FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


台風が来る前に

9月の最終日、北上を続ける台風24号の影響で一日雨の予報だったのでゆっくり寝ていたら、窓の外に陽射しと青空が。時計は10時を指そうとしている。
天気予報を見てみると、朝は曇りで11時から雨マーク。
しかし、どうみても雨が降る気配がしない。
ということで、急いで朝食を食べカメラを持ってマイフィールドへ直行した。

ミドリシジミが見られるカッパ池は雑草が生い茂り 池の水が見えないが、シンボルのカッパ相撲は水に浸かっていた。

iPhone6 2018/09/30

IMG_3078.jpg



古民家には、秋の味覚が。
IMG_3079.jpg 




青蜂を期待したが、全く気配がない。
その代わり、ウラギンシジミ♂が何頭か地面や縁側で吸水していた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

M9302115.jpg 



OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 

G9304550.jpg




少し前まで、渡り途中のエゾビタキがバーダーの注目を集めていたようだが、今日はカメラマンはほとんどいない。それに被写体も少ない。orz
他にこれっと言った被写体を見つけられずに歩いていたら、木製の手すりに1cmほどのハエトリグモを発見した。
貴重な被写体。マクロでの撮影です。
G9304554.jpg




G9304556.jpg





G9304563.jpg




目に自分が写っていないか気になったので、ピクセル等倍で切り出してみたが、よくわかりませんね。
G9304563-1.jpg




フィールド内を一回りして戻って来ると、古民家前に「大自然がキャンパス」の旅人さんが、鳥待ちしていた。聞いてみると渡りの鳥は抜けたようで、エゴの実を食べにくるヤマガラを待っていると言う。
雑談していると、ヤマガラではなく写真展仲間のTnさんがやって来た。

そしてしばらくしたらヤマガラの群れもやって来た。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 
M9302141.jpg



M9302146.jpg



12時半を過ぎたら日が翳り、多くの雲が流れてきた。
これはまずい。2人はまだ残るとのことなので、先に引き上げることにする。

途中、種名は分からないが、奇妙なアブ?を見つけて1枚。
M9302188.jpg



この後、車で帰る途中からフロントガラスに雨粒が当たりだした。
2人はどうしただろうと思いながら、自宅を目指した。





スポンサーサイト



彼岸花とアゲハたち

この週末は、Sさんは用事があるとのことで、naoggioさんと二人で千葉へ彼岸花で吸蜜アゲハたちを撮影に行ってきました。

あちこちで彼岸花の赤い絨毯が見られる。
Sさんに教えてもらった場所で散策を開始するが、時間が早過ぎたのか彼岸花で吸蜜する蝶の姿はない。naoggioさんと別れて散策していたら、ようやくアゲハチョウを見つけた。
残念ながら左翅がボロボロ。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/09/23

I18A2775.jpg 




キアゲハとナガサキアゲハ♂も飛んできていたので、naoggioさんに教えてあげようと、naoggioさんのところに行くと、naoggioさんはナガサキアゲハ♀を撮影していた。
ちょっと擦れていたが、♀の撮影は久しぶりで嬉しい。
I18A2866.jpg



しばらくの間この♀に遊んでもらった。
I18A2909.jpg



I18A2965.jpg



I18A2967.jpg


OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9232008.jpg



この後、アゲハチョウがいた場所に戻ったが時すでに遅し、ナガサキ♂が来たもののそのまま飛び去って行ってしまった。
しばらく待ってみたが何も現れないので、ここに来る間に目星をつけた場所に移動することにした。

そこでは、着いて早々、綺麗なキアゲハが吸蜜していた。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II]

I18A3238.jpg 



naoggioさんが、標準レンズで撮影しようと蝶に迫る。
I18A3288.jpg




I18A3252.jpg




I18A3262.jpg



I18A3267.jpg 



キアゲハに夢中になっていたら、これまた綺麗なモンキアゲハも現れた。
I18A3540.jpg



I18A3517.jpg



I18A3395.jpg



I18A3393.jpg



I18A3468.jpg



気がつくと、クロアゲハ、ナガサキアゲハ♂、カラスアゲハ♀も来ていた。
3頭とも擦れているのが残念ではあったが・・・
I18A3311.jpg



I18A3479.jpg



I18A3486.jpg 



数本だけ、赤というよりピンク色に近い彼岸花も咲いていた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9232100.jpg

久しぶりの帰省

9月3連休の直前に叔父が亡くなったため、急遽 帰省することになりました。

田舎が島のため、交通手段は飛行機か船しかない。
夏シーズンは終わっているので、余裕だと思っていたら、飛行機も高速艇も既に予約で満席。
唯一残った大型船になんとか乗ることができました。

時期外れなのに何でこんなに混んでいるのだろう?
観光客がピーク時の1/3に減少していることを考えると、嬉しいことではあるが。

大型船は、夜の11時に竹芝桟橋から出航する。

iPhone6S 2018/09/14-18

IMG_2997.jpg 




出航して間も無く、レイボーブリッジの下を通過する。
IMG_3006.jpg




IMG_3021.jpg



甲板もこの賑わい。
船内に席が取れなかった人たちは、甲板にシートを引いて到着までの一夜を過ごす。
IMG_3018.jpg




飛行機なら調布飛行場から20分、高速艇なら竹芝から2時間40分だが、この大型船は8時間半。
曇り空の下、翌朝7:30に我がふるさと新島に到着した。
IMG_3029.jpg




遊びに帰ってきたわけではないため、到着早々から出棺、火葬と葬儀が続く。

天気が回復した日曜日、一息ついたのは日が傾きだした頃。
外がオレンジ色に染まりだしたので、砂浜まで散歩に出かけた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9161961.jpg 




残念ながら、水平線上に雲があり、海に沈む夕日は見られなかった。おまけにバッテリ残量がわずかになっている。汗)
慌てて出てきたため充電器を持ってこなった。
そのため、たくさん撮りたかったが、後のことを考え数枚で我慢。orz
M9161965.jpg




日中、暇な時間ができ、島にいる兄に、昔はなかったスポットに連れて行ってもらった。
島の南東側にある高さ250mの白ママ断層と呼ばれる真っ白な断崖絶壁の頂上。
日差しがないため海がちょっと残念な色ではあるが・・・
M9171989.jpg




風雨にさらされて、年々侵食されている。
私が知っている灯台は、今は何もない空間(写真に写っている灯台よりもはるか奥)に立っていた。
M9161947.jpg 




反対側にはサーフィンのメッカ、羽伏浦海岸が見える。
M9171987.jpg




上の写真で海岸が終わるあたりにある羽伏浦港から撮影。
左端の山が海岸に落ち込んでいる場所が、白ママ断層。
(4枚パノラマ合成)
名称未設定_パノラマ1のコピー





こちら側には、展望台も用意されている。
M9171985.jpg




昔は、もっと高い峠からこの海岸を一望できたのだが、平成12年の伊豆諸島北部群発地震で道路が寸断されて以降、行くことのできない場所になってしまった。
ちなみに海岸の南側の白ママ断層に続く断崖は8年前の記事で紹介しています。
IMG_3039.jpg




めずらしい抗火石がとれる山。
iPhone6S
IMG_3044.jpg 



ここからは、式根島、神津島を眺めることができます。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9171993.jpg




砂浜に咲くハマゴウの花。
子供の頃、水中眼鏡のくもり止めとして、この草をガラス面に擦り付けたものです。
P9180999.jpg




一週間に感じた3日間が過ぎ離島。
帰りも飛行機、高速艇は満席だったので時間のかかる大型船で。

船の進行に合わせて、トビウオが舞っていた。
iPhone6S
IMG_3053.jpg




連休を過ぎていたので、行きに比べて船内は空いていた。
IMG_3057.jpg




左に利島、その奥が大島、そして無人島の鵜渡根島、右端が新島。
IMG_3055.jpg




帰りは2時間早く、6時間半で戻ってこれた。
IMG_3070.jpg

珠玉の昆虫標本のはずが・・・

日曜日、妻を誘って東京大学総合研究博物館で行われている「珠玉の昆虫標本」を見に行くことにした。ネットで確認したら休館日は月曜となっていた。

東京大学なんて縁のない私。
妻も行ったことがないので行って見たいと、喜んでついて来てくれた。

地下鉄丸ノ内線の本郷三丁目駅から徒歩6分、キャンパス案内で目的地を確認するまでもなく、それは入った門の直ぐ右側にあった。

iPhone6S 2018/09/09

IMG_2980.jpg




総合研究博物館の前に大きなポスターが飾られており、ワクワクさせられる。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M9091896.jpg 





ところが入口の前まで行くと・・・えっ?! @o@ 何で?
iPhone6S
IMG_2979.jpg




他にも数人の人がやって来て「えっ休館なの?何で?」と、同じリアクションになっていた。

このブログを書いているときに改て調べて見たら、別のHPに「休館:土、日、祝日、年末年始」となっていた。どうして最初出てきたHPには月曜だったんだ。怒)
平日しか開いていないのだとすると、リベンジは難しいかも・・・ToT)

案内板を見ると、興味をそそる別のイベントが・・・^^)
しかし、よく見ると「日曜祝日休館」の文字が見えて撃沈。orz
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
IMG_2977.jpg





まぁ、折角来たのだからと、散策。
煉瓦造りの雰囲気がある建物がたくさん。
大きな木が多いため、木陰で絵を描いている年配の人が数人 、散歩を楽しむ親子連れ、普通の公園のようだが、人が少ないので、穴場てきな場所かもしれない。
M9091901.jpg




M9091905.jpg




東京大学の代名詞、赤門で記念撮影。
M9091904.jpg





M9091902.jpg




他にイベントもないので、東大を後にして近くにある湯島天神を通って上野まで歩くことにした。
M9091913.jpg




湯島天神に着くと、謝楽祭で大賑わいだった。
落語協会が主催しているようで、多くの落語家さんが屋台で働いていた。
M9091907.jpg




門に飾られていた牛の彫刻。
M9091908.jpg




左右で違う牛になっている。
M9091909.jpg






M9091918.jpg




翼を広げた面白い龍、初めて見るデザインです。
M9091917.jpg





そして、上野公園へ。
不忍の池の向こうの東京スカイツリーを見ながら一休み。
iPhone6S
IMG_2987.jpg





イネ科?の雑草にイチモンジセセリが飛んできて、産卵を始めた。
マクロレンズは持ってこなかったが、この標準ズームでもそこそこ撮るものだとわかった。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9091921.jpg





上野公園といえば・・・
M9091925.jpg





この人の大河ドラマは面白く、毎回欠かさず見ています。
M9091924.jpg




M9091926.jpg




この後、アメ横で買い物をして帰路に着いた。
M9091927.jpg


4組ものカップルは初めて

千葉のNさんから情報を頂き、naoggioさん町田のSさんと、自身初めての房総シルビアを満喫して来ました。

最初のポイントでは既にNさんがスタンバイ。
少し前まで、綺麗なシルビアがシロツメグサで吸蜜していたとのこと。
早速探索開始。

これは、と思ったら・・・斑紋の配列が違ってました。orz
小さいヤマトシジミがいて、紛らわしい。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ] 2018/09/08

M9081444.jpg




ほどなくSさんが見つけてくれたのは、少しスレたオス。
M9081456.jpg






待望の開翅は、草陰だった。orz
M9081486.jpg 




その後、続々とシルビアが見つかる。
M9081550.jpg





見つけた♂を追いかけていたら、この日最初のカップルに遭遇。
M9081537.jpg




魚露目で撮って見ました。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm+魚露目8号]

M9081570.jpg





綺麗な個体も見つかった。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9081584.jpg




M9081593.jpg




OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]

G9084543.jpg




そこそこ満喫できたため、次のポイントに移動と車に戻ると、虫むしクラブのなつさん夫妻が到着した。そして、ご夫妻とともに次のポイントへ。

ここは、期待されていたポイントだが、見つかったのは1頭のみ。
残念ながら私は撮影することができず、最初のポイントに戻ることに。

最初のポイントで、なつさんが植えられている枝豆の葉の中にシルビアが入っていったというので、探してみると、なんと 枝豆の花で吸蜜していました。初めてみるシーンです。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9081655.jpg




もう一ついた!と思ったらヤマトでした。
M9081662.jpg




と、ここでnaoggioさんがこの日2組目のカップルを発見。
大きな右が♀だと思ったが、よくみると左の小さな方が褐色があり♀のよう。
M9081664.jpg




じっくり撮ろうとしたら解消してしまい、♂は疲労回復へ。

M9081682.jpg





そして、Sさんが見つけた綺麗な♂が開翅。
至福のひとときでした。
M9081712.jpg



M9081718.jpg





なつさんが、いいところにシルビアが止まったというので直行。
そこには、新緑の中に咲く小さな一輪の花で吸蜜するシルビアの姿が。
M9081730.jpg



反対側から。
M9081742.jpg



そして、上から。
M9081748.jpg




ほどなく、なつさんがこの日3組目のカップルを見つけてくれた。
このカップルも大きい方が♂。
M9081773.jpg




なかなか落ちつかず、体制が変わる。
M9081781.jpg




しばらくすると解消し、先ほどと同じく♂は疲労回復に。
かなりの体力を使うのでしょうね。
M9081799.jpg





少しだけ開翅もしてくれました。
M9081811.jpg




十分すぎる成果で、早めの解散となりました。
と、帰路につこうとする車の中で、Sさんがもう1箇所回りたいというので、行って見たが、そこは環境が変わってしまい、ヤマトも飛んでいなかった。

帰る途中、2箇所目のポイントに寄ることに。
すると、Sさんが成立ほやほやの この日4組目のカップルを見つけてくれた。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]

G9084547.jpg





いいところに止まっていたが、飛んでしまい下草に降りてしまったので、シロツメグサに移ってもらいました。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9081859.jpg




最後は、naoggioさんとSさんを入れて魚露目で撮影。
背景は、加工してます。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm+魚露目8号]

M9081878.jpg


曇っていても暑い

天気の良くない週末、遠征は諦めてマイフィールドへ。
時折陽射しが指す曇り空。
ひところに比べればかなり涼しくなっていると思うが、まだまだタオルなしでは歩けない。
タオルとカメラを首にかけて、いざ。

ムツバセイボウが一番の目的だが、陽射しがないと期待できない。
昨年ムツバを撮影したポイントをすぎたところで、草の柄にしがみつくシュルーゲルアオガエルを見つけた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ] 2018/09/01

M9011311.jpg





じっと見つめていたが、舌が出てくることはなかった。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]

G9014506.jpg





エノキの葉に産卵するアカボシゴマダラを見つけた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9011334.jpg




せっかくなので、卵も撮影。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]

G9014511.jpg




キツネノマゴでイチモンジセセリが吸蜜していた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9011343.jpg




チャバネセセリも
M9011345.jpg 




ハンノキの梢でテリ張りを行うシジミチョウが。
まさか!と思ったが、ウラギンシジミだった。orz
M9011379.jpg




秋を先取りしてコスモスが咲いている。
M9011352.jpg




コスモスとナナホシテントウのコラボ
M9011394.jpg 





M9011402.jpg




OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro]
G9014519.jpg




公園の入り口にある梨畑には、浜梨がたわわに実っていた。
恥ずかしながら、数年前に浜梨という地元の梨を初めて知った。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]
M9011320.jpg





もちろん、買って帰りました。
これは、新星という品種で、1個200円。
甘くてみずみずしくて美味しい梨、しばらく楽しめそうです。
iPhone6s
IMG_2965.jpg




 | ホーム |