FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


神奈川ギフ・リベンジ

朝早く案山子さんをピックアップし、現地に向かう。
横浜の空はすっきり晴れている。前回は1頭を辛うじて撮影できただけだっただけに、前回は楽勝だろうと二人で捕らぬ狸の皮算用をしながら車を走らせる。
ところが、バイパスを抜け相模原に近づくに従い、徐々に辺りが暗くなっていく。まるで、時間が逆転して日の出前に戻って行こうとしているように・・・現地の上空は、分厚い雲で覆われていた。
天気予報は晴れのはずだが、これでは前回以下のボウズになるのではないかと、一抹の不安が過る。
現地でpapilioさんと合流し、晴れ間が出るの待つ。
ヒメオオさんdaronさんをはじめ知り合いが続々とやって来るが、太陽はまだ来ない。

すると「かわいい〜」という声と共にシャッター音が聞こえてきた。
何が出たのだろうと見にいくと「ネズミ」だと言う。
ネズミがかわいい? どんなネズミだろうと見てみると、手のひらにちょこっと乗りそうな小さなネズミで、確かにかわいい。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/03/31

I18A1254.jpg 



大きさを比較するため、500円玉を置いてもらった。
OM-D E-M1 [ZUIKO ED 12-40mmF2.8]
M3314546.jpg 



ヒメネズミという種類らしい。
人間に怯える様子はなく、とてもいいモデルさんになってくれた。
D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]
I18A1290.jpg 



日が射し始め、最初に飛び始めたのはスギタニルリシジミだったが、すぐに日差しが途切れ寒くなると止まったきりじっとしてしまったので、案山子さんが指乗せを披露。
TG-4
P3311172.jpg 



D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 
I18A12631.jpg 




徐々に日差しが長く出るようになり、ミヤマセセリ♀も飛び出した。
I18A1419.jpg 




13時を回り、ようやくギフチョウが姿を現した。
I18A1438.jpg 



I18A1447.jpg 



I18A1459.jpg 



I18A1556.jpg 



I18A1560.jpg 



I18A1614.jpg 



I18A1698.jpg 



最後には、スギルリ&ルリの集団給水も撮ることができ、十分に前回のリベンジをすることができました。
案山子さん、papilioさん、他久しぶりにお会いできた方々と楽しい時間を共有でき、嬉しかったです。
ありがとうございました。

I18A1485.jpg 



これ、残念ながら後尾ではありません。
I18A1479.jpg 



TG-4
P3311183.jpg 



I18A1830.jpg 
スポンサーサイト



ダイヤモンド富士は、また持ち越し

春分の日はあいにくの雨、次の日の夕方になって雲が出てきて夕陽をみることができなかった。
日曜日の夕方、すっきりと晴れて周りがオレンジ色に染まってきたので、カメラを持って近所の高台へ行ってみた。

まだちょっと陽が高くて、富士山がどの位置にあるのかわからない。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2019/03/24

M3244197.jpg 




暫くすると富士山の姿が見えてきた。
この感じだとダイヤモンド富士っぽく見えなくもない。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 12-40mm]

G3244969.jpg 



望遠で寄るとずれていることが分かる。
やはり春分・秋分の日じゃないとダメだ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

M3244203.jpg 




私が夕陽を撮影していたら、初老の男性が一人現れて話かけてきた。
「今回もいい日が雨でだめでしたね」
M3244227.jpg 



パシャパシャと撮影する私に向かって「何枚撮ってもお金がかからないからいいですよね。フィルムの時代は一回のシャッターが貴重でしたから。それにカメラも重かった。」と、若い頃から写真撮影を楽しまれていた様子。
私が「今のカメラは小さくて軽いですよ」とOM-Dを見せると、優しくうなずき返してくれた。

その人は数年前に、この時期にこの辺りでダイヤモンド富士が見られることを知り、それからあしげく通っているという、毎回丁度いい日に雲がかかったりして富士山の斜面に沈む夕日しか見られないと嘆いていた。
確かに私も春秋と機会を伺っているが、天気が悪いことが多く、気がつけばダイヤモンド富士が撮れたのは9年前の一度だけ。9年前というとマクロフォーサーズのカメラがで始めた頃で、私がまだ、フォーサーズで頑張っていた頃だ。
この時期の晴れた日に、南北方向のちょうど良い場所に移動すれば撮れないことはないのでしょうが、そこまでしようという元気はありません。^^;

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 12-40mm]

G3244974.jpg 



太陽が沈むし従い、左上に富士山の影が伸びていく。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

M3244240.jpg 




当たり前のことですが、太陽は右に移動しながら沈んでいく。
昨日だったら、もう少し山頂近くの稜線を転がるような洛陽が見えたかもしれません。
M3244244.jpg 



名残惜しくも最後の光が沈で行く。
M3244259.jpg 




ダイヤモンド富士の2回目は、いつになったら見られるのだろうか・・・

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 12-40mm]

G3244986.jpg 


ギフチョウに逢いに

暖かい日が続いていたので、かなり早いがギフチョウもたくさん出ているのではないかと思い、週末の日曜に行ってみようと思っていたら、土日は寒波で2月並みの気温に下がるとの予報だったので、その前に案山子さんを誘って出かけてみた。

車での外気温の表示を見ると20℃。
ギフチョウがいてもビュンビュン飛び回るだけで撮影できないのではないかと心配になる気温。
車を降りてポイントまで歩き始めると、山道にはミヤマセセリが飛び回っている。
1頭が近くに止まったので撮ろうとカメラのスイッチを入れてファインダーを覗くと、左上に表示されるバッテリー残量が最低レベルになっている・・・えぇ〜 @o@)
こ、これでは無駄撃ちができない。と直ぐにスイッチを切り、本命のギフチョウのポイントへ急ぐ。

ポイントに着くと既に2人のカメラマンがモミジイチゴの前でスタンバイしていた。
40分ほど前に1頭か人しただけで、ずっと待っていると言う。嫌な予感・・・
モミジイチゴに吸蜜に来るのはミヤマセセリだけ。
ギフチョウはまったく姿を見せない。
バッテリーを気にしつつ、ミヤマセセリを撮影する。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/03/22

I18A1157.jpg 




汗ばむ陽気の中、ギフチョウは一向に現れない。
とりあえず諦めて、スギタニルリシジミを撮りに移動し始めた時、女神が目の前に現れた。
やった!という嬉しさと、この気温なので、そのまま飛んで行ってしまうのではと不安に思いながら目で追うと、直ぐ近くの小枝に止まってくれた。
まるで「撮影して」と言っているようで、回り込んで撮影するまで止まっていてくれた。

I18A1166.jpg 



もっと飛んでくるだろうと思っていたが、結局この1頭だけ。
たくさん見られるようになるのは、まだまだ先になりそうだ。

麓の里では、そこそこの数のスギタニルリシジミが飛んでいた。
ギフチョウが1頭だけだったこともあり、このりのバッテリーでスギルリを楽しむことができた。^^;

I18A1171.jpg 




もっとブルーの縁毛を狙いたかったが、これ以上低い角度から狙うことができず。orz
I18A1181.jpg 




開翅も撮りたかったが、一度もチャンスをもらえなかった。orz
I18A1190.jpg 




地面近くをウロウロしていたスギルリが上に舞い、スギの雄花に止まった。
I18A1192.jpg 



スギルリがスギで吸蜜? だったら面白いですね。^^;
I18A1205.jpg 


おかげさまで写真展も無事に終わりました。
お越しいただいた方、応援していただいた方達に感謝申し上げます。

7年前の第1回写真展は6月の第1週に開催しました。
多くのカメラマンがゼフを求めて会場の前を通るだろうと考えて決めた時期だったが、自分たちが撮影に行きたくて我慢できず、会場に店番がいなくなるということで、次の年から今の時期に変更した経緯があります。
この時期だと、写真展の終わりが蝶シーズンの開幕となる感じでちょうどいい。
今年ももう神奈川のギフチョウが飛び始めているのでこの週末が楽しみだ。

と言うことで、ここでは写真展をちょっこと抜け出して撮影した春の写真をアップします。

たくさん咲いているオオイヌノフグリを撮ろうとカメラを構えたら、てんとう虫の幼虫が現れた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2019/03/16-17

M3163955.jpg 



黄色い花びらがいっぱい。
M3163958.jpg 



ノゲシでしょうか。
M3163961.jpg 



白梅はもう終わりかけている。
M3163966.jpg 




小さなユキヤナギもアップで見ると梅の家紋のよう。
M3163982.jpg 



土手に一本だけツクシが生えていた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm ]

M3163993.jpg 



舞岡八幡宮の参道にあるピンクの桜は満開状態。
M3174000.jpg 



河津桜だろうか、それにしては色が少し薄く感じるが・・・
M3174041.jpg 



M3174020.jpg 



M3174028.jpg 



M3174031.jpg 



フデリンドウが咲いていると聞いて行ってみたが、スミレしか見つけられなかった。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]

M3174044.jpg 



アマナにはビロードツリアブが吸蜜にやってきていた。
M3174050.jpg 



体毛の中に透けて見える胴体は意外と小さい。
M3174064.jpg 

ウラゴ幼虫

案山子さんが以前からマイフィールドで観察していたウラゴマダラシジミの卵が孵化して、幼虫がイボタの葉を食べていたと写真展に来た知り合いが言うので、写真展を抜け出して見に行ってみた。

教えてもらった場所にあるイボタの枝をチェックすると、抜け殻の卵塊が見つかった。
かなりの数、孵化したようだ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2019/03/10

M3103923.jpg 



幼虫もすんなりみつかるだろうと葉を見回すが、それらしきものは見当たらない。
食痕のある葉はちらほら見つかるが、肝心の幼虫がいない。
これか!?と思ったら、イボタの芽だった。
M3103924.jpg 



小さなイボタを眺め回すこと5分?10分?
葉の裏にいた一頭をやっとのこと見つけることができた。
大きさは、1mmほど。
M3103925.jpg  



それから3日後。
休暇をとって写真展に詰めていたら、Td夫妻が来て「ウラゴ幼虫が枝の上を這っていた」というので、再度見に行ってみた。
すると二股に分かれた枝の谷間に隠れるように2頭がじっとしていました。
2019/03/13
M3133947.jpg 



1円玉と比較することで、幼虫の大きさが分かるかと。
M31339481.jpg 



そして更に3日後、再々度 写真展を抜け出してみに行ってみたら、2頭ともほぼ同じ場所でじっとしていた。寒さがぶり返したため、そのまま動けなくなったのだろうか?
2019/03/16
M3163972.jpg 



ミドリシジミの卵を見に行ってみたが、こちらはまだ眠っているようだ。
M3163979.jpg 



以前に見つけていた2つの蛹の様子もチェックしたが変化なし。
いつ羽化するのだろうか。
ナミアゲハ
M3163964.jpg 



クロアゲハ
M3163965.jpg 


ミッキー

この日曜日の朝、写真展会場で店番していたら、Tdさんが遅れてやってきて「うちのマンションにこれが来たんだよ」と興奮気味に透明なプラスチック容器を差し出してきた。
その中に入っていたのはミツボシキリガ。

M3103907.jpg 



逆さにしてみると三つ星の模様がミッキーマウスに見えることから、蛾の愛好家の間ではミッキーと呼ばれ、人気のある蛾のようです。
M3103914.jpg 



ピクリとも動かなかったので死んでしまったのかと思っていたら、しばらくして容器の中で元気に歩き出した。
M3103917.jpg 



蛾にはまだそれほど惹かれはしないが、せっかくなのでお腹も撮ってみた。
P3101117.jpg 

写真展始まる

いよいよ写真展がスタートしました。
昨日までの愚図ついた天気が嘘のような青晴れの暖かい天気になったので、写真展に来るよりもフィールドへ行ってしまう人が多いのではないかと心配していましたが、初日からたくさんの方が見に来てくれました。来場いただいた皆様に感謝いたします。

3/12(火)の閉館を挟んで、3/17(日)まで開催しています。

IMG_3491.jpg 



メンバーの想いのこもった写真が122枚。
5面のパネルにびっしり。
IMG_3490.jpg 



左側から私の蝶・蛾が12枚。
M3093896.jpg 



その隣に、Sさんの蝶6枚(アゲハチョウが1〜5頭とたくさんのモンシロチョウ)と鳥6枚。
M3093897.jpg 



通路を挟んで、midoriさんの「北のトンボ」が6枚、Uさんの花(5枚が雄雌別株の花)が6枚。
M3093898.jpg 



mikatanukibabaさんの「2種ツーショット」蝶が12枚。
M3093899.jpg 



Tnさんのフクロウ追悼写真10枚、その他蝶と鳥8枚、Ngさんの野鳥2枚。
M3093901.jpg 



Tdさん夫妻の「私の探蝶旅のアルバム」から18枚。
M3093902.jpg 



チャリコバさんの「一瞬の輝き(独特の虫の世界)」が12枚。
M3093903.jpg 



新団長の案山子さんの蝶、トンボ、鳥の12枚。
M3093904.jpg 



最後が、ごまさんの北海道撮りたて写真が12枚。
M3093905.jpg 




P3091108.jpg 

第7回 写真展のお知らせ

FCブログで特定の記事を常にトップにする方法がわかったので、期間が迫ってきた前出しのお知らせをしばらくトップにします。
最新の記事は、この記事の後ろになります。


今年も ごまさん案山子さんmidoriさんチャリコバさん三鷹の狸さんを含めマイフィールドの仲間11人と写真展を開催します。
蝶、鳥、虫、花 全120枚の写真がお待ちしていますので、是非お越しください。
土日は、会場に詰める予定です。

写真展のお知らせWeb 


毎回、よくばりな総数120枚の写真が並びます。
私の写真は12枚、↓↓↓こんなイメージです。
全体 

三浦の河津桜

妻が見たいというので、行ってきました。
三浦海岸駅前にある河津桜も満開状態。
駅名も桜と菜の花で彩られています。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/03/02

M3023862.jpg 



桜の花にセイヨウミツバチが蜜集めにきていた。
桜のハチミツも美味しそうだけど、あるのかなぁ?
M3023750.jpg 




M3023755.jpg 



M3023878.jpg 




M3023845.jpg 



M3023849.jpg 



OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

G3024949.jpg 



OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M3023866.jpg 



駅前だけでも十分に楽しめるが、本命は桜並木。
多くの人の流れに乗って歩くこと10分。
満開の並木に到着した。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

M3023775.jpg 



下の桜並木の下には菜の花がびっしり。
しかし、桜と菜の花を一緒に撮るのが難しい。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M3023778.jpg 



菜の花の間から覗く、太い木の幹から咲いた桜を見つけた

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm]

M3023807.jpg 



人が多いので撮影に集中できないのがちょっと残念。
M3023805.jpg 



すぐ横を京急の電車が通り過ぎる。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M3023809.jpg 



散った桜もあれば、咲き始めている桜もある。
M3023785.jpg 



地面にもそこそこ花弁が落ちている。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

M3023841.jpg 



並木の隣に広いキャベツ畑があり
G3024948.jpg 



その脇で三浦大根がお買い得な値段で売られていました。
勿論、我が家も一本買って帰りました。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M3023824.jpg 



駅近くでは、大根を出荷する軽トラが・・・
M3023726.jpg 

水田のシギチ

干潟の後は水田でシギチに会うことができました。
姿形が似たようなシギ達。マイフィールドで見慣れているシギはすぐわかるが、それ以外はベテランの3人(papilioさんramblinさんR君)に種名を教えてもらわないとさっぱり分からない。

この2羽、左のタシギはすぐに分かったのだが、左のオオハシシギは知らなかった。
嬉しい初撮です。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/02/24

I18A0439_20190301220529e6c.jpg 



こちらはアオアシシギ。
初撮だと思っていたら、7年前に撮影していました。
I18A0464.jpg 



多くのオオハシシギの中にアオアシシギが2羽。
他にはいないと思い込んでいて、あとで写真を整理していたら1枚だけ赤い嘴のシギが写っていた。
papilioさんに判定してもらったらアカアシシギとのこと。
証拠写真にもなりそうもないけど、初撮です。^^;
I18A0454.jpg 



かなりくたびれた様子のアオサギ。
I18A0475_201903012205315ee.jpg 



オオハシシギがかなり小さく見えてしまう。
I18A0478.jpg 



頭上をムクドリの群れが通り過ぎる。
ホシムクドリが混じっていないかと期待したが、見当たらなかった。
I18A0550.jpg 



ちょっと場所を変えると、見つけにくいところにムナグロが数羽。
ムナグロも初撮です。
I18A0561.jpg 



土手の上にはキジも
I18A0569.jpg 




7年ぶりに見るチューヒが大空を舞っていた。
I18A0582.jpg 


I18A0616_20190301220818499.jpg 



オジロトウネンも初撮でした。
I18A0633.jpg 



タカブシギは8年ぶり。
I18A0639.jpg 



何かに驚いて飛び去る。
I18A0645.jpg 



ヒバリシギは初撮。^^)
I18A0657.jpg 



一角にタヒバリが数羽いて、1羽が大きなミミズを食べようとしていた。
I18A0697.jpg 



papilioさんが「オオヒシクイの飛来地が近くにあるから」ということで、連れって行ってもらった。
ポイント到着すると頭上を旋回するオオヒシクイの群れが飛んでいた。
保護活動をしている方が「さっき飛び立ったので、今日はもう戻って来ないよ」と・・・
ギリギリのタイミングだったということだ。とりあえず撮影できてよかった。
I18A0764.jpg 




成田空港へ降り立つ飛行機を誘うように、オオヒシクイ達は遠くに飛び去っていった。
I18A0841.jpg 



最初のポイントに戻るとオオハシシギとアオアシシギがまだいてくれた。

意外と綺麗な模様のオオハシシギの翼裏。
I18A0884.jpg 



タゲリも
I18A0975.jpg 



近くにいたオオハシシギが驚いて飛びのく。
I18A1073.jpg 



そして多くのシギが飛び去っていった。
I18A1092.jpg 



I18A1103.jpg 



数えてみたら初撮7種。
干潟は残念だったが、とても充実した遠征となった。
案内いただいたpapilioさんとramblinさん、R君に感謝します。



 | ホーム |