg 





カタクリの花を傘がわりに抱えている姿が愛らしい。
TG-4
P4280629.jpg 





ごそごそっと草むらが動いたのでのぞいて見ると、蛾を咥えたカナヘビが睨み返してきた。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II]
I18A5383.jpg 





イカリソウで吸蜜するギフチョウを撮影していた時、にょろにょろと絡み合う複数の蛇をSさんが見つけた。

I18A5579.jpg 





そして哺乳類が登場。
驚いた様子でこちらを見ているようだが、怯えて逃げるでもでもなく、悠然と餌を探しながら歩いって行った。

I18A5896.jpg 






この時期外せないのが、美味しいこごみ。
林床にたくさん生えている。
おひたしや天ぷらして頂きました。^^)
iPhone6s
IMG_2695.jpg 

新潟、白馬のおまけ鳥編

昨年の新潟フギ遠征では、サンショウクイの営巣を見ることができたが、今年は営巣はなかったが、姿は見せてくれた。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/04/28-29

I18A5807.jpg 





飛んで来た小鳥が沢に降りたのでミソサザイかと思ったらキセキレイだった。
ポーズはミソサザイっぽいですが・・・^^;

I18A5840.jpg 





雪山バックにシジュウカラ。
もっといい感じに撮りたかったけど、いいところに止まってくれない。

I18A5883.jpg 





ギャーギャーと、うるさく鳴いていたカケス。

I18A5927.jpg 





綺麗な鳴き声はキビタキだったが、顔を見せずに飛び去ってしまった。orz

I18A6082.jpg





コサメビタキがちょろちょろと
 
I18A6114.jpg 






高い梢に小鳥の影が見えた。
何だろうと直ぐにはわからなかったが、モニタでチェックしてニューナイスズメだとわかった。

I18A6129.jpg





I18A6125.jpg 

白馬ギフ

新潟ギフを満喫した後、横浜のKiさんの別荘に一泊させてもらい、Kiさん、Gさんと前日の4人で、白馬ギフを楽しみました。

最初に行ったポイントは出が悪く、ようやく出て来たギフチョウもヒメギフも擦れているわけではないが、後翅が千切れていた。

なんとかまともなヒメギフを撮影。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/04/29

I18A5860.jpg 





やけに白い個体が飛んでいるのを見つけたので必死で追いかけたら、厳しい冬を乗り越えて来たスジボソヤマキでした。

I18A5864.jpg 





その後も出が悪ため、場所を変えることに。

次の場所で、かなりの頻度でギフチョウがカタクリにやって来ました。

I18A5908.jpg 





バンドも出て来てくれたが、裏側・・・

I18A5940.jpg 





表側も撮れたのだが、バンドが細い・・・

I18A5949.jpg 





こっちの方がバンドが太く見えるが、同じ個体?
私は撮れなかったが、擦れたバンドもいたので、少なくとも2個体のバンドが飛んでいた。

I18A5964.jpg 





何度も出て来てくれたが、なかなか思うように撮れない。

I18A5981.jpg 




結局、これが最後のバンドショットとなってしまった。

I18A5984.jpg 





カタクリ止まりばかりだったので、杉の木止まりがアクセントになってくれた。

I18A5998.jpg 





その後は、ノーマルのカタクリ吸蜜シーンばかり。
贅沢ではあるが、少々飽きてしまった。^^;

I18A6052.jpg 




I18A6060.jpg 




I18A6091.jpg 





I18A6099.jpg 





カタクリにぶら下がるのではなく、手前の葉に乗っての吸蜜は目新しかった。

I18A6095.jpg 

新潟ギフ2

連休初日、naoggioさん、町田のSさんと新潟ギフに再チャレンジ、現地で千葉のNさんと合流。
本命のイエローテールと自信を持って言える個体には出会えませんでしたが、いろんな個体を撮影でき、その斑紋を細かく見ると、それぞれに違いがあり、ギフチョウの面白さを再確認させられた遠征になりました。

個体差を比較するため、同じような画角の写真をアップします。

まずは、Sさんと2人で出待ちしていたとことろへ舞い降りて来た、この日最初の個体。
赤上がりの綺麗な天使でした。
ここのギフチョウは、赤斑が少しオレンジがかった個体が多いように感じます。

① D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/04/28
I18A5299.jpg 





次は、少しだけ赤上がりの個体。
左前翅の真ん中の長い黒線上にクリーム色の点斑があり、内側の短い黒斑が前端から離れかけてます。
I18A5310.jpg 




この個体の左前翅の真ん中の長い黒線上のクリーム点斑は、前の個体より大きい。
I18A5324.jpg 





こちらは、同じようなクリーム点斑が2つありました。
I18A5371.jpg 




ここまで、どれも新鮮個体ばかり。
斑紋からみんな別個体であることがわかります。
I18A5395.jpg 





そこに現れたイエローテールもどき個体。
naoggioさんが擦れテールだろうと冗談めかして言ってましたが、よくよく見ると、これだけ色合わせるのであれば、翅自体もかなりボロボロになるのではないかと考えられ、もともとこの色の個体ではないかと思います。
イエローテールは、表も裏も赤斑が外側のオレンジ斑と同じくらいの黄色になるとのことで、表翅は申し分ないものの、裏翅は黄色というより赤っぽい柿色だったのでイエロテールではないことを、Sさんに教えてもらいました。
イエローでなければ、柿色テールと呼びたいところです。
I18A5399.jpg 





この個体は、前肢が少し擦れているように見えますが、赤斑は色あせていません。
前での3個体②③④と同じ黒線上にクリーム点斑が見えますが、擦れによるものでしょうか。
I18A5402.jpg 




この個体は、赤斑は普通だが、後端のオレンジ斑が黄色くなっている。
I18A5457.jpg 




後翅のクリーム色がやけに黄色く見える。
前翅が白すぎるのだろうか?
I18A5536.jpg 




写真を見比べたら⑥とは別個体の柿色テールでした。
I18A5592.jpg 




⑤と同じ個体かと思いましたが、前翅左側の短い黒斑の下端の尖り具合から別個体と判断しました。
(11)
I18A5641.jpg 




これは、⑩と同じ個体のようです。

I18A5696.jpg 






比較的に長く地面に止まっていたのでワイドマクロっぽく。
本当は、たくさんのカタクリをバックにした絵をイメージしていましたが・・・

P4280633.jpg 





ワイドマクロじゃないけど、こんな感じですかね。

I18A5791.jpg 





初めて見たイカリソウでの吸蜜シーン
残念ながら、まともには撮らせてくれませんでした。

I18A5583.jpg 




新芽にしがみつく個体

I18A5623.jpg 




椿の葉で休憩する個体

I18A5669.jpg 





最後は、後尾までには至らなかったが、柿色テールの絡みシーン。

I18A5701.jpg 





I18A5704.jpg 




裏翅の赤斑が黄色くないので、イエローではありませんでした。残念!

I18A5706.jpg 


ミドリシジミ幼虫

GW中日、プチ遠征したいところではあるが、私は休日でも妻が車で出勤して行ったので、仕方なく自転車でマイフィールドへ。
ミドリシジミ幼虫の様子を覗いて見た。

例年に比べると、ハンノキにできている餃子は少なめ。
今年のミドリシジミは、あまり期待できないかもしれないと思いつつ、葉裏にじっとする終齢幼虫を見つけた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm] 2018/05/02

M5026698.jpg 





大きな餃子の中を隙間から覗いてももぬけの空が多い。
ハンノキを1本ずつチェックして、ようやく終齢幼虫が木の幹を降りている姿を見つけた。
空の餃子は、もう降木した幼虫の巣だったのかもしれない。


M5026710.jpg 





見ると、この木の上の方から次々と降りてくる。

M5026713.jpg 





M5026719.jpg 






M5026728.jpg 






M5026723.jpg 





足元を見たら、そこにも幼虫が這っていた。
これからが楽しみです。

M5026720.jpg 






案内板の軒下にアシナガバチが巣作りしていたので、管理人さんにお知らせしておいた。
緑色の肉団子を咥えていたが、ゼフの幼虫でないことを願いたい。

M5026699.jpg 

富士緑

ごまさんの飼育中のフジミドリが羽化したというので、撮影させてもらった。

放蝶するわけにはいかないので、それらしく撮影しようと車の中のコナラの小枝を持ち込んで撮影を開始。
しかし、なかなかコナラの葉に止まってくれない。
止まってもすぐに飛び上がってしまう。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2018/04/21

G4213693.jpg 





その度に、指に乗せてコナラの葉へ。

G4213728.jpg 






車の中の気温が高すぎるようなので、エアコンで涼しくしてみると、少し落ち着いた模様。

G4213700.jpg 





となると、次は開翅を撮りたくなるのは世の常。
陽に当てたり、LEDライトを当てても素知らぬ顔で翅を閉じたままの我慢比べ。orz

G4213719.jpg 





G4213736.jpg 





OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm]

M4216254.jpg 






もう限界!と、諦めたところに、Tさんが秘密兵器を持って来てくれたので、無事 美しい開翅を撮ることができました。

M4216372.jpg 






M4216369.jpg 






M4216350.jpg 






M4216357.jpg 






M4216318.jpg 





OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]
G4213820.jpg 





G4213779.jpg 





G4213781.jpg 





G4213797.jpg 



««前のページ  | ホーム |