FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ゼフ5種

仲間からマイフィールドでのミドリシジミ発生の情報が入ってきた。
残るオオミドリももう出るはずと確信し、天気の良い金曜日に休暇を取り、マイフィールドへ行こうと準備をしていると、先に到着していたnaoggioさんから「ウラナミアカがたくさんいる」との連絡が入った。

naoggioさんと合流すると、下草のあちらこちらにアカとウラナミカの姿が・・・
1枚目は、羽化不全にビークマーク付きのウラナミアカシジミ

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/05/29

M5297605.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

X5296358.jpg


X5296697.jpg


X5296371.jpg


X5296374.jpg




アカ、ウラナミアカはそこそこに、下草に止まるミドリシジミ探そうと、ポイントを回るも見つからない。
オオミドリがテリ張する時間になりそうだったので、そのポイントへ向かう途中、下草にこの日3種目のゼフ、ウラゴマダラシジミ♀が止まっていた。マイフィールでのウラゴマは、今シーズ初撮。
X5296393.jpg


しばらくすると翅を開き始めた。
X5296401.jpg

X5296426.jpg

X5296443.jpg

X5296471.jpg


オオミドリのポイントに行くと、戸塚のTさんがスタンバイしており今日発生の証拠写真も確保していた。
前回フラれたオオミドリだが、ようやく撮影することができた。傷のないピカピカの個体だ。
X5296548.jpg

X5296589.jpg

X5296633.jpg

X5296624.jpg

X5296648.jpg


残るは、ミドリとミズイロオナガ。
同好のカメラマンから「さっきミズイロオナガが〇〇にいた」教えてもらい、その場所に行ってみたが既に飛び去ったあとだった。orz
諦めて、ミドリシジミ発生場所に戻る途中、道端に止まっているミズイロオナガが目に入った。
X5296725.jpg


逆光なので、回り込もうとしたら飛ばれてしまった。
X5296731.jpg


意外と敏感で、ちょっと近づこうとしたらまた飛ばれて、ちょっと高いところへ。
X5296780.jpg


結局、ミドリシジミは見つけることができなかったが、嬉しい5種撮りができたので、この日はよしとしよう。
X5296763.jpg
スポンサーサイト



オオミドリはお預け

マイフィールドではミズイロオナガも出てきたようで、残りはミドリ2種。
そろそろオオミドリが出てもいい時期だが、まだ発生の一報は聞こえてこない。
通勤時間を有効に使える在宅勤務のおかげで、朝早くオオミドリが出ていないかみに行ってみたが、そこにいたのは、昆虫館のオオゴマダラのように大量に飛び交うキアシドクガだけ。
短時間だったため仕方ないが、そこそこの数発生しているアカシジミやウラナミアカも見つけきれずに時間切れ。orz
ということで、3枚だけのアップです。

遠くの葉にとまる白い蝶が見えたのでウラゴマダラシジミだと思ったら、小さいルリシジミだった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2020/05/27

X5276308.jpg


畑に植えられた人参の葉に目を向けると、キアゲハの幼虫がひとつ付いていた。
X5276303.jpg


大きめのヒメジャノメがあちこちで目に付く。
この個体、後翅の黒いスジは、破れているようにも見えるが、翅の真ん中が破れるものか?
斑紋異常ということもありえるだろうか・・・
X5276311.jpg

ウラナミアカシジミ

マイフィールでアカシジミが発生した後、仲間からウラナミアカシジミも発生したとの情報をもらっていたが、休暇を取っても雨続きの1週間なのでどうしようもない。
今日の土曜も生憎の予報だったが、朝起きると外では薄日が差している。
急いで準備してマイフィールドへ行ってみた。
フィールドに着く頃には日差しはなくなり、薄曇り状態になってしまった。orz

まずは、アカ、ウラナミアカが集まる栗花をチェック。
アカシジミはたくさんい吸蜜しているが、目的にウラナミアカシジミはいない。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/05/23

X5234816.jpg

X5234850.jpg


ウラナミアカを求めて第2ポイントへ向かう。
下草を眺め回しながら探していると、1頭止まっている個体を見つけたが、止まっている角度が悪い。
活性も低いようなので、魚眼で寄ってみた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5237591.jpg


すると、気を利かせてくれたのか、10cmほど横の葉に移動してくれた。^^)

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X5234728.jpg


X5234710.jpg


これなら魚眼でも少しマシな絵になる。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5237596.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/05/23

X5234736.jpg

X5234741.jpg


とりあえず目的が達成できたの、次のゼフを求めてフィールドを回る。
周り初めて直ぐに、田んぼの畔で可哀想なアカシジミを見つけた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5237600.jpg


よく見ると右前翅のほとんどがちぎれてしまっている。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X5234716.jpg


ミドリシジミも木を降りて蛹化しているはずで、早く出てこないかと思いながら何気なく見上げたハンノキの葉に、なんと終齢幼虫がついているではないですか!
今年のミドリはかなり遅くなるのか? それともこの子だけ遅いのか・・・
X5234773.jpg


ウツギでイチモンジチョウが吸蜜していた。
X5234754.jpg


すると、手前にコミスジが止まった。
X5234755.jpg


少しでも両方にフォーカスが合うように絞り込もうとしたら飛ばれてしまった。
X5234764.jpg


このフィールドでは少数派のチャバネセセリ
X5234792.jpg


かなりお疲れのツバメシジミ
X5234778.jpg


クワの枝の上にアオダイショウがいて一瞬驚いた。
X5234785.jpg


毎年この時期大発生するキアシドクガ、かなりの数が樹上を飛び回っているが、下草に目を向けるとまだまだ続々と羽化している。
X5234718.jpg


羽化してまだ羽が開ききっていない個体。
X5234723.jpg


しばらくするとモンシロチョウのように丸い羽になった。
X5234750.jpg


別の個体は、もう羽が乾いたのか本来のポーズになっている。
X5234725.jpg


コナラの切り株にカミキリ虫らしき甲虫がじっとしていた。
X5234805.jpg

X5234810.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5237603.jpg


アワブキについていたヒメヤママユの幼虫と思われる綺麗な毛虫。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]
X5234875.jpg

X5234893.jpg


帰り際、小さなホタルを見つけた。
よく見るとヘイケホタルのようだが、ヘイケホタルがこんな時期に?
ゲンジボタルはもう直ぐのような気がするが・・・
X5234894.jpg

ウラゴマダラシジミ

先週末、町田のSさん案山子さんの3人で県内のウラゴマダラシジミを満喫した。
行った先っは、後表翅に色のない黒い個体が出やすい場所。
ポイントに着くと「蝶の観察記録-十勝蝶改め相模蝶の観察記録」のmaedaさんが1頭見つけて撮影していた。
しばらくするとSさんがたくさんいると言うのでついていくと、その言葉通りあちこちにウラゴが止まっている。
ますは、今シーズンの初撮として裏翅を撮影。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/05/17

X5171862.jpg

X5173336.jpg

X5173588.jpg

X5172072.jpg


まだ活性が低く、近寄っても飛びそうになかったので、魚眼レンズで1枚。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5177565.jpg


後は開翅を待つだけ・・・・

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X5172359.jpg


やっと、その時がきた。残念がら普通の個体。と言って美しい。
X5172734.jpg

X5171974.jpg


X5172052.jpg

X5171936.jpg

X5172909.jpg



そして目的の黒い個体も開いてくれました。普通の個体の後翅との違いは一目瞭然。
地味だけど、初撮なので嬉しい。
X5172140.jpg

X5172303.jpg

X5172522.jpg


気温が上がってくると♂は♀を探して飛び回り、♀は日影に止まるようになった。
どれも羽化したばかりのように綺麗な個体。
X5172866.jpg

X5173143.jpg

X5172590.jpg

手前にヒメウラナミジャノメ
X5172604.jpg

X5172600.jpg


♂が止まっている♀にアタックをかけるも、あっさりかわされる。
X5172381.jpg

X5172397.jpg

連写3枚の合成
X5173364.jpg


綺麗な♀が産卵行動していた。
X5173927.jpg

X5173734.jpg


長いことじっと同じ体勢だったので期待して撮影したが、残念ながら卵は確認できなかった。擬似産卵だったようだ。X5173707.jpg

アカシジミ

昨年はゴールデンウィークに発生していたという情報があったアカシジミだが、今年は4月に寒い日が続いたため、ミドリシジミ幼虫の発育も遅めで発生も遅くれるのか。
まだアカシジミ発生の情報がなく、待ちきれない思いで朝早くマイフィールドへ行ってみた。

見上げると薄らと雲がかかる晴天。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/05/15

M5157557.jpg


下草に止まっている子がいないかとキョロキョロしながらフィールドを回る。
ヒメジャノメも出始めたようだ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X5151741.jpg


ムラサキシジミの越冬個体がまだ頑張っていた。
X5151774.jpg


大通り脇の下草でようやく本命を発見した。
縁毛にわずかに擦れがある。この日ではなくもう少し前に発生していたのではないかと言う鮮度。
魚眼でも撮ろうと思ったら飛ばれてロスト。orz
X5151764.jpg


別の場所で飛んでいるアカシジミを発見。見上げる枝に止まった。
X5151783.jpg


1時間半ほどの散策だったが、3頭のアカシジミが確認できた。楽しい季節の到来です。
X5151790.jpg


#アカシジミ、#ゼフィルス

ミヤマのおまけ

ミヤマカラスアゲハを満喫した日に撮影した他の蝶。
ミヤマ以外の蝶の撮影枚数は、全体の数%しかありませんでした。^^;
ミヤマ以外は撮影チャンスが少なかったと言うこともありますが・・・

その中で比較的多い枚数だったのがキアゲハでした。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2020/05/09

X5091390.jpg

X5098961.jpg

X5091485.jpg

X5091362.jpg

X5091410.jpg


ヤマ?キマダラヒカゲ、肉眼では前翅のオレンジが鮮やかに見えました。
X5098807.jpg


私のサブ機にもやってきました。
X5091519.jpg


ダイミョウセセリが臨戦態勢でテリ張をしていた。
X5090551.jpg


古い切り株の上には頑張って春を迎えたヒオドシがどっしりと構えている。
近寄っても逃げないので、魚眼で思い切り寄ってみた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5097553.jpg


ヒラドツツジにやってきたカラスアゲハ。警戒心が強く、この2枚しか撮らせてもらえなかった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

X5091614.jpg

X5091679.jpg


クロアゲハも落ち着かない。
X5091666.jpg


蝶ではないが、アシナガバチ?の女王が巣作りに励んでいた。
X5091694.jpg


深山烏揚羽

町田のSさんの案内で、案山子さんと3人で県内の某所にミヤマカラスアゲハの撮影に出かけた。
ポイント到着後、しばらく待っていると数頭のミヤマが美しい姿を見せてくれた。
家に帰って撮影枚数を確認すると2800枚越え、写真の整理が大変でした。
似たような写真ばかりになってます。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2020/05/09

X5090841.jpg

X5090426.jpg

X5099602.jpg



吸蜜しているミヤマに「俺の縄張りだ!」と言わんばかりにコジャノメが飛びかかるシーンも見ることができた。
X5090985.jpg


X5099183-1.jpg

X5099451.jpg

X5090127.jpg

X5099031のコピー

X5090593.jpg

X5091094.jpg

X5090933.jpg

X5090414.jpg

111.jpg


連写したものをアニメーションにしてみました。
X5090631.gif


X5099539.gif


X5099692.gif

揚羽

ツツジにやってくる黒系アゲハを期待して、近所の市民の森へ行ってみた。
本命のカラスアゲハは姿を見せてくれなかったが、短い時間、モンキアゲハとナガサキアゲハが吸蜜に来てくれた。

モンキアゲハ♀

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2020/05/05

X5058385.jpg

X5058497.jpg

X5058564.jpg

X5058611.jpg


ナガサキアゲハ♂
X5058672.jpg

X5058690.jpg

X5058711.jpg


ビークマークでM型になった後翅のキアゲハもやってきた。
X5058114.jpg


ハルジオンにアオスジアゲハが来てくれた。
X5058754.jpg


吸蜜を終えると、花粉を飛び散らかして去っていった。
X5058796.jpg

マイフィールド4種目のセイボウ

タケクンさんがマイフィールドで撮影したというナミハセイボウをブログアップしていた。
GW初日の撮影のようだ。早速、早起きをしてポイントに行ってみた。

晴天の早朝、人もほとんどおらず、気持ちいい。
知り合いのカメラマンが一人、キビタキの出待ちをしている。
セイボウの出る場所では、青緑に輝くセイボウがすでにうぐ着回っていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 20120/05/02

M5027366.jpg


ミドリセイボウやハグロセイボウに似ているが、大きさが一回り小さく、お尻の模様も少し異なる。
M5027127.jpg


お尻の先の鋸の歯のような尖りの数で正確に判別できるが、小さい上に動き回るため肉眼ではそこまで見えない。老眼の私には尚更。
M5027427.jpg


今までこのフィールドで見てきた3種のセイボウ(ミドリセイボウ、クロバネセイボウムツバセイボウ)は、いずれも6月以降のクソ暑い時期だが、この時期に発生してくれるとは、嬉しいセイボウだ。
M5027448.jpg


ここでは、2匹のナミハセイボウが動き回っていた。
M5027403.jpg


セイボウは寄生蜂、宿主はドロバチ科のこの蜂(ハムシドロバチ?)。
自分の巣穴を覗いています。その様子を後ろでじっと見ているのが、ナミハセイボウ。
M5027287.jpg


宿主がいなくなったので、産卵しようと穴に近くナミハセイボウ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X5027963.jpg


タケクンさんもやってきて一緒に撮影。コンデジでのマクロ撮影です。

X5027975.jpg


OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M5027454.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 
X5027936.jpg


穴を覗いているナミハセイボウを観察していると、宿主が産卵したことを確認するのか、一度頭から穴に入って出てきて、改めてお尻から入りなおしていた。

その様子を後半だけ撮影した動画はこちら。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]




M5027471.jpg


ナミハセイボウが産卵しているときに宿主が戻ってきて、引きずり出されるシーンも見ることができたが、ピンボケでアップできるような写真になりませんでした。orz
それもあってか、今まではこっそり宿主の様子を伺っていたナミハセイボウが、大胆にも宿主の目の前でいなくなるのを待っているシーンも見られた。
X5027926.jpg



 | ホーム |