FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ヒョウモンモドキ

現在では、広島の一部でしか発生しないヒョウモンモドキ。
なんとかこの目で見てみたい思っていた蝶。
関西に単身赴任していた時、保全活動している方のご厚意により、念願の初撮りできました。

ヒョウモンモドキは、種の保存法にも指定されており、もっとも絶滅が危惧されている蝶のひとつ。
発生場所はかなり限定されており、現地では多くの人々の努力によってなんとか個体数を維持している状態でした。
採取はもちろん違法になります。
撮影も カメラマンがたくさん入ると環境に影響するとのことで、制限されています。
従って、問い合わせされても場所など詳細はお教えできませんのでご了承願います。


当日は、朝から小雨がパラついており、これで撮影できるのかと心配な天気。
それでも前日はかなりの数が発生していたので大丈夫だろうとのこと。

現地に到着した時は、まだ暗いものの小雨はやんでいた。
すると早速案内してくれた○さんが「ここに止まっているよ」と指を差して教えてくれた。

指の先には、雨に濡れる葉の上でじっとしているヒョウモンモドキ。
初めて見るその美しい裏翅にしばし見とれてしまった。







目が慣れるとともに、あちこちに止まっているヒョウモンモドキを見つけられるようになった。






雨上がりで気温が低いため、近寄っても飛ばない。
またとないチャンスなので、マクロレンズで接近。






時間とともに気温が上がって来て、時折薄日が射すようになってきた。
すると、止まっていたヒョウモンモドキが、開翅し始めた。






そして飛び始めた。






キセルアザミの花での吸蜜も始まった。
♂の表翅は、鮮やかなオレンジだった。

























♀の表翅は暗いオレンジ。












かなり黒い♀も見つかった。







複数の♂がキセルアザミにやってくる。













遠くに止る♀(上)に♂(下)がアタック。





どうなるかとファインダー越しに見ていたら・・・






後尾が成立したようだった。^^)






別の場所でも






追いかける♂(中)と逃げる♀(右)、そして無視して止まっている♂(左)






近くで後尾個体が見つかった。






後尾している♂♀両方が開翅した。
が、シャッターを押すのが遅れてしまった。orz






卵も見つけてもらえて初撮りすることができた。
夢のようなひと時でした。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/21-c7a0c3b8

 | ホーム |