FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ぶらり みなとみらい

コロナに暮れた2020年も後1日とわずか。
早くコロナが収束して欲しいと願いを込めて年越ししたいと思います。
また、拙いこのブログをご覧になられている皆様に良いお年になることを願っています。

年越し写真としてはちょっと・・・なところもありますが、在庫があまりないもので・・・
ひと月前に横浜みなとみらいを散歩してきたときの写真です。

まずはクイーンズスクウェアにい飾られていた横浜ハンマーヘッドの巨大広告。
遠くからもスマホをかざせばQRコードを読み取れそうです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm] 2020/11/22

XB224758.jpg


巨大広告をバックに巨大なスヌーピーを魚眼で。
OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]
MB228448.jpg


クイーンズスクウェアのクリスマスツリー、小さな姉弟がそのイベントに見入っていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB224768.jpg


横浜美術館前は、イルミネーションと月のコラボ。
OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]
MB228456.jpg


グランモール公園円形広場の大道芸もコロナの影響か、観客は少ない。
MB228460.jpg


ワールドポーターズを経由して

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 12-40mm]

XB224805.jpg


ハンマーヘッドへ。
XB224819.jpg


建物を通り抜けると超巨大なハンマーヘッドクレーンが。
100年前に導入されたものらしく、現存するものはこの1基の他に長崎に2基あるそうです。
右側に月と火星が写っています。
OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]MB228466.jpg


最後は、新港中央地区で行われていたヨルノヨ横浜のイルミネーション(12/26終了)。
期待して行ったのですが、人が多い割りにいまいちな感じだったのが残念です。
MB228469.jpg


スポンサーサイト



思うようには撮影できず

木星土星の大接近の日は月曜日、仕事で撮影ができないため、1日前にと夕方近所の丘に行ってみた。
丁度陽が沈む時間、西の空がお赤く染まる。

OM-D E-MX [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/12/20 パノラマトリミング

XC206509.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

MC208616.jpg


陽が沈んだ後、寒さのため なかなか見えてこない木星を待てずリタイア。凹○
MC208621.jpg


木星土星の撮影をすっかり諦めていたが、最接近の翌日 幸いにも仕事が早く終わり、帰宅路にも高い位置に木星土星が見える。
これなら沈む前に撮影することができると、家に着くや否やカメラを持っていつもの丘へ。
西の空に雲はなく、木星土星と対角に富士山のシルエットも綺麗に見えていた。

OM-D E-MX [MZUIKO ED 12-40mm] 2020/12/22

XC226513_20201227230828e79.jpg


肝心の木星土星は、ファインダーを覗き込んで拡大表示でピント合わせする時は、木星の衛星も2つだけは見えたのですが、写真には木星と土星の白い丸だけ。
この機材で挑戦しようと思った私が浅はかでした。orz

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

MC228651_20201227230828d2d.jpg


月なら十分なんですが・・・
MC228657_2020122723083062b.jpg

残っているムラツ塒

前記事で書いた空にいなった4つの塒だが、翌日には数は減ったものの復活していた。
空になった時は、日射しもなく霰も降る気候だったため、バラバラになった個体は元に戻ることができずそれぞれの場所で一夜を明かしたものと思われます。
戻った塒を含め見つけた全塒の個体数を写っている範囲で調べてみました。

4つ前の記事で3枚のアカガシの葉に広がった40頭はいるだろうと思われた塒は、ゼロからの復活。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/12/20

XC206444のコピー


30頭はいるだろうと思われたアカガシのもう一つの塒もゼロからの復活。

XC206325のコピー



前日元の塒に戻れなかったと思われる1頭が止まっていたアカガシの新たな塒。
XC206264のコピー


アカガシの端っこにあったムラシ、ムラツ2頭の塒はなくなっており、近くの葉にムラシ1頭が眠っていた。
XC206282のコピー


10数頭いたとみられるシロダモの塒もゼロからの復活。
XC206438のコピー


シロダモの17頭の塒もゼロからの復活。
XC206436のコピー


アオキの5頭塒は6頭になり、1頭の周りを顔を突き合わすように時計回りに並んでいた。
XC206501のコピー


残り(前記事でアカガシと書いたが、アカガシでは無いようで樹木不明)の小さかった塒は15頭に。
XC206494のコピー


もう一つのぐちゃっとした塒は、見える限りで41頭の大所帯。
XC206499のコピー


以上は同じ公園内で、ここから数100m離れたところで見つけた6頭の塒。
前出の同じアオキの6頭集団と似たような止まり方をしてるのが面白い。

iPhone6S 2020/12/19

IMG_5387のコピー

ムラツ、ムラシ

経過観察しているムラサキツバメ塒ポイント
この日は暖かく、多くの個体が塒を飛び出して開翅ショーを見せてくれた。
しかも綺麗な個体が多い。

ムラサキツバメ♀

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/12/13

XC136044.jpg

ムラサキツバメ♀

XC136038.jpg

ムラサキツバメ♂

XC136025.jpg


ヤツデ食堂にやってきた個体も。
XC135994.jpg


ムラシも綺麗な個体が多い。
ムラサキシジミ♀
XC135959.jpg

ムラサキシジミ♂
XC136107.jpg


アオキの赤い実の近くにムラツ♂が止まる。
XC136084.jpg


♀の方が少し近くに。
XC136083.jpg


ムラツ♀が2つ。
XC136198.jpg


今度はムラシの♂。
XC136170.jpg

XC136131.jpg


これがこの日のベストショット
XC136012.jpg


1週間後、朝9:30頃に様子を見に行ってみると、50頭近くいたアカガシの2大集団がも抜けのから。時間的にも気温的にも飛び出す条件には達していない。

どうしたことかと下に顔を向けると、あちこちに青い輝きが・・・
おそらくシジュウカラなどに塒が襲われて、全ての個体が下に落ち、開翅して気温が上がるのを待っていたのではないかと思われます。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/12/19

XC196209.jpg


たくさんの輝きの中、前翅先端に青い鱗粉のある個体を見つけた。
2年前の個体よりは控えめな鱗粉だが、嬉しい2度目の出会いだ。
XC196233.jpg

XC196242.jpg

XC196245.jpg

鎌倉 紅葉谷

先週の土曜日、案山子さんを誘って鎌倉の紅葉谷(獅子舞)に行ってきた。
その3週間前にも一人で様子を見に行ったのだが、イチョウが終わっているのにモミジはまだ青々としていた。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2020/11/23

MB238479.jpg

MB238483.jpg


谷の一番上に、この地名の元となっている獅子岩がある。
MB238497.jpg



そして、以下が3週間後の姿。綺麗に色づいている。
毎年のように通っているが、今までに無いほどの見事さだった。
 2020/12/12
MC128549.jpg


どこまで行っても真っ赤な天空が続くようだった。
MC128554.jpg

MC128563.jpg

MC128566.jpg

MC128567.jpg

MC128587.jpg


魚眼ばかりでは飽きてくるので、望遠ズームの写真もアップしておきます。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

XC125612.jpg

XC125617.jpg

XC125628.jpg

XC125632.jpg

XC125637.jpg

XC125644.jpg

XC125652.jpg

XC125654.jpg

トモエガモ ほか

2週間前、Papilioさんから情報から県内の公園にトモエガモが入っているとの情報を頂いた。
トモエガモは、過去1度 オス1羽を撮影したのみだが、今回は30羽近い群れが入っているとのこと。
働いている身としては、すぐには撮影に行かれず、1週間後に行くことができた。

ポイントには10名ほどのカメラマンがいるだけで、50mほど奥にいるカモの達にレンズを向けている。
双眼鏡を覗くも、目に入るのはマガモ、マガモ、マガモ・・・とカルガモも・・・あれ? 群れは出て行ってしまった? 汗)
もう一度、1羽ずつ丹念にチェック。
すると、遠くの杭の上に♂のトモエガモが1羽いるのを発見。
とりあえず坊主は免れた。はぁ〜。

トリミングなしではこの大きさ。orz よく見たら♀も2羽並んでいた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/12/6

I18A8251_2020121221113700b.jpg



以下、全てトリミングです。
これだけかと思っていたら、奥の土手の上から次々と池に降りてきた。
I18A8314.jpg


いつの間にか、杭の上にもずらりと。
I18A8288.jpg


久しぶりに328を持ち出しての撮影。
以前は、鳥も蝶もこのレンズで撮影していたのだが、流石に重さを感じる。
つい先日、オリンパスのE-M1X用に鳥認識AF用ファームウェアが公開されたので、前日にバージョンアップしておいた。
レンズは残念ながら40-150mmx2.0テレコンだが、鳥認識AFがどんなのもか試してみた。

レンズをトモエガモの群れに向けてシャッターを半押しした瞬間、ファインダーに入っているほぼ全てのカモが白い四角枠で囲まれたので驚いた。
枝の上を動き回る小鳥だとどうなのだろう・・・そのうち試してみようと思います。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

XC065322.jpg


丁度、マガモ♀とトモエ♂が羽ばたいてくれた。
XC065326.jpg


トモエガモは確かに大群だったが、遠くて暗がりだったので少々消化不良気味。
近寄ってくる可能性は皆無だったので、余儀なく撤退することにした。

これだけでは・・・と思い、撮りたまった野鳥写真を少しいアップします。

ベイブリッジをバックにしたクロマダラソテツシジミを撮ろうと出掛けた日。
山下埠頭側から港の見える丘公園に続く階段を登っていた時、近くでヒッーヒッーとジョウビタキの囀りが聞こえてきた。
鳴き声がする方向を見ると、ベイブリッジを背にしたアンテナの上に止まっていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/2

XB020789.jpg


妻と二人で昭和記念公園に紅葉を見に行った日。
シジュウカラの群れがいたので、紅葉に止まるのを待っていたが時間切れ、山茶花で我慢することに。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/15

XB154044.jpg


マイフィールドでムラサキツバメを満喫していた時、すぐ近くにアオサギがやってきた。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/28
XB284944.jpg


ベンチでアオサギを眺めていたら、草むらにいるバッタを捕食し出したので、面白いと思いレンズを向けていたら、飛んできたトンボを・・・すぐさま連写しました。
XB285061.jpg



こちらがアニメGIFにした結果です。
XB285056−1

ムラサキツバメがいっぱい

寒さが厳しくなってきたこともあり、マイフィールドにムラサキツバメが集まり出した。
今年は例年になく豊作で、狭い範囲に40を超える大きな集団から2頭の塒まで計8つ塒ができている。
全部で150頭くらいいるのではないだろうか。
これからの経過観察が楽しみです。

まずは大きなアカガシの第1塒。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/12/6

XC065392.jpg

少し角度を変えもなかなか全体を写すことができないが、30頭はいるだろう。
XC065423.jpg


50cmほど離れた場所に第二塒がある。
こちらは3枚の葉に広がっているが、上から撮ることができないのでこちらも全容はわからない。40頭はいるだろうか。
XC065395.jpg


同じアカガシの木の端っこにムラツとムラシが1頭ずつの第3の塒がある。
XC065396.jpg


20mほど離れたシイロダモに第4、第5の塒がある。池が目の前にあって近づけないため遠目から。
第4の塒は、13頭を数えることができる。
XC065404.jpg

第5の塒は、17頭見えている。
XC065407.jpg


メインのアカガシから40m離れたアオキに5頭の第6塒がある。
XC065408.jpg

ここは、1週間前は3頭が面白いフォーメーションを見せてくれていた。
↓先週の写真
XB284853.jpg


このアオキから5mほど離れたアカガシに第7、第8の塒がある。
先週は10頭いたが、4頭はお出かけ中か?
XC065411.jpg

第7集団から1m程離れた同じ木に第8の塒がある。
ぐっちゃっとしていて全容はわからないが、40頭はいるだろう。
XC065416.jpg


塒を飛び出した1頭が細い枝にぶら下がって止まった。
XC065450.jpg


しばらくすると上に這い上がってきた。裏翅がやけにあかるい茶色をしている。
XC065474.jpg


深いブルーが綺麗なオスだった。
XC065543.jpg


いろんな角度から撮り比べてみた。
XC065551.jpg


ここでは、案山子さんが今年も前翅先端に青い鱗粉の載る♀(2年前に撮影した個体)を撮影しているので、なんとしても見つけたいと思っている。
XC065566.jpg


メスを連写したら、鼻先の面白い動きが写っていた。4対目の小さな脚がついているよだ。
XC065590-1.jpg

ノササゲ

案山子さんに、マイフィールドに綺麗なノササゲがあるのを教えてもらった。

熟したアケビのように鮮やかな紫色の豆鞘。
こんなに目立つのに、なぜ今まで気がつかなかったのだろう。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/28

XB285231.jpg


弾け出た丸くて黒い豆も光沢があって美しい。
後で気付いたのだが、光を透かして撮った1枚の真ん中に、小さむしが止まっていた。
XB285110.jpg

アオタテハモドキの青♀を狙ったが・・・

1週間半前のこと。
アオタテハモドキの発生場所に採取者の入っているようで、目撃情報が全くなくなって数日経った頃、青♀が出たという情報が入ったのでSさんと探しに行ってみた。

しばらく目撃情報がないこともあり、待てど暮らせど1頭も現れない。
じっと待っていても仕方ないので、近くに飛んでいる普通種にレンズを向ける。

水場に降りてきたウラギンシジミ♀。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/21

XB214105.jpg


♂も降りてきた。
XB214224.jpg


水面に写る姿も撮りたかったが、いい場所にとまてくれなかった。
XB214231.jpg


テングチョウも。
XB214492.jpg


ここで、向こうから人がきたと思ったらマイフィールド仲間のPAWさんだったのでビックリ。
案山子さんから聞いて来たという。

ふらふらとフユシャクが飛んできて、細い枝先に止まったので、普段見ることのない裏側から撮ってみた。
XB214481.jpg


お茶の花では、数頭のチャバネセセリが吸蜜していた。
XB214160.jpg


イチモンジセセリも混じっていた。
XB214474.jpg


肝心のアオタテハモドキだが、綺麗な個体の♂が1頭出てきたので、かなり遠目から証拠写真を1枚とって、PAWさんをアオタテの方へ誘導。
しばらくテリ張で同じ場所にいるだろうと、余裕で良い写真を狙ため近くに行くと、すぐに飛び去ってロスト。orz
PAWさんはしっかり撮れたようだったので、よかった。
後で知ったことだが、目当ての青♀は、同じに日に採取者に持っていかれてしまったようだ。
外来種だから仕方ないところだが、悲しい。ToT)

それでも、またヤマトシジミのスーパーブルーを撮ることができたのは嬉しかった。
XB214242.jpg

XB214288.jpg

 | ホーム |