FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールド・ゼフ

アカシジミが発生してから早2週間、案山子さんTDさんから ようやくウラナミアカ、ミズイロオナガ、オオミドリも発生したとの連絡をもらったので、金曜日朝早く行ってみた。

薄曇りの朝、天気はどんどん悪くなる予報。
晴れた日に来たいものだが、勤め人は日を選べないのが辛いところ。

車を置いて、まずはアカシジミとウラナミアカシジミがたくさん出るポイントに行ってみたが、栗の花には何もおらず、かろうじて下草にアカシジミが2つだけ。
例年であれば、ここの下草からは続々とアカとウラナミアカが出てきたものなのだが・・・

気を取り直して次のポイントへ。
ミドリシジミの気配はまったくなし。その奥の10㎡ほどに刈り残された下草にとまるウラナミアカシジミを見つけた。令和初だ!

OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2019/05/31

X5312229.jpg



見ると、別の葉の上と下にも2頭いる。
X5312212.jpg



ん?!その奥にも転々と・・・
ちょっとわかりにくいですが、↓↓↓一画角5頭います。
X5312214.jpg



改めて確認してみると、この狭い下草の中に10頭ものウラナミアカシジミが翅を休めていました。
どれも綺麗な個体で、一度にこんなに多く見るのは初めて。一斉に羽化したんのでしょうね。
X5312236.jpg



この状況を案山子さんに連絡したら直ぐに来るとのこと。
案山子さんを待つ間、次を探していたら、羽化したばかりのような綺麗なヒカゲチョウが現れた。
縁毛が白く輝いている。
X5312242.jpg




ヒメジャノメも新鮮そう。
X5312262.jpg



先週見つけたアカシジミと思われる蛹は、まだ羽化していなかった。アカシジミにしては遅すぎないか?もしかしてウラナミアカの蛹?
X5312259.jpg



ここでウラナミアカを撮影し終えた案山子さんと合流。
案山子さんは、たくさんのウラナミアカを撮影できたようだが、みんな樹上に上がってしまったとのこと。

次を探して歩いていると、チラチラと飛ぶ白っぽいシジミチョウが・・・
ルリシジミにしては少しくらい感じ。もしや、と思って止まったところを確認したら、これまた令和初のミズイロオナガだった。
X5312318.jpg



チラっと飛んでは直ぐ止まり、翅を開き始める。^^)
と喜んだのもつかの間、全開せずにまた飛んで近くに止まる。
X5312295.jpg



飛んでは止まるを繰り返し、私の左の二の腕に。
望遠では撮れない距離、標準レンズをつけたカメラで首をひねりならがなんとパシリ!
バックに案山子さんの足が写り込んでいる。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M5315197.jpg



ここに案山子さんの知り合いがやってきて、ミドリシジミを撮影したという。
カメラのモニタで見せてもらったら、確かにミドリシジミだ。
これは、ということでそのポイントに行ってみたが、ゼフは何もいない。
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]
X5312332.jpg



蝶は、綺麗なスジグロシロチョウくらい。orz
X5312342.jpg



もう一度ウラナミアカシジミのポイントに戻ってきたが、ウラナミアカは全て樹上に上がってしまってるため、何もいない。と思っていたら、ミズイロオナガがいてくれた。
案山子さんとその知り合いの方をバックに。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M5315218.jpg



その後、2頭のミズイロオナガが降りてきた。
OM-D EM-1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]
X5312519.jpg



X5312557.jpg



ここで、案山子さんは帰っていったが、ミドリシジミが諦めきれない私は、帰りがけポイントによってみた。その途中で、ポイントに向かうFさんと会い、一緒にミドリを探す。
が、やはり見つからない。この時、空は厚い雲に覆われ明るさを落としていた。
これでは無理か、と思い帰えろうとした時、目の前のハゼノキの周りを巡回するシジミチョウが現れた。これは!?と思い目で追うと、目線の高さのハゼノキの葉に止まった。
それは本命のミドリシジミだった。
残念なことに、すこ近づいたら飛び立ってしまい。2度と戻ってきませんでした。ToT)
X5312632.jpg



日が変わり、日曜日の今日、午前中野暮用があり、午後遅くに行ってみた。
今にも降り出しそうな怪しい雲行き。諦め半分で来てみたが、いそうな気配がまったくしない。
樹冠をチラチラとルリシジミが飛んでいるが、ミドリらしきものはなし。
20mほどの距離にある桑の木の目線の高さで弱々しく飛ぶ超影が見えた。
ヒメウラナミジャノメだろうと思って、念の為ファインダー覗くと茶色に白いラインが見える。ミドリシジミだ!X6022747.jpg



こんな天気でも開翅しているが、遠いし、向きが・・・ orz
X6022752.jpg

««前のページ  | ホーム |