FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


紅葉

2週間前、昭和記念公園のイチョウが見頃だというので、妻と二人で行ってきた。
駐車場がいっぱになってしまうのが心配だったので、早めに出発して朝食はコメダ珈琲で。
iPhone6S 2020/11/15
IMG_5257.jpg


メインゲートを入って最初に目に飛び込んでくる銀杏並木。
もう散ってしまっている木もあれば緑の残る木もあり、ちょっと・・・という感じ。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

MB158359.jpg


綺麗そうな部分だけ切り取ってみました。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

MB158373.jpg

MB158366.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

XB154007.jpg


カエデは赤あり黄あり緑ありで、なかなか綺麗でした。
XB154021.jpg



XB154032.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

MB158393.jpg

MB158392.jpg

MB158396.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

XB154048.jpg

XB154063.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

MB158410.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

XB154075.jpg


奥に見えるのは日本庭園の池に架かる橋。
XB154078.jpg


その橋の上から。
XB154082.jpg


キンクロハジロの♀が1羽。
XB154086.jpg


橋のすぐ近で潜っては浮き上がりを繰り返していたので、水中遊泳シーンを撮影することができた。
XB154085.jpg

スポンサーサイト



クロコマチョウ

秋によく目にするクロコノマチョウ。
2目のアオタテハモドキ遠征時に撮影したものをアップします。

羽化して間もない個体。残念ながら開翅はしてくれなかった。
後翅が少しめくれており、羽化不全のようだ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/1/08

XB081017.jpg


まだ青い蛹も付いていた。
XB081025.jpg


他の個体も
XB081195.jpg

XB082650.jpg

XB082004.jpg


プロキャプチャで飛翔も撮ってみた。
XB081235.jpg

XB081958.jpg

XB081861.jpg


迷鳥クビワキンクロ

3年前に新横浜公園で初撮した迷鳥クビワキンクロ♀がまた横浜にやってきた。
カメラマンがどっと押し寄せるだろうと思い少し早めにポイントへ行ったが、予想に反してカメラマンは15名ほど。
肝心のクビワキンクロは、キンクロハジロの群れに混じって目の前に浮かんでいた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/11/21

I18A7881.jpg


今回も♀が1羽だけのよう。♂も見てみたいものです。
I18A7821.jpg


3年前は、遥か遠くに浮かぶ姿しか撮れなかったが、今回はすぐ近くにいることに驚く。
よくよく考えると、1枚の写真にヒントがあるが、餌に引き寄せられた群の中なので安心して人によってくるのだろう。
I18A7864.jpg

I18A7764.jpg


水面に紅葉が反射し良い雰囲気。
I18A7919.jpg

I18A7962.jpg

I18A7943.jpg

I18A7952.jpg


羽ばたく瞬間を期待したが、まったくその素振りはなく、代わりにこんなシーンを見せてくれた。
I18A8002.jpg

I18A8093.jpg

I18A8144.jpg

I18A8148.jpg


翼に白線のある♀を見つけた。よく見るとクチバシの根元も白い縁取りがある。
クビワキンクロ♀が2羽?
I18A8161.jpg


でもクチバシの先に白い線がない。目元の白線もない。ハイブリッド?
真相はわかりません。
I18A8182_202011231404240bb.jpg


手前にクビワキンクロが。
I18A8185.jpg


翼に白線のある♂も1羽浮かんでいた。
I18A8213.jpg

秋ルーミス

不調に終わった10月の終わりの房総ルーミスだったが、今回は晴天に恵まれたこともあり、撮影を楽しむことができた。

今回は、町田のSさんと2人だけ。

後から来る千葉のNさんを待つ前に降りている個体がいないか探索するも見つからない。


するとNさんが現れて「来る途中の日差しのある場所にルーミスと降りていた」というので、急いでその場所に向かう。

見ると下草にルーミスが止まっていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/14

XB142664.jpg



この後、すぐに飛び立って少し離れた下草へ移動し、しばらく開翅姿を見せてくれた後 樹上に消えていった。

XB142742.jpg



するとNさんが、前日に休眠体勢の1頭がまだいるだろうと、その場所に案内してくれた。


この個体は、完全に枯れている葉っぱに止まっていた。

今まで見てきたルーミスは、青い葉の茶色になった部分で寝ている個体ばかりだったので、初めて見るシーンだ。

XB142794.jpg



すると今度は、Sさんがすぐ近くに止まっている1頭を見つけてくれた。

この個体は、枯れていない葉に止まっている。

日陰なので、まだ活動する気温ではないが、この個体は前翅を立てていた。

LEDライトを当てると開くだろうと思っい実行してみたら、逆に前翅を引っ込めてしまった。orz

XB142800.jpg



時間が過ぎ、Nさんの言う前日にたくさんの個体が降りてきた時刻になったが、樹上でちらちら飛ぶ個体が見られるが、1頭も降りてこない。

Sさんが見つけてくれた個体もじっとしたまま。

ルーミスの後ろ側に逆光気味の陽だまりが見えたので、ルーミスにLEDライトを当てながら撮影してみた。

XB143000.jpg



予定時間から大幅に遅れてルーミス達が降り始めた。

似たような写真ばかりですが、飽きずにご覧いただければ幸甚です。


擦れた彗星型、新鮮な状態で見てみた個体です。

XB143131.jpg

XB143143.jpg



逆光で前翅中室あたりが透けた感じに。

XB143182.jpg



表翅は青から紫の綺麗なグラデーションに。

XB143194.jpg



これは、♂だろうか?

XB143267.jpg



色づた落ち葉に乗ると華やかになる。

XB143312.jpg



オレンジ班があるのかと思ったら、擦れた後でした。凹

XB143335.jpg



止まるとすぐに開翅するので、裏翅を撮るチャンスは少なかった。

XB143361.jpg



この木に幹に止まられては、目を離すとどこにいるのか見失ってしまう。

XB143376.jpg


丸まった葉っぱの先を見つめるようなルーミス。
XB143387.jpg

XB143437.jpg

XB143533.jpg

XB143491.jpg

XB143670.jpg


XB143855.jpg



あっ 尾のあるルーミス発見?

と思ったら、後翅が破れているようだ。

XB143690.jpg



葉についた模様が面白い。

XB143698.jpg



川面でゆっくりと流れる落ち葉の影が目に入った。どうしてこんな影になるのだろう?

この葉にルーミスが止まってくれたら面白い写真になるのになぁ、って考えてしまった。

XB143735.jpg



スーパーブルー再び

前回ピン甘でしか撮影できなかったヤマトシジミ♀のスーパーブルー、今回はしっかり撮影できました。
比べてみると、前回の個体より青の広がりはやや控えめのようです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/08

XB081679.jpg

XB081731.jpg

XB081758.jpg


更に控えめのメスですが、こちらの方が綺麗に感じます。
XB081090.jpg

XB081119.jpg


おまけは、求愛シーン。
青♀に求愛する擦れ♂。願いはかないませんでした。
XB081047.jpg


♂に求愛する♂。成功するはずがありません。
XB081037.jpg


小さなツバメシジミ♀に求愛する♂。相手にしてもらえませんでした。
XB081070.jpg


アオタテハモドキ2

前回、メスを撮り損ねていたので再度アオタテハモドキにチャレンジしてみた。
naoggioさん、Sさん、Yさんの4人で♀を探す。
できれば低温型の青い♀を・・・でも、思うようには行きません。

♂はテリ張場所で難なく見つかった。このブルーは何度見ても美しい。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/08

XB081510.jpg


角度によっては、メタリックな輝きが・・・
XB081474.jpg


逆光気味に撮るとパープルに。
XB081795.jpg


前回よりも裏翅も綺麗に撮れた。
XB081635.jpg


しかし、一向に♀は出てこない。
そうこうしてる間に時間だけが経ち、Yさんが帰る時間となった。
残された3人で、クロコノマチョウを撮影していたら、Yさんから♀を見つけたという連絡があった。
急いでYさんの元へ。

そこには、青♀ではなかったが、濃茶色のグラデーションが美しい♀がセンダングサで吸蜜していた。
XB082454.jpg

XB082472.jpg

XB082519.jpg


Yさんに言われて気づいたのだが、♀の裏翅はヒョウモンモドキのような美しさがある。
XB082491.jpg


XB082543.jpg

XB082578.jpg

XB082600.jpg


吸蜜を終えると♂と同じように地べたの枯れ草の上へ。この後、どこへともなく消えていった。
目的の♀が撮れ、Yさんには感謝です。
XB082624.jpg


クロコノマチョウ

アオタテハモドキがいた直ぐ近くにクロコノマチョウもたくさん発生していた。

前記事には書かなかったが、アオタテハモドキ撮影時に、クロコノマの飛翔を撮りたいとMaさんとSaさんがやってきた。
二人が来る前に、1頭のクロコノマが飛んできて近くに止まっていたので、まだいるか確認してみたら、日の当たるシダの上でじっとしていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/31

XA319696.jpg


そこで、MaさんとSaさんに教えようとしたら、飛び立って木陰に移動してしまった。
XA319707.jpg


Saさんがカメラ片手にこの子に迫っていく。
XA319712.jpg


当然、この子は飛び立つのだが、別の1頭もSaさんの足元から飛び出して、近くに着地。
こちらは黒いので♂のようだ。
XA319714.jpg


気がつけば、辺りにはたくさんのクロコノマが止まっていた。
この写真には3頭写っている。
XA319721.jpg


Maさんがクロコノマを追いかけるところを連写しアニメGIFにしてみた。
XA310277.gif


表翅が写っている1枚をピックアップ。
XA310283-2.jpg


もうひとつのアオタテハモドキ・ポイントの近くにネムノキがあり、そこに羽化し立てのキタキチョウがぶら下がっていた。
XA310716.jpg


レンズを向けていたら、少しだけ表翅を見せてくれた。
XA310747.jpg



東京のアオタテハモドキ

東京某所でアオタテハモドキが発生しているという情報を聞いて、naoggioさん町田のSさん案山子さんの4人で出かけてみた。現地で八王子のYさんと合流。

本命ポイントに行く途中、早々にSさんが食草(キツネノマゴ)での吸蜜している♂1頭を見つけてくれたが、かなり擦れた個体だった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/31

XA318845.jpg


その後、ポイントに到着するも同様の擦れた♂が1頭いるだけ。
その内、綺麗な個体も出て来るだろうと、他の蝶に目を向ける。
たくさん飛んでいるヤマトシジミ♂の中に、スーパーブルーの♀を見つけた。
上から撮ろうとしたら飛ばれてロスト。開翅がピンボケなのが悔しい。orz
XA318880.jpg


裏翅が少し茶色かかっていたので♀だろうと思ってプロキャプチャで狙ったら♂だった。凹○
XA319148.jpg


少し遠くで再度スーパーブールの♀を見つけたが、近づけない場所だった。
XA319539.jpg


綺麗なウラギンシジミも♂♀出ていた。
XA319629.jpg


アオタテハモドキは、いくら待ってもボロの♂が1頭でテリ張しているだけで、他の個体は出てこない。最初にボロ個体がみつかった場所に行っていたSさんに連絡すると綺麗な♂が2頭出てきたというので急いで戻ることに。

1頭は、片方の触角の先が欠けた個体だが、翅は綺麗。
XA319862.jpg

XA319909.jpg

XA319959.jpg


高い葉の上に止まることなく、地面の枯れ葉ばかりに止まるので同じような写真ばかり。
しょうがないので魚眼で撮ってみた。
正面奥で案山子さんがピースサインしている。^^)
MA318319.jpg


この後、姿を消してしまった。
一瞬、綺麗なメスが出てきて近くに止まったのだが、すぐに飛び去りロスト。orz

しばらく空白の時間帯が続いたが、Yさんがセイタカアワダチソウで吸蜜する♂を発見。
XA310446.jpg

XA310478.jpg

XA310381.jpg


その後、コセンダングサに移動。
以下、同じような写真ですが・・・
XA310546.jpg

XA310658.jpg

XA310683.jpg


ウラナミシジミとの2ショット。
XA310675のコピー


お腹がいっぱいになったのか、カヤで休憩したと飛び去ってしまった。
♀は撮り損ねたが、綺麗な♂を撮ることができ満足な遠征となりました。
XA310705.jpg


2度目の房総シルビア

不調だったルーミスの後、まだ出ているというシルビアシジミを見に行った。
当然ながら擦れた個体がほとんど。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/25

XA258501.jpg

XA258171.jpg


擦れているけど青いメス。
XA258088.jpg


この時期にしては、綺麗なメスも。
XA258131.jpg


さらに綺麗なオス。
XA258118.jpg


しばらく皆で、この綺麗な個体を追いかけた。
XA258194.jpg

XA2582522.jpg

XA258266.jpg

XA258314.jpg

XA258335.jpg

XA258524.jpg


ヤマト♀に求愛するシルビア♂。
かなりのサイズ差がある。
XA258368.jpg


Sさんが交尾個体を見つけてくれた。
かなり擦れた♀だが、何度も交尾して産卵するのだろう。
XA258391.jpg


意外と敏感で、近寄ると飛び立って場所移動。
♀はもう交尾を終わらせたいのか、腹部を曲げて離そうとする仕草を。
♂は痛いのか、しきりに後脚で交尾部分を掻くような仕草をしていた。
XA258448.jpg


再び綺麗なメスだが、青くないのが残念なところ。
XA258635.jpg

XA258681.jpg


XA258645.jpg

XA258663.jpg


XA258688.jpg

 | ホーム |