FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


黄&赤レンジャク

近くの公園にレンジャクが来ているとの情報が入ったので、自転車で行ってきた。

第1ポイントには既に20〜30人のカメラマンがスタンバイしているが、レンジャクは出ていない。
第2ポイントへ移動するとカメラマンが数人。ここにもレンジャクは出ていない。
どうしようかと考えていたら、近くにいたカメラマンの携帯が鳴り、何やら話している。
どうやら第1ポイントにいる仲間からのようで、キレンジャクが出たという。
急いで戻ると、高い木の枝にキレンジャクが1羽止まっていた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/30

I18A9727.jpg


ほとんど真上を見上げるような角度なので、お腹しか見えない。
尾の黄色でかろうじてキレンジャクだと分かる。
I18A9739.jpg


少しすると、これまた高い位置のヤドリギへ。背中は、証拠写真を撮るのがやっと。
この後、北の空へ消えていってしまった。orz
I18A9768.jpg

I18A9775.jpg


同じ黄色のキセキレイが慰めてくれた。^^;
I18A9787.jpg

I18A9778.jpg


キレンジャクは戻ってきそうにいなかったので、再び 第2ポイントへ移動。
カメラマンが一人だけ。レンジャクは来ていないという。
徐々にカメラマンは増えてきたが、レンジャクの姿はなし。
はたまた、どうしようかと考えていたら、目の前の茂みに大きめの鳥が飛び込んできた。
目を凝らして確認すると、お目当てのレンジャク。^^)/
I18A9792.jpg


抜けた姿は、ヒレンジャクだった。
I18A9795_20210131174429c5d.jpg

I18A9834.jpg

I18A9891.jpg


この日は、ヒレンジャクが2羽だけだったが、久しぶりに美しい姿が見られて感激でした。
後日、キレンジャクをリベンジすべく再訪しましたが、結果は次回。
I18A9949.jpg
スポンサーサイト



在庫の鳥たち

撮り溜めてアップする機会がなかった写真です。

大晦日、鳥を探しながらマイフィールドを歩いていたら、散策路脇の木にコンデジを向けているカメラマンが一人。カメラの先を見ると、小枝の中をちょろちょろ動き回る小鳥が・・・

大きさと単独で動き回わる落ち着きのなさからウグイスだろうと推測。
ちらっと葉の間から見えたのは、正解の姿だった。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/12/31

I18A8412.jpg


しばらくすると、抜けた所に出てきてくれた。
I18A8394-1.jpg


年が明けて、別目的で訪れた公園で10年ぶりに再開したワカケホンセイインコ。
30羽ほどの群れが2つに分かれていました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2021/01/03

X1037069.jpg

X1037101.jpg

X1037085.jpg

X1036929.jpg


案山子さんに誘われて訪れた公園で、5年ぶりのヨシガモ♂。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/11

I18A9255.jpg


ダイサギが通りすぎる。
I18A9287.jpg


割と近い位置にジョウビタキの♂と♀
I18A9321.jpg

I18A9339.jpg


吊り橋から見下ろす位置にエナガの群れがやってきた。
I18A9348.jpg


水浴びを終えたらしく、羽繕する姿を見せてくれた。
I18A9355.jpg

I18A9357.jpg

I18A9359.jpg

I18A9351.jpg

I18A9366.jpg

MF在庫

年末から年明けにかけて撮りためたマイフィールドの虫たち。

これは虫といよりも残骸だが、高さ15mはありそうな樹上に残されたスズメバチの巣。
かなり巨大な巣だが、望遠写真ではsその大きさが伝わらない。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/11/28

XB284942.jpg


このスマホ写真(巣は右上)で、その大きさが想像できるのではないでしょうか。

iPhone6S

IMG_5334.jpg


ゴマダラチョウの御神木の根元にある落ち葉で幼虫を2頭発見。

2020/12/06

IMG_5350.jpg

IMG_5352.jpg


通路脇の杭では、ナミアゲハの蛹が2頭並んでいた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

XC065355.jpg

XC065359.jpg


セセリが止まっているのが見えた。でも、こんな裏翅のセセリって何?

2020/12/13

XC136071.jpg


よく見ると顔が潰れているような・・・
XC136065.jpg


じっとしたまま飛びそうもないので葉っぱを裏返してみると、どうやら羽化直の蛾のよう。
MC138595.jpg


こんな寒い時期に羽化するなんて、フユシャクの一種だろうか?
MC138591.jpg


トイレの鏡にヒルガオトガリバが止まっていた。

2020/12/26

XC266737.jpg


一緒に撮影していた案山子さんをバックに・・・
XC266740.jpg


最後はクロスジフユエダシャク → イチモンジフユナミシャク(舞岡の自然2のひろしさんからご指摘いただきましいた。ありがとうございます)

2020/01/10

X1108833.jpg

X1108843.jpg

冬鳥4種

久しぶりにカヤクグリが見たいと思い、県内のH林道へ行ってみた。
朝ゆっくりの10時過ぎ到着だったため、駐車スペースには車がびっしり。
なんとか端っこに止めて歩きだす。

最初に迎えてくれたのは、ウソ♀の群れだった。
D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/16
I18A9446.jpg

I18A9486_20210120204910a4e.jpg

I18A9495.jpg

I18A9518.jpg


綺麗な♂を撮りたいところだが、何故か♀ばかり。
結局、♂に出会うことはできなかった。

I18A9530.jpg


先に進むと、数人のカメラマンがカメラを構えているのが見えたので、静かに近づく。
レンズの向こうには、ルリビタキ♂が止まっていた。フェンスの間から1枚。I18A9533.jpg

I18A9586.jpg

I18A9606.jpg

I18A9563_20210120205340728.jpg

カメラマンを気にすることなく、餌探しで1m程の高さの枝と地面を行ったり来たりしていたので、しゃがんで撮影していたら、最短撮影距離ギリギリまで寄ってきた。
写真はトリミングしてますが、ノートリでも画角に入りきれませんでした。
I18A9575-3.jpg


すぐ近くにもう1羽いました。
I18A9610.jpg


目当てのカヤクグリがよく出てくるポイントに行くと、600mmF4.0を構えるカメラマンが一人。
ファインダーを除いて何かを撮影していた。
ゆっくり近づいてレンズの先を確認すると、案の定 カヤクグリだった。
I18A9635.jpg


いたのはこの1羽だけ。
I18A9643.jpg


数人のカメラマンが集まって来ると飛び去ってしまったが、何とか目的を達成できた。^^)/
I18A9646.jpg


最後は、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラの混群がいたので、他の鳥が混ざっていないかと双眼鏡で探すと、ヒガラとコガラも。 久しく会えていなかったコガラを追いかけてみた。
I18A9677.jpg

I18A9691.jpg

I18A9703.jpg

マイフィールドの鳥たち

先週の3連休の中日、減ってしまったムラサキツバメの塒が復活していないかと淡い期待を持って見に行ってみたが、2塒に1頭ずつ以外は壊滅。やはり消滅した塒は、復活することはないようです。

ということで、鳥モードに切り替えて、マイフィールドのメイン会場に行ってみたら常連意外にも多くのバーダーがやって来ていた。屋外とはいえ、この時期、コロナが気になるところでもあります。

この日の鳥たちはサービスよく、顔を出してくれた。

まずは、久しぶりのアリスイ。葦が刈られた地面に出て来た。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/10

X1107795.jpg


ちょろっと下を出した瞬間が撮れた。
X1107898.jpg


何かに警戒? ではなく、飛び立ちの瞬間。
残念ながら羽を広げたシーンは、ブレブレでお見せできない。凹○
X1107947.jpg


枝に止まって脚の手入れ。
X1108360.jpg


水場に降りたのだが、抜ける場所がなく、水を飲むシーンは撮れず。
X1108488.jpg


背中だけを見ると、まるで幹に巻き付いた蛇。
X1108590.jpg


不思議なキツツキだ。
X1108669.jpg


アリスイを撮影している時、目の前のツルウメモドキの実を食べにメジロがやってきた。
X1108007.jpg

X1108017.jpg


アリスイに代わって出てきたのはクイナ。
X1108356.jpg

X1108178.jpg

X1108190.jpg


クイナは長い時間でっぱなしで、そんな中、反対側でヤマシギも比較的近いところまで出てきていた。
X1108114.jpg

X1108221.jpg


捕まえたミミズを引き抜けないのか、嘴に付いた泥を撮りたいのか不明ですが、嘴を脚で掴んでいました。
X1108332.jpg

X1108337.jpg


クイナが姿を消すとヒクイナの登場。
X1108268.jpg


ヒクイナはサービスが悪く、あっという間に落ち葉の中に潜ってしまった。
X1108278.jpg


アカハラもしばらく出てきて、イボタの実を食べていた。
X1108893.jpg


ジョウビタキ♀もかなり前から居着いている。
X1108819.jpg


帰り道、自宅近くで出会ったのは、イソヒヨドリ♂でした。
いよいよこの近辺にも進出してきたようです。
X1108927.jpg

ソレイユの丘から

菜の花セッカやタヒバリが撮影できたソレイユの丘。
他にも野鳥がいないかと探すもこれといった被写体はいない。
上空には多くのトビが飛んでいるが、トビじゃなぁ・・・と上を見上げていたら、小さな猛禽が目に入った。チョウゲンボウだ。

空抜けということもあるが、E-M1Xの鳥認認識で撮影も楽々。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/09

X1097349.jpg

X1097396.jpg


たくさんいるトビの1羽とニアミス。
X1097404.jpg


ソレイユの丘の南端から伊豆大島を見ると、東端が空に浮いているように見えた。
今日、神奈川新聞のLINEニュースに「相模湾に蜃気楼」という記事が載っていたので、これも蜃気楼だったということらしい。
X1097329.jpg


海鳥でもいなかと、南端の階段を降りて「ソレイユの丘の海岸」へ。
海岸からも富士山がよく見える。

iPhone6S パノラマ合成

IMG_5423.jpg


カメラマンが一人、磯場に立ってカメラを構えていたので、何かいるのかと思いきや、富士山バックの波飛沫を撮影していたようである。
便乗してその後ろから・・・

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X1097559.jpg

X1097570.jpg

X1097574.jpg

X1097580.jpg


海鳥は皆無。orz
海岸に大きな巻貝が落ちていたので、富士山バックに1枚。

iPhone6S

IMG_5426.jpg


和田長浜海水浴場では、ウィンドサーフィンとカイトサーフィンを楽しむ人たちが・・・寒くないのかなぁ・・・
X1097630.jpg

ウラギンシジミ集合

ウラギンシジミが4頭集まっているとの情報をもらい、見にいってきました。
2年前にマイフィールドで、3枚の葉に渡って一列に並ぶ4頭のウラギンシジミを観察しているが、1枚の葉に4頭集まっている集団は初めてです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2021/01/03

X1036947.jpg


4頭が2列縦隊しているように見えますが、反対側から見ると1頭が違う方向を向いていました。
X1036985.jpg

菜の花セッカ

案山子さんから菜の花セッカを撮りに行こうというお誘いに乗って、ソレイユの丘へ出かけた。
到着早々、長いレンズを抱えて撮影しているカメラマンが2人。
レンズの先には、菜の花にセッカが止まっていた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/05

I18A8807.jpg


カメラマンが言うには、かなり長い時間出ているといい、こんなことは珍しいと。
確かにしばらくして1羽が菜の花に潜ると、別の1羽が現れる感じ。少し遠いけど取り放題!
I18A9008.jpg

I18A9064.jpg

I18A9206.jpg

I18A8778.jpg


一つの画角に2羽。離れたところ更に2羽で計4羽いる模様。
I18A8909_202101102254365b4.jpg

I18A8977.jpg


セッカの他に、かなりの数のタヒバリがキャベツ畑と往復していた。
I18A9140.jpg

I18A8820.jpg


極たまに、カワラヒワもやってきた。
I18A8996.jpg


この日は薄曇り、ぼんやりと富士山も見えたが、レンズが長すぎて富士山バックでの撮影は諦めざるを得なく、とりあえず江ノ島バックで。
I18A8944.jpg


案山子さんバックも。
I18A9234.jpg


何故かこの時期に、ひまわりも咲いていた。
I18A8802.jpg



富士山バックを撮りたくて、オリンパスを持って再度挑戦。
この日は、雲ひとつない晴れ。
これならばっちり撮れると胸弾ませて菜の花畑に出かけたが、待てど暮らせど何も出てこない。
カメラマンも一人もいない。汗)

先日のカメラマンの言葉「こんなことは珍しい」が頭の中に響く。
そんな時、1羽の小鳥が飛んできて菜の花に止まった。
期待したセッカではなくタヒバリだが、それでも富士山バックで撮れるのは嬉しい。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/09

X1097140.jpg

X1097152.jpg


結局、富士山バックは上の2ショットのみ。
セッカも背景を選べない場所に1度出てきただけで終わってしまった。orz
X1097290.jpg

トラツグミ

正月休み、ちょっと遠くへ野鳥遠征でもしようかと思ったのですが、あまりいい情報がなかったので近場のトラツグミで我慢しました。

ポイントにつくと2人のカメラマンがいたが、まだ出ていないようで出待ちしている。
ステージでは、ツグミが黒い実を啄んでいた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/04

I18A8463.jpg

I18A8470.jpg

I18A8488.jpg


樹上ではヤマガラも黒い実を・・・
I18A8499.jpg


待っていても寒いので、公園内をひとまわりして戻ってくると、さっきとは違う一人のカメラマンが、斜面にいるツグミを撮影していた。
その他にカメラマンはいない。
もうトラツグミはいないか? との思いが頭をよぎった時、小さな薮の影に鳥影が見えた。
双眼鏡で確認すると、嬉しいことにトラツグミでだった。
I18A8526.jpg


しばらくすると藪陰から出てきてくれた。
以下、似たような写真ばかりですが、ご容赦を。
I18A8621.jpg

I18A8593.jpg

I18A8572.jpg

I18A8633.jpg

I18A8643_20210107222059890.jpg

I18A8679.jpg


最後まで陽の当たるところには出てきてくれなかった。
I18A8720.jpg

ムラサキツバメ♂ムラサキシジミ♂

年が明けて、ムラサキツバメの塒の様子を見いに行ったら、8つあった塒も1つだけ、それもたった2頭だけになっていた。
どうしたものかと上を見上げたら高い樹上を飛ぶムラツが2つ。
その内の1頭がフラフラと降りてきて、目の前の落ち葉に止まった。
しばらくウロウロして吸水場所を探している様子。
ちらっと飛んだ時、表翅が青く見えたのでメスだろうと思っていたが、開翅した姿にビックリ。
ブルーが輝く♂だった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/02

X1026879.jpg


もっとじっくり撮りたかったが、直ぐに翅を閉じてしまった。残念。
X1026893.jpg


ムラサシジミ♂は年末。
案山子さんチャリこばさんと一緒にマイフィールドを散策中に見つけたもの。
羽化まもないのではないかと思える綺麗な個体だった。
2020/12/26
XC266524.jpg

XC266539.jpg

XC266544.jpg


 | ホーム |  次のページ»»