FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


蝶も終盤

天気予報では晴れだったが、雲の多い土曜日の今日。
遠征は日曜の予定なので、今日は毎度のマイフィールドへ。
フィールドを歩き始めてすぐ案山子さんと出会い、一緒に回ってきた。

まずは、アザミで吸蜜する新鮮個体のアカタテハ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8 x 1.4テレコン] 2017/9/30拡大表示できます)







田んぼを見下ろせる場所だったので、背景に田んぼに立つ案山子を入れて見た。













木道横のミゾソバにウラナミシジミがきていた。







井戸奥の竹手すりの上にはヒカゲチョウ。







その脇のカラタチの木をのぞいたらアゲハチョウの幼虫がひとつ。







そしてナガサキアゲハの幼虫もひとつ







ばらの丸の丘に野鳥狙いの数人のカメラマン、その中にFさんが。
レンズの先にはエゾビタキ。
久しぶりに見るエゾビタキだが、このレンズでは遠すぎました。orz
とりあえず証拠写真を。







アオダイショウにである確率の高い蛇団地に、アオダイショウの抜け殻が引っかかっていた。






落ちていた竹笹でたぐったら、切れずにとれました。
案山子さんが尾の端を持ち上げたら、身長と同じくらいの長さだった。






蝶探しに戻ると、コセンダングサに擦れたアオスジアゲハがやってきていた。






Fさんが、古民家裏にクロコノマの蛹がどうなったか気になるというので、一緒に見に行って見た。

と蛹が並んでいた。
ちょうど一年前のここで、蛹殻と蛹と前蛹が並んでいたシーンを撮影したのを思い出した。






Fさんが、蛹殻の横に羽化したばかりのクロコノマがいるのを見つけた。







羽化個体と同じヨシの下の葉と右奥の葉に蛹が付いている。
池なのでこれ以上近づけない。






望遠端で撮影。黒い裏翅は♂の印







池に映る雲間から顔を出した太陽をバックにシルエットで。







ちょっと遠いが半端側に回って見ると、翅をばたつかせ始めた。
そろそろ飛び立ちか。







遠いなりにも表翅を撮ることができた。^^)









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/17-4d8b37d5

 | ホーム |