FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


一月前の遠征

一月前、町田のSさんと二人でキリシマミドリを狙って遠征した。
今シーズンは、7月いっぱいまで梅雨が長引き、ようやく行くことのできる天気になった日だった。
ポイントに着くと、既に千葉のNさんが一人 スタンバイしていたので驚いた。

このポイントは、初めて連れてきてもらって、♂の開翅を見下ろしで撮影できた場所
その時は、オスもメスも近くで撮ることができたが、この日は、全くいる気配がない。
ビーティングしても飛び出す蝶の姿もない。
ちらっと♂が樹幹を飛ぶのが見えたが、それっきりでてこない。

仕方なく別のポイントへ移動。
途中、スジグロシロチョウが集団給水していた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/01 連写合成

スジグロシロチョウ1


その後、良さそうな場所で待っていると白とブルーをキラキラさせながら♂が1頭飛んできて、目の前のアカガシを舐めるように飛び回る。
止まるかと期待したが、願いは叶わず、飛び去っていった。
すごくいい感じのポイントだが、結局ここもだめで、再度別のポイントへ。

移動する途中、目の前をシカが通り過ぎて行った。
X8014763.jpg


3つめのポイントも同じような状況。
木陰に止まって涼んでいる個体はいないかと、林の中を覗くとクワガタらしきものを発見。
どうやらミヤマクワガタの♂♀のようだ。
X8014785.jpg


近づくことができない場所で、なんとか回り込んで撮ったのが次の写真。
どうやら♂は、牙が一つしかない模様。
どうしたら1本だけになってしまうのだろう?
X8014778.jpg


肝心のキリシマは、樹上をチラッと飛ぶもののなかなか姿を見せてくれず、結局一枚も写真を撮ることができなかった。
他に撮れたのは、キマワリくらい。orz
久しぶりの空振り遠征となった。
X8014821キマワリ


プロキャプチャではなく、たまたま撮れた翅を広げた瞬間。
X8014823.jpg


スポンサーサイト



マイフィールドの蜂達

青い蜂を求めて近場のマイフィールドに行った時の3週間ほど前の写真です。

メインは古民家のセイボウですが、その手前の萩の花でルリモンハナバチが2頭吸蜜してました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/04

X8046614.jpg

X8046632.jpg

X8046698.jpg

X8047524.jpg

X8047560.jpg


お腹がいっぱいになったのか、ルリモンハナバチが飛んでいってしまったので、古民家へ。
既にフィールド仲間のFjsさんが、クロバネセイボウにレンズを向けていた。
X8047300.jpg

X8047312.jpg


複数のクロバネセイボウの中に、時々、ミドリセイボウも出てきてくる。
X8046889.jpg

X8046904.jpg


この場所で一番綺麗なムツバセイボウの出てきたようだが、撮ることができなかった。orz
Fjsさんが「小っちゃいけど綺麗な甲虫がいるよ」と教えてくれた。
それは、5mm程の大きさだろうか、よく見ると虹色に輝いている。
X8046981.jpg


これは同じフィールド仲間のタケクンさんのブログで見覚えがあるぞ。と調べてみたら、ヒメナガニジゴミムシダマシということがわかりました。

TG-4

P8041695ヒメナガニジゴミムシダマシ


日陰だったので、LEDライトを当ててみたら白い埃が・・・凹○
拭いて撮り直したい。
P8041701.jpg


ドロバチ科のフタスジスズバチが獲物を抱えて巣穴にやってきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X8047363.jpg


この芋虫で育つ幼虫もセイボウに寄生されてしまうのだろうか。
X8047349フタスジスズバチ


汗だくだくになったので、休憩用の椅子で涼んでいたら、古民家の壁に大きなものがよろよろと飛んできてぶつかり下に落ちた。
何だろうと見に行くと、飛び立って目線の高さの柱に止まった。
よく見るとさっきとは別のハチが大きなバッタを抱えていた。
X8047070クロアナバチ


ネットで調べてみたらクロアナバチによく似ている。
X8047166.jpg


獲物が重いのか、高くは飛べない様子で、なんとか柿の葉の上までやってきて一休み。
X8047126.jpg


触角を咥えて前脚で首を抱えている。
こんな大きな獲物が入るほどの穴を掘っているのだろうか。
X8047157.jpg


ムツバセイボウがよく出る薪置き場を見に行いったが、数頭のシリアゲコバチがいるだけだった。
X8047447.jpg

X8047469シリアゲコバチ


#蜂

マイフィールド在庫から

所用と悪天候のため、ここ2周末は撮影に出かけていません。
そこで、撮り溜めている在庫写真をアップします。

一月以上前のマイフィールド。
セイボウが出ていないかと期待して古民家に行ってみたが、この日はさっぱり。
代わりにアカボシゴマダラが古民家のミネラルを吸い取っていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/07/11

X7117035.jpg


一見、カラカラに乾いていそうに見えるが、飛んでいくそぶりもないところを見ると、意外と湿っているようだ。
X7117048.jpg

X7117059.jpg


いるとは聞いていたが、なかなか見ることがなかったキイトトンボにようやく出会うことができた。

2020/07/26

X7264455.jpg


黄色が鮮やかさがイマイチ、メスだろうか?
X7264450.jpg


ミンミンゼミ。
X7264461.jpg


この日、アカボシゴマダラは、コナラの樹液ポイントに集まっていた。
X7264467.jpg

X7264469.jpg

小鳥3種

アルプスモンキを撮影に行った日に撮影した小鳥3種類です。
高原にイワヒバリの囀りが響いていたので、鳴き声の方を注視すると、遠い屋根の上で歌っていました。

イワヒバリは、嬉しい初撮ですが近距離で撮影できず、豆粒な証拠写真に終わりました。orz

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/02

X8024881.jpg


クモベニを探して歩いているとき、近くで「ツィチチツィチイチツィチチ・ツィチチツィチイチツィチチ」と何処か聞き覚えのある鳴き声が・・・虫?鳥?
すると、一緒に歩いていたKiさんが、「そこにいるじゃん」と目の前の枝を指差す。えっ?!
確かに5mほど先の枝でムシクイが鳴いていた。
X8025100.jpg


見たところ メボソ? エゾ? センダイ?。
そうだ、この鳴き声は、メボソムシクイだということを思い出した。
X8025117.jpg


更に歩いた先で、綺麗な囀りが聞こえてきた。
するとKiさんが「あの木の天辺で鳴いてるよ。なんだろう?」と。
聞いたこともない綺麗な鳴き声、肉眼ではとても判別できない。
ファインダの拡大表示で確認するとクロジだとわかった。
アオジもそうだが、クロジも冬の地鳴きしか馴染みがなく、囀りの見事さに驚かされた。
X8025196.jpg

チャマダラセセリ

ゴマシジミの後の転戦。
地域の方々の保護活動もあり、なんとか発生を続けているチャマダラセセリ。
春は何度か撮影しているが、夏チャマは初めて。
数は多くないが、なんとか撮影することができた。

最初に出てきてくれたのは綺麗な♀。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/08/10

File1600.jpg

File1617.jpg

File1640.jpg

File1884.jpg

File1667.jpg

File1714.jpg


枯れ茎に止まった姿は、いかにもチャマといった感じ。
File1756.jpg

File1787.jpg


少々擦れた♂も登場。
File1802.jpg


♂も♀もアカツメクサばかり。
File1904.jpg


他の花にも止まって欲しいと思い始めた時、気持ちを察してくれたかのように他の花に止まってくれた。
File1936.jpg

File1957.jpg


吸蜜の9割はアカツメクサだったように思える。
File1771.jpg

File1993.jpg


セセリつながりで、この日に撮った他のセセリチョウも。
チャマがいなくなり探しているときに見つけたので、一瞬喜んだのだが、マダラではなくバネだった。凹○
File1798.jpg


こちらの同じようなシチュエーションで目に入ったコチャバネセセリ。
File2060.jpg


ダイミョウセセリも発生初期のようで綺麗だった。
File1997.jpg


ゴマのポイントにて、ボタンヅルで吸蜜するキバネセセリ♀。
File2067.jpg


下草に止まるかなり小さなセセリを見つけた。
模様がほとんどないが、お腹の白点と大きさからするとホシチャバネセセリの黒化型?
X8100047.jpg


その直ぐ近くに止まっていたこの子は、アカセセリだろうか?
X8100051.jpg

ゴマシジミ

連休最終日、いつものnaoggioさん町田のSさんと2種の蝶を求めて遠征してきました。

目的の一つ、ゴマシジミのポイントへ。
たくさんのゴマが下草に止まっているが、黒い個体が多い。
青い個体を探して歩いていると、少しくすんではいるが、全開翅している個体を見つけた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/08/10

File078.jpg


すぐ近くでクジャクチョウが同じように開翅していた。
File080.jpg


青い♀を見つけたが、朝から気温が高くまったく開翅する様子がない。
日陰にしてしばらく待っていると、ゆっくり開き始めた。
File322.jpg

File415.jpg


綺麗な個体。
全開翅を期待したが、これ以上開いてくれなかった。orz
File452.jpg


萩で開翅吸蜜する個体は黒い。
吸蜜に夢中で、レンズ端10cmほどに近寄ってもまったく気にするそぶりなし。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M8108008.jpg


青い個体も萩の花にやってくる。
File531.jpg


ワレモコウに産卵する♀
File780.jpg


この個体は黒かった。
File788.jpg


黒いけど綺麗な♀も。
File2135.jpg


黒い♀に求愛するちょい青の♂
X8100002.jpg


File1346.jpg


Sさん見つけてくれた後尾個体。
X8100108.jpg


以下、連写をアニメーションにしてみました。
File816.gif

File1250.gif

File1471.gif

M8108008.gif

北アルプスの高山蝶 後半

ここからはミヤマモンキの発生ポイント。
咲いている花に次から次へのミヤマモンキチョウがやってくる。
擦れた個体から綺麗な個体までさまざまで、ピークを少しすぎたくらいだろうか。
ここで咲いている黄色のクモマニガナが人気のようだ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/02

X8025342.jpg

X8025502.jpg

X8025780.jpg

X8025830.jpg

X8025637.jpg

ミヤマモンキ2

X8025534.gif

白いシロバナクモマニガナも咲いているがあまり人気がなく、止まってもすぐ飛び立ってしまう。
そんな中、なんとか1枚だけ撮影に成功した。
X8025333.jpg


個体が多いと♂が♀に絡むシーンもそこそこ見られる。どれも交尾に至らないのが残念だった。
X8026264.jpg


♀の体液を吸っているのか?♀に口吻を伸ばしている。
X8026241.jpg


同じ黄色のシナノオトギリにもよく止まる。
X8026307.jpg


他のポイントへ行くため先行して一人歩いていたら、笹原を飛ぶ♂のミヤマモンキを見つけた。
花が咲いていそうもないので飛んでいってしまうだろうと思っていたら、少し前方の笹の中に姿を消して出てこない。
笹の葉に止まったのだろうと思い近くに行ってみると、嬉しいことにこっそり咲いていたタテヤマリンドウで吸蜜していた。
X8026359.jpg


回り込めないため、いい角度撮れなかったのは残念だが、ここならではの花での吸蜜が撮れ、大満足!
X8026386.jpg


長いこと吸蜜をした後、近くの笹の葉に止まって休憩。
X8026438.jpg


最後は、タテヤマウツボグサでの♀の吸蜜。
X8026480.jpg


ミヤマモンキを十分に満喫したので、もう一度アサマシジミを見つけようと先ほどの場所に戻ることにした。
途中、イブキジャコウソウと思われる可憐なピンクの花でコヒョウモンが複数吸蜜していた。
X8026502.jpg


コヒョウモンは、ミヤマモンキの次に多い。
X8026536.jpg


チラチラと水色っぽい輝きを見せながら飛ぶシジミチョウを発見。
アサマに違いないと止まったその蝶を確認すると、なんとスレに擦れたジョウザンミドリ?だった。
X8026518.jpg


破れた翅の間から見えるブルーで♂だとわかる。
X8026529.jpg


肝心のアサマシジミは先ほどの場所にはおらず、Sさんが少し離れた場所で1頭見つけてくれた。
後翅上の少しめくれており、最初に見つけた個体と同じようだ。
結局、アサマはこの1頭だけだった。
X8026570.jpg

北アルプスの高山蝶 前半

先週末、naoggioさん町田のSさん横浜のKiさんMiさんの5人で北アルプスの高山蝶の撮影に出かけました。
かなりの高標高値なのに、最初に出てきたのは普通種のアカタテハ。凹○
沖縄から北海道まで全国に分布する生命力の強い蝶ですね。

イワカガミでの吸蜜。
普通種ですが、平地では撮れない花での吸蜜は嬉しいものです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/02

X8024846.jpg

X8024852.jpg


目的の高山蝶を求めて探索していたら、naoggioさんが「いた!その辺りを飛んでいるのが見えた」と言うので全員の目が指差す辺りを集中的に探査する。
しかし動くものはなく、蝶の影も見えない。その辺りの草むらを叩いても何も出てこない。
幻覚? ^^; なんて冗談を言っていたら、naoggioさんが反他方向を指差して「あれ!」と。
見るとそれらしき蝶がひらひらと飛んでいる。
見失わないように全員の目で後を追うことしばし。ようやく葉の上に止まってくれた。
それは紛れもなく目的の一つクモマベニヒカゲだった。
今回、私が一番撮りたかった蝶、8年ぶりの撮影だ。
白線が短いので♂のようだ。
X8025008.jpg


♂が遠くへ飛び去ったあと、探索再開。
ふと振り返るとKiさんとMiさんが何かにレンズを向けている。
特にみんなを呼ぶ感じでもないのでクモマベニではないことはわかるが、レンズの先に何がいるのか気になったので近くに行ってみたら、ラン科のテガタチドリで綺麗なクジャクチョウが吸蜜していた。
X8025012.jpg


次が現れないかと探し歩いていると、目の前に1頭の蝶が飛び出した。
ちらちらと見える茶オレンジの表翅から これもクモマベニヒカゲであることを確信し「いたよ」とみんなに知らせる。
やがてクモマニガナに止まって吸蜜を始めた。
右後翅が破れているが、嬉しい♀個体だ。
X8025042.jpg

X8025074.jpg


吸蜜を終えると遠くに飛び去ってしまったため、また探索モードに切替。
しばらく歩いていると、前方の道路に止まるタテハらしき黒い影が見えた。
近づいて確認すると、綺麗なキベリタテハだった。
X8025082.jpg


逆光なので回り込もうとしたら飛び立って林の奥に消えていった。orz
X8025089.jpg


次に現れたのはMiさんが見つけたベニヒカゲ。綺麗な♂だ。
X8025135.jpg

X8025138.jpg


イタドリで吸蜜。
X8025156.jpg


もうそろそろ次の本命が出てきてもいい場所だが、なかなか見つからない。
するとSさんが、ミヤマコウゾリナで吸蜜するミヤマモンキチョウ♀を見つけてくれた。
2つ目の本命である。
ちょっと擦れているのは残念だが、初撮のアルプスモンキに感激。
X8025219.jpg


その時はSさんと私の二人だけ、他の仲間が来るまで見失わないように見張っていると、飛び出したこの個体が見えない位置の草裏に入り込んだ。
と、その視線の少し下に水色のシジミチョウらしきものがいることに気づいた。
よく見るとイワオウギの花に止まるアサマ(ヤリガタケ)シジミだ!
X8025230.jpg


青くないタイプなのが残念だが、目的としていた3種目を見つけることができて感激。
X8025242.jpg


辺りを見回したが、いるのはこの♂1頭だけだった。<後半へ続く>
X8025262.jpg

X8025267.jpg



 | ホーム |