FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールド在庫から

マイフィールドでツマキチョウをシーズン初見した日に撮影した残り写真です。

まずは、階段の上からウグイスカグラ

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2021/3/20

M3208856.jpg


ツマキのポイントで咲くタンポポを下から。
これにツマキチョウが止まっていたら最高なんですが・・・
M3208858.jpg


タンポポに乗っているのはイタドリハムシ orz
M3208912.jpg


同じくツマキのポイントに咲くキランソウ
M3208860.jpg


オニグルミの下で餌探しするタイワンリス

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X3205177.jpg


リスを撮っていたら後ろにコジュケイが現れた。
X3205179.jpg


古民家裏に咲くヒトリシズカは、団体さん。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3208877.jpg


管理棟前でシュンランがひっそりと
M3208886.jpg


この日、桜も咲き始めていた。
M3208900.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X3205199.jpg


日陰に咲いていたタチツボスミレ

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3208896.jpg


スポンサーサイト



3度目の神奈川ギフ

今回は、案山子さん町田のSさんの3人で行ってきました。
前日にnaoggioさんがミヤマカラスアゲハも撮影されているので、あわよくば私も・・・なんて考えていましたが、そんなに甘くはないですね。^^;
それでも、現地でたくさんの蝶友やマイフィールドの鳥友と一緒に、ギフチョウを満喫することができました。

まずは、狙いを定めていた一番奥あるスミレのポイントで待っていると、しばらくしてギフチョウがやってきた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/03/26

X3276253.jpg


この日目標にしていたスミレでの吸蜜は、タッチ&ゴーのような短時間なので苦労したが、なんとか数ショット撮ることができた。
X3276311.jpg

X3276339.jpg


Sさんがそろそろ次のポイントがいいころでは、と言うので移動することに。
歩いていると、路上でパタパタしているギフチョウを発見。
近寄っても逃げない。
どうやら飛べないようだ。羽化直?どうしてこんなところに?
X3276390.jpg


このままで踏み潰されそうなので、横の茂みに移動させる。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3279008.jpg


時間が経っても一向に飛ぶ気配がない。
飛んでもすぐに地面に落ちてしまうので、どうやら羽化直ではなく、飛翔力がない個体のよう。
ということで、エイザンスミレに乗せてみた。
すると、お腹が減っていたのか、力強く吸蜜を始めた。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]X3276635.jpg

X3276658.jpg


************ 要注意***********
朝来た時には、ここには2株のエイザンスミレがありました。
しかし、この時は1株だけになっていました。
仲間と一緒に隈なく探しましたが、花が摘み取られたのではなく、1株ごと跡形もなく消えていました。悲しいことですが、恐らく盗掘されたものと思われます。
この場所だから自生できる植物なので、持ち帰っても枯らしてしまうだけだと思うので、貴重な植物を持ち出すのは止めていただきたいと思います。
************ 要注意 ************


吸蜜を終えると、花の上に登って休憩。
お腹が満たされれば飛び立つかと思いましたが、一向に飛び立つ気配なし。
X3276731.jpg


こんなシーンは2度と撮れないと思い、魚眼で1枚。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3279022.jpg


枝垂れ桜。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]
X3276762.jpg

X3276790.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3279027.jpg


白いスミレ(マルバスミレ?)。
M3279031.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]
X3276927.jpg

X3276976.jpg


民家入口にあるヒマラヤユキノシタ。
X3277520.jpg


この花がギフチョウを一番引き立たせる感じがしました。
X3277539.jpg

X3277545.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3279051.jpg


チョウジザクラ
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]
X3277627.jpg

X3277606.jpg

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3279055.jpg


これ以外にも定番の豆桜、カキドオシ、シバザクラに吸蜜にきた個体も撮れました。
OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]
X3277052.jpg

X3277395.jpg

X3277513.jpg


最後は、水道メータの蓋にとまる個体。何度か引き寄せられていましたが、青ではなく水色でも効果があるのだろうか?
X3277352.jpg

スーパー解像度

前記事で触れたAdobeのCameraRawによるスーパー解像度。
撮影したビロードツリアブでも試してみました。

まずは、オリジナルの画像を2048x1536にリサイズしたもの。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/03/20

X3205100-0.jpg


これは、地面に止まっているビロードツリアブをピクセル等倍の2048x1536にトリミングしたもの。
X3205100.jpg


Rawファイルにスーパー解像度を適用して、ピクセル等倍の2048x1536にトリミング。
ふさふさの体毛も綺麗に拡大されています。
X3205099-強化


オリジナルのRawファイルにスーパー解像度を適用すると縦横2倍のピクセル数になるのでファイルサイズは4倍程度かと思っていたら、10倍を超えるサイズのdngファイルが出来上がりました。

次はホバリングしているところのオリジナル写真。
X3205234-0.jpg


オリジナルをピクセル等倍の2048x1536にトリミング。
X3205234.jpg


今度は、比較のため普通に縦横倍のピクセルに拡大後ピクセル等倍の2048x1536にトリミングしたものも並べます。
【スーパー解像度】
X3205234-強化2


【通常拡大】
スーパー解像度と比べると若干 硬く感じる。
X3205234-5.jpg


スーパー解像度は、JPEGファイルにも適用できるので、更にスーパー解像度を適用(縦横4倍)したらどうなるかやってみました。
【スーパー解像度x2】
X3205234-強化2-強化2

【普通拡大x2】
X3205234-6.jpg


ようやくマイフィールドでもツマキ発生

曇りの予報だった土曜日、日曜が雨なのでこの日しかないと、ツマキチョウを探しにマイフィールドへでかてきました。
薄曇りの中、時々晴れ間が出るので期待してフィールドを回ってみたが、ツマキチョウの姿はない。
ひとまず、今季初見のベニシジミを撮影。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye] 2021/3/20

M3208908.jpg

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X3205208.jpg


フィールドを一回りして、出現確率が一番高い場所に行くと野鳥撮影の常連Fさんがタンポポにレンズを向けているのが見えた。
ツマキが出たのか? 期待を膨らませて近寄ると蝶らしきものは止まっていない。聞くと、まだ出てこないので、ビロードツリアブの飛翔を撮っていると言う。
複数のビロードツリアブが飛んでいるので私も挑戦。成果は次回に。

ルリシジミ♂が1頭飛んできた。
止まったのでレンズを向けてみると、右前翅がよじれた羽化不全。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M3208909.jpg


翅を伸ばしている時に右側だけ何かに当たっていたのだろうか?

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

X3205273.jpg


藤沢のKoさんがやってきたが、その後もツマキは一向に現れず、Fさんは諦めて鳥のポイントへ。

Koさんと粘り強く待っていると、小さめの白い蝶が飛んできて目の前のタンポポに止まった。
まぎれもなくツマキチョウ♂。すかさず連写。
タンポポからハルジオンへ。
撮影した写真をみるとどちらの吸蜜もピンボケ。凹○

飛び回るツマキを2人で追いかける。
すると雲で陽射しがなくなった時、下草に止まって動かなくなった。
チャンス到来。焦らずにしっかり撮影する。
今シーズン初見だが、既に左前翅が破れた個体だった。そのおかげで右側のオレンジ色がよく見える。^^;
X3205359.jpg

X3205353-強化


陽が射し始め、飛び立ったツマキは遠くへ消えていった。
次のツマキはきそうになく、Koさんが菜の花に止まるルリシジミを見つけてくれた。
X3205386.jpg


菜の花からユキヤナギへ。とっても綺麗な個体です。
X3206026.jpg

X3206034.jpg

X3205421.jpg


まだ使い慣れていないプロキャプチャで。綺麗な♀だ。
X3205454.jpg

X3205511.jpg


プロキャプチャで狙っている時、吸蜜中に開翅を始めた。
通常モードに切り替えて撮らなければと、あたふたしていると飛ばれてロスト。orz
後から思えば、そのままシャッターを押込めばよかったのにと後悔・・・

それでもいい写真が撮れたので帰ろうと歩き出したら、同じ個体と思われるルリシジミが道端に止まっていた。
撮影していると翅を開き始めた。
X3206159.jpg

X3206112.jpg


最近AdobeのCameraRawにスーパー解像度という機能が追加されたので、さっそく使ってみた。
この機能は、画像を縦横2倍のサイズに引き伸ばしてくれるのだが、ピクセルを4倍にする時にAIを使って違和感なく拡大してくれるというものらしいです。
比較のため、以下に撮影した開翅写真そのもの(5184x3888)を2048x1536にリサイズしたもの、通常にピクセル等倍にトリミングしたもの(2048x1536)、スーパー解像度で拡大しピクセル等倍にトリミングしたもの(2048x1536)を並べるのでご覧ください。
前出の2枚目のツマキチョウ拡大写真もこの機能を使ったものです。

撮影した写真そのもの(5184x3888)を2048x1536にリサイズ
X3206151-0.jpg

ピクセル等倍にトリミングしたもの(2048x1536)
X3206151.jpg

スーパー解像度で拡大しピクセル等倍にトリミングしたもの(2048x1536)
鱗粉がくっきりした仕上がりで、マクロレンズが不要になりそうです。
X3206151-強化

ギフチョウ以外の春の妖精

いつも複数のミヤマセセリが飛び始めるとギフチョウが出てくるのだが、今回はミヤマセセリが極端に少なく感じた。数頭飛んではいるものの、なかなか山道近くに来ないこともあり、余計に少なく感じたのかもしれません。
ギフチョウよりも撮影機会が少なかったのは、初めてだと思いますが、そんな数少ないチャンスでなんとか撮影できました。

初日は、2枚だけ。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/11

X3114486.jpg

X3114511.jpg


ここからは、3/14の写真。
ワンチャスだけでしたが、スミレ吸蜜が撮れました。
X3144579.jpg


里に降りると、スギタニルリシジミが1頭飛んでいたので、止まるのを待って撮影。
X3144966.jpg


先に進むと、獣糞にい群がる集団が。
X3144977-強化


近寄るとミヤマセセリは飛び立ち、ルリシジミとスギタニルリシジミの2頭だけに。
この2種のツーショットは初めて。
X3145006.jpg


ルリシジミが開翅を始めた。
X3145074.jpg

X3145051.jpg


スギルリは開かないので、コンデジマクロに切り替え。
2種の違いがよくわかる。

TG-4

P3140057-強化

P3140061.jpg

神奈川ギフ

3/10に神奈川ギフが発生したとの情報をいただいたので、翌3/11に案山子さんnaoggioさんと、3/14に単独で撮影に出かけてきた。
昨年より1日早い発生。

3/11は、ポイントに到着すると直ぐに綺麗なギフチョウがひとつ飛んできて、しばらくの間 スミレ吸蜜、落ち葉休憩姿を見せてくれたが、その個体が姿を消すと、次はなかったため、撮れ高は少なめ。orz

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/03/11

X3114385.jpg

X3114396.jpg


naoggioさんの足とのツーショット。
X3114429.jpg


3/14、ポイントに行くと、既に横浜のKoさん千葉のTさんがスタバイしていた。
後からあきる野のKaさん瑞穂町のMaさんもやってきて5人で待っていると、ふらふらと1頭のギフチョウが飛んできた。
X3144601.jpg

X3144724.jpg


1頭をみんなで追いかけていると、もう1頭現れて、いきなり後尾が成立してしまったからびっくり。
X3144670.jpg

X3144694.jpg


絵になる場所に移したいと思ったが、直ぐに飛び立って消えていってしまった。orz
X3144708.jpg


その後も次々と別のギフチョウが現れ、シーズン開幕をじっくり味わうことができました。
X3144740.jpg

X3144749.jpg

X3144814.jpg

X3144782.jpg

X3144873.jpg

X3144897.jpg

X3144900.jpg

X3144947.jpg

X3144955.jpg

ひと月前の㹨川

一ヶ月前、1羽のキレンジャクを満喫した日に、同じ㹨川で撮影した鳥たち。
ここには、3種のセキレイがウロウロしていた。

ハクセキレイ

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/13

I18A1074-Edit.jpg


小さな虫が飛んでいるのか、この浅瀬でフライキャッチを繰り返していた。
I18A1063.jpg


このあたりでセグロセキレイを見るのは珍しい。
I18A1092_20210310204106587.jpg

I18A1219.jpg


キセキレイとイソシギ
I18A1148.jpg


キセキレイの飛び立ちは撮れなかったが、2羽になったイソシギの1羽が飛んでくれた。
I18A1191.jpg


コサギも数羽、小魚を探し回っていた。
I18A1202.jpg


この黄色い脚で小魚を驚かせて捕まえるらしい。
I18A1035.jpg


一番多いオオバンの脚は、特殊構造の水かき。
I18A1028.jpg


カワセミが小魚を捕まえてた。
I18A2093.jpg

I18A2105.jpg


次の日、所用のついでに散歩した同じ㹨川の中で、不思議な物体を見つけた。
X2149176.jpg


陽が傾いてからの帰路、鎌倉街道沿いに寒桜?が咲いている場所を通った。
X2149186.jpg

X2149188.jpg


上空にオレンジ色の飛行機雲が伸びていた。
X2149181.jpg


折角なので、雲にピントを合わせた写真と合成してみました。
X2149181-2.jpg

先日、案山子さんに誘われて、㹨川を歩いてみた。
カワセミが多く、あちこちに花が咲いているので、楽しい散歩コースだ。
結婚した頃、この川の近くに住んでいたのでよく散歩したものだが、まだデジカメがない時代だったので、当時の写真は一枚もないのが寂しい。

満開の白梅。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/27

X2273801.jpg


違う種類の梅だと思ったが、花の咲き方を見ると花桃だろうか。
X2273861.jpg


よく見ると花びらの先端が切れている。桜の系列?
X2273866.jpg


オカメザクラが数本植えられている。
X2273869.jpg


カワセミ♀がやってきた。
X2273830.jpg


恋の季節なので、♂も近くにやってくる。
X2273886.jpg


メスにプレゼントする魚を取りにダイブした瞬間、ピントが大外れしました。凹○
X2273893.jpg


オカメザクラでメジロの吸蜜。
X2274004.jpg

X2274075.jpg

X2274144.jpg


ヒヨドリも嘴に花粉をつけていた。
X2273947-1.jpg

X2273950-1.jpg


何かを咥えたヒヨドリが近くにやってきて、加えていたものをパクリ。
X2274170.jpg

X2274188.jpg

レンジャクがたくさん(残りもの)

レンジャク写真の残りもの。
まずは、群れで水飲みシーン。ズームしても群れが分かるほど離れた場所での吸水でした。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/02/20

X2200972.jpg




木の実と一緒で、1羽が降りると他の鳥も次から次へと降りてきます。
X2200998.jpg

X2201017.jpg


吸水時間は短く、一斉に飛び立つ。
X2200832.jpg


X2200836.jpg


道路標識とのコラボ。
X2222229.jpg


もう1羽がやってくる。
X2222209.jpg


ムクドリを挟んで。
X2223177.jpg


電線の上で、何を悩んでいるのだろうか?
X2222935.jpg


左の3羽が見つめる先は、ヒレンジャク♂の立髪?
それにしいても凄い量の糞。
X2223286.jpg


前回同様、月がいい位置にあったので1枚。
X2223429.jpg


いくら絞っても月がボケてしまうので、月にピントを合わせて後で合成しようと考えて1枚。
X2223433.jpg


そんなタイミングで、飛び出すなんて・・・orz
X2223434.jpg


気を取り直して、合成してみました。
X2223426.jpg


 | ホーム |