FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


平成最後の遠征は、黒系アゲハ

連休前半、唯一の晴天になった日曜日、戸塚のKiさんに県内の黒系アゲハのポイントに連れて行ってもらいました。MGさんnaoggioさん、町田のSさんの5人で、お目当はミヤマカラスアゲハ。

ポイントでは、真っ赤なツツジが満開。
期待して待っていると、オナガアゲハと見間違うような黒いジャコウアゲハ♂がどこからともなく飛んできた。

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2019/03/28

X4280022.jpg 



まだ気温が低く、吸蜜よりも日光浴のようだ。
X4280098.jpg 



♀も出てきたが、右の尾がない。
X4280072.jpg 



こちらは、両方の尾が・・・
♂より発生の遅い♀の方が擦れているのは、どうしてだろう?
X4280321.jpg 



♂がタンポポに止まった。
X4280564.jpg 



下草にも。
X4280726.jpg 



徐々に気温が上がり、吸蜜も始まった。
X4281102.jpg 



上空では、ノスリが鳴きながら旋回していた。
X4280267.jpg 



クロアゲハもやってきた。
X4280503.jpg 



X4281536.jpg 



そのクロアゲハをジャコウアゲハが追い払おうとする。
X4281721.jpg 




X4281722.jpg 




X4282009.jpg 



クロアゲハ同士の争いも。
X4283062.jpg 



クロアゲハは、少しだけ後翅に青い鱗粉が載っている個体だった。
X4280034.jpg 



モンキアゲハもやってきた。
X4282171.jpg 



ジャコウアゲハは、モンキアゲハにも挑みかかる。
X4282935.jpg 




X4282948.jpg 



お腹がパンパンのアゲハチョウ♀が白いツツジでじっとしているのを見つけた。
X4282135.jpg 



ようやく本命のミヤマカラスアゲハ♂が登場。
X4281420.jpg 



綺麗なのだが、なんとなく違和感が・・・それもそのはず、左後翅がボロボロだった。
X4281642.jpg 




2頭目のミヤマカラス♂も派手なビークマークが・・・ ToT)
結局、ミヤマはこの2個体だけだった。orz
X4280176.jpg 



2頭のカラスアゲハもやってきて、ビークマークのミヤマに追いかけられる。
X4280113.jpg 



かなり苦戦したが、2頭のカラスアゲハに少し救われました。
X4280604.jpg 



ちょっとピン甘ですが・・・
X4280643.jpg 



X4280063.jpg 



X4280657.jpg 



X4280676.jpg 



V字の面白い模様が・・・^^;
X4280872.jpg 



X4280928.jpg 



クロアゲハが吸蜜しているところを撮影していると・・・
X4280714.jpg 



カラスアゲハがやってきた。
X4280732.jpg 



驚いたクロアゲハが逃げる。
X4280734.jpg 



写真には納められなかったが、5〜6頭がからんだりと、それなりに楽しめることができました。
案内していただいたKiさんに感謝です。
X4280791.jpg 


スポンサーサイト



赤レンガから横浜公園

日曜日、赤レンガで開催されている宇都宮ギョウザ祭り最終日ということで、妻と二人で食べに出かけた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/04/21

M4214672.jpg 



宇都宮ギョウザまだ食べたことがなく、どんなものか楽しみでしかたない。
赤レンガ前に着いたのはお昼過ぎで、会場は人でごった返していた。
M4214673.jpg 



有名どころの16店舗が出ているというが、とてもそんなには回れない。
どのお店にも行列ができていて、並び口に10分待ちの立て札が立っている。
とりあえず、店舗ガイドを見て美味しそうなギョウザを選んで並んでみた。
妻は、焼き上がりのパリパリが美味しそうに見えた豚嘻嘻、私は揚げ餃子のマルシンフーズ。
どのお店も1つ¥400均一。

揚げ餃子は、紙袋のおかげでサクサク感があって美味しいが、焼き餃子はビニールパックのため、パリパリ感がしんなりに変わってしまい。ちょっと期待外れだった。
やはりギョウザはこんな場所ではなく、お店に行って焼きたてを食べないと、本当の美味しさは味わえないのだと改めて気づかされた。
IMG_3604.jpg 



宇都宮といえば栃木、栃木といえばイチゴ。
ということで、とちおとめのかき氷¥500も頂きました。
氷自体はふわっふわで、口入れるとふわっと溶ける感じで美味しいが、イチゴの香りがちょっと薄め。
お店には申し訳ないが、生のイチゴの方がまだいいのではないかと感じてしまった。
IMG_3608.jpg 



この後、赤レンガ内のお店をちょっとみてから、横浜公園へ。
M4214676.jpg 




途中の日本大通りでは、バンドやアカペラの大道芸が行われていた。
M4214683.jpg 



M4214691.jpg 



横浜公園は、一週間前よりも更に咲きそろった感じでした。
似たような写真ばかりですが、ご笑覧ください。
M4214702.jpg 




M4214703.jpg 




M4214706.jpg 




M4214705.jpg 




M4214719.jpg 




M4214726.jpg 




M4214730.jpg 




M4214733.jpg 




M4214735.jpg 




M4214740.jpg 

久しぶりの新潟遠征

数日前にmidoriさんから「週末横浜に戻るのでどこかへ連れてって」との連絡が入ったので、naoggioさんと3人で新潟ギフを撮影に出かけることになった。現地でダンダラさん、千葉のNさんと合流です。

その晩は、平成最後の満月の夜。撮影しようと外を覗くと真っ暗な曇り空で諦めざるを得ない。
ところが、朝midoriさんをピックアップする場所で、西の空にぽっかり浮かぶ満月が見えた。
諦めていた平成最後の満月を撮れるとは、嬉しい遠征スタートとなった。

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2019/04/20

X4200003.jpg 



ポイントに着きギフチョウが出てくるのを待つ。
横浜では下火になりつつあるスギ花粉だが、ここでは厄介なことにスギの花が満開を迎えていた。
X4200013.jpg 



迂闊にも、低い枝についてた花に接触してしまい、肩から下げていたカメラを見てゾッとした。

iPhone6S

IMG_3587.jpg 



気を取り直して、ギフチョウを待つ。が、一向に現れない。
仕方ないので、残雪バックのカタクリで気を紛らわす。

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

X4200016.jpg 



ようやく1頭のギフチョウが現れ、カタクリに止まったが、裏からしか撮れなかった。orz
X4200023.jpg 



同じ個体だろうか、その後も極たまに1頭が現れるが止まらずに通り過ぎていくこと数回。
厳しい状態だったので、別のポイントに移動することにした。

次のポイントは、多少個体数はいたが、止まるのは地べたばかり。
なかなか吸蜜姿を見せてくれない。
X4200038.jpg 




X4200109.jpg 



擦れ擦れのヒオドシも飛んでいた。
X4200051.jpg 




X4200136.jpg 



丁度12時のお昼。1頭がカタクリに止まってくれた。
X4200065.jpg 




X4200066.jpg 



その後が続かず、しばらくまた、花撮りで気を紛らわす。
X4200149.jpg 




X4200145.jpg 




X4200161.jpg 




X4200168.jpg 




X4200169.jpg 




X4200230.jpg 




X4200232.jpg 



この後、吸蜜タイムとなり、midoriさんが見つけた個体が数回吸蜜シーンを見せてくれた。
みんな綺麗な個体だが、まだ数は少ない感だ。
X4200198.jpg 




X4200200.jpg 




X4200211.jpg 

横浜チューリップ祭り

横浜公園のチューリップが見頃を迎えている。
この日曜日、大型客船が3隻も入港するということもあり、妻と二人で出かけてきました。

午後から天気が崩れる予報だったので、先に大型客船を見ようと桜木町で降りて、赤レンガから回ってみることにした。
赤レンガに行く途中、チューリップを初めにたくさんの花が咲いていた。

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/04/14

X4140015.jpg 



赤レンガを抜けた向こうに、飛鳥II(50,142トン)とウェステルダム(82,348トン)が停泊している。
右の小さいのは、横浜港の観光船 ロイヤルウィング(2,876トン)

iPhone6S パノラマ

IMG_3566.jpg 




この中で一番大きいウェステルダムは、ここからだと大型マンションにしか見えない。
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 12-40mm] 
X4140028.jpg 




大桟橋まで行って、飛鳥IIの船尾とみなとみらいを。
X4140039.jpg 




X4140040.jpg 




船首とみなとみらいも。
X4140044.jpg 




ベイブリッジの奥の大黒ふ頭に アザマラ・クエスト(30,277トン)が止まっている。
この日が横浜初入港だというが、小さくてよく見えないのが残念。
X4140050.jpg 



手前に目を向けると、ウェステルダムがどっしりと停泊している。
なんども入港しているようだが、私としては初見初撮です。
X4140052.jpg 




X4140054.jpg 




救命ボートは潜水艦のようなフォルムです。
X4140055.jpg 




先頭の船底には、巨大な球状船首が付いています。
X4140063.jpg 



iPhone6S パノラマ

IMG_3570.jpg 



トイレにと寄った大さん橋ふ頭ビルからいい感じに氷川丸が見えていた。
ちなみにここのトイレは使用禁止でした。凹○
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 12-40mm] 
X4140075.jpg 




買いませんでしたが、こんなポスターもあるんですね。
X4140076.jpg 



ウェステルダムをバックにお花でもと、山下公園に回ってみました。
X4140091.jpg 




X4140098.jpg 




X4140104.jpg 



こちら氷川丸。
X4140102.jpg 



魚眼で。
OM-D EM-1 [LUMIX G FISHEYE 8mm]M4144635.jpg 



横浜公園にいくと、スタジアムの横にベイスターズのマスコット車両が止まっていた。
広島戦が行われていたスタジアムからは、大歓声が聞こえていた。
M4144637.jpg 



チューリップは本当に見頃でした。
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 12-40mm] 
X4140109.jpg 




X4140111.jpg 




X4140113.jpg 




OM-D EM-1 [LUMIX G FISHEYE 8mm]M4144643.jpg 



これがチューリップ? と思わせる変わったチューリップが毎年現れる。
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 12-40mm] 
X4140115.jpg 




X4140117.jpg 




X4140118.jpg 




X4140122.jpg 




X4140126.jpg 



球場脇を通ると、観客席にベイスターズグッズを打ち込むスーパーバズーカーがスタンバイしていた。
X4140142.jpg 



これは、球場内を見られるチャンス。
と、しばらく待っていると、大きな扉が開かれました。
X4140197.jpg 




X4140228.jpg 



つい最近、外野席が増設され、市役所前から観客席が見えるようになっていた。
ちなみに、この日の試合は、4-2でベイスターズの逆転勝ちでした。X4140235.jpg 

試し撮り

町田のSさんからもう一度神奈川ギフに行こうとお誘いがあったので、naoggioさんと3人で行ってきました。現地で案山子さんと合流です。

と、その前に・・・
深く考えずに買っちゃいました。
ボディーだけなのに、パッケージが重たいと思っていたら、ずっしりとした3cmもの厚さがある取扱説明書が入っていた。
あれこれと試したいところだったが、まだ慣れないため普通に撮るだけで精一杯。汗)
蝶シーズンがピークを迎える前までに使いこなせるようになりたいものです。

TG-4
P4071221.jpg 



8時過ぎに目的地の駐車場に到着、車のインパネに表示されている外気温は7℃。
それでも、見上げると雲ひとつない青空が広がり、強い日差しが振りそそぐ。
時間が経てば続々出てくるだろうと、ポイントへ移動。

ギフチョウが出てくる前に現れたのは、ルリシジミ。
スギタニじゃないんだ。と思っていたら、ミズイロオナガを思わせる模様が・・・

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm ] 2019/04/13

X4130002.jpg 



スギタニルリシジミも出てきたが、蒼い表翅は見せてくれなかった。
X4130050.jpg 




スギルリの横にオオイヌフグリのミニチュアのような青い花が落ちていた。
これがオオイヌフグリだとしたら、巨大なスギルリが出現したことになる。^^;
X4130128.jpg 



コツバメも出てきた。
X4130007.jpg 



大人しくしていたので、魚眼で寄ってみた。

OM-D EM-1 [LUMIX G FISHEYE 8mm]

M4134606.jpg 



しかしギフチョウは現れない。
枝垂れ桜も撮れ頃な感じに咲いているのだが・・・
M4134608.jpg 




M4134615.jpg 




と、ようやく現れたギフチョウは、花ではなくコンクリート止まり。orz
まぁ、こんなシーンは今まで撮影した覚えはないので、それなにり嬉しいことではあるが・・・

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X4130074_20190413233541c67.jpg 




その後、ミツバツツジに止まりだした。
X4130114.jpg 




咲き終わった丁字桜の花柄が、ギフチョウに何かを訴えているように見える。
X4130229.jpg 




飛び去ったギフチョウを探して歩いていたら、センチコガネが飛んできて近くに着地したので、撮影し始めるとすぐに飛び出した。
連写合成
X4130250のコピー 



木の幹に止まったので、撮影再開。
X4130263.jpg 




X4130301.jpg 




また、歩いていたとき、小さなスギルリが飛んでいると思ったが、チラチラと見える表翅にゴマ粒のような黒斑が見える。
なんだろう?? 確認したいけど一向に止まる気配がない。
ダメ元で飛んでいるところを連写してみたら、こんなのが写っていた。これって蛾?
偶然にもAFでピンが来たのには驚いた!
X4130342.jpg 




この後、ぼちぼちとギフチョウが姿を見せてくれた。
例年に比べるとかなり少ない感じで、この日はカメラマンもかなり少なめだった。

綺麗だが羽化不全の個体のオオイヌノフグリ吸蜜。
X4130355.jpg 



同じ個体のモミジイチゴ吸蜜
X4130364.jpg 



別個体の未後尾のメス。
X4130396.jpg 



さらに別個体のヒメオドリコソウ吸蜜
X4130414.jpg 



最後は再度ミツバツツジで
X4130577.jpg 




X4130714.jpg 

ハッカチョウ

先日、マイフィールドへ行こうと玄関を出て駐車場まで移動する途中、電線に1羽のハッカチョウが止まっているのが目に入った。

ハッカチョウを初めて目にしたのもご近所でのこと。
その時は、見慣れぬ鳥にびっくりして何という鳥か本屋に行って調べたものです。
それから18年。それほど生息地が広がったようには思えない。
あちこちで鳴き声を聞くようになったガビチョウとは大違いだ。

子スズメたちの保護者のように佇む姿が面白いと思って撮影した1枚です。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS IIx1.4テレコン] 2019/03/29

M3294291.jpg 

ギフチョウの合間に

ギフチョウの合間に撮影したスギルリやミヤマセセリです。

スギルリもギフに負けず、複数の花とのコラボを見せてくれた。
まずは、スギタニルリシジミが1頭、アマナの蕾に止まった。
背景はごちゃごちゃしているが、アマナの蕾が綺麗だったので、お気に入りの1枚になりました。
隣で町田のSさんがビデオ撮影していたが、後でビデオを見返したSさんが「あれはすごく綺麗なメスだった」と教えてくれた。是非とも開翅を撮りたいものである。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II] 2019/04/06

I18A1990.jpg 




ちょっと向きが悪が、タネツケバナで。
I18A1997.jpg 




ムスカリには複数頭が吸蜜に来ていた。
I18A2285.jpg 




あちこちに咲いているハコベだが、この花での吸蜜シーンを撮影した記憶はありません。
I18A2448.jpg 




水場には、10頭を超える数が集まって吸水していた。
I18A2360.jpg 



I18A2370.jpg 




I18A2411.jpg 




ヒメオドリコソウに止まるミヤマセセリの♀
I18A2128.jpg 




ピンクの枝垂れ桜にも来ていた。
I18A2519.jpg 




同じ桜にルリタテハも。
I18A2263.jpg 




最後はミツバツツジに来ていたキンモンガ→イカリモンガ(うっかりミスしました.^^; みき♂さんありがとうございます)。
いつも何が来たのだろうと ハッとさせられる蛾です。
I18A2028.jpg 

いろんな花でギフチョウ

昨年の延べ2日間の11種の花での吸蜜には及びませんが、この週末は1日で9種類の花とのコラボシーンを撮影できました。
この日は朝から気温が高く、ポイントへ行く途中 Papilioさんがいたので一緒に歩いていくと、すぐに1頭が現れて、目の前で止まりました。

①タネツケバナ

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II] 2019/04/05

I18A1859.jpg 



この↑個体は、羽化直なのか、フラフラっと飛んではすぐに止まるということを繰り返し、徐々に遠くへ行ってしまった。
その後、別の場所で出てきた個体が②オオイヌノフグリに止まった。
I18A1904.jpg 



左側の枯葉を掃除しておくべきでした。orz
I18A2269.jpg 




写真映えのする③ミツバツツジで待っていると、期待通り1頭飛んできた。
I18A2013.jpg 



そして吸蜜。
I18A2019.jpg 



次は、④白い枝垂れ桜の下で待っていたら、これまた期待通りに1頭飛んできてくれた。
I18A2243.jpg 



そして吸蜜。
I18A2229.jpg 



ここでの定番である⑤マメザクラの前には多くのカメラマンがいて、たっぷり楽しまれたようです。
I18A2323_20190407210627839.jpg 



I18A2341.jpg 




I18A2344.jpg 



マメザクラから離れて、別の場所に行くと地面を這うように飛ぶギフチョウを発見。
スミレに止まったのかと思ったら、⑥カキドオシでの吸蜜だった。
I18A2424.jpg 



次に、これは外せないと思っていた⑦ピンクの枝垂れ桜の前で待つ。
少し時間がかかったが、飛んできてくれた。
I18A2453_20190407211241a0b.jpg 



I18A2477.jpg 



I18A2481.jpg 



I18A2505.jpg 




最後は、もっとも撮りたかったエイザンスミレでの吸蜜だが、美味しく無いのか、止まるのは近くにある⑧タチツボスミレばかり。
I18A2575.jpg 



エイザンの近くのタチツボに来ると、次は来るだろうとエイザンにレンズを向けてまつも、なかなかこない。
I18A2596_20190407211247c84.jpg 



そんなことを何回繰り返しただろうか。
もうダメかと思いながらも⑨エイザンスミレにレンズを向けていると、嬉しいことにやってきてくれた。でも花の部分が影で、ビークマークの付いた個体という証拠写真レベルになってしまった。
リベンジは来シーズンかなぁ・・・orz
I18A2617.jpg 

コツバメ

3度目のギフチョウ詣で、今回はたっぷり撮影することができたが、ギフの写真は次記事に回し、前回会えなかったコツバメからアップします。
今回は複数個体を見ることができた。

枯れ草に止まったコツバメ、寄っても逃げる気配ないので、広角マクロでコンデジを近づけてみた。
もう少し背景がいい場所に止まって欲しいところだが、思いは通じないものです。
CX-4 2019/04/06
P4061208.jpg 




ミツバツツジでギフチョウを待っていたら、コツバメが吸蜜にやってきて、
期せずして表翅を撮ることできた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II]

I18A2047.jpg 





実は、止まった時に後ろ脚が蕾の茎元に引っかかったようで、羽ばたいても飛べない状態でもがいていた。
プロキャプチャの無いカメラでも表翅を撮ることができたのが嬉しかったが、気の毒なので、解放してあげた。
I18A2063.jpg 


さくら

天気の悪い週末、3箇所の桜の名所を回ってみた。

まずは、毎年のように行く近場の大岡川プロムナードで、平日の夜桜を。
神奈川県内ではお花見人気No.1のようです。

緑とオレンジ色でライトアップ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/03/29-30

M3294406.jpg 



水面に映る桜が綺麗だったが、写真で見ると不気味に見えてしまう。^^;
M3294408.jpg 




M3294411.jpg 



歩道にはたくさんの出店が出ている。
M3294412.jpg 




M3294419.jpg 




M3294422.jpg 



桜は8部咲きぐらいだったが、平日のせいか人が少なく淋しさが漂う。
M3294437.jpg 




翌日、都内で人気の千鳥ヶ淵に行ってみようと言うことになった。
渋谷で昼食をとるため途中下車、そこで桜が綺麗な通りを見つけた。
M3304468.jpg 



通りまで行くと、カート軍団がやってきた。
M3304470.jpg 



千鳥ヶ淵は初めて。全国4位の人気スポットのようです。
とりあえず人の流れに乗っていくと、菜の花と桜のコラボが見られるお堀に出た。
M3304480.jpg 




少し横に行くと、お堀の奥に国会議事堂が。
M3304474.jpg 



代官町通りを大手町方面に歩いてみる。
G3305046.jpg 



この通りは、種々の桜があるようで、見頃を過ぎた桜からまだ蕾のものまでまちまち。
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]G3305048.jpg 



首都高代官町IC前でUターン
G3305054.jpg 



千鳥ヶ淵ボート場が見える場所では、多くの人が写真撮影していた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
M3304498.jpg 




皇居内の乾通りも公開されていたようだが、東京駅側からしか入れないというので諦めて、目黒川に移動。言わずと知れた全国人気No.1のスポット。
流石に人が溢れていて、前に進めない。
iPhone6 パノラマ
IMG_3534.jpg 



天気が良ければ・・・と思うけど、晴天だったらきっとギフチョウ撮影に行っていたことでしょう。^^;
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
M3304512.jpg 




絶好の撮影スポット 別所橋の上もすごい人。
欄干には、なかなか近寄れない。
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]G3305062.jpg 



しばらく待ってようやく最前線へ。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
M3304515.jpg 



しゃが見込み、下から魚眼で狙ってみた。
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]G3305069.jpg 



別所橋の上は、人が途切れることがない。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
M3304529.jpg 



中目黒アトラスタワーの2階回廊から桜を見下ろせるようになっている。
OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]G3305071.jpg 



曇り空だが、こころもち桜が輝いているように見えた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 
M3304520.jpg 



女子会だろうか?
円陣を組んで何を語らっているのだろう・・・
M3304522.jpg 




 | ホーム |  次のページ»»