FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


路上の花々

もう何年も月平均1万歩を目指して通勤も長い距離を歩くようにしているが、休日雨で外出できなかったりするので、だいたい月平均8000〜9000歩に落ち着いている。
しかし、コロナの影響で在宅勤務になったため、平日は外に一歩も出ないことが多くなってしまった。

そこで、快晴の祝日 昭和の日、カメラ片手に妻と二人でロングな散歩をしてきました。
今回は、そんな散歩中に見つけた アスファルトやコンクリートの隙間で頑張っている花々を魚眼で撮影。
自粛で家でじっとしている方も、カメラ片手に人の少ない近所の路地などを散歩すると新しい発見があるかもしれません。

アカツメクサ

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/4/29

G4290182.jpg


カタバミ もっと露出を絞っておくべきでした。
G4290181.jpg


コンクリートの壁にもカタバミが・・・
G4290211.jpg


どこかの庭から種が飛んできたのでしょうね。2mほど奥に白いタツナミソウも咲いています。
G4290203.jpg


ピンクのタツナミソウはあちこちで見ますが、白いのは初めて。
G4290205.jpg


芝桜でしょうか?
G4290207.jpg


マーガレットでしょうか?
ほんの少しのコンクリートの隙間からこれだけの株が育つなんて、植物も凄いですね。
G4290209.jpg


公園入口に咲く健気なキンギョソウ。
G4290215.jpg


原っぱでよく見かけるコバンソウ。
アスファルトとの対比が面白いと思い、撮ってみました。
G4290213.jpg
スポンサーサイト



マイフィールド散策

遠出自粛中なので、マイフィールでミドリシジミの子供達の様子を確認してみました。

早い年は、ゴールデンウィークの後半ごろから降木して蛹化場所を探す幼虫が見られるので、もうそこそこ大きくなっているのではと思ってハンノキを見てみた。
するとハンノキの幹に幼虫が・・・でもちょっと躰が長すぎない?
残念がらモニタで拡大表示したら蛾の幼虫のようだった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x21.4テレコン] 2020/04/24

X4257376.jpg



葉っぱについている餃子は、小ものばかり。2週間前に見たのとさほど変わらない大きさばかりだったので、空き家だろうと思って中を覗くと、まだ小さな主がじっとしていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 60mm Macro]

M4257021.jpg


寒さが振り返すことが多いので、今年の発生はかなり遅くなりそうか気もする。
M4257037.jpg


コナラの小枝を物色するとオオミドリの幼虫も見つけることができた。
M4257055.jpg


この子たちが羽化することには、コロナがひと段落してくれれば良いのだが・・・
M4257058.jpg

越後ギフのおまけ

ギフチョウが現れなくなった時間帯、うろうろしていたら1羽の鳥が飛んできて、高い木の幹に止まった。
コゲラ? ゴジュウカラ? 逆光気味でよくわからない。
とりあえず撮影してカメラのモニターで確認すると、そこには生では初めて見るキバシリの姿が・・・
2カットしか撮れなかったが、嬉しい初見初撮となった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/04/17

X4176777.jpg

X4176780.jpg



遥か上空には、サシバが1羽 輪を描いて飛んでいた。
X4177124.jpg

越後ギフ

コロナで大変状況の中、少しでも体を動かそうと普段人数が少ない近所の自然あふれる山道に散歩に出かけても、普通の道よりも人通りが多いことに驚く。人のことは言えませんが、みんな考えることは同じのようです。
おそらくいつもの習慣で、すれ違うときに「こんちは」と挨拶してくれる人がいますが、人との接触を避けたい今の状況では、近距離で言葉を交わしたくない心情を分かってほしいものです。

今は、新潟のギフシーズン真っ只中。
不謹慎ですが、今まで他のカメラマンや採取者がいなかったポイントへ行ってきました。
そこで会ったのは、ギフチョウの保護活動で見回りを行なっている現地のIさんだけ。
毎年お会いしてますが、一応ソーシャルディスタンスを心がけます。
近所の山中よりも人との接触は限りなく0に近いが、やはり同じようなことを考える人がいるでしょうから、次も同じとは限らない。今後の遠征は再考しなければなりません。


最初のギフは、杉の木から枯れ葉のようにひらひらと地面に落ちた。綺麗な個体だ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/04/17

X4176504.jpg


この個体が飛び去った後、何度か出てきては止まらずに去っていくことが繰り返され、ようやく吸蜜するようになったが、どうして反対向きになってしまうのか・・・
X4176576.jpg


次のチャンスも反対側だった。orz
X4176588.jpg


ようやく表が撮れた。
X4176682.jpg


スミレでも。
X4176716.jpg

X4176833.jpg

X4176844.jpg

X4177286.jpg


キスミレに止まってほしいのだが止まる気配すら見せないので、せめてキスミレを入れてとの思いが通じてワンチャンスを貰えた。でもかなり擦れた個体なのが残念。orz
X4177293.jpg


産卵場所を探す♀がいたので注意深く追っていくと、まだ開いていなカンアオイの若葉に産卵を始めた。
X4176982.jpg

X4176997.jpg


葉には、真珠のような卵が9個産み付けられていた。
P4171550.jpg


お散歩写真

あまりネタもないので、お散歩写真数枚でごまかしておきます。^^;

フデリンドウが見頃を迎えています。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

G4110162.jpg


ネモフィラも
G4150172.jpg


山の中の大きなシダ。
なるべく人と合わないように選んだ散歩コースだが、みなさん考えは同じようです。
G4150174.jpg


樹上でウグイスが懸命に歌っていたのでレンズを向けてみた。
X4156470.jpg


動画も撮ったのだが、何故か無音動画になったいた。orz
X4156458.jpg

マイフィールド

天気は良い土曜日のマイフィールドはカメラマンは少なめだが、意外にも散歩する人がいつも以上にいるように感じた。マイフィールドに限らず、都内の公園がいつもより人出が多かったというTVニュースが流れていた。
ずっと家の中にいても運動面や精神面に影響がでるので、人との接触を避けながら公園を散歩するのがいいのでしょうね。とはいうものの、いつもより人が多いと人を避けるのに気疲れしそうです。

さっそく見つけた蝶は、かなりお疲れのルリシジミ♀。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/04/11

X4116382.jpg


ツマキチョウを撮りたかったので、たんぽぽ道に行くと知り合いが手持ち無沙汰に被写体が現れるのを待っていた。まだ出てこないようで、タケクンEXさんにスズメバチに擬態したナシアシブトハバチがいることを教えてもらった。
名前の通り太い脚に違和感はあるが、ぱっと見スズメバチにしか見えない。
X4116394.jpg

X4116400.jpg


どうやらまだ躰が暖まっていない様子。とても動きが鈍いので、魚眼で接近してみた。

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

G4110155.jpg


手前のタンポポでは、小さなハチが花粉集めに余念がない。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X4116374.jpg


しばらく待ってもツマキチョウは現れないので、他を探すことに。
ハンノキを見るとミドリシジミ幼虫の巣がちらほら。
X4116404.jpg


少し中を覗かせてもらった。
X4116409.jpg


オオミドリの幼虫も探してみようと空になった卵がついていた小枝を見に行ったら、新葉の多くが食べ尽くされていて、幼虫の姿は見つからい。

iPhone6S

IMG_4577.jpg


新葉がたっぷりの右側の小枝での孵化したはずなのだが、こっちには食跡すらなかった。
どこかで元気に成長していればよいのだが・・・
IMG_4579.jpg


冒頭よりも綺麗なルリシジミを見つけた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X4116412.jpg


吸蜜姿を魚眼で撮りたかったが、こんなところにしか止まってくれなかった。orz

OM-D E-M5 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

G4110171.jpg



帰り際、最後の被写体はベニシジミ。
X4116424.jpg

X4116429.jpg


綺麗な個体だと思ったが、よく見たら後翅が欠けていた。
X4116436.jpg


桜ももう終わり

今年の桜の開花は早かったので、あっという間に終わってしまうかと思ったら、まだちらほら咲いているところが目につきます。とはいっても、流石にレンズを向けるほどでありませんね。

長いこと毎週末と水曜日にブログを更新しているので、今日もとりあえず2週間ほど前に撮影したソメイヨシノと、ギフ吸蜜が叶わなかった枝垂れ桜でお茶を濁しておきます。^^;

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/3/22

M3226828.jpg


OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/04/04

X4044598.jpg

三度目の神奈川ギフ

雪の週末を挟んで迎えた次の土曜日は、天気も気温も申し分なし。
と言うことで今季三度目のギフ詣。
ポイントでは、既に数人の知人がスタンバイしていた。

ついて早々にギフが1頭出てきて低い小枝に止まった。
一応コロナを考慮して、密集しないことを心がけての撮影。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/04/04

X4044438.jpg



頭をくりくりひねる仕草(前脚で触覚を掃除する姿)は、飛び立つ合図だと 一緒に撮影していた戸塚のKさんが言う通り、この後ギフチョウは飛び去ってしまった。
X4044455.jpg


このワンチャンスの後、ギフは出てこなくなってしまった。
代わりにスギタニルリシジミが多く飛び回る。
そのうちの1頭がKさんのカメラに止まりシャッタリングで吸汁。
X4044458.jpg


スギルリに陽が当たるようにしてもらい開翅を期待したが、開いてくれない。
X4044473.jpg


スギルリは前進を始めて、Kさんの指へ。
X4044493.jpg

X4044504.jpg



スギルリは、Kさんのカメラ、指だけに飽き足らず、リュックの肩掛けにも止まっていたので、案山子さんを背景にiPhoneで1枚。

iPhone6S

IMG_4569.jpg


この角度から見ると動体のふさふさは、まるでぬいぐるみのようだ。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

X4044535.jpg



この後、かなり時間がかかったが、ようやくギフの出がよくなってきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X4044733.jpg

X4044772.jpg

X4044888.jpg

X4044884.jpg

X4045151.jpg

X4045777.jpg


ギフが隠れている合間に他のものも撮影。
一瞬ギフかと騙されたヒメオドリコソウで吸蜜キアゲハが。
X4044632.jpg


ギフよりもヒメギフに近い色彩。
X4044701.jpg


ホソミイトトンボ
X4044907.jpg

X4044931.jpg


そしてまたギフが出てきて吸蜜姿を見せてくれた。
モミジイチゴで。
X4044952.jpg


スミレで。
X4044987.jpg

X4045006.jpg


豆桜で。
X4045284.jpg


ミツバツツジで。
X4046226.jpg



昨年撮影できたエンザンスミレでの吸蜜は、今回はお預けとなった。orz

iPhone6S

IMG_4571.jpg

横浜でシマエナガ

雪桜を撮りに出かけた時、歩数を稼ごうと妻と二人で散歩も兼ねてしばらく歩いてみた。
鎌倉街道沿いの貿易会社が入っているビルまで来た時、妻が「鳥がいるよ」というのでみてみたら、可愛いシマエナガが4羽並んでいた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2020/03/28

M3286934.jpg


ハシビロコウとドードードリも
M3286936.jpg



なかなか可愛いぬいぐるみ達だった。
M3286937.jpg


 | ホーム |