FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


河津桜と富士山

県内でもあちこちで河津桜が見頃を迎えていたので、富士山が近い県西部の西平畑公園とおおいゆめの里に行ってみた。

まずは、西平畑公園

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2021/02/23

X2233620.jpg


直ぐ下を東名高速が走っている。
X2233633.jpg


公園は南を向いているため、富士山は右側に見える。
X2233639.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M2238710.jpg


M2238717.jpg


iPhone6S
IMG_5499.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M2238755.jpg


OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

河津桜の下の菜の花も満開なので、とても綺麗。
M2238733.jpg


OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X2233646.jpg

X2233641.jpg


OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M2238761.jpg

M2238776.jpg

M2238779.jpg

M2238781.jpg


おおいゆめの里は、富士山を向いた斜面に河津桜が咲いている。
iPhone6S パノラマ
IMG_5501.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 12-40mm]

M2238788.jpg

M2238790.jpg


ドローンを飛ばして空撮しているマニアもいた。
M2238787.jpg
スポンサーサイト



レンジャクがたくさん(街路樹編)

クロガネモチの実に群がるレンジャク。
たくさんいるのはワクワクするが、どこを狙って撮ればいいか迷うシーンがしばしばありました。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/20、22

X2200230.jpg



黄♂、赤♂、黄♀、赤♀が並んでいるのを見つけた。
X2200298.jpg


こっちは、赤♀、黄♀
X2201272.jpg


赤♂2羽が仲良く並んでいる。
X2209590.jpg

X2209728.jpg


こうして写真だけ見ると四六時中 木の実を食べているように見えるが、歩行者が居なくなるのを電線の上でじっと待っている時間の方が多い。
黄色に挟まれた赤が、下のよう数を伺っている。
X2222102.jpg


安全を確認すると、まず1羽が降りてきて、しばらくすると同じ木に他の仲間が大量に舞い降りてくる。そんなワンシーン。
X2223000.jpg


連写したものをアニメにしてみました。
これだけ降りてくると思っていなかったので、途中でシャッターを離してしまった。orz
X2222995-1.gif


歩行者が近づくと、一度に飛散していく。ヒヨドリも混じってます。
X2223166.jpg


電線に止まっていた1羽のキレンジャクを見ていたら、下にあった自動販売機の裏に飛び降りた。
あんな隙間で何をしているのだろうかと回り込んで覗いたら、何とナンテンの実を食べていた。
ラッキー!
X2209968.jpg

X2209974.jpg


順光でのヒレンジャクも間近で撮れたが、なんだか置物のような感じの写真になってしまった。
ほどよい日陰の方がいいですね。
X2222046.jpg

X2221999.jpg

レンジャクがたくさん(電線編)

案山子さんと県内プチ遠征。
2/13に1羽だったがキレンジャクを間近で撮影できたので、この日は少し引いた写真も撮ろうとオリンパスの望遠ズームで勝負。

着いた先では、電線の上にスズメのように居並ぶたくさんのレンジャクが待っていた。
画角内には、赤黄混ざって44羽のレンジャク。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/20

X2209642.jpg



ここでは、ヒレンジャクの中にキレンジャク1羽。
X2209417.jpg


仲良く同じポーズ
X2209871.jpg


晴天の空には月も出ていた。
X2201153.jpg


タイミングよく2羽のレンジャクが飛び出てくれた。
X2201156.jpg

X2201158.jpg

X2201161.jpg

X2201168.jpg


トビの逆襲

バレンタインデーの日、1羽のカラスに追いかけられるトビがいたので、撮ってみようかとレンズを向けようとしたのだが、どんどん遠ざかっていくのでやめることにして見送ると、方向転換して近づいてきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/14

X2149140.jpg


もういいだろうと思ったであろうカラスが少し離れたら、トビが方向転換してカラスに向かっていったので夢中でシャッターを押し続けた。
すると、こんなシーンが写っていた。
X2149164.jpg



カラスを襲うトビなんて見るのは初めて。
そのシーンをアニメGIFにしてみました。
X2149159.gif

キレンジャク・リベンジ

2週間前のワンショット以来2度リベンジに臨んだが、すれ違いの返り討ちになっているキレンジャク。
案山子さんからの情報で、リベンジできました。
ほとんど知られていない場所なので、カメラマンは私と案山子さんの二人だけ。
気兼ねなく撮影できました。

最初に見つけたのは桜の木の上だった。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/02/13

I18A1325.jpg

I18A1419_20210214225728e21.jpg


羽毛を1枚残して、水飲み場へ。
I18A1425.jpg


何でこんなところにゴミが・・・orz
I18A1441.jpg


水を飲み終えると、私のすぐ近くの桜の枝に飛んできた。
近すぎて柀写界深度が額から首までと狭くなってしまった。
I18A1451.jpg


この後、飛び立ってクロガネモチでのお食事→水飲み→お食事→水飲み を繰り返していた。
I18A1551.jpg

I18A1659.jpg

I18A1697.jpg

I18A1744.jpg

I18A1635.jpg

I18A1509.jpg

I18A1968.jpg

I18A1984.jpg

I18A1996.jpg

I18A2027.jpg

近場の鳥

最近はよく出て来るようになったMFのヤマシギだが、なかなか近くに来てはくれない。
この日も遠くから1枚だけ証拠写真を。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/01/30

X1308950-1.jpg


アリスイもよく出ているようだが、なかなかいいところには出てくれない。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/02/06

I18A0769.jpg


この子は、かなり近くにいたので超アップに。
I18A0766.jpg


以前は、必ず見られる鳥だったタシギだが、ここのところご無沙汰でした。
I18A0806.jpg

I18A0846.jpg

I18A0861.jpg


鳥ではないが、経過観察している双子のナミアゲハ蛹は、鳥に見つかることなくまだ無事だった。
M20686991.jpg


マイフィールドで福寿草が咲きだしたと聞いたので、見に行ってみた。
この時期、春の訪れを感じさせてくれる風物詩です。

TG-4 2021/01/30

P1300029-1.jpg

P1300031-1.jpg


小道の脇にはオオイヌノフグリの咲きだしている。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2021/02/06

M20687001.jpg

M20687041.jpg


フィールド仲間に教えてもらい、ハンノキに雄花と雌花があることを初めて知りました。
だら〜と長く垂れて咲いているのが雄花、その根元の方にある小さい赤いのが雌花。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]

I18A0772.jpg


シナマンサクも満開です。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/07

X2079021.jpg

X2079023.jpg

キレンジャク・リベンジ・・・ならず orz

2日目は第2ポイントへ直行。
数人のカメラマンがスタンバイしており、レンジャクはいない。
しばらくすると、それらしい大きさの鳥が枝の向こうに止まった。
来たか!と周りのカメラマンも動き出す。
抜ける位置を探して確認すると、シメが止まっていた。残念。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2021/01/31

I18A9963.jpg


第1ポイントへ行くべきか待つべきか迷っていたらヒレンジャクがヤドリギに飛び込んできた。
I18A9976.jpg


数羽の群れだったが、すぐに飛び去ってしまったので、第1ポイントへ。
高い木の上にレンズを向けているカメラマンが数人。
かなり高い位置にレンジャクが止まっているのが見える。
聞くと、キレンジャクが数羽いるとのこと。
といっても高すぎて、昨日よりも条件が悪い。
降りて来るのを待とうと思ったところで、樹上から4羽のレンジャクが飛び立ち、遠くへ飛んで行ってしまった。ToT)

仕方なく第2ポイントに戻るとカメラマンは一人もいない。
ちょっと不安になったが、遠目からヤドリギをみると数羽の鳥影が見えた。
はぁはぁ言いながらヤドリギのある木の元へ。
全部で8羽のヒレンジャクが止まっている。みるとお尻からたらぁ〜〜〜とヤドリギの種が・・・
I18A0101.jpg

I18A0117.jpg


しばらく一人で撮り放題。
I18A0004.jpg

I18A0121.jpg

I18A0344.jpg

I18A0357.jpg

I18A0468.jpg

I18A0702.jpg


気がつけば、周りにはたくさんのカメラマンが・・・
残念ながら、ここにはキレンジャクは現れなかったが、ヒレンジャクは最大11羽になり、たっぷり楽しむことができました。
I18A0234.jpg

I18A0294.jpg

I18A0332_20210203215624a15.jpg


ヤドリギの実を啄むシーン。
I18A0410.jpg

I18A0516.jpg

I18A0554.jpg

I18A0661.jpg

I18A0633_202102032156327c1.jpg

I18A0716.jpg



 | ホーム |