FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


虹色

スッキリ晴れた日曜日、久しぶりに遠征に行ってきた。
本編は後日として、おまけで撮影できた虹色から。


まずは、河原にいたハンミョウ
ハンミョウを見るのは久しぶりだった。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/10/01拡大表示できます)





もっと優しい顔をしていればいいのに、と見るたびに思ってしまう。






同じ個体のはずだが、ずいぶんと違った色合い。
この角度からだと赤が見えなくなるようだ。






そんなハンミョウのそばに「これってセイボウじゃない?」とnaoggioさんが聞いてきた。
まさかこんなところにセイボウなんてと半信半疑で見て見ると、確かにミドリと赤に輝く小蜂がいた。
もちろん始めて見るセイボウ。






ムツバセイボウと同じように落ち着きなく動き回るので、手強い被写体だ。






セイボウなんて昨年まであまり縁がなかったが、今年になって3種目の初撮りです。
この時、本命の撮影が証拠写真だけだったので、このセイボウに救われた思いだった。
その後、本命はしっかり撮影することができたが・・・






近くの砂の上に地蜂らしきものがいた。
セイボウの宿主かもしれない。






この撮影現場の目の前には小さ滝があり、小さな虹が見えていた。
肉眼では見えるが、普通にシャッタを切ってもカメラのモニタで確認すると色がほとんど見えない。
そこで、ISO感度を100にしてシャッター速度を遅くしたら、狙い通りの色を出すことができた。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/16-6a277ee7

 | ホーム |