FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールドにて

曇り空のもと、被写体を求めてマイフィールドへ。
今日のマイフィールドは、収穫した稲を脱穀するボランティアと子供達や、観察会と思われる初老の集団、カメラを持ってうろうろする人たちでとても賑やか。
渡り鳥も入り始めているようだが、これでは野鳥の撮影は難しだろう。

とりあえずムツバセイボウのいた場所へ行ってみたが、見つけられなかった。
曇っていたからか、それとももう終わりの時期なのだろうか。

諦めて、散策開始。
ほどなく綺麗なビロードハマキが見つかった。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2017/9/24拡大表示できます)










今が旬なのか、2個体目も見つかった。
オレンジの下翅がはみ出して見えている。






普段見えないお腹側は、オレンジと黒が毒々しい。






横から見たら、ストロー部分に水滴を携えていた。
まるで水筒を持参しているようだ。






今日は、マクロレンズに三脚だったので、じっくり近づいてみる。
時折、水滴の中のストローの先端が、タコの足のように動いていた。






途中合流したIさんが見つけてくれた2cmほどの小さな蛾は、ほのかな水色で綺麗だった。












ヒガンバナでキタキチョウが吸蜜していた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8]





たまたま撮れた表翅の黒い模様は、ツマグロキチョウっぽかった。







ヨシでもジュズダマでもススキでもない小さな下草にクロコノマの幼虫が付いていた。食痕らしき跡があるので、この葉で育っているような気がするが、何という植物だろう。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro]



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/18-fd0ea8fd

 | ホーム |