FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


2019撮り納め

減っていたムラサキツバメが、大晦日にゼロになってしまった。
この暖かさだから塒を飛び出して、その周りを飛び回っていると思ったが、ムラサキシジミは飛んでいるもののムラサキツバメは1頭も確認することができなかった。

ムラサキシジミの飛び方が、雌を探すような感じだったので、ムラツも春と勘違いして繁殖場所に移動してしまったのかもしれない。
無事にこの冬を乗り越えて欲しいものです。

ということで、ムラツはおらず、冬鳥もさっぱり。
この暑さでは、越冬中のヤモリも抜け出しているかと思ったが、ヤモリ君たちは柱の隙間で寝ていました。

TG-4 2019/12/31

PC271400.jpg


柱の縦の隙間なので、上の写真は90°回転してます。
3つの柱で計11匹、春を待って寝ていました。
PC311427.jpg
スポンサーサイト



ムラツ経過観察3

前回から2週間経ったこの日、ムラサキツバメの様子を見に行ってみた。

30頭だった第一ポイントの塒は、22頭に減っていた。
気温は低いので飛び出しているのではなさそう。10頭はどこへいったのだろう?

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2019/12/27

XC276259.jpg

XC276264.jpg

XC276266.jpg



K公園に移動して3つの塒をチェック。
案山子さんから2つの塒が消滅したと聞いていたが、その言葉通り 残っていたのは22頭だった塒ひとつだけ。そこも見る限りでは16頭に減っている。
2週間前は合計で61頭は確認したので、45頭が行方不明とうことになる。
どこか別の場所で無事でいて欲しいものだ。
XC276323.jpg


ムラツより寒さに強いムラサキシジミは、塒から飛び出してお食事中だった。
XC276317.jpg

三度目の紅葉

寒かったと思ったら急に暖かくなったり、例年以上に今年の冬は妙な気候。
そのせいか、マイフィールドの紅葉も長く楽しめました。

TG-4 2019/12/08

PC081389.jpg

PC081388.jpg



OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2019/12/14

GC140060.jpg

GC140070.jpg

左下に余計なものが映り込んでいますが・・・^^;
GC140071.jpg

ムラツ塒の経過観察2

9時過ぎ、K公園の1週間前に20頭だった塒をチェックすると22頭に増えていた。
陽があたり、多くが目覚めているようだ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2019/12/14

XC145371.jpg



暗がりのアオキにあった7頭の塒は消滅していたので、野鳥に切り替えることにして場所を移動すると、もうひと回りして帰るところだというタケクンさんとすれ違った。
鳥の出は悪く、成果はさっぱりだという。そんな中、トビナナフシがいる場所を教えてもらった。
翅があり飛ぶことができるナナフシらしい。こんな時期までよく頑張ったものだ。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 5mm Fisheye]

GC140062.jpg



フィールド内を回ったがタケクンさんの言う通り、常連のバーダー達も手持ち無沙汰で成果なし。
一回りしたところで、Papilioさんに出会った。
鳥がいないのでK公園に行くというので、一緒に途中のムラツの塒をチェックしてからK公園に戻ることにした。

ここは30頭に減っていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

XC145440.jpg



K公園に移動すると入口に鍵を付けっぱなしにした案山子さん原付が。
ポイントに行くとGarudaさんと二人で、数頭飛び交っているムラシとムラツを撮影していた。
擦れているけど、それなりに綺麗なムラサキシジミ♂
XC145498.jpg


♀はスレが少ない。
XC145450.jpg



朝、22頭だった塒は、4頭がお留守番。
XC145464.jpg


お出かけ中の個体が下草に止まる。
XC145653.jpg


裏翅がブロンズ色に輝いている。
XC145708.jpg



蛾と間違えそうな姿のムラサキツバメ♂
XC145577.jpg


開翅するムラツは♂ばかり。
おかげで♂の綺麗なブルーを見ることができた。
XC145624.jpg

XC145738.jpg


12時を過ぎた頃、塒を見てみると4頭戻って計8頭になっていた。
XC145543.jpg


その20分後、更に4頭戻ってきた。
XC145593.jpg



Garudaさんが第2の塒を見つけてくれた。
見えにくい場所なので正確数がわからないが、一番手前右のムラサキシジミ1頭を含め15頭数えることができる。
XC145719.jpg



しばらくして、またGarudaさんが第3の塒を見つけてくれた。
こちらは24頭
XC145765.jpg


案山子さんに教えてもらったムラシの塒には2頭のムラサキシジミが。
XC145775.jpg


最後にGarudaさんが見つけたものは、3mほどの高さにあるアカガシの葉裏に付いた奇妙なもの。
カタツムリではないか、というが・・・
XC145778.jpg


半分に切られたクヌギの実のようにも見えるが、だとしたら、何故葉っぱの裏に付いているのだろうか・・・
XC145781.jpg

イルミネーション

妻がイルミネーションを見に行こうというので、みなとみらいに行ってきた。
まずは クイーンズタウンのクリスマスツリー。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/12/08

MC086151.jpg



まだ外は明るいが、16:00に始まる点灯イベントを見る。
MC086155.jpg



妻の好きな雑貨屋で時間を潰し外に出ると、西の空がオレンジに染まっていた。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

GC080009.jpg



横浜美術館とMARK ISの間にブルーの森が。
GC080014.jpg

GC080018.jpg



水たまりの中のイルミネーション。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

MC086180.jpg



MARK ISのクリスマスツリーは、ドーム型。
MC086187.jpg

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

GC080012.jpg



帰りがけランドマークを通ると、クリスマスツリーに雪が舞う演出が・・・
GC080035.jpg

GC080048.jpg

ムラツ塒の経過観察

11/24の最大集団16頭は、12/1には、21頭に増えていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2019/12/01

XC013937.jpg


そして、12/8には、更に34頭の大集団になっていた。

2019/12/08

XC085015.jpg


まだ気温は低めだが、1番の下の個体はすっかり目を覚ましている様子。
XC085029.jpg


集団の下では、すでにムラサキシジミ♂が活動していた。
XC085020.jpg


アカガシの塒は、三箇所計21頭だったものが、一箇所20頭に減っていた。
XC085006.jpg


もうひとつのアオキの4頭は7頭に。

TG-4

PC081386.jpg


こっちでもムラシ♀が1頭 開翅姿を見せていた。
XC085010.jpg


この後、野鳥ポイントで時間を潰し、帰り際 34頭の塒を見に行くと、気温が上がったため4頭を残して30頭がお出かけしていた。
XC085213.jpg


見ると、あちこちにお出かけ個体が止まっていた。
XC085233.jpg


XC085268.jpg


XC085275.jpg


XC085342.jpg


XC085360.jpg

マイフィールドの紅葉

一気に寒さ深まってきた。
ともすれば投稿のタイミングを逸っしそうなので、前記事と被ってしまうが、マイフィールドの紅葉を入れておくことにします。

バーダーが集まる水車小屋前のもみじが暖色を灯していた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2019/12/01

XC014934.jpg

XC014939.jpg

XC014926.jpg

XC014908.jpg

XC014916.jpg



師走初日のこの日、擦れたモンシロチョウが生き残っていた。
XC014998.jpg



ベニシジミは、まだピカピカだった。
レンズの主は、フィールド仲間のSさんです。
XC013938.jpg



高尾山の紅葉

駐車場からケーブルカーの清滝駅へ向かう途中に見事に色づいたカエデの大木がある。
多くの人が足を止めてスマホを向けていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2019/11/30

MB306128.jpg



前の人が撮影し終わるの待ち、開いたスペースに入って1枚。
MB306123.jpg



下に人がいるのが見えたので、そこへ移動して撮影した1枚が、前記事の最後の写真です。

標準ズームでも切り取ってみました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB303780.jpg


XB303774.jpg



ケーブルカーの駅前は人でごった返しており、改札の前には長蛇の列。30分ほど待ってやっと乗れました。orz
当然、山上も凄い人。
XB303819.jpg



薬王院の仏舎利塔の周りにも綺麗な紅葉が。
逆光のため、まるでステンドグラスのようでした。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

MB306137.jpg



MB306133.jpg



仏舎利塔の前立つ飯綱大権現の像の後ろも赤く染まっている。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB303817.jpg



その飯綱大権現に踏みつけられている奇妙な獣の後ろ姿は、意外と可愛い。
XB303816.jpg



薬王院も紅葉に囲まれていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

XB303821.jpg



XB303834.jpg


OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB303840.jpg



雲ひとつない晴天とあって、山頂はご覧の通り人だらけ。

iPhone6S パノラマ

IMG_4282.jpg



左の方には、雪を被った見事な富士山が佇んでいた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB303862.jpg



山頂で飛んでいたテングチョウ。
XB303878.jpg



何処も人・人・人
XB303883.jpg



帰りはリフトで。
降りた先でも綺麗な紅葉が待っていた。
XB303908.jpg


XB303914.jpg



紅葉のこの時期に、白いツツジが咲いていた。
XB303926_20191203224319f49.jpg

#高尾山
#紅葉

 | ホーム |